3425401 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

全て | カテゴリ未分類 | 馬籠より | 中津川より | 恵那より | 木曽より | 美濃の旅 | 飛騨の旅 | 名古屋より | 愛知、三重の旅 | 滋賀、奈良の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 神奈川の旅 | 東京の旅 | 温泉 | 韓国旅行 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | 旅のいろいろ | 歴史、伝統 | 行事、地域 | 四季の移ろい | 夕焼け | 花、植物 | 自然 | ペット、動物 | グルメ | 喫茶 | 菓子 | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び | 中日ドラゴンズ | スポーツ | 芸術、文化 | テレビ、映画、音楽 | ニュース、時事 | ヒューマン | 懸賞 | ブログ、リンクス、ネット | パソコン、電化品、車 | 買い物、主婦業 | 子ども | 家族 | 日々の暮らし

韓国旅行

2018年06月17日
XML
テーマ:海外旅行(5179)
カテゴリ:韓国旅行


いよいよ、娘と4月上旬に出かけた韓国の​
お花見ツアーも最後の観光先となりました
海雲台のホテルを出て近くの海東龍宮寺の
拝観をして釜山市街に戻ってきた訳ですが




中山道が美濃の中津川から険しい峠を越えて
木曽に至る山腹の馬籠宿に住んでいるので
恵那山も正面に見えて風光明媚でいいけど
冬は道が凍結して、車が大変なのが玉にキズ
程度に思っており




岩村とか、城の建つ山腹に城下町が形成されて
金華山の岐阜城とか、山の上には偉い人が住む
もんだって認識だったが、韓国の「陰宅(墓所)
風水」では、見晴らしが良く風通しの良い山腹
などは、お墓を建てるのにぴったりらしくって
かつては山にあるのはお墓かお寺だったそうだ




ソウルや釜山の街なども、坂をぐんぐん登った
山腹には貧しい人が住んでおり、空の月に手が
届きそうだとか、バラックの隙間だらけの屋根
から月が眺められるので「月の町(タルトンネ)」と
呼ばれ、朝鮮戦争で行き場のなかった人たちが
集まってテントなどを張って暮らし始めた集落も




釜山のチャガルチ市場などもある繁華街のすぐ
裏手の山腹である甘川洞(カムチョンドン)も
そんな貧しい月の町の一つであったが、近年に
なって、アートな街として注目を浴びている




東西を山に囲まれて、南側には海を望む斜面に
朝鮮戦争の際に避難してきた人々が住みついた
迷路のように入り組んだ路地が特徴的な貧しい
月の町だった




その独特の風景に魅了をされたアーティストらが
次々と移住し、2009年にはパブリックアートを
取り入れた町おこしが行なわれた事で、カラフルに
塗り替えられた家が所狭しと建ち並んだ甘川文化村
(カムチョンムナマウル)に生まれ変わったのです




釜山も以前にも複数回来ていて、フリーでもあちら
こちらに出没をしていたのに、ここは知らなかった
で、ツアーの目玉である鎮海の桜というのが一番で
あるけど、3日目の釜山観光で甘川文化村が入って
いたのも、このツアーに参加したいと思った一因だ




町の入り口にもなりそうな所でバスを降りてから
集合時間を決めてのフリータイムだったが、あぁ
もっと時間があったらなぁ~と思わせるような
ワクワクするような街並みだ




まっ昔は若い女性が敬遠するような町であったの
かもしれないが、ホント、街も生きているんだな
ソウルにある梨花洞壁画村(イファドンピョックァ
マウル)もまた、同様の試みがされているそうだ




前々回では海辺に建つ高層マンションを紹介したが
朝鮮時代を経ての現代においても、光があれば影も
ある。格差社会を肌に感じる事も出来るような気も




年老いて、こんな階段ばかりは辛いだろうなぁ~
とか考えるが、うちのあたりも坂ばかりで足腰が
鍛えられるせいか、年寄りもご長寿ばかり




今はコンクリートなどで整備された路地の階段も
朝鮮戦争時には、避難してきてお金も物資もなく
山には墓地があったとかで、ネット検索をしたら
日本人の墓石を家屋の基礎や階段にしてるような
写真などもあった




アートじゃない月の町の現状などもあるので、もし
興味があれば ↓下記リンクの記事をご覧ください

“日本人の墓”でできた韓国スラム街「タルトンネ」に潜入! 日本人の墓をイメージしたゆるキャラも…!




高台には小さな展望台があり、町を見晴らす事が
出来た。この町が出来てから数十年以上の年月が
流れても南北が分断されたままだとは、思っても
いなかったんだろうなぁ




朝鮮戦争(1950~53年)は、第二次世界大戦
後に、南北で米ソの分割統治下に置かれた朝鮮半島
における東西両陣営の代理戦争というべきもので
生まれ故郷に戻れなくなった人々や、 家族が離れ
離れになってしまい、南北の分断は決定的となった
事で1000万人とも言われる多くの家族が南北間で
離れ離れになってしまった




韓国と北朝鮮の国交が樹立し、2000年代になり
離散家族再会事業が開始されたが、全員の希望が
かなえられる訳ではなく、抽選などによる限られた
人だけのようだ。彼らの多くは既に80歳を超えて
一目でよいから肉親に会いたいと思っている




更に韓国国内でも戦火を逃れるうちに身内と
離れ離れになってしまった家族も存在しており
1983年に「離散家族を探します」という
138日間にも渡る生放送番組では約5万人が
参加をし、1万人程が家族に再会できたそうだ




日本でも国策によって満州に渡った人が
終戦になっても帰国が出来無かった中国
残留孤児が家族を探す為に沢山の写真が
新聞に載っていた時期があった。姑の
叔母と幼い従妹も行方不明であったので
新聞の写真で面影を探していたが再会は
かなわなかった




そろそろ集合時間にも近づいてきたので
同じ道を辿っていくが、もう小一時間程
あったらなぁ・・・。観光地をロスなく
安くまわれるが、こういった時に自由さが
ないのがツアーの欠点でもある




美味しそうな匂いもただよって、娘は
食べたそうだが時間もない




こんな階段もあてどなく、ぐんぐん降りて
いってみたいんだけど




集合時間には皆さんお揃いになっており
待ちかねたように大きな道に観光バスも
やってきたのでそれに乗り込んだ




釜山の繁華街から見る月の町。さて後は
金海(キメ)国際港空港に向かうだけと
なった




途中には大きなスタジアムがあった




金海国際空港のすぐ横にあった商業施設の
一角の土産物屋さんに寄り、最後のお買い物
私もふりかけなど食品などをお土産に購入




金海(キメ)国際空港にお昼頃に到着。あっと
いう間の2泊3日は、満足のいく旅行だった。
待ち時間もたっぷりあるが、機内食もでるので
スイーツなどを食べてみた




せっかくの窓際の席なのに、下界は雲で
遮られていた。残念




大韓航空の機内食。パン残しちゃった




あっという間に日本列島に戻ってきたようだ
あぁ、雲が無かったらなぁ




じゃじゃじゃ~ん。午後には名古屋駅前の
見慣れた高層ビルを見上げてました




やっぱ街がきれいな気がする




ナナちゃんだぁ~




機内食がいまいちだったんで、お腹も空いて
いたので親子丼を食べた




飛行機がセントレアから午後に出発し
午後に到着したので、家からの行き来は
とても楽だった。瑞浪駅裏の駐車場に
車を停めているので、そこまで電車で
GO




お土産はいつも購入するひまわりの種とか
伝統茶のステックなどなど




更に韓国のりや昆布のお菓子




こちらは免税店来店や、ホテルに
現地ガイドさんから貰ったものなど




夕刻に帰宅したので、近くのスーパーで
安くなったお総菜などを購入して久々の
日本食。




              平成30年4月9日に撮影

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2019年02月04日 15時38分09秒
コメント(64) | コメントを書く
2018年06月14日
カテゴリ:韓国旅行

​​​
満開の桜。今年4月上旬に娘と出かけた韓国の
お花見旅行。初日に降り立った釜山の空港近くの
桜並木、慶州の桜並木、韓国一の桜の街である
鎮海とまわってきたが、少し満開が過ぎていた
感じだけど、ここは満開! 最後の最後に見事な
桜を見る事が出来た




そんな満開の桜が迎えてくれたのは、釜山郊外の
海辺に建つ海東龍宮寺( ヘドンヨングンサ)だ
前に来た時にフリーで行きたいなぁと思ったが
他にも行きたい所が多くて、断念をしたお寺で
今回のツアーに入っていたので嬉しかった




しかもこんなに綺麗な桜が咲いていたのだから
お花見旅の最終日を飾るのには相応しく、福の
玉をくわえた龍もニコニコと笑っているようだ
こちらもお花見シーズンなのか、地元の方の
団体バスなども幾つも入ってきて




やっぱ地元の奥様達はカラフルなお召し物が
お好きなようで、みんなで黄色にしようとか
相談したのかな。前の一団はピンクのお揃いで
なんだか一度に春が来たみたい




こちらはツアーの日本の奥様達。4月とは
いっても日本でも寒の戻りのあった頃なので
冬の装いが多いのか地味な印象。ネットに
あったが派手な色合いの洋服が、バブル後に
本来の自然で地味な姿に戻そうとしたのが
今の系統らしいのだ




更に日本古来の染料は天然素材から出来ており
色彩も上品だったりするそうで、カラフルな色
には違和感も感じるようだ。それに比べて韓国は
王様は赤色とか両班は、中国からの輸入などで
美しい色合いの衣装も着れたが、染色技術がなく
庶民は綿の生成り(麻とかの白っぽいの)のもの
しかなかった




元々が染色の技術を持ち合わせていなかった
事で、色彩の調整や配合、配色の感性も無い
ままで化学染料を使う事で、単純な原色などの
派手な色合いが一般的であるという




長い歴史の中で、先人が作り上げてきた技術や
文化の違いが、今を生きる色彩感覚にも影響を
与えているんだというのも面白いものだ。でも
私もカラフルな色のものも好きだったりします
何よりベージュや黒のような無難な色から売れ
カーディガンとかで、黄色とか緑のが売れ残り




かなりお得な価格で売れ残っていたりするので
この前も、オレンジの春の上着がめちゃ安くて
それでも派手かなぁ~~と買うのをやめたけど
韓国の奥様なら即、購入されたかも




まっ、私自身も色付きの洋服が好きな方なので
どうのこうのは言えないが、原色はないかな
この時期のクローゼットはこんな感じ




ずらりと並んだ十二支(シビジ)の像。その歴史は
古く殷の甲骨文で十干と組み合わせて、日付を
記録するのに利用をされた。戦国(中国)時代
以降になると年、月、日、時刻、方位の記述にも
使うようになったそうだ。中国や韓国では亥は
イノシシではなく豚だそうだ




亀のようなものの台座に乗った碑を、亀趺
(きふ)といい、それは亀でなく贔屓(ひき)
という中龍が生んだ、9頭の神獣である竜生
九子の一つで、中国の伝説上の生物だ。重きを
負う事を好むことから台座などになっている




