374166 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アトリエ5号星地区

PR

Profile


シルフちゃん

Freepage List

全1372件 (1372件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2013.07.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ご無沙汰です♪

シルフちゃんは健在です。

おとといは京都の北の方に出没し、神の水を飲んでまいりました。

コレであと千年は長生きできます。

アートに専念。何してまんねん。

いやあちょっとひさびさに繋がったので肩慣らしです。

はっはっは。






Last updated  2013.07.08 07:43:18
コメント(6) | コメントを書く
2012.02.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
やぁやぁやぁシルフちゃんです♪
o( ´_ゝ`)ノ アニョハセヨ♪♪♪

まぁおおよその推測では、楽天さんは有料ブログ・ユーザー以外の文無しユーザーの一斉排除を目的に
いろいろと姑息な手段を使って閉鎖もしくは退去を狙っておるみたいですネ。

まぁ背景にあるのは単なる拝金主義でしょう。

資本主義の国ですから、銭もうけはやむをえないと思います。
しかし文化を軽んじ根絶やしにする傾向っちゅうか風潮はどうも感心しませんね。

過剰過ぎる広告宣伝タグを勝手に貼り付けたり、リンク先の強制撤去やらプロフィールの消去、「言葉狩り」ともいえる執拗な文章の検閲と排除。(戦時中の特高警察のつもりですか?)

ジワジワと荒縄で締めるような陰険なやり口とユーザ軽視の姿勢には、さすがにウンザリしたんで出てゆきますが…。

奢れるものは久しからず…。 あんまり調子にノらんほうがイイですよ。

いずれ滅びゆくモノにすがりつく気がないからあっさりと出てゆくのです。

大災害を事前に察知して安全な場所へ移動するヒツジちゃんシルフなのですわ♪
にゃはははは。

ちゅうわけで、遊びにきてくれたお客様には誠に恐縮ですが、とりあえずblog引越しちゃいました♪

新しいサイトは下記アドレスです。(まだハリボテのバラックみたいなところですが…)

アトリエ5号星地区 (So-net)
http://sirufu999.blog.so-net.ne.jp/

Googleで「アトリエ5号星地区」(So-net)でググっても検索されました(笑)
キチャナイところですが♪ 一度遊びにきてください♪

(^_-)/~~~






Last updated  2012.02.15 15:35:03
コメント(3) | コメントを書く
2012.02.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
やぁやぁやぁ♪

ご機嫌イカ焼き、タコ焼き、もんじゃ焼き、♪
豚モダン焼き大好きのシルフちゃんですぅ。

いやぁ実にすがすがしい。すがすがしい。冬の朝でごじゃります。

昨日は不愉快、北海、バルト海な一日でしたが… ネ!
o( ´_ゝ`)ノ アニョハセヨ♪♪

バルト海といえば、先日スウェーデンの海底探査船が深さ80mぐらいの海底で直径60m長さ400mのUFOらしきモノを発見したそうですなぁ。

大きさといい、海底という意外性といい、ひょっとしたらひょっとするかも? 知れませんネ。映画化しそうな面白い脚本が出来そうですが(笑)

さてさて本日ようやく新しいブログをネット某所にて開設いたしました。
といってもまだOPENしたばかりのハリボテです(笑)

タイトルは『アトリエ5号星地区』と全く同じです。

いずれ壁紙とか調度品とか体裁が整ったらサイト紹介をいたします。是非、遊びに来てくださいね。

以上。ご報告まででした。<(_ _)>






Last updated  2012.02.13 13:14:12
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
楽天さんがブログの写真機能を改悪してくれたので、せっかくスキャンした作品をアップしても御覧のとおりのサイズでしか復元出来ません。

コレでは全くどんな作品だかさっぱりわかりませんね。

ましてや元のスケールの部分しかアップ出来ないのに…。

  • sirufu031.jpg
  • sirufu032.jpg
  • sirufu033.jpg
  • sirufu034.jpg
  • sirufu035.jpg






