3446974 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2017年02月15日
XML
カテゴリ:東京の旅


ここ最近は諏訪湖の彼方、甲府の山の向こうに小さく見えた
富士山も、その日の朝は間近に見えた。とは言ってもそれは
一瞬の話であって、1月下旬に娘と二人で名古屋から東京へ
向かう新幹線の車窓から見た富士だが。昨年は関西方面に
ばかり娘と出かけていたが




昨年7月以来の娘とのお泊り旅行先は、特に目的もないまま
東京となった。とりあえず東京に行けば何かを見れて、何か
食べれて楽しむ事が出来るに違いないという不確かな希望を
持っての上京だ。冬場は雪も降るので高速バスが通行止めで
運行中止の不安もあるので、安いので帰りには使うにしても




行きは新幹線。しかもお得なぷらっとこだまも、指定列車に
乗り遅れたら即アウトなので、高くなってしまってもリスク
回避で普通に新幹線のぞみ指定席を予約。これなら乗り遅れ
ても当日の新幹線の自由席に乗る事が出来る。それいしても
朝の名古屋駅。新幹線は数分程で4本も運行しているのには
驚いた




いつもより少し早いが7時半に、旦那が会社に行く車で
駅まで送って貰って、名古屋で乗り換えて11時過ぎには
もう東京駅だ。とは言っても将来リニア新幹線が出来たら
うちから1時間ちょっとで東京だと思うと、もっと早くに
完成してくれたら良かったのに




ランチタイムは昼前が勝負。東京駅から電車で最初の
目的地のある駅まで移動。スマホで駅周辺の飲食店の
情報をゲットし、平日ランチを食べに出かけたのは
タイ政府認定レストランである「ジャスミンタイ四谷店」だ




金曜日のランチメニューから娘は好きなカオマンガイの定食
松本にもタイや東南アジアの料理の店もあったけど、大学に
タイ人留学生がいたそうで彼女が国に帰る前に、食べさせて
くれたタイの手料理が、一番おいしかったと娘は言っている




私はグリーンカレー(タイカレー)。このお店は曜日に
よっていくつかランチが用意されておて千円以下でお安く
利用できたのだが、12時には席は満席になっていた




やっぱランチは11時台に入店するのがポイントだ食後に
ジャスミンティーもあったので、食後にすぐに席を立たず
のんびり出来たのも良かった




お店の外には長~い行列。あわよくば私も購入をして
みたいと思ってた都内でも有名のたい焼きや「わかば」
やっぱ侮れない。12時を過ぎてランチ前よりより列が
倍になっていた。さっきのはまだ短かったんだ




という事で腹ごなしも出来たので、今回のメインともなった場所は
このユリノキ並木の先にあります。どこも行く予定のなかった
東京。とりあえずガイドブックなどを見てみるかとペラペラ
めくったら、巻頭ぼ見開き特集ででかでかと載っていたのが




迎賓館赤坂離宮である。かつては期間限定で特別公開をされて
いたのが昨年春から通年での一般公開になったのだが、それでも
一日に入場できる人数が決まっており整理券が必要だったので
私も行きたいとは思っても、なかなかチャンスがなかった




ところが内閣府のホームページを見たら2月まで、内部参観を
整理券なしで1000円を払えば出来るとあって(ただし和風
別館やガイドツアーは事前申し込みが必要) これは行くしか
ないでしょ!と、突如、旅のメインイベントになった




週末は参観者も多いだろうし、旅の初日の金曜に出かけた方が
ゆっくりできるのでは?と考えたのだけど、案の定、のんびりと
ユックリ参観が出来たのだが、残念ながら内部は「撮影禁止」で
あるので、ゴージャスな内部をご覧になりたい方は現地に行かれ
その目でご覧下さい




そうそう、今までは行楽先でカバンの中から大きな一眼レフ
カメラを取り出して撮影をしてましたが、昨秋にアイフォンの
スマホにしたら写真も綺麗だったので、今回の旅行ではカメラ
持っていきませんでした。かわりにスマホの充電器は忘れない
ようにして、写真はみんな「スマホ撮影」です




言われなきゃ一眼レフカメラか、スマホか気が付かない
くらいじゃありませんか? とは言っても起動させるの
面倒なので電車旅とか、娘との都会での行楽はスマホでも
車での行楽は今まで通り一眼レフカメラを持って行く予定




迎賓館の建物の紹介をウィキペディアから転載させていただくと

>東京の元赤坂にある現在の迎賓館の建物は、東宮御所として
>1909年(明治42年)に建設された。鹿鳴館などを設計した
>お雇い外国人建築家ジョサイア・コンドルの弟子にあたる
>宮廷建築家片山東熊の設計により、元紀州藩の屋敷跡(明治
>6年宮城火災から明治21年の明治宮殿完成までの15年間、
>明治天皇の仮御所が置かれていた。)に建てられた




>しかしそのネオ・バロック様式の外観があまりにも華美に
>過ぎたことや、住居としての使い勝手が必ずしも良くなかった
>ことから、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)がこの御所を
>使用することはほとんどなかった。嘉仁親王が天皇に即位
>した後は離宮として扱われることとなり、その名称も赤坂
>離宮と改められた




