3583261 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2012年08月29日
XML
カテゴリ:名古屋より
 
     

お盆過ぎからは朝夕が涼しく、今朝の室温は24度で
今年は扇風機を出す事なく終わった(クーラーは元々
無い) 結構、過ごしやすい夏だった。しか~しお山の
上は初秋といえど、下界では・・・

多治見よりも都会の照り返しもあり、アツいアツいと
言われる大都会「名古屋」の中心部は、連日のように
今も暑い日が続いているようだ。もう、夏休みも終わり
なのにね


                   

そんな残暑厳しい名古屋の中心、栄(さかえ)あたりに
週末に一人で出かけた。ウサギ旦那はトラ舅に朝から
野良仕事に連れていかれ、「おうっ、行ってこいよ」と
快く言ってくれたので電車でGO!

病院は平日しかないし、パチンコも土日や祝日はあまり
出ないらしく(あくまでも舅の個人的な感想)、週末こそ
お天気が良ければ野良仕事をしたい舅。車を持っては
いないので週末に旦那に舅が行きたいお店や、舅の兄の
墓参りに連れて行って欲しいと、そうゆう事を事前でなく
朝でもなく、これから行くぞ!とか唐突に言い出すのだ


              

旦那も他の用事もあるし、平日は朝早くに名古屋に出かけ
夜遅くに帰ってくるのだから、週末くらいは家でのんびりも
したいし、温泉とかでリフレッシュもしたい。友人の親の
お葬式に参列したいから、野良仕事は出来ないと断った
だけでトラ舅キレる


                    

そう旦那がドライブ出かけたりや、毎月のように泊まりで娘の
所に出かけたりというのは娘の事もあるけど、そんなトラ舅に
こき使われるのが嫌だから家から逃げ出している訳で、行楽が
好きな私にはある意味、ラッキ~ってか?


               

なんでも野良仕事が終わって、午後はトラ舅の最近の趣味の
メダカのぶくぶくが壊れたそうで、旦那の車で30分かかる
お店に買いに出かけたらしい。20円位の普通のメダカでも
いいのに白いの(高価)が死んだから4匹、買ってきてくれ
とかね~、ここ2年はメダカの為に、週末が10回は潰され
ているし。自分で管理が出来る趣味にしてほしいわ


          

私がいない方がトラ舅は、ウサギ旦那を好きなようにできるので
そんなウサギ旦那を家に残し、さっさと私がやってきた名古屋では
なにやら楽しい事をやってますよ~~ 東北は福島県からは県鳥の
キビタキをモデルにしたゆるキャラとか、ミスの方もおいでに


             

お~~、全国各地のB級グルメも揃ってるよ~♪ でもでも
グルメがメインのイベントでは無くって・・・


          

メイクを直されている女性の背中には、おかみさんソーラン?
巨大ピカチュウよりも大きそうな旗を振る男性・・・

いつからなんだろうね~、私が知ったのはTVドラマの
金八先生で取り上げられた「南中ソーラン」というもの
だけど、あれは荒れていた稚内南中学校を教師が立て直し
たいと、学生の為に民謡歌手や舞踏家方が力強いテンポの
曲に加え、激しい踊りによる新たなソーラン節を作って
日本民謡民舞大賞を受賞した事で注目を浴びたのだとか


     

南中ソーランは全国各地で踊られ、特に学校の運動会で
踊られるようになり、うちの子供も小学生の頃に踊り
ましたよ~。なんで近くには全国でも有名な木曽節や
郡上踊りもあるのに、遠くの北海道のしかも漁師のを
山国の岐阜県で踊らなきゃいけないんだ~って疑問に
思いもした