Last updated  2012.02.12 10:18:51
コメント(2) | コメントを書く
2012.02.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
やぁやぁやぁ

下駄隠し宙蓮坊ことシルフちゃんです。
実はクックロビンは私が殺しました。
~(>_<。)\ (- .-) パッコ~~~~ン

のっけからシュールにぶっ飛び、猿飛び、横っとび♪
見る前に跳ぶ男、シルフちゃんはゲンキのかたまり藤原鎌足でごじゃります♪
(*´ω`*)。oO。oO。oO ドモドモッ

ちなみに「見る前に跳べ」っていう言葉は、大江健三郎の小説でも岡林信康のセカンドアルバムからでもなく、W・H・オーデン(米国詩人)の有名な詩のタイトルが最初です。

有名な英語の諺に“Look before you leap”(転ばぬ先の杖)っちゅうのんが有りますが、この言葉をもじって“Leap Before You Look”(見る前に跳べ)っちゅうワケなんです。

Leap Before You Look
           (W. H. Auden)
The sense of danger must not disappear
The way is certainly both short and steep,
However gradual it looks from here
Look if you like, but you will have to leap.

見るまえに跳べ
            (シルフちゃん訳)
危機感は決して失くしたらアカン
道のりがどんなに緩やかに見えてもやで
君の行く道は険しくそそり立っておるねん
見たけりゃ見たらええ、でも君は跳ばなアカン!

まぁざっとこんなポエムや。ぽえむ(母恵夢)といえば饅頭が食いたくなったな。
しかしチュッチュク饅頭ってどんな饅頭やろ?
誰も食わない♪ から毒饅頭なんかなぁ(笑)

突っつく饅頭なら知ってるけどな。
(☆_@;)☆\ (- .-) パッコ~~~ン
別に卑猥なこと言ってましぇ~~ん…。

しかし寒い夜はあったかい布団に潜り込んで、本を読むのが一番やな。

シルフちゃんは昨夜も大阪の街を徘徊しておったんやが、西区の九条から難波まで歩いておったんやが、
途中の西長堀にある中央図書館に寄って図書カードを作ってきてん。

泉大津では週に5冊しか借りれんが、ココやと8冊も借りれるし、何せ蔵書数が桁違いや。350万冊もあるらしい。

イヤァ検索機で調べとったら、読みたい本がゴチャマンと出てきて… 思わずムヒヒッやった。

だいたい普通、一生涯に読める本の量っちゅうのんは、2万冊ぐらい。読書家と呼ばれる人でも3万冊ぐらいのもんらしい。

ちなみにシルフちゃんのここ最近の読書量は月間平均で20冊弱(少ないなぁ…)。このペースやと1年間で240冊。50年かかっても12,000冊しか読めんのじゃわ。

もっとも過去に多い月は最高で60冊ぐらいは読んだことあるので、コレぐらい頑張って読めば3万冊突破も可能やと思う。

もっとも年間に出る新刊の件数が日本だけで7万点以上出版されるらしいから、(2011年で72,000点)よっぽど吟味して読んだほうがエエと思う。

でもって読書法であるが、従来は律儀に1冊読んでから次の本というふうにしておったが、最近はもっぱら5~6冊位を並行して読んでおる。下らない本は途中で読み捨て、投げ捨て、姥捨て山へ。

オモロい本は一気読み。 なにせ時間は限られておるからな。

ところで昨日読んだ、澁澤龍彦「幻想美術館」に書斎の風景写真があったんやが、な~んか非常によくある風景で、稀代の知識家と言われた澁澤の龍っちゃんでもナンカ俗物臭くって残念やった。

「サド侯爵の自筆の手紙」なんぞを額に入れて飾ってあったりして…(アホかっ!?)