>1924年(大正13年)、大正天皇の皇子・皇太子裕仁親王
>(後の昭和天皇)と良子女王(後の香淳皇后)との婚儀が
>成ると、その後の数年間、赤坂離宮は裕仁親王一家の住居
>たる東宮御所として使用されたが、裕仁親王が天皇に即位
>した後は離宮として使用されることも稀になった




>第二次世界大戦後、赤坂離宮の敷地や建物は皇室から国に
>移管され、国立国会図書館、法務庁法制意見長官、裁判官
>弾劾裁判所、内閣憲法調査会、東京オリンピック組織委員会
>などに使用された。その後国際関係が緊密化して外国の賓客を
>迎えることが多くなり(途中略) 1962年(昭和37年)に当時の
>池田勇人首相の発意によって新たに迎賓施設を整備する
>方針が閣議決定された




>1967年(昭和42年)に決定された。こうして5年の歳月と
>108億円(工費101億円、内装費7億円)をかけて、本館は
>村野藤吾、和風別館は谷口吉郎の設計協力により、田中角栄
>政権当時の1974年(昭和49年)3月に現在の迎賓館が完成
>した。新装なった迎賓館に迎えた最初の国賓は、1974年11月に
>現職のアメリカ合衆国大統領として初来日したジェラルド・
>フォードだった




>2006年(平成18年)から2008年(平成20年)にかけて
>大規模な改修工事が行われている。2009年(平成21年)
>12月8日、旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)として国宝に
>指定、明治以降の文化財としては初の国宝となった。
> 2016年 (平成28年)4月から一般公開、12月にはライト
>アップが行われた。

と、ウィキペディアから転載させていただきました




内部撮影禁止なのは残念だが、とにかく「絢爛豪華」という
言葉がこれほど似あうとは。天井からはフランス製の1200キロの
巨大シャンデリア。日本唯一のネオ・バロックの宮殿である
そうだが、ほんとヨーロッパ旅行気分に浸れます




とりあえず↓に、内閣府の公式ホームページの内部写真の
ページをリンクしました。各々の小さな写真を「ぽちっ!」と
すると大きな写真が見れます

内閣府HP「迎賓館赤坂離宮写真集」リンク




中は自由拝観となるのが、要所要所に係官が配置されており
来館者が粗相をしないように見張ってくれていた。テープに
よる説明の他にも、詳しく説明をしてくれる方もいるので
質問などにも答えてくれる




美しい庭園を保つ為に、庭師さんたちがせっせと剪定中
という訳で2月いっぱい、整理券がなくても千円の拝観料で
迎賓館の本会内部の拝観が出来ます。それ以後は整理券が
必要になるので内閣府のHPで拝観方法をご覧下さい。一見の
価値はあります




片隅に建っているのは旧衛士詰所で、これも本館同様に国宝に指定
されているそうだ。そうそう最初に紹介をした噴水もまた国宝なん
だとか




1月下旬に出かけた東京旅、最初は迎賓館赤坂御所の拝観で
あったが、まだ今日は時間もあるので、もう一つまわって
しまいますか。という訳で東京旅2回目につづくっ! と
その前に・・・




< ここからは赤坂離宮関連のおまけ編です >

昨年3月に娘と出かけたときの写真となりますが、愛知県
犬山市にある明治時代の貴重な建物などが、日本各地から
集められた「博物館明治村」で赤坂離宮の関連という事で




赤坂離宮の正門両脇の内外に、創建当初から警護の為に設け
られていた四基の哨舎 のうちの一つである赤坂離宮正門哨舎で
国の登録文化財だそうです。やっぱ帝都東京あたりからの
建物とかも沢山あります。ライト設計の帝国ホテル玄関とか




そして、かつて赤坂離宮で実際に使われていた宮廷家具の
数々も、ここ明治村で保存展示をされています




布張りの優雅な家具は、やはりフランスあたりからの輸入品
なのでしょうか?




普通ではなかなか見られない、いかにも宮殿で使われたと
いうような革張りの椅子は、花鳥の間で使われていたそう




これはおまけのおまけ。赤坂離宮ではなく、かの鹿鳴館で
貴婦人らが座られたと思われる長椅子です。この明治村の
数々の写真もこのブログで紹介される事なくお蔵入りに
なっていたものだが、いつか紹介できたらと思うのだが




  平成29年1月下旬に東京で撮影。(明治村は昨年3月)

そうそう、昨日は地元自治体の確定申告の期間が始まり
住宅ローン減税の相談会&申告があったんで息子と行って
きました。必要な書類も揃えて、今年からマイナンバー
カードかその通知カードがあれば、住民票の提出の必要が
ないので住民票を収得する手数料分が安く済みました




20番位待ちましたが1時間弱位で申告も出来て、来年からは
息子の会社の年末調整で済むそうで、これから10年にわたって
年末のローン残高の1%が控除されるそうなので、息子の場合は
10年総額だと予想では100万近い減税になります。写真は最近
娘と最近食べに行った、中津川駅前にある「五十番」の焼きそば
ソースやラー油、酢などで味を好みに整えます






にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2017年02月15日 10時17分00秒
コメント(48) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.