柱の土台である贔屓を引っぱると、柱が倒れて
しまう事から、ことわざの「贔屓(ひいき)の
引き倒し」の由来となった。儒教の影響からか
日本でも江戸期より取り入れられた




韓国の済州島のトルハルバン(石製の爺さん)は
街の入口などに立てられ、日本でいうところの
道祖神的な存在だろうか。大きい目と鼻。唇は
閉じており、韓国伝統の帽子(モジャ)をかぶり
両手を腹部で合わせるのが特徴である




釜山から少し東に行った松亭(ソンジョン)と
いう、風光明媚な海辺の岩場に建っている
海東龍宮寺(ヘドンヨングンサ)は観音信仰の
聖地として数多くの観光客が訪れるそうだ




このお寺の拝観は〇〇時に駐車場のバスに
集合となっており、かなり時間が割いて
あったけど、速足でぐんぐん、ぐんぐんと
先に進んだ。かなり広いお寺だ




やっとカラフルなお堂が見えてきた。1376年に
高麗公民王の王師であった懶翁(ナオン)大師が
創建をしたと伝わっている。その由来は・・・




その当時、暑い日照りが続いていたある夜の事
懶翁大師の夢の中に東海龍王が現れ「後ろは山で
前は海である場所で、毎朝手を合わせて仏様を
拝めば、雨順風調し、国泰民安あり」と言わた
そうだ




その為、この地にお寺を建てて山の名を蓬莱山
(ボンレ)とし、普門寺(ポムンサ)と名づけた
のが最初であるそうだ




文禄・慶長の役で焼失をし、1930年代に通度寺
(トンドサ)の蕓崗(ウンガン)和尚が寺を再建
1974年晸菴(チョンアン)和尚が100日間祈った
末に、夢の中に白衣を着た觀音菩薩が龍に乗って
昇天するのをみて海東龍宮寺と改名したそうだ




心から願えば、誰でも必ず一つは願いが叶うと
いわれているそうだ。東海龍王をカタカナで
トウカイリュウオーとか書けば、なんだか
早い馬にしか思えないけど、どうやら中国の
西遊記や封神演義にも出てくるメジャーな
龍王であるらしい




中国の伝説では人間世界を取り巻く四つの海に
それぞれ龍王がおり、海や水棲の生物を支配
しており、彼らは兄弟であるそうだ。姓は敖
(ごう)で、敖広(ごうこう)、敖欽(ごうきん
敖閏(ごうじゅん)・敖順(ごうじゅん)だが
他の名前も伝わっている




顔が青い東海龍王敖広、顔が赤い南海龍王敖欽
顔が黒い北海龍王敖順、顔が白い西海龍王敖閏
なんだとか。日本の古墳などでも描かれている
青龍・白虎・朱雀・玄武の四神が、後の代になり
青龍が四海龍王となり、玄武は玄天上帝と亀蛇将
となったそうだ




孫悟空が使っている如意金箍棒は、もともとは
東海龍王の庫にあったのを、孫悟空が奪い取った
らしい。日本での龍王は仏教による八大龍王と
なる。なんだかガメラのようなウミガメ




とりあえず境内はみんな見てみたいので、お堂の
裏山を登って、高いところから見下ろしてみた




韓国最大級と言われている高さ10メートル程の
海水観音大仏は、ひとつの石から彫られたそうだ
海水観音とはどんな仏様なのか検索をしてみたが
わからなかった




この金ぴかなのは、どうやら弥勒様らしいが
イメージが違う~。弥勒と言えば中宮寺とか
広隆寺のなよ~とした弥勒半跏思惟像しか
想像できないし、こんなおっきなお腹の・・・
しかも金ぴか




こちらはお釈迦様の誕生像だろうか。金ぴか




むむむ・・・・こちらの金ぴかの真ん丸な
お尻は




金色の豚。夢の中に豚が出てくるとお金を
貰うそうで、大きなブタの貯金箱とか韓流
ドラマでもよく出てくる。なんでも2007年は
600年に一度の黄金の豚年だったそうで
黄金の豚ブームだったそうだ




あちらの岩場にも金ぴかの仏さまの姿が。無論
あそこまで見に行くとしてみよう




黄金の仏の向こうにお寺があるのも、良い
構図になりそうだ。この仏さんが何なのか
不明




参拝用の敷物が置かれていた。その端にある
日の出岩。ここから日の出を見るのだろう
この海の彼方には近くて遠い日本




テレサテンや欧陽菲菲のような台湾出身の
歌手がヒットを飛ばした頃に、韓国からも
キム・ヨンジャやケイ・ウンスク。果ては
日本人の天童よしみが歌った、珍島物語
なんてのもあったけど、草分け的存在で
あるのが




1987年の紅白歌合戦で、韓国人歌手と
して、初めて出演したチョー・ヨンピルが
「釜山港へ帰れ」を歌ったので覚えている
方もいるのでは。三佳令二による日本語版の
作詞では、釜山港で帰ってこない男性を待つ
女性の心情が歌われているのだが




本当の詞では、(日本へ)行ってしまって
帰ってこない兄弟の事が歌われているそうだ
その日本語版の出だしは
  ~椿咲く春なのにあなたは帰らない~

椿が咲いておりました




お堂と参道を繋ぐ階段は108段。除夜の鐘でも
有名な煩悩の数108つ。ウィキペディアによると
>眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・
>身(しん)・意(い)の六根のそれぞれに
>好(こう:気持ちが好い)・悪(あく:気持ちが
>悪い)・平(へい:どうでもよい)があって
>18類




>この18類それぞれに浄(じょう)・染(せん:
>きたない)の2類があって36類、この36類を
>前世・今世・来世の三世に配当して108となり、
>人間の煩悩の数を表す。

という事だ。この花は何だろう?




いよいよ4月上旬に娘と出かけた韓国旅行の
日記も次回が最終回。やっと旦那と出かけた
国内の旅の話も始められそうです。今は娘と
出かける夏の激安バスツアーの計画中。何を
食べようかな




          平成30年4月9日に釜山で撮影

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2018年06月17日 09時25分04秒
コメント(52) | コメントを書く
2018年06月07日
テーマ:海外旅行(5179)
カテゴリ:韓国旅行


風呂と台所の水回りはリフォームをしてあったが
オンボロ木造家屋に嫁いで25年以上。念願でも
あった家の建て替えもして早2年。つい2年前で
あるのか、もう2年なのか。旦那も定年して同じ
職場で高齢者再雇用となり、事あるごとにお金は
もう無いからと、夏休みの旅行すら放棄しそうな
勢いだ




そりゃ、今までの給料が半減してしまうのだし
今年1年は、昨年度の所得金額に応じた税金を
払わなきゃいけないけど、今まで2万円ちょい
払い込んでいた生命保険は今月の支払いが最後
その分はなくなるのが有難い。その保険は世間で
お宝保険と呼ばれるバブル末期に契約したもので
15年位前には、保険のおばちゃんから、新しい
ものは保障内容が良くなったと、保険の契約切り
替えをすすめられたものだ




というのも、お宝保険は契約当時の金利5.5%
とかで保険の掛け金が計算されているので、今と
比べて格段に安いので、保険会社側には負担にも
感じ、保険会社に有利になる保険に切り替えさせ
ようとあの手この手で契約更新を迫ってきたのだ
バブル時の経済状態が続いたらという予測内容の
契約書だったから配当金はバカスカ入り、高齢に
なったら、結構な老後資金が入る算段であったが




捕らぬ狸の皮算用。バブルの崩壊で経済状況も
芳しくもなくて今やゼロ金利。その為に予測を
されていた高額の配当金も入る訳もがなく、その
金額の少なさに絶句する人も多いけど、契約書に
経済状況で変わるので保障は出来ないと、下線
付きで大きく書いてある。保険金とは別の配当金
だけでも、うちも750万円位になると予測を
されていたのが現実は100万円そこそこだった




それでも契約後の数年間は3万円位つつ配当金が
出てたので、それらが今は100万円ちょいとなって
今後も4%位の金利で増えていくみたいだ。当時
入ったのは定期付きの終身保険で、掛け捨てでの
高額の死亡保険と医療保険を、終身保険に特約と
して付けたもので、6月で特約部分は終了するが
掛け金を払い終わった終身保険600万円は有効
なので、契約続行(解約金は現在は250万しか
なく長く続ける程、600万に近づくらしい)




掛け捨て特約部分でも、満期にあたり解約金として
35万円位戻ってくるし、前に保険会社が株式化を
した時にも(株か現金か選択で)お金を貰っている
ので、トータルすれば長く支払ってきた掛け金位は
どうにか戻ってきそうだ。それにしても災害時の死亡
では増額みたいな特約なんかつけずに、主契約の終身
保険の金額をもっと多くしておけば良かった。旦那も
私も20代の頃にはそんな事も判らず、旦那の親戚の
保険員に言われるままだったし




医療特約だけど掛け捨ての安い保険とか、がん保険
にも前から入ってるので必要もない。さて写真の方は
娘と4月に出かけた韓国旅行2日目の夜。広安里ビーチの
夜景です。釜山市内中心部と海雲台までを結ぶ自動車
専用道路にかかる広安大橋で、総延長は7420メートル
そのうち900メートルがつり橋。愛称はダイアモンド・
ブリッジ




こちらは見事な釜山市街の夜景も楽しめた釜山港大橋で
主塔の高さが190メートル、南区戡蛮洞から影島の
青鶴洞まで全長3331メートルという韓国内最長の
鋼合成の斜張橋だそうだ。横に入った光はバスの室内灯
2千円程のオプションでの市場フリータイムと、ナイト
ツアーはなかなか楽しいものだった。こうして夜遅く
今夜のホテルに到着




外観写真は翌日朝に撮ったものだが、男優のチャン・
ドンゴンが名誉総支配人だとかいう、海雲台グランド
ホテル(こそっと。昨夜のホテルとはえらい違いだ)で
昨夜のホテルと順番が逆じゃなくて良かった




ホテルのある海雲台(ヘウンデ)の海岸沿いには
ホテルや飲食店が立ち並び、外国人専用のカジノ
免税店もあり釜山を代表するリゾート地として
知られている




新羅の文人である崔致遠(号・海雲)が、海雲台
海水浴場の西端に位置する冬柏島(トンベクソム)を
訪れた時に、岩に「海雲台」と彫ったのが、この地の
由来とされている




温泉としても歴史は古く、真聖女王が湯治を行った
と伝えられている。韓国において女王という存在は
新羅において、ドラマにもなった7世紀の善徳女王
真徳女王、9世紀の真聖女王の三人だけだ。中国に
おいて唯一の女帝は唐の高宗の皇后となり、後には
唐に代わり武周朝を建てた武則天で7世紀末に在位