そ~いえば坂本龍一なんかも似たような書斎やったな。難しそうな本を並べて一人悦に入ってるみたいな(笑)

コレからのインテリゲンチヤは、もっとスパッとシンプルでないとアカンなと思ったな。
データは極力、コンピュータのデータベースで保存、移動中でも随時、小型モバイルで情報検索が可能って具合で。

確かに印刷精度の高い大型画集なんかのように紙データも全く軽視は出来んとは思うが…。

ぬはははははっ。高飛車なことをほざいてしまった。

チュッチュク饅頭は誰が食た♪

誰も食わないワシが食た♪

(^_^;)    関西人だけしかワカらん遊び歌らしい。






Last updated  2012.02.10 14:28:04
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
やぁやぁやぁ
気がついたらはや2月。月日がたつのは早いもんじゃのぅ。

光陰矢の如し、淫行ヤな事しぃ… である。
(☆_@;)☆\ (- .-) パッコ~~~ン

月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。『奥の細道』
じ~っとしとっても人は勝手に年をとる。時空の旅をしとるようなもんじゃ。(*´ω`*)。oO。

あぁ~~~~っ 旅がしたいのぅ(´Д`)ハァ・・・

そ~いえば旅といえば、最近、町田康『東京飄然』を読んだんやが、いきなり目的地も決めずフラっと出るのがエエらしい(笑)

時間の許す限り、飄々と見知らぬ街や土地を闊歩する♪ 気分は爽快、豪快、猪八戒♪
宴会、限界、もぅやめんかい♪

一度も足を運んだことのない土地なら、たとえ近場でも未知の面白さがあって発見もあるやも知れん。

ちゅうわけで、思い立ったら大安吉日。 いい日旅立ち、アナタ朝立ち、ふるい立ち♪
~(>_<。)\ (- .-) パッコ~~~ン

そうだ京都、行こう εεεεεεεε=┏( ・_・)┛
フラリと京都に繰り出したりもした。(後日、報告するわっ)

そうして毎晩、仕事帰りにあっちをフラリ、こっちをヒョロリ、蛾の集団みたいに飄々と夜の街路を彷徨っております。

っちゅうても会社帰りやから、大阪市内ばっかりやねんけど…。

ひっさしぶりにアメ村に行きました。アメちゃんがタダで貰える村とちゃいまんで。
かつて「若者の街アメリカ村」と呼ばれた町も、今はなんか様変わりしてきたな。

くるくる回る巨大なタコ焼きの看板やら、キリコ風の人形みたいなシュールな街灯やら、夜になるといっそうキッチュで、やっぱ大阪の街はエエな。

かつてはこの界隈でシルフちゃんも長いこと夜間アルバイトしてたこともあって、懐かしさとともに複雑な感慨を覚えたわ。

タワレコのビルが、まんだらけに様変わりしていて、中に入ったんやが。いやぁスゴいね。
懐かしのレトロおもちゃやら昭和の本がガラスケースに所狭しと飾られていて。チョットした博物館並みやった。

シルフちゃんも各地でこの手のレトロミュージアムは見ておるが、スケール(展示面積に展示品数)といい、内容の充実ぶりといい群を抜いておった。 

コレで入場無料のただのショップなんやから。是非とも覗いて欲しいね。(v^ー゚)ヤッタネ!!

そっから先は、結構、昔から治安はよろしからぬ場所やったが、風俗店も今は規制で呼び込みも無く、静かな街並みと化していた。

かつての華やかなりしソープ街は影を潜め、一部ファッションヘルスのお店が残るだけの静かな街になっていたなぁ…。
(*´ω`*)。oO。oO。oO ドモドモドモッ






Last updated  2012.02.09 15:07:25
コメント(4) | コメントを書く
2012.01.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
今朝も寒かったなぁ…。 (*´ω`*)。oO。oO
何℃ぐらいあってんやろ? 3℃ぐらいかなぁ。

そ~いえば仏の顔も三度やったなぁ。ハムサンドもサンドやし、
ミックスサンドにジョルジュサンド、そして原宿オモテサンドー…。
~(>_<。)\ (- .-) パッコ~~~~ン

