3904794 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2020年05月21日
XML
カテゴリ:愛知、三重の旅


​苗木城、明智城、岐阜城と美濃国の城が続き​
ましたがラストは、尾張の白帝城。木曽川を
見下ろす犬山城の登場です。今年1月25日
可児の明智城に出かけた時には、こちらにも
一緒に登城してきました




というか気分的には、こちらの犬山城を
メインに考えていて、時間があったから
午後から、明智城にも立ち寄ってみたと
いうのが正確なのかもしれません。やっぱ
田舎の山城址よりも、国宝の現存天守は
ワクワクしちゃいます




すいませんっ~、光安叔父上~(麒麟がくる)
さてさて犬山城は3回位は出かけてますけど
前回は10年以上前のようです。このブログ
でも紹介をしていました ↓リンク

2009年05月21日「国宝天守より木曽川を臨まん。犬山城(白帝城)」




いよいよ犬山城の本丸鉄門が見えてきました
この先からは有料ゾーンとなります。ここに
来る途中に、街角のポスターでお得な情報を
得ることが出来たので、早速、犬山城下町
周遊券(760円)を購入してきました




この1枚で犬山城と、城とまちミュージアム
からくり展示館、どんでん館を見学が出来て
それぞれを、単独で購入するよりも190円
安く済みます。犬山城入場料だけで550円
するので、実質は3つの施設を210円だけで
見学できる訳でして




なにせ10年ぶりの犬山だから、次に
来るのもいつになるかもわからないし
見学できるものは、見ておいても損には
ならない。さてさて天守閣は戦国時代の
ほんまもんの建築物ですが、この本丸
鉄門を含めて




廃藩置県による廃城処分で、天守閣を除いて
城門や櫓の殆どは取り壊されてしまったので
新たに作られたものだ。ただし幾つかの門が
近隣の寺などに払い下げられて、山門などと
なり、現存をしているそうだ




「瑞泉寺山門(旧・内田御門)」 犬山市
「常満寺山門(旧・松の丸裏門)」 犬山市
「運善寺山門(旧・城門)」 一宮市 
「浄蓮寺山門(旧・松の丸門)」 一宮市
「徳林寺中門(旧・黒門)」 丹羽郡大口町
「専修院東門(旧・矢来門)」 丹羽郡扶桑町 




といった感じらしい。結構、残されている
もんだ。全国の失われた有名な建物なども
、このように今も寺社などに移築され、今も
見る事が出来たりして。それを見学するのも
楽しいものだ。




たとえば秀吉により、破却された聚楽第の
遺構も、国宝の大徳寺の唐門などに転用を
されているそうだし

ではでは犬山城について、いつものように
ウィキペディアで説明をさせていただくと




>文明元年(1469年)犬山城の築城/応仁の
>乱の最中に岩倉織田氏当主の織田敏広の弟・
>織田広近がこの地に砦を築いたのが始まりと
>いわれる。1497年(明応5年)に同盟関係に
>あった美濃守護代の斎藤妙純が近江で戦死
>したため、岩倉織田氏の勢力は衰退した。




>天文6年(1537年)清洲三奉行の織田信秀の
>弟・織田信康は居城の木ノ下城を廃し、現在の
>位置に城郭(乾山の砦)を造営して移った。
>現存する天守の2階まではこのころ造られたと
>考えられている。




>天文13年(1544年)織田信康が斎藤道三との
>戦い(加納口の戦い)で戦死し、子の織田信清が
>城主となった。永禄7年(1564年)織田信清は
>織田信長と対立して敗れ、甲斐に逃れた。以後、
>池田恒興や織田勝長などが城主を務めた。




>天正12年(1584年)小牧・長久手の戦いでは、
>信雄方と見られていた大垣城主・池田恒興が
>突如奇襲をかけ、信雄方から奪取する。これに
>より、犬山城は尾張国における西軍の橋頭堡と
>なり、さらに羽柴秀吉は本陣を敷いて小牧山城の
>徳川家康と対峙した。




>天正15年(1587年)織田信雄に返還された。
>天正18年(1590年)織田信雄が改易されると
>豊臣秀次の領地となり、その実父の三好吉房が
>城代を務めた。文禄4年(1596年)豊臣秀次が
>切腹すると、石川貞清が城主となった。




