3829843 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2018年07月17日
XML
カテゴリ:スポーツ


​三横綱不在で、イケイケの大関栃ノ心も休場と​
追い風の中で御嶽海、過去最高の9連勝。単独で
真夏の名古屋場所を驀進中だ(9日目の終了時)
それを追うのが一敗の平幕下位の朝乃山、次に
二敗の大関高安、遠藤、栃煌山という所である




さてさて4月2日に開催をされた中津川場所だが
前回紹介の人気力士との握手会、ぶつかり稽古に
続いて、やっぱり巡業の華でもある地元の子供
たちと人気力士との稽古だ。もう孫でも出たら
じいちゃんばあちゃん大興奮。御嶽海と豊山




地元の相撲クラブや小中学校の少年たちが大きな
力士に一生懸命ぶつかっていく姿に会場は大いに
盛り上がり、巡業の目的でもある青少年健全育成の
一環にも繋がります。子供たちに相撲協会名入りの
廻しを贈呈している。石浦と千代丸相手に頑張れ~




そして巡業中で、一番、力士の顔も緩んでニコニコと
すごく楽しんでました。勝負が全ての厳しい本場所で
見られないような豊山と御嶽海も満面の笑顔




会場の観客もニコニコ、ゲラゲラ。笑顔が
あちらこちらで。大っきな千代丸に挑んだ
小さな子供に加勢して、後ろからよいしょ




よいしょ、よいしょと大きなカブみたいに
なってるし。千代丸でかいしなぁ~




こちらは御嶽海と男の子の二人で千代丸を
押し出し




豊山がどっちゃりと、塩を子供の手の上に




やっぱ、こうなります




お近くで巡業があったら、こんな楽しい興行も
みれますよ。岐阜の大垣市がスタートで北陸や
長野。もしも御嶽海が優勝したらすごい事にも

「平成30年巡業スケジュール」夏巡業




相撲甚句は大相撲の巡業などで披露をされる
七五調の囃子歌で、江戸時代の享保年間には
流行歌として定着したものと思われる




今では相撲教習所の教養科目として必須科目と
なっているんだとか。「花づくし」「山づくし」
「出世かがみ」などが有名で、「ごあいさつ」で
締めくくる




ファンに手を振ったり




時にはピース




そして人気の出し物と言ったら、やっぱり
初切(しょきり、しょっきり)で、相撲の
禁じ手を、幕下以下の力士が面白おかしく
実演をしてくれる




幕下でも十両以上の関取に許される大銀杏を
結う事が出来る。髷を持つのはいかんでしょ




スリッパ(凶器)でパカーン!もあきませんわな




豪快に飲み




豪快に撒く




対戦相手の顔にもピュー




後ろに回ったかと思ったら




大開脚~!




いやぁ~、疲れた時はやっぱこれだね




カンパ~イ!




うっひょ~!!
さて、ここからは十両の土俵入りとなります




巡業の勧進元か、後援会あたりのお子さん
だろうか、赤ちゃんを抱いてる炎鵬(23才)
もイケメン力士だし。石川県金沢市出身で
白鵬の内弟子として宮城野部屋に入門。今は
幕下2枚目だが好調だし、十両に戻れそう




大翔鵬23才(モンゴル・ウランバートル市)は
既に日本に留学をしていた母親のもとに父と来日
小学生の時に相撲を始め、学生時代に頭角を現した
入門同期生には同部屋の遠藤もいるそうだし、弟
弟子には大奄美と注目の追手風部屋だ




もちろんベテランもいる十両だけども
これから幕内へと駆け上りそうな若手
力士などもおり、ひいきの力士などを
見つけるのならば幕内では遅いくらい




イケメンすぎないか翔猿(とびざる26才)!
やはり先程の追手風部屋所属で、東京出身
十両の英乃海が実の兄で、子供の時に兄の
やってる相撲道場に付いて行って、相撲を
始めたが、同じ部屋では甘えが出るとあえて
違う部屋に入門をした




そして真ん中の、平成生まれ初の大関となった
照ノ富士の事をご存知の方は多いだろう。膝の
怪我に泣かされ、糖尿病も悪化して大関陥落後
僅か2場所で十両転落。しかも腎臓結石も患い
両ひざの手術を6月に行った。今場所では大関
ならびに幕内優勝経験者が、初めて幕下に陥落
しかし再起をしたいとの事、また土俵に戻って
来てほしい




スポーツは怪我が付き物とは言え、私の好きな
宇良(うら26才)も1年前は、東前頭4枚目と
最高位を更新し大いに沸かしていたのに、右膝の
外側靱帯を痛め、1月場所から4場所連続の全休で
三段目30枚目となったが相撲を取れる状態まで
回復せず筋肉トレーニングに励んでいるそうだ




春日野巡業部長のご挨拶。土俵問題は
この2日後に起こった




櫓太鼓打分(やぐらだいこうちわけ)




安美錦(あみにしき39才)は、青森県
西津軽郡出身の大ベテラン。5月場所では
39歳6ヶ月で再入幕をしたので、自身の
持つ昭和以降で最高齢の再入幕記録を更新
名古屋場所8日目の勝ち星で、1997年
初場所の初土俵から、872個目の白星を
積み上げ、大鵬に並んで8位となった