寒いと動くのがイヤやな。
毎日、毎日、仕事しにゆくのはホンマにエラいでごじゃるよ。

もぅ通勤やのうて、痛勤や。
尾びれの長い金魚? それはリュウキンや(>_<)

カラダが冷えてあちこち古傷が痛みよる。まるでゴルゴ13かカムイやな♪

話が横道、わき道、ケモノ道から速水もこみちまでソレてしもた。
いっこうに進まん、肉マン、バットマンやがなっ♪

寒くて気温が上がらんとテンションまで上がらんな。

そ~いえば、この痛勤を少しでも緩和するために、シルフちゃんはもっぱら、アスパラ、草っぱら♪
最近はウォークマンを聴いておるねん。

正確にはウオークマンで音楽を聴いておるねん。どっちでもエエねん。
そんでもって今日は忘れたもんやからダルいのなんの。

自分の世界にこもられへんやん。お陰で朝から山田花子みたいなオンナが隣にくっついてくるし、携帯ゲームに熱中してカラダがぶるぶる震えるヘンなおっさんがいたり

そんなん見たないねんけどなぁ…。

しゃあないんでもっぱら読書に励んでおった。今、読んでるのはチト、ブームは去ったが水野敬也『夢をかなえるゾウ』。

コレ電車で読むのはかなり危険やなっ。爆笑につぐ爆笑や。

大阪弁を喋る無邪気なインドの神様と脱力系サラリーマンの設定だけで充分オモロいが…。

とにかく疲れた社会人には何が必要かって、やっぱり「笑い」や。

おススメのお笑い本をあげておく。読んでや♪

宮田珠己 『なみのひとなみのいとなみ』
原田宗典 『スバラ式世界』
三浦俊彦 『これは餡パンではない』
宮沢章夫 『牛への道』
かんべむさし 『水素製造法』
清水 義範 『国語入試問題必勝法』
筒井康隆 『宇宙衛星博覧会』
中島らも 大槻ケンヂ チチ松村ほかのエッセイ






Last updated  2012.01.25 16:50:15
コメント(3) | コメントを書く
2012.01.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
やぁやぁやぁ、

今朝の気温は氷点下、シルフちゃんちはカカァ天下、台所はオール電化♪
ネェちゃん ○◎△× 揉んでんか♪
~(>_<。)\ (- .-) パッコ~~~~ン 

伏せ文字の答えは「肩(かた)でも」です。アンタ卑猥なコト考えたでしょ?
(*´ω`*)。oO。oO

さてさて、シルフちゃんは仕事はだいっ嫌い人間やから、一週間が万里の長城みたいに長く感じる、トン汁、ブラジルで、ホンマ疲れるわ。(>_<)

通勤中はもっぱらウォークマンで音楽聴きながら読書しちょります。ちなみに昨日、読んだ本はサン・テグジュペリ『星の王子さま』。但し、バンド・デシネ版。

hosi1

「バンド・デシネ!?」知っちょる?
シド・ヴィシヤス(SexPistols)みたいにドラッグで死ねっちゅうこととちゃうよ。
o( ´_ゝ`)ノ アニョハセヨ♪

通称、B.D(ベーデー)とも呼ばれるフランス・ベルギーなんかのコミックのこと。つまり漫画や。
マンガっちゅうてもバカにしたらアカンで。

SF映画の傑作『ブレード・ランナー』も、元々はフランス漫画家のメビウスが描いたバンド・デシネ短編『ロング・トゥモロー』(原作:ダン・オバノン)が原点や。
この『星の王子さま』のBD版作者はジョアン・スファール(Joann Sfar)。フランスの若手BD作家で、数多くの作品を出している。原作の文章をほぼ忠実に使いビジュアルに描かれている。

nakami

お蔭さんで一気に読めたわ。

作者なりにアレンジされてる部分もあって、王子様が星から星へと移動するシーンには、壊れた宇宙船や人工衛星が描かれてたり。

サン・テクジュペリはその昔「夜間飛行」とかは読んだが、この名作?っていうのは難解そうやから読んでなかってん。

まぁ内容は充分わかったし短時間で読めるんで、他にもB.D版どんどん翻訳されたらイイと思うな。

cover

まぁ結論的には「星の王子さま」不朽の名作といわれる割には、中身は隠喩的な表現をいっぱい詰め込んだだけのスノッブ好みの駄作やったな。
(≧ω≦)バキッ☆\(`◎´ヘ)