私はこきりこ節(けいおん!アニメ版で平沢唯と中野梓も
歌ったらしい)子供の時に踊ったぞ デデレコデン!
あと、アップテンポな郡上踊りの「春駒」とか好きだった




まぁ、地域性が無くなってしまう危険はあるが、それでも
日本で培った邦楽や、伝統芸能を若い人たちにも受け
入れてほしい・・・そんな思いなのだろうか。名古屋近郊
春日井市で生まれ育った青年が北海道大学在学中に、兄の
いる高知県を訪ねた際に、よさこい祭りに出会った事で


     

1992年に高知県のよさこい祭りと北海道のソーラン節を
混ぜ合わせた「YOSAKOIソーラン祭り」を始め、最初は
参加者10チーム千人、観客動員数は20万人であったのが
その後、参加者&観客動員数とも急速に成長をし、北海道を
代表する祭りの一つになった


 

そんな南中ソーランや、YOSAKOIソーラン祭りの影響も
あってか全国に広がって。YOSAKOIソーラン祭りに参加を
する為に結成をされた名古屋学生チーム「鯱」が、 北海道で
得た感動を名古屋の人達にも伝えたいと、東海地方でも普及
活動を始め、1999年には第1回「にっぽんど真ん中祭り」
通称「どまつり」が開催をされた

当時は参加26チーム(1500人)、観客数は32万人での
スタートであったが、今では参加213チーム(約2万3千人)
観客動員数も3日間で198万人と、日本最大級の踊りの祭典
となった


     

大まかなルールとしては、踊りの曲の中に地元の民謡の一節を
取り入れる事と、必ず手に鳴子を持って踊る事なのだとか。日本
三大稲荷「豊川稲荷」を意識してか豊川のチームはどこもキツネが
モチーフになっている。というかチーム名自体が「コンコン豊川」

よさこい鳴子踊りファミリーチームの「コンコン豊川」は、本年の
コンクールの部門賞で、衣装部門で優勝したのだとか。ほんと
目に映えるかわいらしい衣装だった。後ろを向けばお狐さん!




回を重ねて14回目ともなると、いわゆる上位に入ってくる常連の
チームなどもあるが、そういった前評判など下調べも行わなかった
為に、コンテストで優勝をした犬山の「笑゛」は見る事は無かった
5年ぶり4回目の優勝の強豪チームだそうだ

写真などを確認してみるとメインステージや、通りでの踊りなどを
含めて50チーム位を写真に収めているが、衣装がすごいし、演出も
凝っているなんてチームの枚数が多い訳で、先ほどのコンコン豊川や
この「鳴海商工会猩々(しょうじょう)」とかも、お~~!と撮り
まくってたら


     

第一回大会は行われなかったが、第二回大会からコンテスト方式に
なって、最初に優勝をしたのが「鳴海商工会猩々」であり、合計で
3度も優勝をし、今回も準優勝(2チーム受賞)に輝いている

やっぱね~、なんか違うんだよね。踊り子さんたちの表情すらもが
堂々としているというか安心して見てられるというか


     

週末の名古屋制作の情報番組などは、このお祭りの様子を生中継を
しているし、一度は行こうかなぁ~とか思ってたけど、暑いし
躊躇していたけど、富士市での同様の踊りのイベントを見て、もう
今年は行くしかないと!


               

TV中継の他にも、先日のAKB48のあっちゃんラスト公演とか
オリンピックのマイナー競技のように、インターネットで映像など
配信をされていたので、私もファイナリストのステージをPCで
見ることが出来た。↑「笑゛」のも


     

それにしても全体の踊りが見やすいとは言え、ここ暑過ぎ
ステージ前の無料観客席、その後方の雛段式の有料観客席
もう日差しが容赦なく照りつけるので、脇の木陰に避難して
こりゃやってられないと、他の会場に移る事にした。そう
名古屋を中心に近郊まで、各所でステージが用意されている


!!! 今しがた近くで熊出没~!!! 早速、網戸だった
のを硝子戸閉める。鹿にイノシシ、猿軍団、そして熊っ!!


               

                      平成24年8月25日に名古屋で撮影






最終更新日  2012年08月29日 18時09分30秒
コメント(45) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.