2866951 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | 趣味 | ニュース、時事 | その他 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2017年03月16日
XML
カテゴリ:長野、山梨の旅


毎夜のWBCテレビ観戦はハラハラドキドキしながらも
楽しい時間だった。来週はアメリカでの準決勝、決勝
どうやら平日の午前中らしいので、シルバーや主婦で
ないと生放送の観戦は出来ないみたい。昨夜の試合で
好投したソフトバンクの千賀投手、愛知県蒲郡市出身
らしい




アマ野球に詳しい愛知県のスポーツ店経営者が、ソフト
バンクのスカウトに推薦し、育成ドラフト4位で入団し
頭角を現したという。WBCに大相撲Jリーグも開幕し
世の中、賑わしいが12日の名古屋ウィメンズマラソンで
初マラソンながら日本歴代4位の走りを見せて、一躍
シンデレラとなった安藤友香選手は岐阜県出身である




ちなみに金メダリストの高橋尚子選手も、岐阜県出身で
あるので県民は女子マラソンから目が離せない。更に
ちょいマイナーな競技であるがフリースタイルスキーの
Wカップでのモーグルと、デュアルモーグルで岐阜県
出身の堀島行真選手(中京大)が2冠を達成をしたそう




やっぱ地元の選手が、日本どころか世界に飛び出して
活躍をするのは応援のし甲斐もある。いよいよ甲子園も
始まるし、来週も引き続きスポーツ観戦で忙しくなり
そう。さて雪も多少なりとも溶けて春も感じる山々は
2月に家族で出かけた木曽から松本ドライブで




良く晴れて、北アルプスの山々もくっきりと見えて
気持ちも洗われるような凛とした空気。旦那とかは
こちらで着ている薄めのユニクロのウルトラダウン
だったので寒い寒いと。松本は4月でも雪降るぞっ
娘も私も厚着




松本近郊の山形村にあるアイシティではイベントを
しており、松本市のマスコットのアルプちゃんが
愛想を振りまいていた。やっぱ松本に行ったので
あれば、アイシティも南松本のイトーヨーカドーも
イオンも、ツルヤも行きたいし、今回は市街地パス




前に出かけた時に、売り切れで食べれなかった南松本に
あるそば処白山にリベンジをするのも目的の一つだった
今回は11時半には入店。出てきた12時過ぎには駐車場
一杯で、早くに入店してよかった




娘は野菜天ぷら(300円)のボリュームがあるので
旦那に半分あげるとか言いながらも、殆ど一人で
食べていたし。ここのお蕎麦はボリュームがあって
しかも値段も安いので、この普通盛りでも600円
天ぷら合わせても900円




私の方はちょっぴりお高い十割蕎麦で、普通であれば
二八蕎麦(つなぎに小麦粉2割、蕎麦粉8割)なところを
この店は一九蕎麦が普通のなので、見た目はかわらない
ように見えても、のど越しとかやっぱ十割は違うし




こちらは信州でチェーン展開をしているやきたて屋
本社は諏訪市にあるみたいだが、ついついフラフラ~
と立ち寄ってしまう




息子に土産のたい焼きと、スグに食べようと買った
たこ焼きは一人2個ずつをはふはふ。あっ! 旦那が
大好きな信州のホームセンターチェーンの綿半での
買い物の時に、ついつい買い食いだ




今回の綿半来訪の目的はずばり消火器だ。新しい家に
なって半年以上も経つというのに、消火器がないので
買わなきゃと思いつつ、出かけるとそのことを失念し
続け、やっと購入出来た。安い5年用でなく少し高いが
10年用を購入




前の日記にも少し書いたけど、イオンの酒コーナーって
充実しており、しかも見切りもよくされているので立ち
寄りしたら、桃のリキュールが元から安いし、ワインは
3割引き見切り、ウィスキーには粗品にかっこいいグラス
もう、これは買うしかないでしょ




バーボンウィスキーのアーリータイムズは、アサヒビールが
販売しているそうだがバーボン初めてかも? バーボンとは
アメリカのケンタッキー州で作られているウィスキーで原料の
穀物中にトウモロコシを51%以上含んでおり、内面を焦がした
ホワイトオークの新樽で熟成したものだそう