日本でも7世紀は女帝の世紀であり、推古天皇に
皇極(斉明)天皇、持統天皇。続いて8世紀には
元明天皇、元正天皇、孝謙(称徳)天皇。そして
時代が下がって、江戸期の明正天皇と後桜町天皇
である。そういった意味からも7世紀の東アジアは
女王の世紀であった




お部屋からの海雲台の眺め。10年近く前に
海雲台の水族館でサメとかカワウソ見たけど
こんなに大っきなビルの建ち並ぶ地域だとは
思わなかった。で昔のブログの日記を見たら
やっぱ奥の方にビル群がありましたわ。人の
記憶などいい加減なものだし




早起きをして、まだ誰もいない静かな春の
海辺の散歩も楽しみたかったけど、一昨日
昨日と夜観光があって疲れたのかぐっすり
今日が旅行の最終日。お天気には恵まれた
ようだ。韓国最後のお食事はホテルで朝食




他のツアー客のお父さんも、やっとお腹
一杯食べられると喜んでいたけど、肉も
あれば、温かなものは温かく、美味しい
って感じられるブッフェスタイルの朝食




続けての韓国風の食事だったので、やっぱ
洋風の味も恋しくなった。フレンチトースト
チーズにカフェオレ。でもでも韓国のりも
パクパクっと




いよいよ最終日(とは言っても半日)の観光
スタートは、「タルマジキル(月見の道)」を
車窓から。こんな所を散歩出来たら楽しそうだ




開店前のロッテのアウトレットも車窓から
この後に観光があったけど、次回の日記で
紹介をするので、その観光後に釜山市街へ
向かった時の車窓からの風景を紹介すると




海雲台から釜山市街に戻る途中に突如、現れる
高層ビル群はマリンシティというセレブな方が
暮らすゴージャスな街で、釜山のみならず韓国
内でも注目をされているらしい




富と栄華を享受するお金持ちや、芸能人とか
著名人がだだっ広い部屋に住み、駐車場には
高級車がずらりと並んでいるらしい




ここの学区にある小学校も評判が良いらしく
このマンションの人気を押し上げているんだ
なんてのも在韓日本人の方のブログに書いて
あったけど、なんでも韓国ではマンションに
住む事がステイタスらしい




しかも金額が高いので自分の代だけではなく
子供の代まで、その住宅ローンを払わなきゃ
いけないので良い収入を得させる為に子供に
良い教育をさせているなんて、現地ガイドが
話していたが、やっぱ財閥系大企業と、他の
企業の賃金格差は大きく、一流大学を出ても
満足のいく就職が出来る訳でもない




>韓国統計庁が発表した17年の失業率は3.7%で
>前年と同じだった。一方で若年層(15~29歳)の
>失業率は9.9%と統計が現行基準となった
>00年以降で最も高くなった(中略)統計庁は
>「社会全般の高学歴化と大卒以上の求職者の
>希望の高さの問題が複合的に作用したためと
>みられる」と説明した




>大卒以上の失業者数は50万2000人で、
>全失業者102万8000人の半分近くを
>占める。15年に42万5000人だった
>大卒以上の失業者数は16年には45万
>6000人に増えていた。




>韓国は苛烈な競争社会で、受験戦争の激しさで
>知られる。一流大学を卒業して大企業に就職
>するのが理想とされ、そうでなければ脱落者と
>みなされかねない空気があるという。(中略)
>富裕層やエリート官僚による縁故採用もはびこる
>中、国外に働き口を求める若者も少なくない。




>経団連は、韓国の大学生を対象にした日本企業の
>就職セミナーを今春にも韓国・ソウルで開く。韓国の
>優秀な大学生を日本企業が雇い入れれば、日本の
>人手不足と韓国の就職難が「わずかでも改善できる」
>(関係者)との期待がある。




>「ヘル朝鮮」から抜け出そうと、日本を目指す
>若者が増えるかもしれない。ヘル朝鮮 英語で
>地獄を表す「ヘル(Hell)」と「朝鮮」を組み
>合わせた造語で韓国社会の生きづらさを自嘲
>した言葉

元記事は産経デジタルニュース↓
大学は出たけれど…韓国就職難で大卒の失業率が高卒上回る 「ヘル朝鮮」脱出へ若者は日本を目指す?




この日記の最初の夜景写真でもあった、釜山港大橋




ちょっとレトロな街にも春には桜が咲いて、無機質な
高層マンションの街より、こんな街の方が人の温もり
みたいなものは感じそうだけど。私なら郊外で庭付き
一戸建てがいいなぁ~




まだ平地の少なそうな釜山とかは高層ビルが必要な
気もするがだだっ広い中国の平原とかに、高層ビル
必要なのかなんて思いもするが




高層マンションのようにエレベーターなどないので
高齢者は急な階段を上っての行き来はつらいかも
うちのあたりも坂ばかりだけど、おかげで足腰の
丈夫な年寄りが多く、ご長寿に繋がっていたりして




儒教の国で親やご先祖は大事にするはずだが
こんなご時世で、子供もお金が精いっぱいで
頼れず、定年も早く日本ほど年金も充実して
おらず、高齢になっても働かないと生きては
いけないと、段ボール集めをする高齢女性を
複数見かけた。前には炎天下の歩道橋の上や
走行中の地下鉄の中でベルトとかを売ってた
高齢男性もいたし




韓国の若者も大変だけど、高齢者も大変だ
先進国34国が加盟する経済協力開発機構で
65才以上の高齢者の貧困率が一番高いのは
韓国(日本は4位)で75歳以上の就業率も
1位(日本は3位)で五人に一人が働いて
いるらしい




というか日本もかなりやばい。下流老人なんて
言葉も出てきたくらいだし、核家族化で高齢者
のみの世帯が増えたからだろう。看板わんこ。
まだまだ韓国旅行3日目の観光は続く・・・




        平成30年4月8日、9日に韓国釜山で撮影

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村​​​​






最終更新日  2018年06月07日 19時54分21秒
コメント(66) | コメントを書く
2018年06月01日
テーマ:海外旅行(5179)
カテゴリ:韓国旅行


​​例年に比べて桜の開花が早かった事もあって
3月下旬から5月中旬(八重桜だが)という
長期にわたって、あちらこちらでのお花見が
出来た年はなかった。その中でも桜の開花が
詳しく予想が出来ない中での、かなり前での
予約が必要な「お花見メイン」の旅行はある
意味でギャンブルのようなものだ




4月上旬に娘と出かけた韓国旅行の決め手に
なったのは韓国一の桜の名所である「鎮海」
(チネ)のお花見で、娘の休みの関係から
4月7日~9日の旅行日程のうちの2日目に
あたる4月8日の午後に鎮海(チネ)観光と
されていたのだが




韓国も日本同様に、近年は桜前線は早くなる
傾向にあり、昨年までのネット情報から予想
するに4月3日辺りが良さそうで、8日まで
花が持つかなぁ~と、ネットでリアルタイム
検索で「鎮海」を調べ、あぁ開花しちゃった
なんてやきもきもして。まぁここが葉桜でも
釜山や、慶州の桜だってあるんだし




なんて自分を励ましてもいたけど、まだ桜が
綺麗に咲いていました。良かった~。それに
しても満開になっての日曜日。流石に韓国で
一番有名な桜の名所だけあって、すごい人出
でした。しかも若い子が多いような気がする




釜山のすぐ西に位置する鎮海は街のいたる所に
桜が咲き、その数は30万本を超えるそうだが
この桜もまた、日本との深い関りがあるという
古代において日本とも深く結びつき、幾つもの
小国により形成された「伽耶(かや、任那)」が
釜山も含めて、このあたりに存在をしたという




稲作や良質な鉄の製造に加えて、地の利を生かし
海路により中国や日本と交易を結び、4世紀頃
までは新羅よりも栄えていたそうだ。この地域には
日本からの影響を受けて幾つかの前方後円墳
すら存在をしているそうだ




そう、何も朝鮮から文化などが一方的に日本に
渡ってきた訳でない。韓国料理には欠かせない
唐辛子だが、韓国では倭芥子と言い秀吉の朝鮮
出兵の時に日本から伝わったというのと、逆に
日本で高麗胡椒と呼び朝鮮から日本へ持ち帰った
という説もあるんだとか



             この写真だけ鎮海市内、別所で撮影

そんな文禄・慶長の役において朝鮮水軍を率い
戦った事から近世においても抗日のシンボルと
されているのが、李氏朝鮮の将軍の李舜臣(イ・
スンシン)である。水軍を率いた李舜臣は巧みな
鶴翼誘引策の戦術と、自ら改良をした亀甲船を
駆使し戦功をたてたそうだ




韓国各地に李舜臣の銅像があり、1952年に
鎮海に建立されたのを記念し、追悼式を行なう
ようになった鎮海の軍港祭が、年を経るにつれ
桜の祭りも相まって大規模となっていった




桜の名所として知られる鎮海海軍士官学校が
一般に開放をされたり、花火やイベントなどで
開催期間中の10日間で200万人も訪れる
ようになった。娘、両手に屋台スイーツで
ご満悦。私もおすそ分けを貰う




鎮海の街中に桜が咲いているが、その中でも
人気のある「慶和(キョンファ)駅」は、廃線と
なりましたが、まだ列車が通っていた桜の散る
頃には、列車が通過すると桜が吹雪のように
舞い散り、それはそれは美しかったそうです




韓国映画「天国までの60日」や、日本でも放映
された韓流ドラマ「春のワルツ」のロケ地でも
ある。旧駅構内には韓国鉄道公社(KORAIL)の
車両が置かれており、記念写真のスポットに
なっていた




さて古代より日本との関係が強かった地域でも
あった鎮海であるが、15世紀初めには釜山浦と
ともに「興利倭船(日本の商船)」の入港が
許可された「三浦」の一つとなり、日朝貿易の
拠点とされたが、後には釜山浦のみとなった
そして時代は下り・・・




ウィキペディアより
>1904年2月、日露戦争開戦に際して日本海軍は
>鎮海湾一帯を掌握、巨済島で海軍根拠地の建設が
>行われた。鎮海湾は日本海海戦に際して連合
>艦隊の集結地となった。(中略)当初は鎮守府を
>設置する計画で軍港と市街地の建設が進められ
>1916年に鎮海要港部が設置された。




>以後、鎮海は日本海軍の軍港都市として発展し
>1931年には鎮海邑に昇格した。市の中心部に
>あるロータリーをはじめ、随所に往時の日本の
>都市計画の姿を見ることができる。また、地名
>には末尾が「町」となる、日本式の地名が付与
>された。




>日本の敗戦後、鎮海の海軍施設は、大韓民国
>海軍の前身である朝鮮海岸警備隊によって利用
>された。1946年には海軍士官学校、1949年
>には大韓民国海兵隊が設立されている。




そんな訳で日本人によって作られた街なので
街路樹には日本から持ち込まれた染井吉野の
桜が植えられたそうであるが、太平洋戦争が
終わると日本帝国の面影を消す為に、街の桜は
伐採をされ、物資の少ない時代でもあり燃料に
されたそうだ




