4230218 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2020年11月12日
XML
カテゴリ:恵那より


地域共通クーポンも貰えるようになって
実質、半額で旅行が出来るようになった
10月からのGOTOトラベル。遠くには
行けないけど、こんな機会にしか泊まる
事もないだろうと




自宅から車で1時間半以内で行けそうな
日帰り行楽県内の岐阜県内、下呂温泉に
続いて多治見。そして第3弾は更に近場
お隣の恵那市内の恵那峡温泉に泊まった




今回、お泊りしたのは湯快リゾート恵那峡
国際ホテルで、今までにも日帰り温泉では
何度も利用をした事があるお馴染みの宿だ
というか恵那峡は普段のお散歩コースだし




こうなってくると娘の勤務先も近いので
宿泊料金が安く済むように、日曜午後に
チェックインをして、月曜日の朝にその
まま娘は会社に出勤という計画で、午後
3時過ぎにはチェックイン。もう部屋に
布団が敷いてあった




部屋からは恵那峡とか、笠置山が見えた
GOTOトラベルの手続きもあってチェック
インは時間がかなりかかったが、番号札を
渡され、ロビーで座って待っていたので楽
だった。大浴場も予約時間を表に書くので
混む時間を回避できるのも良かった




今回のプランは通常の夕食バイキングに
ご当地ブランド牛を付けたもので、二人
合計で20020円。GOTOトラベルや
恵那市独自の宿泊クーポンなどを使って
8813円を支払うが




GOTOトラベルの地域共通クーポン
3千円分と、恵那市独自の方からも
2千円のクーポンを貰えるので実質
一人2千円以下で泊まる事が出来た




抜本的に実質半額となるGOTOトラベル
だけでは、食指が動かない節約体質が
このような近場旅ばかりに出かけると
いう結果を招いたのかもしれないが
新型コロナの感染が広がる中で遠出は
個人的にちょっと怖いかな




新しく整備された恵那峡では、SNSで使え
そうなグッズも色々と取り揃えていたが
わらじ五平餅と、団子型の五平餅の両方
用意するあたり好感が持てる




車で家から30分、娘や旦那の会社からは
10分、実家からも数分でこれる恵那峡は
もはや生活圏内でもあり、実際に年に何度も
散歩にやってくる。特に桜の季節はオススメ
である




地元などのイベントで本体(?)もよく
見かけるエーナちゃんは、豊かな自然の
エネルギーから生まれた妖精で、頭の上
には青い山脈を乗せている。目は栗の形
眉はイガグリ




坂折の棚田をイメージした洋服を着ており
頭には市の花ササユリ、尻尾は市の木の
ハナノキというこれでもか!という位に
恵那市を体現したマスコットなのだ




電力王と言われる福沢桃介が作った水力
発電の為の大井ダムで出来た、人工湖は
遊覧船に乗って渓谷の奇岩を楽しめる




その湖畔に恵那峡温泉があり、ここの他に
2つの温泉ホテルがあり、いずれも日帰り
温泉などをよく利用している。ガッツリと
日常生活の延長だけど、温泉ホテルで一泊
といった




非日常性でストレス発散、リラックスも
出来るというものだ。夕食前に恵那峡の
散策路をてくてく。夕食バイキングだが
密にならないように二部制となっており
到着時間の早い人は午後5時半の開始だ




娘は健康面から空腹時間を長くしたいと
思っており、普段から午後6時前に夕食を
とっているので早くて喜ぶ(旦那は午後
7時)テーブルも仕切りがあり、一つおきに
セッティングされていて好感が持てた




天ぷらやステーキは目の前で調理をして
くれるので、アツアツのものを食べれて
美味しかった。バイキングは好きなものを
好きなだけ食べれるのが良い。使い捨ての
ビニール手袋をして




マスクをしたうえで料理を取りにいく
システムだった。お風呂の利用予約と
いい新型コロナ対策をいろいろ考えて
くれている。基本プランにステーキが
あると知らず、ご当地ブランド牛肉を
付けてしまった




カニにすればよかったかな。基本プランの
料金だと恵那の4千円割引+2千円クーポンが
半減してしまうので、税込み2万円以上に
する為には、何かしらオプションを付ける
必要があったのだ




おなか一杯食べてから、腹ごなしにホテルの
近くを散歩。街路灯とかがあるから、こんな
風に真っ暗でもない




薄暗い廊下の片隅には、マレーのキング
タイガーの剥製があった。お風呂の予約
だが、連続をしなければ何度でも利用が
出来るので午後8時頃と、午後10時頃と
次朝9時位の3度利用。お肌もツルツル




午前7時からの朝食バイキングは朝から
すき焼きとか、とろろ、豚汁があったので
大満足。テイクアウトが出来るコーヒーを
片手に娘は会社に出勤したが、私は朝風呂
部屋で、ワイドショーをのんびり見てから
チェックアウト