>貞清は城の改築を行なう。慶長5年(1600年)
>関ヶ原の戦いでは岐阜城、竹鼻城などと共に
>西軍の拠点となり、稲葉貞通、稲葉方通、加藤
>貞泰、関一政、竹中重門らが附属されたが
>岐阜城が落城すると石川貞清を残して東軍に
>移った。




>一方の石川貞清は犬山城を放棄し関ヶ原に参陣し
>敗北したが、東軍についた木曽衆の山村良候らを
>犬山城で解放したことが評価され助命された。
>慶長6年(1601年)小笠原吉次が城主となる。
>慶長12年(1607年)平岩親吉が城主となる。




>元和3年(1617年)親吉没後6年間親吉甥の
>吉範が城主を務めたのち、尾張藩付家老の成瀬
>正成が城主になり、天守に唐破風出窓が増築
>される。成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで
>城主として居城とした。




>現存する天守が建てられた年代については
>天文期説、慶長期説などがあるが、現在の
>ような姿となったのは成瀬正成が改修した
>1617年(元和3年)ごろである。2004年
>(平成16年)3月末日までは日本で唯一の
>個人所有の城であったが、




>同年4月1日付けで設立された財団法人
>犬山城白帝文庫(現在は公益財団法人)に
>移管されている。2006年(平成18年)
>4月6日には、日本100名城(43番)に
>選定された。




>尾張国と美濃国の境にあり、木曽川沿いの
>高さ約88メートルほどの丘に築かれた平山
>城である。別名の白帝城は木曽川沿いの
>丘上にある城の佇まいを長江流域の丘上に
>ある白帝城を詠った李白の詩「早發白帝城」




>(早に白帝城を発す)にちなんで荻生
>徂徠が命名したと伝えられる。

すいませんね。ウィキペディアの文章を
そのまんま丸写ししただけで、申し訳ない
ですが、そのまま天守の説明も続けます




>犬山城の天守は、外観3重、内部は4階、
>地下に踊場を含む2階が付く。天守南面と
>西面に平屋の付櫓が付属する複合式で、
>入母屋2重2階の建物の上に3間×4間の
>望楼部を載せた望楼型天守である。




>窓は突上窓と火灯窓、両開き窓なと、地階
>1・2階出入口を含めて、総延面積は698.
>775平方メートルに達する。天守台石垣は
>野面積という積み方で、高さは5メートル
>ある。




>天守の高さは19メートルある。1935年
>(昭和10年)5月13日、当時の国宝保存法に
>基づき旧国宝(文化財保護法における重要
>文化財に相当)に指定。1952年(昭和27年)
>3月29日付けで文化財保護法に基づく国宝
>(新国宝)に指定された。




>指定に係る告示は1952年(昭和27年)10月
>16日付けの官報に掲載され、指定名称は「犬山
>城天守 1棟」。構造・形式は「三重四階、地下
>二階付、本瓦葺、南面及び西面附櫓、各一重、
>本瓦葺」とある。




>所有者は公益財団法人犬山城白帝文庫。
>犬山市が文化財保護法に基づく管理団体に
>指定されている。1961年(昭和36年)から
>1965年(昭和40年)に行われた犬山城
>天守の解体修理と古文献等によって、




>この天守は下の2重2階の主屋が1537年(天文
>6年)または、1601年(慶長6年)に建てられ、
>1620年(元和6年)頃に3、4階を増築。その後
>唐破風の付加などが行われて現在の姿になった
>と考えられている




犬山城は国宝の現存天守で、とても
貴重なお城だけど。なにより最上階
からの、この木曽川を見おろすのが
一番好きだ。珍しく木の柵も低いと
いうのもポイント




木曽川の対岸は美濃の国。苗木城から眼下の
木曽川や向こうの恵那山を眺めるのも良いが
ここからの景色も絶景かな、絶景かな。中山道
鵜沼宿のある各務原市になります。近くに
航空自衛隊の岐阜基地があるので、航空祭に
3度出かけ、一昨年のものは写真整理が時間が
かかり




ここで紹介をする事もなくお蔵入りなまま。あぁ
同じ年の春出かけた北海道旅行も。時期もこれ
位であったんで、この機会にと思っていたのに
この日記も書きかけの状態のまま、3日、4日と
過ぎているのに、まだ半分位しか書けず。もう
犬山城の話もあらかた書いたし




何の話をしようかと・・・。まだ朝ドラ「エール!」
の続きでも。朝ドラってオーディションで受かった
新人女優とか若手男優を中心にしてて、どうしても
演技の未熟さとかが目について、後半の無理な老け
具合(10代で60代)に引いてしまう事も多いが