桜は伐採されたのに再び、桜の街になったのは
「1966~80年代中盤、在日同胞と日本人らが
桜の苗木約6万株を鎮海へ寄贈した」との事で
再び日本の染井吉野の桜が植樹をされたのが
きっかけであるようだ。在日本大韓民国民団の
植樹に関しての資料によると




>「日本帝国主義の植民地支配と同族相殺の韓国
>戦争(朝鮮戦争)で荒廃した祖国の発展に尽く
>そうと、祖国のセマウル運動(農村振興運動)に
>歩調をあわせた1973年の『60万人のセマウム
>シムキ運動(“新しい心を植える運動”と称された
>植樹運動)』では、祖国の山々への苗木植樹や
>150カ所の郷土集落との間でセマウル姉妹
>結縁を結びました…」




>「鎮海を世界的な桜の街に整備し、(桜を好む)
>日本人の観光客を韓国に誘致する端緒にしよう」
>(2008年1月22日付の韓国紙、世界日報電子
>版)故郷の発展と日韓関係の改善に役立てばとの
>思いから寄贈したのだという。寄贈後も、何度も
>鎮海に足を運んでは肥料をまいたり、害虫対策に
>助言を与えたり、アフターケアに従事する人も
>いたらしい。




更に
>軍港歴史館の資料にも、それを示すくだりがあった。
>「鎮海では1960年代から再び桜を植え始め、
>1976年、鎮海を世界第一の桜の都市に育てよ
>という大統領の意志に従い、本格的に桜が植え
>られるようになった」
元記事産経新聞ネットニュース ↓リンクからお読みください
36万本が咲き乱れ…軍港・鎮海の桜に秘められた日韓110年の歴史を紐解いた




鎮海きっての桜の名所「余佐川(ヨジャチョン)」は
川沿いに約1,5キロ続く桜並木があり、私も見てた
韓流ドラマ「ロマンス」の撮影地として知られている
ちょい桜も終わりかけだが、完全葉桜になってた人の
ブログの写真に比べたら、まだまだいけそうだ




在日同胞や大統領の支持もあった桜だけど、植樹の
当初は日本の桜に反発もあったのだが、1900年代
初頭に、済州島で発見された王桜(ワンボンナム)は
染井吉野によく似ているので、韓国の王桜が日本へ
導入されて染井吉野になったとの誤った俗説が広まり
染井吉野も韓国発祥だからいいんじゃないかと




とは言ってもね、染井吉野は園芸が盛んな江戸の
染井村で、江戸時代中期に日本中の桜が集められて
交配をした結果、吉野桜(山桜)に似た桜が出来
染井吉野と名づけられた訳で、韓国で発見された
頃には、どこもかしこも日本は染井吉野咲いてたし




染井吉野は園芸種で接ぎ木でしか出来ない
クローン桜だそうで、済州島で自生ってのも
矛盾してるし。既に遺伝子検査で染井吉野と
韓国の王桜は別の品種であるとわかっている
ので、そろそろ夢から覚めて現実を認めて
欲しいものだ




ちなみに染井吉野は、信州などでも古樹が多い
江戸彼岸桜と大島桜から生まれたものであるが
王桜は江戸彼岸桜と大山桜の雑種で、染井吉野
よりも花が大きくて色も濃いみたいだ。まっ花には
罪はない。それを植えた人も好意からなんだし




こういったのって過去の真実というよりも、今の
政権が人気取りや、国家間の利権などの兼ね合い
などで利用しているようにも思える。実際に韓国に
行くと、日本でよくして貰ったから日本人に親切に
したいとか、フレンドリーな韓国人も多くいるのだが
それを表立っては語れない空気もあるんだろうな




確かに日本帝国や日本の軍人が犯した罪も多く
あったと思うが、この国を良くしようと思い都市を
整備したり、教育や文化面など日本人が近代化に
尽力した事まで無かったように、目を背ける必要は
ないようにも思うのだ




そんな事を思いつつ日本人が作った街、鎮海から
カニのイラストの付いた、遠くからでもよく判る
バスで、今夜のお泊り先のある釜山へと向かった
なんとか、桜も残っていてくれて良かったな♪




その途中では、こんな大型遊園地があったりとか




こんな作りかけの道もあった。どこかはわからないが
この間も現地ガイドの方はハングル文字のレクチャー
覚えたら簡単だというが、それは覚えたらの話だ




いよいよソウルに次ぎ韓国第二の都市、釜山に到着
日本でいるなら大阪みたいな位置づけなのだろうか?
晴れた日には対馬までもが見えると言い、古くから
日本からの玄関口にもあたる。そのあたりは次回
以降の釜山の日記でお話しできたらと思う 




釜山に着いた午後遅くに直行したのは、やっぱり
参加者の皆さんもおまちかねの免税品店で、幾つも
紙袋を抱えた方も。でもうちは庶民派なので屋台
グルメは買ってもブランドには縁はない。そして
ソウルに続いての2度目のカジノで40分滞在は
誰も時間を持て余していた




安い旅行は観光の他に、ショッピングとかあれこれ
連れていかれるのがつらい。かといって釜山市街や
ソウルならフリーの方がいいが、慶州やマイナーな
鎮海の桜のような移動のあるものは、やっぱり
パッケージ旅行じゃないと、個人では無理だし




やっと、昨日の夜、今日の朝、昼とは違った
タイプの食事が登場。韓国と言えばカルビだが
安い旅行だけに肉が少ないような・・・これで
1人前。(あと1回、同じ量を焼いてくれた)
肉を追加する人もいたがうちはいいや。普段から
お得に飛騨牛とかスーパーで買ってるから。その
方が格段に美味しいし




二人席なので、他人に気兼ねする事は無いが
娘が肉好きなので私のを取られ、殆ど食べられ
なかったのはいつもの事だ。肉もないのでご飯も
すすまないし、生野菜をバリバリ食べてという
訳にもいかずお腹空いたし・・・やせられそうな
旅行だ




この後で、夕食後にホテルに直行する人もいたが
大半の人は、2千円のオプション料を現地で払い
韓国夜市(ヤシジャン)と、海辺から釜山の夜景を
楽しむ事になっているので、夜市で屋台グルメ
でも食べるかぁ~という魂胆もあるので腹五分目




釜山は4回目位なので、フリーで釜山タワーにも
上った事があり、その近くの南浦洞(ナンポドン)の
国際市場や、チャガルチ市場にも出かけた事が
あったけど




そこに隣接しているというのが富平カントン市場で
2013年から韓国初の夜市(ヤシジャン)をして
いるというが、チャガルチが水産市場であるならば
こっちはB級グルメのお店が並んでいるそうだ




カン(缶)とトン(詰め)でカントン市場というのだけど
朝鮮戦争後に米軍が進駐し、多くの軍用物資や
密輸された商品が多く市場に並び、その中でも
横流しの缶製品が多く販売されたので、カントン
市場という名前がつけられたんだとか




今では電気製品や、洋酒、日本の菓子、食品をはじめと
した輸入品も売られ、 市場の狭い路地の間に立ち並ぶ
お汁粉や、カボチャ粥、釜山おでん、キムパ、チジミ
などのB級グルメ屋台から、湯気が立ち上りよい香りも




40分程のフリータイムでは、食品店(ミニスーパー)で
お土産も買いたいし、あぁこれも食べたい、あれも珍しい
なんて悠長に選んでもいられないし




普通に美味だったしボリュームもある焼きそばにしたら
既に焼けているものではなく、ちゃんと鉄板で手早く
焼いてくれ、1皿しか注文しなかったのに箸とか水も
二つくれて、お店のテーブルでパクパクしていたら




店員の感じの良いお兄さんが、流ちょうな日本語で
つい最近までは何年も東京にいたそうで、最初は
名古屋にいたんだとか。コンクリートの名古屋城が
壊されて、新たに木造の本格的なのを作るんだよ
といったようなどうでもよいような話をしてきた




ツアー客の人は、バスに同乗してたカメラマンに
「そだね~」を教え込んでたし。あぁ、こうゆうの
食べたい。フリーで前にも食べた事があるんだけど
量が多いからなぁ~。食品店では土産物屋とかより
安い価格の伝統茶のパッケージとかを買うが種類も
豊富で何を買うか悩んだ




とは言っても韓国に最後に出かけてから、軽く数年
以上は経っており、そのころに比べたら為替と関係
無く、随分と物価も上がったようにも思える。前は
安い、安いといった感じだったけど、今はあんまり
日本と変わらない感じで割安感は全くないどころか
モノによっては高いイメージのものも




夜市を各々に楽しんで、再びカニのバスに乗り
込んで(ホテル直行の人は小型車が迎えに来た
ようだ)、今の釜山の夜景が存分に楽しめる
ルートでホテルへと。途中も走行中の車窓から
夜景が美しく撮影もしたが、多くはぶれたもの
ばかり




一眼レフのオート機能を使っているが、さっきの
よりもピントが甘くなってるようだが、こっちの
方が好き。まっ構図の問題もあるんだろう。では
次回は広安里ビーチからの夜景と、海雲台の
ホテルなどを紹介できたらと思います




       平成30年4月8日に韓国、鎮海と釜山で撮影

そうそう朝日テレビ系の帰れマンデーですが
6月4日月曜日の秘境路線バスは、南木曽から
馬籠への旅なのでご覧になってください

帰れマンデー「秘境路線バス・馬籠線予告」

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2018年06月02日 13時21分50秒
コメント(60) | コメントを書く
2018年05月24日
テーマ:海外旅行(5179)
カテゴリ:韓国旅行


またまたブログの間隔がかなり開きました
と言うのもゴールデンウィーク突入に合わせ
旦那が定年退職。GW後に先週末まで退職
休暇と、10万円の旅行券も会社から頂戴し
退職旅行なども出かけた(私も同行)ので
その旅行記は、いずれまた




今週に入り、定年後再雇用で同じ職場で同じ
仕事という訳でして、また同じような生活に
やっと戻る事が出来たが、所詮は再雇用なので
お給料がどれだけ減るんだろうかっていうのが
目下気になるところ。会社の同僚らに貰った
還暦Tシャツは、カープファンかと間違えた




それにしても家にずっと旦那がいるのは
プレッシャーです。だら~と昼間っから
ネットやれないし、亭主元気で留守がいい
とは、ホント良く出来た標語です。旦那は
旦那で口うるさい舅が横にいて、あれやれ
これやれ、あそこに連れて行けとこき使われて
いたようで、晴れて会社に戻れて喜んでます




さてさて4月上旬に娘と出かけた韓国旅行の
レポート3回目。2日目の紹介となりますが
前に市内の苗木城の事を紹介した時、苗木藩は
徹底をした廃仏毀釈を行い、寺は破壊されて
領民は皆、神道に改宗したのを覚えておられ
ますか?