Last updated  2012.01.20 08:01:42
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
やぁやぁやぁ

ゲンキのかたまり、藤原鎌足、おだまり、陽だまり、吹き溜まりシルフちゃんですぅ♪
毎日さぶおまんなぁ…。(≧ω≦)ブルブル

脳ミソが凍結しそうですわ♪ 凍結するほど無いって?
ホットケっちゅうねん(^_^;) 

さてさて、このblogも長年やってるけれど、シルフちゃんのプライベートなことって、殆ど書いたことあらへんねんなぁ。
まさに知る人ぞ知る、知らん人は知らん、酒乱、淫乱、島原の乱♪
~(>_<。)\ (- .-) パッコ~~~~ン

あんなぁ、この際やからハッキリゆうけど…、実はシルフちゃんはなぁ…。オンナやってん。
びっびっびっ!超ビックリしたやろ? (-_-;)

もっと正確に、ちぢめんと、ゆうとなぁ…、オンナ好きやってん。
ヾ(≧▽≦)ノギャハハハ☆

(☆_@;)☆ \(`-´メ) ワリャ、イッペンシヌカ?

閑話休題

若い頃からありとあらゆる職種を経験しとるんやが、今でも忘れんこの冬の寒い時期にチョコっとだけやっとった仕事があるねん。

天王寺駅の南に、(多分今もあるかも!?)おっきなボウリング兼ビリヤード場兼ゲームセンターのビルがあって、そこの2階のビリヤード場で働いておってん。

店はおっきかったけど、アルバイト料はめっちゃ少なくてな、しいてメリットっちゅうたら、客の居ない時に自由に球が突けるっちゅうコト。それとまかない付きやった。

「まかない」って判る? 商売のことやろって? それは「あきない」
冬の路上に 水をまかない… 
(≧ω≦)☆\(`◎´ヘ) バチコ~~~~ン

メシ付きのことですわ
もっとも食事っちゅうても、ミソ汁にタクアンと飯があるだけという実に貧相なモンやったけどな。それでも貧乏シルフちゃんには一食浮くから助かった。おかわりも一杯までは出来たし。

腹一杯とちゃうで…。但し食事時間は10分と決められとったからな。なんちゅう過酷な時代や。

そんなショボい職場やから、働いてる連中も一癖どころか七癖も百癖もあるような連中ばっかりで、勿論、過去にポケットビリヤード日本一とか立派な経歴を持ったモンもおったけど、所詮は、流れ流れての吹き溜まりや。マトモな奴はおらん。

客層も土日は一般の素人客も目立ったが、平日の夜は、ヤバそうな人間が多かった。

でなぁ、話はココからなんやが、通常の営業時間は普通の遊技場や。表向きの顔ちゅうヤツ。
ところが8時を過ぎると、店は賭博場に様変わりするねん。

賭博場っちゅうても鉄火場みたいなんちゃうよ。あんなんは見つかったらスグ捕まるけど、そうやなくて賭けビリヤード。一晩で数百万円は動いてたな。

シルフちゃんは二階までの長い螺旋階段の入り口に座って、その筋のモンは入れ一般客は全てシャットアウトする、そんな役回りやっててん。

傑作なんは、あるヤクザの組長(親分って呼んでた)さんが、大きな試合には必ず来るんやが、和服の着流しやってん。嘘ちゃうで。ほんま映画みたいな話やろ。

試合は全てスリークッションっちゅう、赤球1個・白球2個用いてやるキャロムビリヤードやった。
ビリヤードちょっとでもかじったことある人やったらわかるが、ローテーションや四つ玉と違って、思いっきりクソ高等技術がいる撞球や。