今回の主人公夫婦も、若いとはいっても
既に定評もある二人だけに、感情移入も
出来やすくって、ハラハラ、ドキドキ、
クスクス。旦那は音ちゃん役の女優さんが
埼玉県民にはそこらへんの草でもくってろ!
とのたまった映画を見てないんで




なんかすごく表情のある子だなぁ~と
コメディエンヌな部分に圧倒されている
みたいで、そういった部分では喫茶店の
バンブーの女店主の破天荒な過去を語る
小劇場もいつも笑わせてくれる。網走の
男もすごかったが




オックスフォードで法律の勉強? 過去に
あまちゃんも、朝ドラのわりに攻めている
なぁ~と思ったが、このエール!も民放の
ドラマのような軽さがかえって、楽しいし
プリンスの毎回のかっこつけた登場シーンも
ぶっ!!と噴き出してしまうし




夫の悩める作曲家も、オドオドして、良い
表情するなぁ。今週は私も子供の頃に替え
歌として運動会で覚えた「紺碧の空」でして
石原良純や、松岡修造くらい熱い応援団長を
演じる三浦貴大が、30代半ばにして学生服
似合います




友和&百恵夫妻のどちらにも似てますよね
今朝は、甲子園を目指していた頃に親友と
キャッチボールをしていて、運悪く彼を
ケガをさせてしまって、彼の為にも野球を
続けたかったが才能は無く。せめて応援で
早慶戦で早稲田を勝たせたいと、男泣きで
語っていた




ぎゅと手に握った野球ボーが大写しになり
親友の書いた「ゆくぞ甲子園」の文字。彼の
話を聞く裕一の表情もすごく良かった。彼で
なければ、裕一は演じられなかったのでは
ないかと思う程、はまり役じゃないのかな




昨日の夜は久々にスポーツのニュースが
大きく扱われていた。と言っても選抜に
続いて夏の甲子園も、新型コロナの影響で
中止が決まったという残念なニュースで
その知らせを受けて泣き崩れる高校球児の
震える背中が不憫だった




ウィキペディアによると
>1915年、第1回全国中等学校優勝野球大会が
>豊中グラウンドで行われた。この当時は遠征
>費用をすべて出場校が負担していたこともあり
>会期を短縮して出場校の費用を軽減することが
>考慮された結果、複数のグラウンドを設置する
>ことも求められた




>ニューヨーク・ジャイアンツのホームグラウンドの
>ポロ・グラウンズを参考に球場を大会に間に合わせる
>ため突貫工事で建設され、1924年8月1日に球場が
>完成。この年が十干十二支の最初の年である甲子年
>(きのえねのとし)という60年に1度の縁起のいい
>年であることから、甲子園大運動場と命名された。




>第二次世界大戦に伴う1942年から1945年の
>中断をはさみ、1946年は敗戦により放棄した
>朝鮮、満州、台湾の枠を削除した19枠で大会が
>再開された。1948年に学制の改定に伴い、それ
>までの「全国中等学校優勝野球大会」が「全国
>高等学校野球選手権大会」に改称する事になった
>ことにあわせ




朝日新聞社が新しい大会歌として、全国から詞の
>応募を行い、そこで選ばれた「栄冠は君に輝く」の
>作詞をした加賀大介は野球をしていたが、試合中の
>怪我が原因で骨髄炎を起こし、右足切断を余儀無く
>され野球を断念したそうである。



↑加賀大介の事を主人公に「ああ栄冠は君に輝く」と
いう映画があるそうで予告編を紹介します。ラジオで
早慶戦を聞いてたって、そうなると清水のモデルは
加賀大介のようだ




彼は、自宅前の小学校(松井秀喜の出身小学校)で
子供らが野球をしている様子をよく眺めていたん
だとか。それ故に野球に対する加賀の熱い想いが
強く込められているんだとか。作曲はエール!の
主人公の古山裕一のモデルとなった古関裕而で




歌うのは同じく主人公の親友でプリンスのモデルと
なった伊藤久男である。ではでは犬山のご城下に繰り
出そうぞ           続く!




       2020年1月25日に愛知県犬山市で撮影

      新型コロナの感染節の為に、観光施設などが臨時
      休業をしている場合があります。お出かけになる
      時にはご確認を

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2020年05月22日 07時56分45秒
コメント(62) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.