ウィキペディアより
>「廃仏」は仏を廃し(破壊)し、「毀釈」は、
>釈迦(釈尊)の教えを壊(毀)すという意味。
>日本においては一般に、神仏習合を廃して
>神仏分離を押し進める、明治維新後に発生
>した一連の動きを指す。




戦国を制した徳川家康の開いた、江戸幕府は
中国の孔子の教えによる儒学 (朱子学) を
新しい時代の官学として、徳治主義をもって
幕府の礎を築いたのだが、水戸藩においては
儒学思想に、国学や史学、神道を結合をさせ
独自の水戸学が発展し、吉田松陰や西郷隆盛
など幕末の志士に大きく影響を与えた




日本における国語学、国文学、歌道、歴史学
地理学、有職故実、神学といった事を学ぶ
国学も流行し、明治維新を推し進めた志士
らは、日本古来の宗教は神道であり、外国
より渡来をした仏教などは、邪道であると
いった思想を持つに至った




明治政府は天皇は現人神であると、神道に
よる神格化を求め、国を挙げて仏教を弾圧を
したのだ。お隣の国の韓国は、よく儒教の
国だと言われるが、その数はもはや少数で
過半数をキリスト教徒と仏教徒が占めており
新興宗教を含めて、様々な宗教が存在して
いるようである




前回も紹介したが日本の飛鳥にあるような
弥勒半跏思惟像が慶州の博物館にあったと
いうように古代朝鮮で仏教が、中国を通じ
広まり、新羅やその後の高麗王朝においても
最有力の宗教として興隆を極めていた




ところが1392年に李成桂(太祖)が李氏
朝鮮を建国をすると一転をして儒教が国教と
なり、朱子学を修めた新興の科挙官僚である
士林派(しりんは)の台頭によって、仏教は
徹底的に弾圧をされた。これを「斥仏揚儒
(せきぶつようじゅ)」(仏教を排斥して
儒教を信奉する)という




数少ない寺院を残して、殆どのお寺は破壊され
所有地と奴卑を没収され僧侶は還俗させられた
中宗の時には、国中の仏像を没収して溶解した
上で武器を作るなどと言い出す始末で、高価な
高麗仏画や仏像などは、日本へと高額で売買を
されたり、贈り物にも使われたそうだ




全てまでとは言わないが、こういった流出の
経緯もあるにかかわらず、こういった事実に
目をつぶり、どれもこれもが倭寇に盗まれた
ものだから我が国のものだと、日本の寺院に
長く伝わる高麗由来の仏像などが、盗難にあい
それを返却もしないとは・・・




この寺も打ち捨てられて、誰もに忘れ去られ
廃墟となっていた。石窟庵(ソックラム)は
前回の仏国寺と共に世界遺産に指定をされて
いるのだが、1909年に郵便配達員が配達の
為に吐含山の峠を越えようとしたところ、突然
豪雨に見舞われて山中の洞窟に逃げ込んだ際に
洞窟の中に偶然、石仏を発見したというのだ




前の時も、今回も地元添乗員が石仏を日本に
持っていこうとしたが、出来なかったという
話をしたので、ネット検索をするとどうやら
日本人の偉い人がこのようなお宝を、山中に
置くのもどうかと思い京城(今のソウル)に
持っていこうとしたが出来なかったらしい




その移動の為に分解をしたものの、再び復元
したのだが幾つかの部材が残されてしまった
そうである(汗) 石窟庵には他にも石仏が
あったのが、日本に持ち出されたと言われて
いたが、昨今の研究ではもともと石仏は存在
しなかったそうだ




更に景福宮にある高麗期の石塔の四方にあった
獅子像が、長らく日本に略奪されたと言われて
いたのが、実はソウルの国立中央博物館に保管
されていた事が2016年に判明をしたそうだ

「日本に略奪された」はずの国宝、韓国にあった(産経ニュース)




秀吉の侵略で寺が破壊されたというのも、前述の
ように、李氏朝鮮による国を挙げての仏教弾圧に
よるものであったりとかするようだし、万事を
日本の責任にするのもどうかと思うので、韓国人
ガイドさんの説明も話半分に聞いていたりもした




本尊は高さ3.4mの如来坐像で、如来の額には
ガラスが埋め込まれており、東から昇る太陽の
光が石窟内に日差しが入ってくると、ガラスが
光る設計になっているそうだ。主壁には菩薩像
および弟子像と金剛力士像、天王像など39体の
仏像が石窟の壁面に彫刻をされている




今は石室の前に、このような建物が作られており
そこからガラス越しに拝見するのだが、内部は
撮影禁止になっているので、↓リンクをぽちっと
されて、内部の写真や説明をご覧下さい

「石窟庵」について




ウィキペディアによると
>新羅の景徳王と恵恭王の時代の宰相だった
>金大城(700年 - 774年)が自分の父母の
>ために「石仏社」を建立したと高麗時代の
>『三国遺事』に記されており、石仏社が
>仏国寺の位置に近いことから石窟庵のこと
>であると考えられている。




>751年(景徳王10年)に建立が開始され、
>774年(恵恭王10年)に完成した。その後
>儒教を中心とした朝鮮時代が500年以上
>続き、仏教は弾圧されたため永らく放置
>されていた。




石窟庵は東を向いて建てられており、この
山の稜線の上に、海がはるか彼方に見える
そうで、初日の出や月の出を見る名所でも
ある。そうそう色鮮やかな提灯であるけど
旧暦の4月8日のお釈迦様の誕生日を祝う
「燃灯祝祭(ヨンドゥンチュッチェ)」ので
お祭りが近づくとあちこちの寺で飾られる




春の長閑な光をあびながら、てくてくと
駐車場まで戻ってきました。それにしても
3日間を通じて、お天気に恵まれたのが
なによりだった




私の出かける前日は春の嵐だったそうで
強い風と大雨で、このような歩く観光は
さぞかし大変だったろう。旦那との旅行
過去には山陰は早い雪、南紀は遅い台風
大変であっただけに、今回もかなり心配
してたのだけど




地元のお母さんたちが駐車場の片隅で
色々と農産物を売っていた。日本での
高山とか能登輪島などの朝市の光景と
全く変わりはなかった




慶州市最高峰でもある標高745メートルの
吐含山(トハムサン)は、新羅時代には五嶽の
うちの東嶽(東岳)と呼ばれており、護国の
鎮山として神聖視をされ、仏国寺と石窟庵が
建立されている。その山を下りてきて・・・




慶州は桜の名所でもあるだけに、2日前の
強風と大雨が心配だったけど、慶州の至る
ところで桜の花が綺麗に咲いており、車窓
からもお花見




次に向かったのが高麗青磁の月城窯での
見学とショッピングタイム。前に慶州に
来た時はコーヒーカップをお土産にした
けど、今回は値札がなくお店の人に値段を
聞くのが面倒でやめた




ウィキペディアによれば
>中国・呉越(907年~)の餞州窯(現江西省、
>越州窯現浙江省とする説もある)の青磁の
>技術を導入して焼き始められたものであるが
>その出現時期には諸説ある。最も早い説は
>10世紀前半(918年建国)、最も遅い説で
>11世紀後半である。




>高麗の焼き物には白磁や黒磁もあるが、主要な
>製品は青磁であった。青磁の胎土は焼成前は
>褐色を呈しており、これを素焼きすると灰色が
>かった色に変化する。これに鉄分を含んだ釉を
>掛けて還元炎焼成(窯内に酸素を十分に供給
>せずに焼く)すると青磁になり




>釉薬中のチタニウム、マンガン等の微量元素の
>含有割合によって、緑に近い釉色から「雨過
>天晴(雨が上がって晴れ渡った空の事)」と
>称されるような澄んだ青色などさまざまな色に
>発色する。




さて戦国時代の日本。信長を始めとする戦国
武将らは焼き物が大好き。その為に秀吉による
朝鮮侵略は別名を焼き物戦争とも言い、半島に
渡った主に西国の武将らは日本に引き上げる際
数多くの陶工を連れ帰った。その中には戦乱を
避け自ら名乗り出た者もいたかもしれないが
捕虜として拉致をされた者が多かった




多くの大名らが陶工らに土地や屋敷を与え
中には武士にも、取り立てて手厚く保護を
していたそうで、日本に帰化をして日本に
定住した者も多く、徳川時代に李氏朝鮮と
国交が成立し、朝鮮通信使が来日した時に
捕虜は共に帰国を許されもした




そして日本に定住をして、日本に焼き物を
広めたので有名なのが佐賀藩主の鍋島氏が
連れ帰った陶工の李参平(金ヶ江三兵衛)で
日本で初めて白い肌の陶磁器「白磁」を制作
有田焼(伊万里焼も)の陶祖と呼ばれている




薩摩藩の島津氏も80名程の陶工を連れ帰り
朴平意や金海(星山仲次)などの朝鮮陶工らが
薩摩焼の発祥の祖となった。また薩摩藩から
朝鮮陶工が3名、琉球に派遣されて琉球陶器が
始まったそうである




他に萩焼きも、毛利氏が連れ帰った李勺光
(りじゃくこう) と李敬(“高麗左衛門)の兄弟
陶工が開祖とされ、「一楽二萩三唐津」と
称されるように、茶器のうち特に茶碗が名高く
白色の柔らかな肌合いが特徴で、私も好きな
焼き物だ




前回の慶州来訪時には仏国寺と石窟庵
以外にも、新羅時代の古墳が集まって
いる大陵苑にある天馬塚の内部拝観や
国立慶州博物館の見学あったが、今回は
昼前に今回の旅のメイン観光に移動を
するのでスルー




車窓からは新羅時代の王都を彷彿出来るような
古墳や遺跡などもあちこちで見る事も出来た
この塀の向こう側にも、何かあるんだろうね




新羅の7世紀の儒学者である弘儒侯薛聡は名僧
元暁の子で新羅語を漢字で表す方法を集成し
漢文を新羅語で読み解き、中国学芸の摂取と
儒学の発展に寄与し神文王(在位681‐692)に
道徳規範の順守を説いたそうだ。その墓所が
この道の先にあるようだ




何やら遺跡。由来は遠いので?




