4226996 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2015年08月30日
XML
カテゴリ:家族


ど~もお久しぶりでございます。我が家からネット
環境が無くなってから2週間。オンボロ木造家屋は
空っぽ同然となって、私と旦那や息子は仮住まいの
アパートに引っ越しし、舅と姑は改装した裏小屋へ

引っ越もして少しばかり時間も取れたので、洗濯も
お風呂沸かしも、炊飯も形ばかりは出来るようにも
なった旦那と息子を、仮住まいのアパートに残して
娘のアパートにやってきての、久しぶりのインター
ネットで、ブログの日記更新です



               舅&姑の仮住まい(改装途中)

次はいつになるんやら。実家か街のフリースポット
からかもわかりませんがホント、ネット出来ないと
新しい住所の郵便番号すらわからなくって不便だし
家の建材とかも調べようもないし、困ったもんだっ

今日も旦那は家の後片付けに。だって舅がなんにも
しないし、嫁が捨てたとか失くしたとか言われたくは
ないので舅&姑のものは一切、私はノータッチなので
旦那が片付けのお手伝い。ぽっちゃんトイレの最後の
汲み取り作業もして貰った




普段使う荷物だけあれば生活も出来るんですが、前に
書いたように、姑が自宅での法事に使いたいという
座布団20枚以上および、お坊さん仕様の座布団とか
姑の実家から持ち込んだ古い漆器などもあり、そう
いった湿気に弱い痛みそうなものは、姑の妹さん宅で
座敷の半分を占領する形で預かって貰う事になり




大きな家具は工務店の倉庫、雑な物はうのシャッター
付き車庫、そして仮住まいのアパートの息子の部屋の
半分って感じでして、それら膨大なモノを新しい家に
入れるというだけでなんだか頭痛が・・・。百足以上も
入るシューズクロークが出来るというのに、今の古い
下駄箱を勿体ないからと舅が捨てれずに、裏の小屋に
持ち込もうとしているし(泣)




新築家屋なのにゴミ屋敷? 最近、ニュースでしてた
愛知県の火事を起こしたゴミ屋敷の主人の後ろ姿が
うちの舅にそっくりだし、一人暮らしになってたら
うちの舅もきっとゴミ屋敷にしてたはずだ。という
前にホント、物置小屋に住んでいたような我が家族
そんなオンボロ木造家屋ももはや空っぽで、間もなく
解体になる模様



                舅&姑の仮設風呂

で、舅&姑の住む仮住まいの物置は人が住めるように
改装して貰い、今後も利用できるように水洗トイレを
作って貰ったんだけど、ぬぁんと~市の下水道に加入
する料金が40万円も必要だそうで、予定外の出費に
涙~~。まぁ近隣住民誰もが払ったお金だから仕方は
ないけど



更には詳しくは言えませんが、予想外の出来事が起き
予定していた外壁材が使えなくなってしまい、先週は
メーカーさんのショールームに出かけて、私の思う
色ではなく、旦那&工務店の社長さん押しの外壁の
色になりそうで




その後に床材&建具のメーカーAに出かけたんですが
これは色以上に夫婦の相違があり、私は天然木材押し
(総額で200万弱)なんですが、旦那は木目が嫌いで
つるっとした合板が好き(総額で100万ちょい)で
そりゃ天然木材と合板じゃ、費用の他にも一長一短
だけど、なんだかこのまんまじゃ合板の床や内装建具に
されそうで目に涙ですわ




前に大量の使いもしないB級の食器を、仕舞い込んで
いたのは姑ではなく、その先代にあたる旦那の祖母で
あったそうですが、姑も一度も見たことも無い開かずの
押入れが廊下にもあって、ぎぎぎ~~と開けたらまたも
食器の山が出てきて




しかも蓋もないリンゴ箱のようなものに、雑にしまわれ
舅が、この家にも蓋つきの漆器があったとか言ってたが
あぁ宝の持ち腐れ・・・




こんなんや




こんな悲惨な状態に、姑と目を白黒。なんたらもんだいと
つぶやく姑。舅も流石に処分をするしかないと観念した




あぁ、ここにも山ほどの業者から貰った古い団扇が仕舞われ
さすがに棄てられないなぁと思うモノは、既に何度となく登場
している威勢の良い杯ですよ。ご年配の皆さんなどはお知り
かもしれません。皆さんは見た事などありますか?




これは兵軍隊杯などと呼ばれており出征時や、除隊か凱旋紀念
などに作られたものだそうで、明治時代から作られていたと
いうもので、他の人の名前もあるので記念に配ったものらしい




姑が昔、旦那の祖父が馬に乗った颯爽とした写真を見たそうだ
だが、日露戦争でも有名な騎兵第14連隊と言っても、年齢的に
昭和に入ってからの所属のような気もする。平時は近衛師団に
属していたそうなので、やはり近衛兵として帝都を馬で闊歩
していたようだ




実は私の義伯父も近衛兵だったそうで、太平洋戦争で誰もが
名を知る南洋の激戦区を生き抜いたそうだが、家柄に問題の
無いような見た目もそれなりの青年が選ばれたらしい出征時に
使用したと思われる水筒やかばんもあった。歩兵60連隊の盃も
複数あるので、違う時期にはここにも属していたのだろうか?
詳しい事は判らない 




勇ましい兵隊さんの杯の他にも、このようなほのぼのとした
絵柄もあり




地元の神坂学校が開校した当時のものであるようだが、移転も
すれば、尋常小学校だか国民学校になった時なのかも不明だが
地域の人も仕舞い込んだままで持っているのかな?




そんな事を思うと何でもかんでも棄ててしまうのも問題で
あるし、何でもかんでもとりあえず仕舞っておくのもどうか
と思う。いかに価値があるものであるか見極める術を持ち
適切に保管をする必要があるが、ほんと↑のこの家の漆器の
扱いはトホホすぎる



                ↑姑の実家からの漆器

トホホと言えば8月のカルチャーショック第四弾になるの
かな。普段は扉が開きっぱなしなので気がつかなかったが
本体こそ木造だが扉が・・・舅がパチンコで儲けて買った
仏壇を魂抜き(2万円)をして貰い工務店の倉庫に預ける
引っ越しで、扉がプラスチックであると判明。しかも表面
うっすらとへこんで凹凸があるし。プラの仏壇なんて入り
たくないし




舅&姑がだまってないので今は兎も角、いつか小さくても
良い仏壇を買い替えたい。流石に合板の好きな旦那の親で
あるだけあるというか、見る目がこの家の人間には無いの
だろうか。何せ古い掛け軸を無造作に蛍光灯のビニール袋に
保管するような人たちだもん(旦那の祖母?)




それどころか無造作にしまわれていた掛け軸に至っては
応挙のカレンダーのような紙質の印刷物。これ買ったの
誰(舅の予想) こんなん見るからにまがいものなのに
本気で床に飾るつもりだったんだろうか。それがこの夏
私にダメージをくらわせてへろへろだ



             私が実家から貰った肉筆掛け軸(桐箱入り)

忙しかったというよりも、このような精神的なダメージも
あって体重も4キロは減った。よく寝れないし食欲も無い
しかも心配症なので、今も悩みが4つあって娘の所に来て
いても気が気じゃないし。悩みは尽きない




PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村






最終更新日  2015年08月30日 22時06分23秒
コメント(54) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.