3397466 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2019年01月09日
XML
カテゴリ:美濃の旅
​​

もう平成最後のお正月を迎え、10日近く過ぎて
しまった。前回、少し紹介をした東山動植物園の
写真はまだまとめてないので、昨年度のお蔵入り
寸前のお出かけ写真を引っ張り出してきた




今回はうちから車で1時間ちょっとで行ける
岐阜県多治見市。埼玉県熊谷市とライバルの
日本有数の暑さを誇る街で、娘の好きな土岐
アウトレットにも近いし、よく出かけている




その日の朝は、多治見市街地から少し離れた
所にある「灯屋(あかりや)」さんで、娘と
モーニングを食べに出かけてみた。とても
落ち着いた感じの内装だ




初夏の頃だったので、私は朝から冷たい
ものを。コーヒーの大っきな氷の入った
しゃれた器に、熱いコーヒーをゆっくり
注いで、アイスコーヒーにする趣向だ




モーニングセットはこんな感じで、女性
好みのこじゃれたプレートだ




知らないお店へと、モーニングを食べに
まわるのも楽しいものだ。お腹もいっぱいに
なったので




その近くにある田舎には似つかわしくない
ような名刹「虎渓山永保寺(こけいざん
えいほうじ)」へと。まるで京都の寺院
にでも紛れ込んだような境内であるけど




織部っぽい瀬戸物の大きな灯篭で、ここが
多治見だと認識をする。臨済宗南禅寺派で
鎌倉期に夢窓礎石が、長瀬山の幽境に庵居し
この禅寺を開創し、夢窓の帰京後には元翁
本元が寺観を整えての開山とされる




二百ちょっととある国宝の建造物の中で、岐阜
県には高山の安国寺の経蔵と、この永保寺の
開山堂と観音堂の三棟のみである。暇な時など
2年に1度位は出かけてみたくもなるので、
前にも、このブログで紹介した事もあるが




とりあえず、ウィキペディアによりますと↓

>文化3年(1806年)刊の『虎渓山略縁起
>一人案内』によれば、正和2年(1313年)
>6月18日に長瀬山の麓を目指していた夢窓
>一行が道に迷い、白馬に乗った女性に道を
>尋ねた所、返事が無かった。




>そこで夢窓は「空蝉のもぬけのからか事
>問え 山路をだにも教えざりけり」と歌を
>詠んだ。すると女性は「教ゆとも誠の道は
>よもゆか我をみてだに迷うその身は」と
>返歌して忽然と消え失せ、付近の補陀岩上に
>一寸八分の観世音菩薩像が出現した。




>夢窓はこの観世音菩薩像を本尊とし、1314年に
>水月場(観音堂、国宝)を建立した。当初
>「古溪(古渓)」と称していたが、後に中国
>廬山の虎渓(簡体字: 虎溪(中国語版))に因み
>「虎溪山(虎渓山)」と称するようになった。




>廬山虎渓の風致が当地に似ているとする記述も
>見られるが、夢窓が渡航した記録は無く、
>むしろ鎌倉建長寺の中国僧一山一寧のもとで
>修行していたことにより、当時の廬山での禅
>修行の風致を虎渓山に求めたものと推察される




>1317年に夢窓は京都の北山に隠棲、更に
>土佐へ移り、1319年には鎌倉へ、1325年に
>後醍醐天皇の命により南禅寺第9世として
>南禅寺に住持することとなる。




>一方、元翁本元は夢窓の去った虎渓の地を
>守り暫く留まっていたが、1329年には
>南禅寺第11世として南禅寺に住持した。

さて夢窓礎石の名は苔寺や天竜寺の作庭でも
聞いたことがあると思いますが、どんな人で
あるかを再び、ウィキペディアにお願いすると




>夢窓疎石(むそうそせき、道号が夢窓、
>法諱が疎石)は、鎌倉時代末から南北朝
>時代、室町時代初期にかけての臨済宗の
>禅僧。七朝帝師。父は佐々木朝綱、母は
>平政村(北条政村か?)の娘。佐々木頼綱
>(六角頼綱)の兄・経泰(つねやす)の
>孫とされる




>伊勢国(三重県)出身。幼少時に出家し、
>母方の一族の争い(霜月騒動?)で甲斐国
>(山梨県)に移住する。1283年に甲斐市
>河荘内の天台宗寺院平塩寺(現在は廃寺)に
>入門して空阿に師事し、真言宗や天台宗
>などを学ぶ。




>1292年に奈良の東大寺で受戒する。京都は
>建仁寺の無隠円範に禅宗を学ぶ。鎌倉へ赴き、
>円覚寺の桃渓徳悟、1299年には建長寺の一山
>一寧のもとで首座を勤めるも嗣法には及ばず、
>1303年に鎌倉万寿寺の高峰顕日に禅宗を学び、
>1305年には浄智寺で印可を受ける。(中略)