またも照ノ富士。まだまだ若いんだし体を
直して、宇良とともに戻ってきてほしいなぁ
更に、暴力事件の被害者となり三場所休場し
十両の下位からスタートした貴ノ岩は、十両
優勝も視野となる8勝1敗で、幕内に戻る
のも近そうだ




やっぱりイケメンすぎるぞ、翔猿(とびざる)




幕内力士の土俵入り。翔猿に勝てそうなのは
舶来の大関栃ノ心と魁聖くらいなものか




おっ早朝の人気力士の握手会で、握手もして
貰った竜電も、やっぱキリッとしたイケメン
ぶりが際立つ




こちらは名古屋場所でも大活躍の朝乃山
(あさのやま、元・石橋24才)で富山市
出身だ。一昨年の春にデビューをしてから
十両まで6場所、幕内までは9場所連続勝ち
越しで異例のスピード昇進で入幕で新時代を
感じさせる力士の一人だ




今場所勝ち星がまだないベテランの嘉風
NHKの昨日の大相撲放送でゲストの男優
谷原章介がファンらしく、初日が見たいと
言っていた




さて荒れる名古屋場所は、三横綱が揃って
休場し、元気の良かった栃ノ心の姿も無く
優勝経験者はカド番大関の豪栄道(三敗)
琴奨菊(六敗)のみで、その他の力士が
誰が優勝をしても初優勝となる




私が出かける予定の14日目あたりに、贔屓の
力士が優勝出来たら嬉しいのだけど。やっぱ
↓あたりが優勝候補になりそうだ




御嶽海に抱かれた赤ちゃん。いかつい大きな力士に
抱かれて泣きもしないが、泣かない事も条件に
入っているんだろうか。後ろのいかつい高安も
視野に入るだろうし、泣き虫の子だったらび~
び~しそうだが




スポニチの記事で、今場所好調の三人には若手
という以外にも共通点があるそうで、御嶽海は
東洋大、遠藤は日大、朝乃山は近大の学生相撲
出身者ばかりだそうだ。スピード出世をして
注目もされるが横綱になったのは輪島一人だけ
なんだとか




元記事は↓リンクからご覧ください

異変だらけの大相撲名古屋場所 成績好調な若手力士たちの共通項とは




学生相撲経験者で、優勝をしたのは6名だけで
最近では2001年の琴光喜以来無く、今場所の
優勝はそういった意味からも注目をされている
ちなみに
現在、学生相撲出身の幕内力士は13名
もいる
そうだ。御嶽海が何か表彰されていた




何せ三横綱がみんな休場をしてしまったので
折角、平成最後の名古屋場所ではもう横綱の
土俵入りは見る事が出来ない




春の巡業でとりあえず、鶴竜と白鵬のを
見る事が出来て良かった。71代横綱の
鶴竜(かくりゅう32才・2014年~
在位、雲竜型)はモンゴル・ウランバートル
出身




大学教授一家の裕福な家庭に生まれ、テレビで
NHKの相撲放送を見て、相撲を志すようになった
そうで、一度は不合格になりながら頼み込んで
他の部屋に入門をした。日本語や英語も堪能だ
そうで、角界一のサッカー通でもある




そして第69代横綱の白鵬(2007年から在位
不知火型)は33才。モンゴル・ウランバートル
出身である。1077勝227敗98休(104場所まで)
の記録は更新中で、幕内優勝回数40回を数える
大横綱だ




父親はメキシコ五輪のレスリング重量級での銀
メダリストで、ブフ(モンゴル相撲)で、5年連続
6度の優勝をした元アヴァルガ(最高位)だそうで
母親もチンギスハーンの子孫の家柄の出で、元医者
のようだ




モンゴル出身の旭鷲山をつてに2000年秋に6人の
モンゴル少年と共に来日。親方は父親の活躍を知らず
小柄ですらっとした白鵬の大きな手足と腰、柔らかい
筋肉などから、もしかしたら化けるかもと、とにかく
吐くほど食べさせ、牛乳を飲ませて体を大きくさせた




入門当時身長175cm、体重68kgだった体は、大食漢で
あった事と熱心な稽古によって、大きく成長し続けて
僅か3年で入幕。19才1ケ月と史上4番目の若さで
あった




双葉山(69連勝)に次ぐ63連勝、勝率0.84と
圧倒的な強さを誇った白鵬であるが、平成が終わりを
告げようとしている中、若手台頭の波をどう受け止めて
いくのだろうか




追加。十日目(17日火曜)を終え、御嶽海が
三役になって初めての二桁勝利。負け知らずの
10連勝。それを追うのは八勝二敗、共に平幕
下位の朝乃山と↑栃煌山(とちおうざん31才
高知県安芸市出身)です




てな訳で4月2日に行われた中津川場所(春巡業)の
その2を紹介しました。力士の真横を通ると甘~い
鬢付け油の香りが漂いました




          平成30年4月2日に中津川場所で撮影

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村








最終更新日  2018年07月18日 12時57分15秒
コメント(50) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.