3574088 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2019年04月11日
XML
カテゴリ:名古屋より


​今年70歳となって、あまり遠出もしなく
なった姉だが、姪が結婚する事になったと
弾んだ声で電話をよこしたのは昨秋だった
で、年を越しての1月半ば、良く晴れた日
お相手が名古屋の方でもあるので




名古屋の老舗の料亭で挙式と、披露宴を
行い、旦那と夫婦で参列をさせて貰った
千葉の次兄のところの甥も、奥さんの方が
四国出身で、私らはみんな岐阜県。で次兄
家族は千葉という事で、中間の名古屋で
式を行った




姉が「夕方からの式だけど、名古屋で
泊まるか?」と言うので、「そんなん
家に帰れるよ」とそのまま帰るつもり
でいたが、千葉の兄夫婦は遠いからと
姪が手配した、名古屋駅のホテルの超
高層階ホテルに泊まると当日に聞いて
旦那が羨ましがってた




千葉の兄夫婦は新幹線代とか、お金も
かけてきているからまだしも、うちら
夫婦で参列、ホテルの宿泊代までをと
なったら、どんだけご祝儀が必要と
なるんだぁ~?と、想像しただけで
諭吉がひらひらと頭の中で舞う




実家の長兄夫婦と式場から徒歩で、近くの
地下鉄駅から名古屋駅に出て、普通電車に
揺られて帰宅をした。今回の結婚式場は
名古屋の「料亭河文」で、結婚式場とか
ホテルなどの式と披露宴はあるが、こう
いったところは初めてだ




私の実家は二階にお蚕様も飼育していたので
部屋が15位もあって、座敷も表から奥まで
4つあるんで、長兄の結婚式は自宅で行った。
三々九度を子供が行うというのも私が行った。
姉の方は、嫁ぎ先で結婚式を行うというので
私は家で見送っただけで、式には父母と長兄
だけが参列をした




そんな昔ながらの結婚式などが、現代風に
変化したのは、やっぱり大阪万博の頃で
テレビがどの家にもやってきて、農業だけ
では生活出来ず、田舎でもサラリーマンが
増えた時代であるだろう。新婚旅行も宮崎
とか、熱海といったところか




私の頃はチェーン化した、どこの都市にも
あるような結婚式場で、新婚旅行先はグアム
だった。偶然、巨人キャンプをしていたので
気を利かせて、観光コースにも入っていたので
江川や、桑田を目の前にして旦那が大喜び




果たして、姪夫婦がどこに出かけたかは判ら
ない。テレビとかである、ライスシャワーって
のはやった事はないが、神式、仏式、人前式
などなど




今回のお式は夕刻スタートで、午後7時前に
お開きになったのは、この後に友人や同僚と
カジュアルなスタイルの披露宴(二次会)が
行われるようで、玄関先にはドレスを着込んだ
妙齢の女性らが集まってきていた




なるほどね~。お友達もご祝儀に気を使う
事もないし、予算的にそうゆうのもいいかも
しれない。呼ぶ方も、呼ばれる方もお財布に
優しい




うちの場合はネットで、一般的な姪に対する
叔母夫婦が参列する時のご祝儀を、調べた
上で、銀行でピカピカの新札を用意して包み
ました




子供の頃に家で牛や豚、鶏を飼育していた事も
あってか、どうもお肉が苦手で次兄の披露宴は
京都ホテルで行ったんですが、私がステーキに
手を付けず残したので、ホテルの方が「お召し
上がりにならないんですか?」と、驚かれたが
今思えば、隣席の親族とかに食べて貰えば
よかった




しかし20歳の頃に、母親と参加した50万円も
したヨーロッパ旅行で、名物料理だという事から
スイスのミートフォンデュは、牛肉しか出てこな
くって、おなかがすきすぎて仕方なく食べたら
意外に旨くて、それから肉は食べれるようになった
けど、今でも鶏肉は苦手だ