前に白州のウィスキーの利き酒講座で、一口飲んだっけ
特に飲みにくいとか、そうゆうもんでもなかったが・・・
グラスはハイボールとかじゃなく、一輪挿しに使っている




次なる買い物は、今井恵みの里の直売所で自宅用に林檎を
購入し、アイシティの中にある唐揚げ専門店では土曜日限定
特売のお得な唐揚げ、これで300円




アイシティにある信州のスーパーチェーンのツルヤで
見切りの野菜とか果物。リンゴジュースなどなど購入
このスーパーは娘は一番使っていたお店だ。やっぱり
安いし




娘がはまっている牛蒡茶に、松本の本屋文岳堂で製造販売
されている、テレビでも取り上げられた名物おやきとか
あちこちで色々と購入




夕刻には木曽にある、御嶽海の応援コーナーもある
スーパーでお肉が半額~。しかも娘が行きたがってる
コストコの巨大デザートが、広告の品として幾つか
あって、チーズケーキか娘が迷った末に・・・・




巨大ティラミスを購入。お金を半分くらいは娘が出して
くれたが、食べるのは殆ど娘になるに違いない。それに
しても業務用にしか思えないようなデカさだし




冷凍庫で少し凍らせてから、一食サイズにカットして
サランラップで包装し、冷凍して保存。食べるだけを
解凍して、溶けかけ、溶けてからを食べるものだそう
だが、まだ冷凍庫にありますよ




日記の構成上、話が前後するがその日のドライブの最初
木曽で立ち寄ったのが、国道19号沿いにある木工品の
製造販売をされている明治創業の竜門堂さんだ。トイレ
休憩に寄った道の駅で、こういったものを買いたいの
だが・・・と旦那が聞いて、紹介をして貰ったお店だ




肝心の店構えや、店内の写真を撮り忘れてしまったと
いうのに、振る舞っていただいたお菓子や漬物の写真は
ちゃっかり撮ってるという




前に奈良井で買った木製のお椀も痛みも出て
きたので、お安いお椀を購入。スーパーとかに
比べて半値だし種類もたくさんある。朱塗りの
渋い器とか、アイスとか入れたら良さそうだった
のに買わずにきて、今さら後悔




馬籠でも売っていた高級箸のセットも半値位かな
一膳100円もしないし。箱の上にあるお箸は娘に
欲しいとねだられて、それでも200円位




訳ありコーナーにあったお盆も娘にねだられたもので
裏側に小さな削れ傷があって、500円と破格値だし
お盆も裏をひっくり返して見る人もいないし、いつかは
傷もつくもんだ




今回、このお店に立ち寄った理由が畳敷きの床の間に
置くための花台が普通のお店とかにはなかなか置いて
なかったので、木曽ならあるだろうと・・・。ピンから
キリまで色んなのがある中で、木目や色合いとかも
良かったし、何よりお安い




横にある仏壇と同じような色合いなので一体感も
出てアクセントにもなるので、これを購入したが
これだけ色々と買っても数千円程だった。花瓶は
亡き母と出かけた長州土産の萩焼。母は旅行先で
何かしら記念のものを買うのが好きだった




さて、これは別の日だ。娘が月曜休みで映画が安いと
いうので清内路の峠を越えて、私の運転で飯田市まで
出かけた。うちから車で1時間、一番近い映画館だし




行きはめずらしく娘が運転したので、助手席から
南アルプスをパチリ。こちらもよく晴れて遠くの
山までくっきりハッキリ見えた。映画の方は前に
ブログで紹介をした、呉の「この世界の片隅で」
1日1回お昼過ぎの上映だったので




前を通るといっつも行列が出来ている、飯田市民の
ソウルフードの一つ(と思われる)中華そば上海楼
年配の方も、サラリーマンも、女子高生だけでとか
とにかく幅広い客層だし




ぎょえ~、器が小さいという訳でもなくって普通盛の
中華そばだが、どうみても他のラーメン屋の大盛だよ
なのに70代と思われるマダムが、更に多い大盛のを
ぺろり。癖のない飽きの来ないシンプルな味が人気で
あるのかも




飯田にもイオンがあり、昨年の見切りと思われる
これから活躍しそうな薄いジャケットが、税込み
7900円もしてたのが、なんやかんやで1330円!




娘の方は飯田のアピタで税抜5900円のブランド財布が
赤札2900円の半額で、税抜1450円と格安で売ってて
娘の財布も痛みかけていたのでお買い上げ




こちらは話題のスーパーフードの一つ、チアシードで
興味はあっても、高いので買った事はなかったけど
見切りになっていたので購入と、何かと信州でお得な
お買い物が出来た




    平成29年早春に、信州木曽、松本、飯田で撮影


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2017年03月16日 13時11分05秒
コメント(45) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.