>鎌倉幕府が滅亡すると、建武の新政を開始
>した後醍醐天皇に招かれて臨川寺の開山を
>行った。この時の勅使役が足利尊氏であり、
>以後、尊氏も疎石を師と仰いだ。翌年には
>再び南禅寺の住職となる。1335年に後醍醐
>天皇から「夢窓国師」の国師号を授けられた。




>生前に夢窓国師・正覚国師・心宗国師、死後に
>普済国師・玄猷国師・仏統国師・大円国師と
>7度にわたり国師号を歴代天皇から賜与され、
>七朝帝師とも称される。1351年に死去、享年76。

↑ウィキペディアより転載しました




ここ、永保寺の庭園も夢窓礎石によるもの
である。このお寺は境内をまわるのは拝観
自由、無料なのでもしもお近くにお越しの
場合は、是非お立ち寄りくださいませ




庫裡の前には、仏徳禅師のお手植えの
大きな銀杏の樹。仏徳禅師とは、元翁
本元の事である




と、いった訳で多治見は二度、三度と
出かけたので、ここからはまた違う日に
出かけた時の、多治見の話。太多線で
合流する姉と、待ち合わせするのも
多治見駅なので馴染みの街だ




彦根はひこにゃん、熊本はくまモンという
ように、ここ多治見市の人たちに愛されて
いるのが「うながっぱ」だ。特に駅前とか
うながっぱで占拠されている。うながっぱに
ついてウィキペディアによれば↓




>2007年8月16日に同市が日本国内での最高気温
>当時・40.9℃を記録したことなどから、日本一
>暑い町として観光誘致活動を行うために製作された。
>同市の名物である"ウナギ"と同市に伝説が残る
>"河童"を合わせ、漫画家のやなせたかしによって
>デザインされた




>単に観光PR用関連商品の販売に留まらず、
>市内を走る無料観光バスの愛称うながっぱ
>バスとして用いられたり名前を冠した
>イベントうながっぱ祭が行われたり、うな
>がっぱパッパソングという歌が作られたり
>など、幅広い展開を見せている。




>15:00(JST)時点での多治見市役所付近の翌日
>最高気温が37℃以上と予想される場合に、翌日の
>10:00(JST)から配布する方法に変更された。
>このほか、市内を始め各地で行なわれる各種
>イベントにおいても配布されることがある。なお
>同キャラクターは同市の特別住民登録されている。




そんな訳で多治見市民に収まらず、近隣
住民にもお馴染みのうながっぱ。国民的
ヒーローアンパンマンの生みの親やなせ
さんのデザインだけにクオリティが高い




もう、どこもかしこもうながっぱ。国宝の
寺院や、おしゃれな修道院、茶碗と暑いと
いったアピールポイントも多いのに新たな
PRキャラクターだ




余談だけど栗きんとんと、馬籠宿と最近人気の
苗木城。島崎藤村、熊谷守一、前田青邨出身位な
中津川市のにゃかつがわ君も頑張れ~。始まった
ばかりの大河ドラマ「いだてん」で主人公を指導
する可児徳(いさお)は中津川市苗木出身らしい




おっ、こんなところにうながっぱ本体がぁ!
どうやら目を開けたまま眠っているようで
ぴくりとも動かないが・・・




多治見市PRセンターには、そんな眠る
うながっぱの姿も見れたり、美味しい
うながっぱまんじゅうや




様々なうながっぱのグッズも販売中
男の子用もあるのか




もちろん多治見市と言えば、うながっぱ
よりも焼き物ですから、そういったものも
購入できますし




焼き物をする為の道具も販売されています




センターの前には織部っぽいうながっぱ
桃山時代に古田織部の指導で土岐付近で
作られ始めたた織部焼は、志野焼とともに
美濃焼の代表格だ。




土岐氏の流れを汲み、この辺りを本拠にた
多治見国長は、後醍醐天皇による鎌倉幕府の
倒幕計画が事前に発覚し、首謀者が処分を
されたという正中の変に加担をした武将で
今も地元で人気があるんだとか




そんな多治見駅近くのバロー文化ホールで2月に
行われる吉本お笑いライブ貸切り公演は、いつもの
バローとプリマハムとの懸賞で、A賞は4名招待
150組、B賞2名招待の300組とあり人数も
多いし、名古屋ではなく多治見なのでこれは当たり
そうだと思いつつ、年末にいそいそとプリマハムを
食べていたが




同一家族が同時当選は珍しいのだけど、息子はA賞
4名招待、娘はB賞ペア招待が当たったので家族で
行く他に息子が友達でも誘えばいいか。ちなみに
プリマハムを千円以上購入のレシートで応募する
A賞は1口しか応募をしていなかった




         平成30年に、岐阜県多治見市内で撮影

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村​​






最終更新日  2019年01月09日 21時39分44秒
コメント(58) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.