安い旅行にはショッピングタイムが付き物
というか水戸黄門でも旅先で、名物を食べて
工房を訪ね、温泉に遊ぶ。という訳で慶州
名産のアメジスト(紫水晶)のお店に寄り
土産の根付のようなものから、ネックレス
ブレスレットなどが。購入する方もみえた




お店の前にもおっきな古墳。かなり後で
その存在に気が付いたが、到着時に気が
付いていたら近くまで見物に行けたのに
残念




桜並木の続く慶州もお別れし、次の観光
先に行く途中で、お昼ごはんをとる事に
なったけど、その都市名は忘れてしまった




朝から寺だ、石窟だ、焼き物、紫水晶などと
歩き回ってお腹もすき、駐車場にバスが到着
すると一目散に食堂にGO




昨日の夜も、今朝も、この昼食だって
スケジュールではみんな食事の名前が
違うんだけど、なんか代り映えのしない
食事で、真ん中の小さな焼き魚がメイン
らしいけど・・・あぁラーメンが食べたい




        平成30年4月8日に韓国慶州で撮影

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2018年05月25日 08時06分37秒
コメント(70) | コメントを書く
2018年04月27日
テーマ:海外旅行(5179)
カテゴリ:韓国旅行

​​
楽天ブログを始めたのは、今から15年程前
2004年晩秋だったが、それまでテレビ局の
掲示板のようなところでネットをしていたが
韓国旅行に出かけた写真を紹介したいな~っ!
と思った時に、楽天ブログはどうですか?と
掲示板の人に教えて貰って始めたものだった




当時の楽天ブログではブログに使用する写真の
登録容量が決まっていたので、足らなくなって
きたので初期の日記の写真を剥がして、容量を
増やしていたので、文字しかない日記になって
いるが、楽天ブログを始めたきっかけでもある
当時の韓国旅行の文章を紹介したいと思う




​​ 2004年11月29日「慶州。エミレの鐘」

 旅行初日、釜山空港に着いて慶州に直行を
 しました。そこで写真は可哀そうで撮れな
 かったのですが、慶州の博物館では韓国の
 方ならまず知っているだろうという「エミレの
 鐘」を拝見をしました。




 日本で見るような梵鐘よりも、随分、大きく
 かなり低い所に吊るされ、地面が、円形に
 掘り下げられています。新羅時代(771年)の
 景徳王が、父王の冥福を祈って造をした鐘で、
 正式名称は「聖徳大王神鐘」といいます。
 高さは3.75m。口径は2.25m。重さ
 25トンです




 鐘の表面には、華やかな文様などが、彫刻を
 されており韓国において、もっとも美しく、
 大きく古い梵鐘として国宝にも指定をされて
 もいます。この鐘、「聖徳大王神鐘」では
 なく、通称の「エミレの鐘」として有名なの
 ですが、それは・・・・




 天下の名工が、この鐘の鋳造を行ったの
 ですが、鋳るたびにひびが入ってしまい
 失敗の連続になってしまい、果ては小さな
 女の子を、煮えだきる坩堝の中へ放り
 込んで、生贄に奉げてしまいました




 鐘は立派に完成をしましたが、しかし、
 その鐘をつくと「エミレ、エミレ、エミレ
 (古い言葉で、お母さん)」と小さな女の
 子の声が聞こえるそうで、人は、この鐘の
 事をいつしか「エミレの鐘」と呼ぶように
 なったそうです




 2004年11月30日「花郎(ファラン)と、弥勒菩薩」

 慶州に入るとき、乗馬姿の青年の像があった。
 青年は「花郎」(ファラン)であるという。
 新羅国の貴族階級の青少年組織の事を「花郎
 徒」と呼んで、その指導にあたる品行方正、
 顔立ちの美しい15、6歳の青年を花郎と
 呼ぶそうである




 少年達は、普段は、体を鍛え、武術を学び、
 音楽をかなで山野に遊ぶ。そして戦時には、
 戦いの先頭に立って活躍をしたそうだ。
 ふと小学校の時から好きだった、アーサー
 王と円卓の騎士の物語を思い出した




 慶州の断石山で、修行をしていたそうで、
 ここにある神仙寺には、巨大な弥勒立像と、
 弥勒半跏思惟像があるそうだ。この仏こそ
 花郎にとっての帰依仏であるのだ。花郎は
 56億7千万年後に、この世を救うという
 弥勒菩薩の化身として、人々の羨望のまとで
 あったそうだ




 慶州の博物館には、奈良の飛鳥時代の弥勒
 半跏思惟像にそっくりの仏像がある。半島
 から渡来をしてきた帰化人らが、仏教や、
 文物、建築、芸術・・・様々な文化、思想、
 技術を、日本にもたらしたのだろう​





といった感じだ。その時は釜山からソウルまで
バスで北へ向かっての世界遺産の旅であった。
その後に新たに認定されたものもあって、12の
うちで百済歴史地域、南漢山城、河回と良洞の
3つはまだ行った事がない




というか9つも行ってんの?という感じだけど
日本は21ケ所のうち、行ったのは11と半分
しかない。しかも自然遺産は遠方ばかりなので
1つもないという有様だ。それだけ日本列島は
とても広く、旅行代金も高いしハードルは高い

そんな訳で、楽天ブログをやるきっかけにも
なった人に見せたいなと思った写真のお寺が
ここ慶州の「仏国寺(プルグクサ)」である




仏国寺については、ウィキペディアによると


​>新羅景徳王の時代の751年(景徳王10年)、
>宰相​だった金大城(キムデソン)により建立が
>はじまる。『三国遺事』には、金大城が現世
>での父母のために建立したと記述されている。
>774年 新羅(恵恭王10年)に完成した。 最盛
>期の8世紀は、約60棟の木造建築で寺院は
>構成された。




>李氏朝鮮の太宗による1407年(太宗7年)の
>仏教弾圧の際、存続を許された88寺院の中に
>名前がなく、既に荒廃しており廃寺になった
>ようである。世宗による1424年(世宗6年)の
>仏教弾圧の際、存続を許された36寺院の中
>にも名前がなく、引き続き廃寺のままだった
>ようである




>1904年から1905年にかけて紫霞門左右の
>行廊も倒壊、石壇も埋もれた状態となったが、
>日本統治時代の1924年4月から1925年8月迄の
>朝鮮総督府による再建工事によって石壇・石廊を
>含む主要構造が修復された。戦後の1973年に
>発掘調査後、改修工事で無説殿、観音殿などが
>再建された。




>青雲橋・白雲橋
>国宝第23号。大雄殿正面の紫霞門に掛かる
>石橋。751年の時から存在している遺構と
>考えられている。上段の16段が白雲橋、
>下段の17段が青雲橋である。合わせて33段
>であるが、仏教で33は未だ仏の境地に
>達せずという意味である。




こちらは、先ほどの橋と対するような蓮華橋と
七宝橋で安養門に上がる階段。仏国寺建立時に
作られたとされ、国宝第22号に指定をされて
いる。ちなみに韓国の国宝は321(2017年)
あるそうだ




>大雄殿
>仏国寺の本殿にあたる。681年ごろ創建
>されたと思われる。現在の建物は1765年に
>再建された。




>釈迦塔
>国宝第21号。新羅時代の三層塔。高さは
>8.2m。1966年には復元工事中、塔中央部
>から世界最古級の木版印刷物である『無垢
>浄光陀羅尼経』が発見された。




>多宝塔
>国宝第20号。新羅時代751年の作と推定される
>石造の多宝塔。高さは10.4m。四面に階段が
>設置されまた、塔下部は四本の柱で支えられて
>いる珍しい塔の形状をしている。また塔の周り
>には石獅子が配置されていたが、現在では1体
>だけが残っている。




>百済に阿斯達(アサダル)という石工がいた。彼は
>仏国寺の石塔を造るため、妻の阿斯女(アサニョ)を
>国に残して新羅に向かった。3年後、夫を待ちきれ
>なくなった阿斯女が仏国寺を訪れ、夫に逢わせて
>くれるよう僧侶にお願いした。




>しかし僧侶は2人が逢うことを許さず、代わりに
>「石塔が完成すれば影池に石塔の影が映るので、
>それまで待つように」と阿斯女に教えた。そこで
>阿斯女は毎日影池を眺めながら夫を待ち続けた。




>ある月夜、影池に石塔の影が映った。阿斯女は
>喜び、石塔の影に抱きつこうとして影池に飛び
>込んでしまった。翌朝、石塔を完成させた阿斯達が
>妻の待つ影池に向かうと、そこには冷たくなった
>阿斯女の亡骸があった。阿斯達は慟哭し、自らも
>影池に身を投げて妻の後を追ったという。





​以上、ウィキペディアから転載をさせて
いただきました。ブログを書くにあたって
ここの記事や、ネット検索によって初めて
知る事も多い。この橋の話もへぇ~という
感じで。現地での韓国人添乗員からそんな
話は出なかった




それ以前に、各殿舎の入り口は大きく開け
られて、中をのぞけ参拝も出来るというのに
遠くから眺めるだけなので、添乗員らの姿を
横に見つつ、速足で殿舎の中の仏様を参拝
させていただいた




お寺に出かけて参拝もせず、まわりの建物を
鑑賞するというのもなんだかなぁ。新羅時代の
作とされる金銅毘盧遮那仏座像は国宝第26号
金銅製の阿弥陀如来像は国宝第27号に指定を
されている。




再び、ウィキペディアの記事によれば


>高麗時代に書かれた『新羅国東吐含山華厳宗
>仏国寺事蹟』や仏国寺の寺誌『慶尚道江左大都
>護府慶州東嶺吐含山大華厳宗仏国寺古今歴代
>諸賢継創記』が示すとおり、もとは毘盧遮那
>仏を本尊とする華厳宗の寺院だった。




>しかし1970年代に再建された現在の仏国寺は、
>禅宗系の曹渓宗(大韓仏教曹渓宗)の寺院で
>ある。創建時に本尊だった毘盧遮那仏は、現在
>寺院奥手の毘盧殿に安置され、本殿である大雄殿
>には釈迦三尊仏(釈迦牟尼、文殊菩薩像、普賢
>菩薩)が安置されている。




>曹渓宗は高麗時代中期の僧、知訥(1158年 -
>1210年)を開祖とする。知訥は曹渓山松広寺を
>中心に、禅によって天台・華厳などの教学を
>包摂する教えを説いた。上流階級に天台宗が
>広まったのに対し、曹渓宗の教えは民衆に
>浸透した。




>韓国の仏教界最大の勢力を有する。僧侶の数は
>約1万2000人、公式に登録されている寺院は
>1800(禅学院、大覚会などの未登録の寺院を
>含めると2800余り)を数え、国家が認定して
>いる伝統的な寺院870ヶ所余りの90%以上が
>曹渓宗の寺院である





今回、ネット検索をするにあたって、かなり
ここの宗派って反日的な言動を行っている
らしくって、従軍慰安婦問題とか、対馬の
仏像盗難事件後の対処でも名前が出てくる




日本の禅は偽物で、韓国の参禅が本物といった
得意の韓国が一番といった言い分もしてたりで
ちょっとなぁ。中国へ禅を持ち込んだインド人
仏教僧の達磨大師が始祖だし。とは言っても
遠い昔の今とは別国家である新羅の人たちが
信仰の為に作った仏様や寺には全く関係ない話
だし。新羅の面影の残る寺と思う事にしよう




宗教と権力、お金はなかなか別には出来ないのか
日本でも善光寺とか、名古屋の八事興正寺なども
揉めてるし。神社だけど富岡八幡宮みたいな事件
すら起きていて、庶民には窺いきれない異世界だ
とりあえず、金運が良くなるという金のイノシシを
さすってみた




何度か韓国にいっていると、現地の添乗員さんも
いろいろで、エステどうですか? コピーもん
買いませんか? などとすすめまくる人もいれば
日本の国旗を焼くような人は少ししかいないです
そうゆう事をしないと、彼らもお金を貰えない
から・・・と申し訳なさそうに語る人もいて