さて今回の結婚式場は、老舗の「料亭河文」で
名古屋政財界の迎賓館みたいな存在だったよう
です。 ウィキペディアによれば




>清須越えにて移り住み、魚の棚通りに魚屋と
>して寛永年間に河内屋文左衛門が創業。 江戸
>時代は、尾張徳川家御用達として利用された。
>明治時代には、伊藤博文など歴代の総理経験
>者も訪れ、博文の書が掛軸として残されている




>(中略)2011年にプラン・ドゥ・シー(東京都
>千代田区)に経営権を譲渡した。建物の改装を
>行い、同年9月30日より再オープンした。2005年に
>主屋、表門・塀・脇門、新用亭、渡廊下、用々亭、
>厨房が登録有形文化財に登録された。




という事で、歴史ある建物と同じ敷地に建て
られた近代的な結婚式場の利用となりました
料亭河文の伝統を受け継いだ、お出汁の鯛
茶漬けは、ここの名物料理だそうだ。あっ
デザート写真を忘れました




今年は名古屋に出かける機会が、毎月のように
あり、この結婚式を始めとして、ここでも紹介
した、あれやこれやという感じですが




まだ紹介してなかったのが、例のジョイセブンの
安く購入していたミッドランドスクエアシネマの
チケットを利用しての、娘との映画鑑賞は、それ
だけの為に名古屋へ出かけました




これは映画までの時間つぶしで、名古屋駅前をうろ
ついていた時に大名古屋ビルヂングで、お花畑~
とはいっても造花でして、冷たい強い風にゆらゆら
揺れてました




映画の為だけとはいっても、せっかく名古屋まで
きたのならランチぐらいは楽しみたい。しかも
その日は平日なので、お得な「平日ランチ」も
食べることが出来るからと、前の日からネットで
娘が検索~




「名古屋駅前 平日ランチ」で見つかったのは
大名古屋ビルヂングのすぐ近くにある「中国料理
王宮 OHKYU」で、幾つかある千円程~のメイン
料理を選ぶと




点心やスープ、お粥、サラダ、デザートなどが
ブッフェタイプで楽しめるという平日ランチだ




杏仁豆腐が好きなので3つも食べてしまった~
さてさてお昼も食べたし、腹ごなしでウィンドウ
ショッピングも楽しんだので、そろそろ映画館に
行きますか。名古屋駅に着いてすぐに指定席券に
交換したので、真ん中あたりでばっちり楽しめた



マーベルが大好きな娘が、海外で大ヒットしたと
いう、この映画は家のテレビではなくて映画館の
でっかいスクリーンでこそだというので、公開が
されると早速、出かけてみたのだ(2月)子供の
頃に海のトリトンを見て育ったんで、懐かしくも




ゴールデンウィークには、アベンジャーズ
エンドゲームも公開をされるので、5月には
どこかに観に出かけなくっちゃ!!




そんな訳でうちのDVDレコーダーは
こんなんばっか録画保存されています




映画を見ているうちに夕暮れになったので
名古屋駅の新幹線口側の地下街にあるお店で
好物のとろろ飯を食べて、電車で名古屋に
出かける時にはよく利用する瑞浪駅へ




すると、秀吉様のイラストのある電車が
とまっていた。瑞浪ならば中津川までより
電車賃もかなり安く済むし、瑞浪止まりの
電車もあるので利便性が高いのだ




名古屋で紹介をしていなかったと言えば
昨年の春に、名古屋市の科学館で開催を
していた「マーベル展」にも、娘と出かけ
ました。その時もジョイセブンのお安い
チケットが利用できましたよ




入り口には巨大なハルク。息子からレンタル
DVDで「ハンコック」を借りてきてと頼まれ
間違えて「ハルク」を借りてしまい、思った
のと違う・・・と叱られたのも、つい昨日の
ようだし。あの当時は、マーベル系ヒーローは
かけだしだった




それまでのヒーロー映画と言えば、やっぱ
バットマンとスーパーマンあたりだったのが
アイアンマンはお金持ちとはいえヒゲの中年の
おっさんと異色だった。あれからマーベル系の
ヒーローが続々、増殖中で今年は5作品も公開
されるそうで




