3500567 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2015年11月13日
XML
カテゴリ:家族


今朝の朝ドラ「あさが来た」で、エライのは炭鉱の持ち主
でも支配人でもあらしません。実際に山で働いてる皆さん
です。これからの日本を作るのは皆さんおひとりおひとり
ですといった事を主人公が言っていた




今の日本でも3Kとも呼ばれる現場の仕事は敬遠をされて
建設業の担い手も高齢化が進み、29歳以下の割合は1割を
切り、逆に55歳以上のベテランの技能者が3割を超して
いるそうである




海外からの看護婦さんの研修などが一時期、話題になった
ように某大手ハウスメーカーは、フィリピン人のみの上棟
チームもあるそうで、丁寧な仕事ぶりだと施主ブログ等での
評判も良いようだ




ますます高齢化が進む日本において、外国人労働者の需要は
増えるのかもしれない。うちの場合も基礎のコンクリートの
配筋作業を外国の青年がしていたそうで、その仕事ぶりを
私は見れなかったが、家族には大変に好評であったようだ




それにしても働いている人の姿はカッコイイなぁ。野球選手を
撮る時みたいに望遠レンズでも使って、写真でもプレゼントが
出来ればよかったが、仮住まいに引っ越した時に望遠レンズを
しまい込んでしまってどこにあるかは不明




まっ、どこかにはあるとは思うが。個人のプライバシーなども
あるので名前は勿論、お顔も載せないように配慮をして後ろ姿
ばかりです。メインの大工さんや現場監督さん位しか名前とか
わからないけど、でもでも感謝しています




そんな訳で前振りが長かったですが、天気が崩れると思われる
棟上げの前日に、とにかく仕事をすすめてしまおうって事で
朝早くからの作業。午前9時には1階部分が終わり




午後には2階も姿を現しました。お金がないというよりも仏間
高齢者室など1階に欲しいものが多くて、一部が二階みたいな
感じになりました。2階には3寝室とフリースペース、ベランダ
2つがあります




お~、今度は屋根が作られていきます。勿論、邪魔になるので
作業中は敷地内は入らないように、遠くから眺めてるだけですが
昔はど素人の近所や、親戚のおっちゃんが棟上げの手伝いをした
そうだけど・・・邪魔にならなかったんだろうか?




この前は土台に米ヒバ、大引きにはヒノキ無垢材を使ってたって
話をしましたが、家の部分で使う木材も色々と用途によって色々で
1階から屋根までの通し柱や、建物の外壁ラインの隅角部(出隅・
入隅)にある隅柱など重要度の高いのは四寸柱で少し太目みたい




昨今は無垢材よりも集成材の方が主流だったりで、2本目の柱の
色が違って明らかに違うもので、たぶんですが構造的に重要な
隅柱のようで、他の管柱は集成材みたいです。とりあえず中〇産
ではなく、ホルムアルデヒドの放出も少ないF☆4つの品質も良い
ものらしいです




無垢材専門の所など自分の所を使ってもらうように、集成材のネガ
ティブな情報を流していたりしますが、そうなると大半の建築物が
みんなやばいって事にもなりますよね。接着剤だってどんどん研究
開発されてるんだし、さほど心配をする事でもないようですが
通し柱は無垢材なので割れてこないように予め背割りもされてます




折角の研究開発でも今回の杭うち事件のように、部材を作ったりや
施工をするのは人ですから、より儲けたいとか納期を遅らせたくは
ないとかという理由でいい加減な事をしたら、やっぱり不都合という
ものは出てくる訳で、いかにそのあたりを回避できるかですよね




そんな訳で、メンテナンスの面倒も少なく傷みにくい耐震3等級相当の
良い家を建てたいという工務店の社長さんの普段使ってる柱とか木材
なので、そのあたりを信用してみようかと思いもしますわ




だから、集成材がうんぬんみたいなネガティブな意見はご遠慮下さい
既に使っているものですから今からどうこうできるものでもないですし
工法や断熱材とかにしても、うちが優れているというだけでなくて
違う事をメタメタに貶すのってどうかと思う。答えは一つじゃないし
住んでいる地域も建物自体もみんな違うんだし




電動工具などの音よりも、金づちでコンコンするような音ってのも
心地が良いなぁ。都会では子供が寝れないとか近所のクレームとかも
あるそうだけど、うちのあたりは昔からのご近所さんだからお互い様
そんなクレームもないです




でも近所の人に合えば挨拶と一緒にうるさくしてスイマセンと一声
かけるようにはしてます。こんな閉鎖的な田舎でご近所トラブルを
起こしたらそれこそ住めなくなりますもん




屋根が出来てきました。クレーンが来たのは前日だけなので、まだ
棟上げ前ですよ。というか・・・ここまでやってしまっているとか
棟上げ当日はどんな作業をしてたんだろう




ちゃんと鉄骨の梯子もあるけど、ひょいひょい~~と旦那よりも
年上のお孫さんも何人もいるベテラン現場監督さんですが身軽な
モノですわ。そんな訳で棟上げ日の様子を紹介知るつもりが前日の
紹介だけで文字数もオーバーになりそうです。というか棟上げの
日の写真って私は1枚も撮ってないかも




というのも早朝から近所の方がお祝いを持ってきて下さるのと並行
して、工務店の社長さんや現場監督さんとサッシなどの打ち合わせも
しなきゃいけないし、事情を知らない姑が10時になるので大工さんに
お茶を出してないぞ!と怒鳴ってるし。別に遊んでいる訳じゃないし




で、お茶出ししたら今度は銀行へ行って、建物代の1度目の支払いを
しなきゃいけないけど、リスク分散で1千万円以上の預金などはせずに
あちこちに分けてたんで、2つの銀行でお金を下ろして一番金額の多い
銀行に持ち込んで、そこからまとめて振り込みをしなきゃって作業を
お金の事は任せるって新次郎さん系の旦那なので名義本人の旦那の他
私も一緒にいかなきゃいけない感じで




定期とか家族でも入金できるから私だったが、下ろすのは本人じゃいけ
ないし、どこの銀行に幾らあるかさっぱりな旦那。二人の方が防犯の面
でも良いし、お~い旦那! 振替金額が1億になってる!! 0が1個
多いよ。送金が出来たら大工さんのお昼のお弁当を取りに行って




簡素化をした、旦那と工務店の社長さんや現場監督さんでの棟上げ式は
棟上げ日の夕方に構造床の貼った2階で執り行い、女性は登れないので
写真を撮ってもらいました。暗いのはビニールシートでくるまれているので




その日の夜半には雨の予報だったので雨に濡れないように、しっかりと
柱だけの家をぐるっと囲んでくれました。屋根にも防水シートがはられ
ましたし、やはり予報は大当たりで雨も降りましたが心配もなく良く眠れ
ました。今回は日記更新だけさせていただいて、皆さんの所には日曜日に
うかがいます




                   平成27年10月下旬に撮影

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2015年11月13日 16時46分02秒
コメント(39) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.