恵那市の独自のキャンペーンで貰える
クーポン券を貰う為に、恵那駅の観光
案内所に出かけた




ホテルで貰っていたGOTOトラベルでの
地域共通クーポン3千円は、宿泊日&翌日
しか使えないが、恵那市の方はお正月明け
まで利用が出来るので、また今度




観光案内所のあるえなてらすには、恵那の
物産も販売しており、恵那市の和菓子屋の
栗きんとんも粒買いが出来て、食べ比べも
出来る




JR中央本線の恵那駅もあるが、ローカル線の
明知鉄道の恵那駅も併設されており、恵那峡
でも紹介をしたエーナちゃんと、明知鉄道の
マスコット「てつじぃ」じゃ




明知鉄道ではやりすぎなフリー切符
企画をしていた自家用車ばかりなので
今までに1度しか利用をしていないが
これで岩村や明智に行くのも楽しそう




明智町も明智光秀の出生地と言われて
いる。もともとは遠山荘明智であったが
江戸の頃から、明知となったらしくって
戦後になってから中世の明智に戻したが
鉄道の方は明知のままだそうだ




やっぱ明智光秀イメージから脱却でも
したかったのだろうか? 昨夜テレビで
新選組の土方歳三をやっていたが、江戸
幕府が倒れ、天子様にたてついた逆賊と
なってしまったので、遺族は遺品を随分
処分をしたそうだ




しかし天然理心流の免状は残しておき
たくて、歳三の名を消してその上には
土方歳三の諱の義豊と、近藤勇の諱の
昌よしから、一文字ずつを使って土方
義昌と書きなおされているそうだ




ここ中山道も、幕末には土方や近藤、沖田
といった天然理心流の青年たちが、武士に
なるという夢を叶えるべく、目を輝かせて
京都の都へ向かっていった




そして公武合体の大役を果たすべく、皇女
和宮は都から江戸へと。天下が動くような
慌ただしさを中山道の人たちも感じていた
のを、島崎藤村は青山半蔵の目を通して
夜明け前で描いている




旅人が闊歩した中山道の大井宿も、今は
地方の商店街同様にシャッター街気味で
道幅も狭いので一方通行。子供の頃には
人だらけだったのに




というのも、ここ(確か、どちらか半分の
敷地)におしんに出てくるようなスーパー
マーケット「主婦の店恵那店」があった
これが東海地方で展開をするバローの創業
店で、私も子供の頃に買い物に出かけた
覚えがある




こちらは、その当時から今も営業をして
おり昭和を感じる「ひかり食堂」だけど
NHKの朝ドラ「半分、青い」で主人公の
実家の食堂のモデルにもなっているらしい




最近は栗きんとんばかりが有名だけど
子供の頃に手土産に貰うのは、菊水堂の
「傘岩饅頭」だった。岩村のカステラ
蛭川のひとつばたごとかで




栗まんじゅうや、栗羊羹とかは覚えが
あるけど、栗きんとんの存在を知った
のは中津川に来てからだ。子供の頃に
私の中では、中津川の名物は恵那饅頭
だったし




ここも大井宿とあったように、古くは
美濃国恵奈郡といい、今の中津川市や
恵那市も含めて広範囲を指して恵那と
いっていたので、中津川でも恵那饅頭




前にも紹介をした旧中山道沿いにある
大津屋さんでGOTOの地域クーポンを
1枚(千円)、利用しようかと思う




平日なので今日は誰も並んでおらず
スムーズに栗粉餅をゲット。2時間
以内にという表記があり、びょ~ん
とのびるお餅はやわらかく美味しい




千円以上になるように、栗きんとんも
2粒購入をしをて、家族に土産にした




お昼代わりに栗粉餅を食べたが、小腹が
すくので、スターバックスでまったりと
恵那市では大きな敷地が用意できた事も
あり、中津川市にはない全国チェーンが
恵那市にのみ出店をしている現状だ




これは11月の買い物だけど、ユニクロも
恵那にしかなく、買い物は恵那まで出かけて
いる始末。定価7千円程のダウンが3千円程で
購入出来た。中津川にもあるが恵那店の方が
広いワークマンの恵那店でも防寒着を安く
ゲット




そして、お肉を食べるならココ。という
ブロンコビリーも恵那にしかない。他に
吉野家、ココスも恵那だけだし。逆に
恵那になく中津川だけなのは、ガストと
すき家に、丸亀製麺、はなまるうどん、
ミスタードーナツといったところか




恵那市と中津川市の中間あたりにあるのは
スシローとはま寿司。そんな恵那市街と
中津川市街は、車で10分ちょいかかる




ブロンコビリーではサラダバーが付いた
プランで、3割引きクーポンを利用して
これで900円弱。あっご飯(パンでも
OK)も付いてます(これも11月に娘と
出かけた時のものです)




恵那峡での宿泊時に貰ったGOTOトラベルの
地域共通クーポン券、残りの2千円は帰りに
バローで食材を買いました。近場派の主婦は
ここで使えて有難い! 下呂、多治見、恵那
果たして次は?




    2020年10月25、26日に岐阜県恵那市で撮影

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村​​​​​​​






最終更新日  2020年11月12日 17時23分23秒
コメント(65) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.