今回は、ハングルは簡単に覚えられ世界で一番
優れている言語で、アフリカで言語を持たない
民族にハングルを教えたらすぐに覚えた。一度
覚えたら忘れる事は無いと、バスの移動中では
ハングル文字のレクチャーを受けたけど、丸だの
棒並べたのは、私にはどうも図画にしか見えなくて




ハングル文字はちんぷんかんぷんでも、稀に漢字
表記の看板などもある、韓流ドラマを見てるので
音で聴く分には、ほんの少しは言葉は判別できる
アジュマ(おばさん)とか、チョナー(殿下)とか
アイゴーって感じで




中には漢字の読み方が、日本の音読みと全く
同じものもあって、突然の聞きなれた言葉に
えっ?と思う場合もあったりする。鞄、約束
詐欺、気分、無理・・・かなりの数があると
思われるが、無論、漢字は韓国起源じゃなく
古代中国なのだけど




このお寺は桜の名所だと聞いてきたが、境内に
どこもないなぁ~と思っていたら、下の駐車場へ
向かう途中に桜の咲くエリアがあった。屋台も
出ていたが、ご飯も食べたばかりでつまみ食い
したいという気持ちはまだなかった




朝鮮戦争による南北分断の象徴でもある板門店
(パンムンジョム)で南北首相による首脳会談が
行われるという。両国や日本を含む国際社会に
とって、良好な方向にすすんで貰いたいものだ




         2018年4月8日に慶州仏国寺で撮影

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村​​​






最終更新日  2018年04月27日 18時02分01秒
コメント(78) | コメントを書く
2018年04月21日
テーマ:海外旅行(5179)
カテゴリ:韓国旅行


30年程前に、​新婚旅行先をグアムに決めて
初めて作ったパスポート。あれからも懸賞の
招待旅行で何度となく海外に行く事となって
複数年度のパスポートを発行して貰ってたが
数年前に失効してからは、世の中はテロだか
なんだかで海外旅行に縁遠くなってしまい




懸賞もしなくなったし、前にいた娘の職場は
まとまった連休も取れなかったし、姉も大病
患って海外はしんどいって感じになってたし
家の建て替えなんかもしてドタバタした数年
だったけど、娘の今度の職場はオンシーズン
オフシーズンがハッキリしてて




年の前半はお休みが多く、週末三連休もザラ
(ただし後半は二連休どころか週一のお休み
なんて事もある。給料は月給制で休みに関係
無く定額) だったら遠くは無理だけど近場
海外旅行とか一緒に行けるじゃん?っと昨年
アタマに、二人でパスポートを習得したけど
なんかバタバタしてて未使用なまま




今年こそ海外旅行♪なんて言ってたけど、何せ
娘の会社の年間休日が判明をする年末になって
九份に行きたいし台湾のツアーがいいなぁ~と
ネットで調べたがゴールデンウィーク明けまで
満員御礼。しかも価格帯も8、9万とお高めだ
中国や韓国あたりなら安く行けるのにぃ~




今年もパスポートも作ったのに、海外旅行に
行けないかも・・・なんてへこたれてもいた
1月下旬。ネットで「ここに行きたい!」と
思うようなツアーを発見。娘の三連休のある
週末設定でも5万円弱(平日は4万弱)だし
既に催行決定し、空きもある




更に有難い事には午後便、午後帰りという
もので観光先は減っても、セントレアまで
車も電車も2時間はかかる我が家からでは
朝便利用の早朝集合は前泊が必要だし、逆に
夜便到着だと名古屋からの終電車に乗れるか
ハラハラもします。それに今回は夜観光も
あるので行程的に物足りなさを感じないです




そんな訳で、当日は朝7時半位に家を出て
車で瑞浪まで出かけ、お安い駅裏駐車場に
置き、金山で名鉄に乗り換えて午前10時
セントレアの1つ手前の駅で降り、イオン
モール常滑に到着。無料のロッカーに荷物も
置いて身軽となって店内をウロウロ。招き
猫のオブジェがいっぱいあります




午後早くにはナッツ姫に続いて水かけ姫の
水色の飛行機内でも軽食もでるので、軽く
モーニングを食べておけばいいかな。ここ
からは無料の送迎バスがセントレアに出て
いるので、お昼過ぎにはセントレアに到着
受付カウンターで手続き後




機内に持ち込める荷物だけなので、自動
チェックイン機で手続きも簡単でしたよ
セントレアではフラダンスのサークルの
舞台を眺めたり、海老せんべいの試食を
したり、あっという間に搭乗時間ですわ
並びで娘が窓際に座りまして、空からの
景色も楽しみにしていたんですが




生憎のお天気で終始、雲の上のフライトと
なりました。それどころか少し揺れました
さて今年は以上に桜の開花が早くて、桜を
目当てにした旅行やイベントなどは、桜も
終わってたり大変だったようです。その為
信州などでは、行先を決めずにその時点で
花の見頃の所に行くなんてのもありますが




ハイ、大韓航空の午後の軽食です。おにぎり
だけ食べて、お菓子とお水はホテルで助かり
ました。向かった先は釜山。世界遺産の旅や
ロッテの懸賞旅行などもあり、これで4回目に
なりますが、旅のメインはお花見でして桜の
開花情報をネットで調べて一喜一憂。例年より
釜山も少し早い開花になったみたいで




とは言っても、釜山の他にも少し内陸の慶州も
行くので、どこかで咲いてはいるだろうなぁと
阪急のトラピックスの40名弱のツアー客を
乗せたバスを、満開の桜が迎えてくれました
良かったぁ~桜がまだ残っているし! そう
そう日程は4月7日(土曜)から9日(月曜)の
2泊3日の旅でした




韓国でも最近は桜の開花が早めで、本当は
一週前の週末が良かったけど催行をされず
価格が安くて、桜も良さそうな平日の3日
前後では、娘の休みが取れずの7日出発
既に3月末には開花をしたようだし、前日
6日は強い風雨だったけど咲いてました




夕暮れの中を、今夜の宿泊地である慶州へ
高速道を北上。前来た時ってこんなに高層
マンションあったけ? ここに住んでいる
人ってどこに仕事にいってるんだろ?と
そう思うほど、周囲は山ばかりの田舎っ
ぽい所にも、高層マンションがニョキ
ニョキと建ってました




中国とかも、こんな感じと思われますが
テレビで中国の若者が日本に来て、一昔
前の懐かしい感じだと言って訳ですよ
でも、私は日本の一戸建て好きなんだけど
受刑者が逃げた島とか空き家がすごくある
みたいだし、住宅問題どうなるんだろ




なんて考えているうちに2度目の慶州に着き
ました。ここは韓国史上初めて朝鮮半島を統一
した新羅の王都だった事もあって、日本での
奈良や京都のような存在でもあるのかな




暗くなった慶州では、ホテルにチェックイン
する前に夕食を食べに行った。今夜の食事は
日本でもお馴染みのサムパブ料理で、色んな
青菜の上にご飯やおかずを乗せて食べるもの
2人参加が多いツアーで、無作為に2組
4名でテーブルを囲むんだけど・・・




個人でわかめのスープもあるけど、味噌チゲは
1つ。どうやってこれ食べるんだ。とりあえず
わかめスープを空にして、そこに四分の一位を
すくった。韓国のりもふりかけみたいに細かく
ご飯にかけると美味しいのでお土産にも買い
ました




おかずの料理の小皿は4名分なので、娘
相手ならば遠慮なく食べるけど、人様が
いたら最後の1口とか、とても手も付け
られない。遠慮深くすこしずつ取って
葉っぱに乗せて~なんて、上品に食べて
いたら




娘、そんなに大胆に乗せて口に入るん
だろうか。ネットなどで見たら慶州で
この料理は名物みたいですよ




やっぱ白菜キムチは日本のものより辛い
のか、どの食事でも最後まで残っていた
ご夫婦など男の方のいるテーブルなどは
ビールや、もう一品注文したりしていたが
大皿だからとは思うが、結構な料金だし
頼まなくって良かった




さて、いよいよ最初の観光場所は慶州の
夜桜スポットで、地元民らしき花見客の
車もずら~っと。バスで最寄りの場所で
下して貰ってから、バスは指定の駐車場に
向かうようで、下車と乗車の場所が違うし
添乗員さんとはぐれない様にしないと




日本でも倭の五王とか邪馬台国の卑弥呼など
古代中国の文献に残された記述が歴史の糸口に
なるが、韓国もまた箕子朝鮮や衛氏朝鮮などの
古代国家の名が残されている。そして日本の
歴史でも習った高句麗、新羅、百済。それに
伽耶(加羅)だ




古代において、倭の国は半島南部に領有する
任那を通じ影響力を持っており、百済救援の
為の白村江の戦いでの敗戦なども有名である
半島での戦乱から逃れ、日本に渡来した人も
いたり密接な関係であったようだ




同じように朝鮮半島には、地続きの中国系の
民族が数多く流入したので、今の朝鮮半島は
後の李氏朝鮮の系統(高麗、漢族、モンゴル
系らしい)なので、古来の百済や高句麗などの
人たちとは幾分違っているんだとか。という
訳で、本当は日本に密接な関係のあった百済の
扶余とか見に行きたいんだけど・・・




そうゆうマニアックなツアーも少なく、4日周遊とか
なので、百済を滅ぼした新羅の都のあった慶州となり
ました。さて新羅はしらぎ、百済はくだら、高句麗は
こうくりと以前は学校で習ってましたが、現地読みが
主流になり今ではシルラ、ペクチェ、コグリョという
らしい。慶州もキョンジュ




「三国遺事」の記述よれば、日本でもドラマを
放映した新羅代27代の善徳女王(7世紀)の頃
「この王(善徳女王)の時に石を加工して瞻星台
(天文台)を築いた」とあるが、用途についての
記録は残っていないそうだ。見てましたよトンマン
王女とキム・ユシン。ミシルもお綺麗でした




高さは9.108メートル。地上部分の直径は
4.98メートル、上層部の直径は2.85メートル
厚さ約30センチの花崗岩が27段積み上げ
られているが、地上部分に入口はなく、中腹
部分に四角い窓が一つだけあり、ここから
梯子をかけ内部に出入りしたといわれてます




「三国遺事」によると、奈勿王は新羅第17代の
王で、その父は国に貢献したという金末仇であり
王妃の保反夫人は新羅初期の味鄒王の娘だとか
高句麗に従属をしながらも、前秦に朝貢をしたり
百済や倭には対抗をして、海外戦略に務めた王だ
その王墓である




新羅の金城(宮殿)は、丘の上に土と石を混ぜた
ものを半月状に積んで造られた事から、半月城
(パンウォルソン)、別名は月城と呼ばれている
「三国遺事」には新羅第4代王の昔脱解が、この
地が慶州で一番良い明堂となるだろうと、ここに
屋敷を持つ貴族から土地を奪って半月城を築いた
そうだ




