3396698 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2011年05月18日
XML
カテゴリ:長野、山梨の旅

 GWの軽井沢18

  前回出かけたときには下調べが足らず、旧軽井沢の
  駅前の有料駐車場に車を止めて、片道15分程を
  行き帰りてくてく歩いて出かけたけど、その帰りに
  電車&新幹線利用者とも思えない人数が、駅舎に
  吸い込まれるのを見て・・・・何故に?
  

      春の軽井沢24

  駅の真裏に巨大アウトレットモールがあり、そこに
  車を止めて、旧軽井沢も散策をされる方が多いのに
  気がついた。しかも旧軽井沢駅からは本数が少ない
  ながらも、わずか100円の小さなバスなども利用が
  出来たので、帰りはあっという間に駅にも着いた


 GWの軽井沢4

  やっぱ思いつきで当日の朝、車で高速に乗ってから
  どこに行こうか決めるような無計画さでは、何事も
  要領も悪くて後悔をする事になる


 GWの軽井沢5

  イベントは無いか? キャンペーンは? 交通状況
  名物料理は?なんて思っていながらも、フリーダム!
  何も縛られぬ自由な旅もまた、何が起こるか判らず
  面白いのだけども・・・・


 GWの軽井沢1

  そんな訳で今回は目的自体が、自然豊かな旧軽井沢の
  広大なエリアに展開するショッピングモールの「軽井沢・
  プリンスショッピングプラザ」だったので、最初に出かけて
  その駐車料金も最初の2時間は、2千円以上の買い物で
  無料になり、それ以降は1時間100円と格安だった


      GWの軽井沢2

  有名な国内外のブランドのアウトレットや、インテリア
  雑貨、アウトドアなど2百店舗以上の多彩なショップが
  立ち並び、軒数は少ないがグルメなお店などもあるので
  1日いても飽きないのかもしれない。世界的なブランド
  よりは、ここでもGAPとかファストファッションのお店に
  人が群がっていた


 GWの軽井沢13

  実の話、うちの娘は鶏肉が大好きで。でも私は子供の時に
  家で小規模の養鶏をしてて、年老いた鶏をしめて血抜きで
  物干しざおにぶらぶら逆さ吊りされた後、年老いたババが
  居間でテレビを見ながらさばいていたトラウマから、鶏肉が
  大の苦手だ(実姉も)


 GWの軽井沢15

  なのに鶏肉好き娘が、名物のから揚げの「ぶっかけ丼」に
  ひかれて「とりまる」プリンス店で、少し早いがお昼ご飯を
  食べる事とした。途中で鶏スープを入れお茶漬けみたいに
  食べるものらしい


 GWの軽井沢14

  鶏肉オンリーの店だったので、まだ食べれるかもと思って
  ちょうどお安くなっていてワンコイン500円で食べれる
  そぼろ丼を頼み、なるべくそぼろを少なめにして(残った
  のは娘の丼に投入)食べてみた
  

      GWの軽井沢17

  そんなこんなで腹ごなしもしたし、旧軽井沢銀座に向かう
  前にやっぱ素通りが出来ないのが、駅前にある生みたての
  卵、シュークリーム、ジェラード、焼き菓子などが販売を
  している佐久市の「ちゃたまや」軽井沢店である  


      GWの軽井沢16

  もともとがお安いジェラードなのだが、その時には前日の
  売れ残りのジェラードのカップが、更に安い価格で購入が
  できたので、外は寒いので店内で娘と1個を仲間で食べる
  事にした


 GWの軽井沢3

  あっ、結局は冷スイーツ食べてるじゃないとか言われそうだが
  やっぱ寒かろうが、食べるものは食べるのが我が家の鉄則

  な訳で、前回の日記で紹介をした旧軽井沢銀座を散策し
  戻ってきたところで、小腹も好いた事なので楽しみにして
  いたアレを・・・


 GWの軽井沢11

  偶然、軽井沢プリンスショッピングプラザで信州のグルメ
  フェアをやっていたので、前々から食べたかった佐久市の
  ご当地ラーメン「安養寺ラーメン」を分け合って食べた

 GWの軽井沢12

  信州味噌発祥の地とされる、佐久市の町おこしの一環として
  市内にある臨済宗の安養寺で造られていた「安養寺味噌」を
  使ったラーメンが2008年に誕生したという、売出し中の
  ご当地ラーメンなのだ 


      GWの軽井沢10

  かつての軽井沢駅の駅舎。今や新幹線で東京からでも
  数千円で1時間程という、日帰りもラクラクな軽井沢だが
  かつては、峠を越えて大変な道のりであったのだろう


 GWの軽井沢7

  うちからの方が高速利用でかなりの時間がかかるし、もう
  ETC千円が使えなくなると、また和田峠とか越えたりで
  行くのかなぁ。高速代が勿体ないから

  
      GWの軽井沢8

  諏訪でも支店があるので容易に帰る、碓氷峠の名物
  駅弁である峠の釜めし本舗おぎのやの「峠の釜めし」も
  販売をしていた。数十年前に暖かいままで食べられる
  峠の釜めしは、当時の常識をくつがえす画期的な駅弁で
  「文藝春秋」に掲載をされた事で爆発的に売れるように
  なったそうだ


 GWの軽井沢9

  もはや新幹線で東京から1時間といった時代に、駅弁は
  全国のデパートやスーパーで販売をされる事の方が多く
  なったのかも。かつての旅愁を求めて・・・・


      GWの軽井沢20

  高速道路のサービスエリアなどでも黙っていられない
  お食事のほかに、小腹が空いたドライバーやファミリーに
  新しいグルメなども展開しており、これは海苔ではなく
  最中の皮で包んだ、おむすびの「もなむす」だそうで
  2008年に上田市の会社が開発をした新グルメだ 


 GWの軽井沢22

  更には、よく全国の景勝地でみかけるようになったコレ

  二人のプロポーズにふさわしいデートスポットだという
  特定非営利活動法人地域活性化支援センター主催での
  「恋人の聖地プロジェクト」で、姨捨サービスエリアに
  あるのだが


 GWの軽井沢23

  善光寺平が見渡せる絶景地であり「夜景百選」にも選定
  姨捨なのだけど、眼下の景色全てが「川中島の戦い」の
  戦場であったそうだ


      GWの軽井沢21

  そこで食べたのは、夕刻で半額見切りになったという
  かわいくて甘~い「壺焼き芋」ゲット! 今日もまた
  グルメな旅となり、大満足で家路に着くのであった


 GWの軽井沢19

           平成23年5月7日に軽井沢などで撮影







最終更新日  2011年05月18日 14時06分54秒
コメント(58) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.