アイアンマン、ハルク、キャプテンアメリカ
マイティ・ソー、スパイダーマン、アントマン
ブラックパンサー・・・もう、次から次に出て
くるヒーロー軍団。その縦軸にアベンジャーズ
なんてシリーズもあるし




マーベル展では、そんなかっこいいヒーロー
たちのコミック原画とか、映画の衣装とか
いろんなモノがところせましと展示をされて
おり、基本的に撮影禁止だが、SNSなどで
拡散もして欲しいので、撮影コーナーも用意
されていた




これらはアイアンマンのマークⅠ、マークⅡ
マークⅢ、マークⅦだそうだ。どんどん進化。
それにしてもアベンジャーズエンドゲームの
内容が気になる。エンドだなんて・・・米国も
日本と同じく4月26日の公開らしい




科学館なので、科学的な展示物もいっぱい
あり、こちらは写真撮影がOKだったので
恐竜なんぞも撮ってみた




アンモナイトもついつい撮りたくなる
素材です。1個、こうゆうのを家にも
欲しいほど、化石とかも好きだ。と
お蔵入りだった昨春のマーベル展を
紹介が出来た




再び今年の3月半ば。今度は舅の弟の娘
(旦那の従妹)が名古屋で式をあげると
いうので、旦那が参列をさせて貰ったの
だが、帰りがけに義叔父さんが花嫁さんの
ブーケをうちの娘に持たせてくれた




昔は白砂糖の入ったビニールの大きな魚や
赤飯とかだったけど、最近は洋菓子や鰹節
調味料やギフトブックなど。姪の事だからと
こちらのご祝儀は、舅姑が包んでくれたので
助かりました




ここからはオマケ。4月7日、息子が出張で
出かけていた愛知県岡崎市での休日、花見
写真をおくってくれた。楽天ブログのお友達の
方も、複数の方が岡崎城の桜の写真を紹介
されていたが、私自身は桜の時期には行った
事がない




写真はスマホで撮ったのをラインで送って
くれたけど、それを自分のスマホにダウン
ロードが出来るので本当に便利

岡崎城について、ウィキペディアによると




>岡崎城は、三河国岡崎藩(現・愛知県岡崎市
>康生町)にあった日本の城。徳川家康の生地
>である。別名、龍城。戦国時代から安土桃山
>時代には松平氏の持ち城、江戸時代には岡崎藩の
>藩庁であった。




>存城当時の東海地方の城では3番目に数えられる
>規模であったが、1873年(明治6年)の廃城令に
>よって廃城となった。城内の天守以下の建物及び
>土地を払い下げ、現在は一切の建物を失い、本丸と
>周辺の持仏堂曲輪、隠居曲輪、風呂谷等の曲輪と
>石垣、堀などの遺構を残すのみである。




>敷地は龍城神社、岡崎公園として整備された。
>1959年(昭和34年)3月、天守が復興された

「城なのにエアコンの室外機がぁ~笑」と息子。
やっぱ、新しい名古屋城はエレベーターは無い
方がいいと思うけど(私見ですが)




岡崎城は江戸時代に「神君出世の城」とも言われて
いたそうだ。また城のある岡崎公園は「日本さくら
名所100選」に選ばれた桜の名所でもあるそうだ




それにしても半端ない寒さだった。4月10日
朝起きたら、平成最後のなごり雪。道には雪が
積もらなかったから通勤にも支障はなかったが
冬ものをしまわなかったのが、功を奏した




         平成30年5月 マーベル展(名古屋・科学館)
         平成31年1月 姪の結婚式(名古屋・河文)
              2月 映画アクアマン(名古屋・駅前) 
              3月 旦那の従妹の結婚式(名古屋)
              4月 岡崎城の桜(息子が岡崎市で)
                 雪降り(自宅で・10日朝)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
​​​​​​​






最終更新日  2019年04月11日 22時00分35秒
コメント(57) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.