この事で、新羅第2代王の南解王に気に入られて
王女と結婚し王となったのだが、一説には海を
渡ってやってきた昔脱解は、倭人だというのも?
新羅の最後の王となった第56代敬順王に至る
までの九百年に渡りここは新羅の王城であったが
10世紀に高麗の太祖王(王建)によって新羅は
滅ぼされ朝鮮半島は統一をされた




ここからは翌日朝の写真。宿泊をしたのは
コーロンホテル慶州で、お部屋は至って
普通。シャンプー&リンスは環境面から
置いてないそうなので、日本のホテルで
貰ったのを持ってきました




ここの特徴は重炭酸ナトリウム泉の温泉
施設(大風呂&サウナ)が併設している
事で、入場券を添乗員さんに貰ったので
夜9時近くにホテルに着いてから、早速
娘と温泉に浸かりました




儒城温泉と、東莱温泉に続いて韓国では
3つ目の温泉入浴となった。タオルとか
ミネラルウォーターも、脱衣所に置いて
あって良かったし、やっぱ大きな湯船に
ゆっくり浸かれるのはありがたい




普門リゾートの少し高台にあるホテルの部屋
からは、周囲ののどかな農村風景が眺められる
のがなかなか良かった。日本も同様であるが
韓国においても農家の高齢化が問題視されて
いるそうで




2016年の農林漁業調査結果によれば、農家
人口249万6000人のうちで、65歳以上の
高齢者は100万6000人で、40.3%にも達する
そうで、米以外の食糧作物の国内自給率は
10.6%に過ぎないそうだ




なんて事は、このブログを書くにあたって
農村についてネット検索をしたら出てきた
記事だ。朝早くにホテルを出て近くの食堂
での朝食タイム




今回も一つのテーブルに2組ずつ着席
してのもので、やっぱ気を使うなぁ~
前に慶州に来た時には小汚い、失礼
古風な食堂だったけど、今回はどこも
小奇麗なところばかりだった




アツアツの湯気が食欲を誘うのは、やっぱ
慶州名物だという純豆腐チゲだ。それに
してもヘルシー料理の連続で、体重も減り
そうな感じだ




うちでもこれくらい食卓に並べたらいい
けど揚げ物だったり、フライパン料理で
あったりで。真ん中にお馴染みチャプチェ
李氏朝鮮時代の第5代王光海君が王宮で
宴会を開いた際、臣下の一人がこの料理を
発案して王に献じた事で、出世したという




お腹も満たして2日目の観光スタート。どこか
奈良公園を思わすような風景にほっこり。続く




       2018年4月7、8日に常滑、韓国釜山、慶州で撮影

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村







最終更新日  2018年04月21日 21時08分34秒
コメント(65) | コメントを書く
2008年04月04日
テーマ:韓国!(12749)
カテゴリ:韓国旅行

      釜山の夜13

  初めての娘も、2度目で代表的な
  所はだいたい見ている姉にも、それ
  ぞれに満足をして貰いたいので、観光
  内容には気を使いことも多かった


      釜山の夜7

  やはり釜山の港町の大パノラマを楽しむ
  釜山タワーははずせないので、前回
  昼間だったから、今回の旅では夜景を
  楽しむ事にした


 釜山の夜9

  日が西に傾き、今から出かけたら
  夜景どころか夕焼けも楽しめそうと
  息を切らせながら長い階段を登る


 釜山の夜10

  日本と時差の無い韓国は、時計を
  直す必要が無く、かわりに日の入りは
  日本よりも遅い時刻で、午後7時頃


      釜山の夜11

  どんどんと、薄暗くなり、街並が
  イルミネーションで彩られていく


 釜山の夜12

 
  前回の旅で、釜山でも歴史のある
  有名寺院は出かけてしまったので
  今回は歴史は浅くても、信徒数が
  急増しているという繁華街に近い
  普通のお寺に出かけてみた。でかい

 釜山の夜5


  ドアボーイさんにタクシーの運ちゃんに
  行き先を言って貰ったので、車窓から
  町並みを眺めているうちに、もうお寺だ

  韓国のタクシーは、日本の半分以下の
  料金で利用できるので、気軽に使えて
  旅行者にはありがたい存在だ

      釜山の夜4

 
  こちらは、ロッテホテルのある西面
  あたりだが、ぬいぐるみの屋台は
  韓国ドラマでも出てくるけど、やっぱ
  酔っ払いのお兄ちゃんとかが、勢いで
  買っていくのか?

 釜山の夜1

      釜山の夜2


  大阪の道頓堀もまた、イルミネーションが
  あふれかえっているが、もうビルが広告で
  覆われていて圧倒された。それが夜とも
  なると、電飾の海 

 釜山の夜6


  釜山空港だが出国手続きをしてから
  左の方に普通のコンビニがあり、町と
  変わらぬ価格で、お菓子や、焼酎などを
  購入できるので、最後のウォンを使い
  切るにいいかも。私もここで焼酎購入

      釜山の夜14


  そして飛行機は飛びたち、あっという
  間にわが故郷。福井から滋賀、岐阜
  三重、愛知へと見慣れた山々を空から

      釜山の海15


         平成20年3月19~21日に釜山で撮影






最終更新日  2008年04月04日 08時55分21秒
コメント(97) | コメントを書く
2008年04月01日
テーマ:韓国!(12749)
カテゴリ:韓国旅行

 釜山の海2

  娘の要望あって出かけたのは、韓国でも
  最大級の海雲台ビーチにある水族館だ

  ペンギンや、ビーバーなどかわいらしい
  生物もいるけど、なんといってもここの
  楽しみは巨大水槽に、幾種類ものサメが
  泳いでいることだ


      釜山の海3

  釜山の海の水を浄水して使っている
  巨大水槽の周囲には、80メートルの
  水中トンネルがあり、真横や、真上を
  サメが悠然と泳いでいく


 釜山の海1

  あぁ、なんだか色合いが綺麗なくらげ
  いやされそう~。事前にネットにより
  割引券もプリントアウトをして、安く
  楽しめたのも大満足な点だ


 釜山の海6

  前回は時間が無く、出かけられなかった
  釜山港に併設をされたチャガルチ市場の
  あたりなども見物に出かける


 釜山の海10

  おばちゃん。いや、おばあちゃんが
  元気に商売をしているのを見るだけでも
  こちらも、元気になるような気がする


      釜山の海9

  ピンクとか、華やかな色合いが好きな
  お国柄は、なんだかイタリアを思い出して
  しまうのだが、このカジュアルな装いは
  かっこいいよ~
  

 釜山の海11

  海産物を、その場で食べれる屋台なども
  あちこちにあるので、いいにおいも漂う


      釜山の海8

 釜山の海7

  朝鮮戦争で、海避難民などが釜山に集中し
  食糧不足が起きていたので、海産物露店で
  取引を始めたのが、チャガルチ市場の
  始まりだそうだ


      釜山の海12

  釜山国際映画祭などでも有名で、南浦洞の
  中央のPIFF広場には、映画関係者による
  記念の手形もある。世界の北野監督のも!


      釜山の海14

  旦那が、唯一、一緒に見た韓国ドラマの
  主人公をやってた女優さんのポスターを
  発見したので、お土産に撮影していくか


 釜山の海13

  国際市場でみやげ物も買えたし、もう
  日もかなり傾いた。いよいよ今回の
  旅のメインイベントだ


 釜山の海5

       平成20年3月20&21日に釜山で撮影







最終更新日  2008年04月01日 22時29分31秒
コメント(98) | コメントを書く
2008年03月28日
テーマ:韓国!(12749)
カテゴリ:韓国旅行

 釜山フード7
      白身魚の刺身丼は、魚の入ったのミソチゲも

  昨年の冬のソウルでも円高傾向にあるなぁ
  などと感じてはいたが、一時は100円で
  800ウォンの換金しか出来なかったのが
  釜山の旅では100円で約1000ウォンと
  更に換金率が良かったのでありがたい


 IMG_6259
      新鮮なタコの足のたっぷり入った大きなチヂミ

  韓国旅にリピートするのは歴史だの、人情だの
  というのもあるけど、やっぱりグルメにつきる
  メインになる食べ物を頼むと、付け合せの
  おかずが幾つもついて来るのもまた魅力だ 


 釜山フード1
 
  チェーン展開もしている、地元民で盛況の
  このお店は、石焼ビビンバなど300円程で
  餃子なども含めて3人前でも1100円で
  食べれたのだが、私のカルグクス(うどん)も
  石焼鍋でアツアツだ。やっぱアゲが入るんだ


      釜山フード10

  そして昨年もおじゃました郷土食のお店は
  一人千円程で、ドルソパッ(石焼き釜飯)や
  焼き魚などの20種類ものおかずが所狭しと
  並ぶのは壮観だ。しかもケジャン(カニの
  キムチ)なんかも食べれて、シアワセだ


 釜山フード3

  鶏肉が大好きな娘は、参鶏湯(サムゲダン)を
  美味しそうに食べていた。 高麗人参、ナツメ
  松の実、しょうが、ゴマ、もち米などを
  鶏肉につめたもので、でかい高麗人参をつまみ
  あげ「これ食べれるの?」などと、娘


 釜山フード4

  姉と私は鶏肉が苦手なので、コリコリとした
  鮑の切れ端が幾つも入った、あわび粥で
  私の大好きな水キムチも食べれた


 釜山フード5

  日本人観光客に食べて欲しいという気持ち
  から、日本語でのメニューなども掲示して
  くれているのだが、なんだかつづりが怪しい
  でも、これもご愛嬌


 釜山フード6

  ハングルだけのお店は、何が出てくるのか
  さっぱりなので、すぶたが鶏肉だろうが
  大体の料理の特徴はつかめるし、これに
  価格表示をしてくれたら、なお嬉しい


      IMG_6227

  自販機の缶ジュースなどは70円ほどで
  コーヒーは30円? 安い~~


 釜山フード9

  イマイチおいしそうには見えないけど
  今回も伝統茶にチャレンジだ。娘は
  柚子茶、私は五味子茶、姉は水正果で
  なぜだかポップコーンが付け合せ


 釜山フード2

  ロッテホテルのお部屋には、無料の
  ミネラルウォーターに、コーヒー、緑茶
  とうもろこし茶に、高麗人参茶まで
  用意されていた


      IMG_6267

  しかもロッテアーモンドの旅行の特典で
  ウェルカムケーキを食べれるというので
  幾つもの中からチョイスして、パクリ


 釜山フード8

  そして、娘がド迫力のコリアンスイーツを
  食べたいというので、アイスクリームや
  果物なども乗ったゴージャスなカキ氷を
  食べに出かけた。これで二人前のもので
  ワッフルもついて600円程だった

   みんなで一緒につつくのが韓国流だ


 IMG_6257

      平成20年3月19~21日に、釜山で撮影









最終更新日  2008年03月28日 23時21分29秒
コメント(88) | コメントを書く

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.