どちらかの白球を突いて、一度球に当てた後(弾くコース計算して)、三回クッションさせてからもう一度球に当てるのがスリークッションやねん。

アマチュアで日本一なった奴でも半分以上は失敗してた。しかし裏の世界のハスラーはちゃうで当てよんねん。一回当たるごとに「ひと~~つ」 「ふた~~つ」とか掛け声がかかってなぁ。
遠目でのぞいててもなかなか緊張感があった。 だいたい1回が20~50万円ぐらいの勝負やったな。

余談やがヤクザの組長にはなんか知らんけ、ど気に入られたみたいで可愛がられた。

色々雑学を教えてくれたしなぁ(笑)「正露丸」は実は日露戦争の時に軍が使った薬で「征露丸」が正しいねんとか。当時は貴重で一粒で鶏一匹と交換できてんとか。

seirogan

お茶汲みもやらされていて、茶柱が立ったお茶を、気を利かして親分さんに持って行ったら、注意されてなぁ。勝負事やってる場所やから、茶柱はみんな立てて持っていかなアカン?とか

で、「茶柱の立て方」を教えてくれるねん。茶柱は上が軽く下が重ければ必ず立つ…。

そやからまず炒れる前に、片端が太い茎を選び片端を軽くつぶす。そうすれば立つとか教わって…。
いやホンマに立ったもんなぁ。

やっぱり上に立つもんは器が違うなって思ったわ。

ぎゃあぎゃあ吼えるチンピラに絡まれたりもしたけど、必ずその筋のモンに助けられた。

夏になれば思い出す♪ 遙かな尾瀬 遠い空♪
冬になれば思い出す♪ 愚かな俺 遠い過去♪






Last updated  2012.01.17 15:47:41
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
神出鬼没、器物破損のシルフちゃん、どこでもドアを使ってあちこち飛び回っております。

最近、訪れた庭園の一部を紹介します。 何せ庭園オタクで将来の夢は自分の設計した庭を持つことやからね。

a1

堺にある片桐棲龍堂の茶庭から有名な月見手水鉢 お月見の時は水面に月が映りそれをひ尺ですくい、月が尺の中に入る という趣向を凝らしている。風流の極みじゃ。

a2

コレも超特別公開の坪庭(片桐棲龍堂)です。

a3

堺にある経王寺のお庭。偶然見つけた。多分、通常は拝観も撮影も不可のはずです。

b1

白洲正子のかくれ里、教林坊(滋賀県)

b2



c1

梅田のど真ん中に近い、大融寺にある摩訶不思議な枯山水。境内には淀君のお墓もあります。

d1

d2

京都金戒光明寺の庭、紅葉が見事なんやが普段、非公開なので知る人は少ない。

e1

前回登場した、日本一旨い蕨餅が食べれる光雲寺のお庭(小川治兵衛改修)

f1

無料で見れる京都の紅葉の穴場です。シルフちゃんのお気に入りのひとつ。

g1

特別公開の時か、座禅会の時なら拝観可能、京都立本寺。手入れして随分庭も綺麗になった。

h1

シルフちゃんの京都の紅葉スポットの穴場、ダルマ寺の法輪寺の石庭。昭和の庭ですがダイナミックで素晴らしい。いつも貸切で見てます。

お庭を介して様々な人と出会い、お友達になりました。シルフちゃんだけ自由に出入りさせていただけるお庭もあります♪






Last updated  2012.01.16 23:40:48
コメント(2) | コメントを書く

全1372件 (1372件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Favorite Blog

12人を訪問 New! AZURE702さん

第10回中野ギタース… New! ちゃれ3さん

よってけ横丁 kurara551さん
逢坂越えぬ櫻井中納言 櫻井淳さん
Tapestry ショウメイさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.