000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こころのしずく

全2989件 (2989件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

October 19, 2017
XML
カテゴリ:小説

るろうに剣心連載小説『剣と心』第八十四話「祝福と感謝」(第三部)をFreepage List(フリーページ)にアップしました。



『剣と心』は、剣心の子供剣路と、弥彦の子供心弥が、飛天御剣流と逆刃刀の継承をめぐり対決する物語です。

初めから読んでくださるかたは本編or目次or設定から。


~第一部の簡単なあらすじ~

剣路十歳。父の剣心が大嫌い。心弥四歳。母、燕似の泣き虫。
仲良く育った二人だったが、やがて弥彦の跡継ぎを競う好敵手となっていく。

ある日、弥彦の跡継ぎをかけて勝負をした二人。剣路の飛天御剣流に、心弥は神谷活心流で対抗。だが、その時の事件で運命の輪は狂い。

剣路は心を閉ざし、心弥もまた傷つき。
苦しみながら、それでも剣を振るい過ごした三年間。


※第二部予告はこちらから。

~第二部の簡単なあらすじ~

剣路十三歳。道場破りをして過ごした三年間。剣の腕は格段に上がったが、歪んでしまった彼に声をかけるものはなかった。

心弥七歳。剣路に追いつかず苦悩しながらも、弥彦の跡を継ぐため猛稽古の毎日。

剣路の弟で心弥の親友である和の身に起きた悲劇。それぞれの思いを胸に、剣路と心弥は比古の元へ。共に弟子入りした二人は、いつしか心を開いていく。だが、突然東京に帰されることに。帰郷した二人は、様々な人と触れ合う。二人は京都へ戻り、修業を開始する。

~第三部の簡単なあらすじ~

剣路十六歳。心弥十歳。比古の元で修業し格段に腕を上げた二人。ついに奥義の撃ち合いをし、決着を迎える……


☆予告編☆(第八十四話)



「最後まで可愛くねぇな。さっさと行っちまえ」


それは、京都の方角だった。

変わらないその想いがただうれしくて




弥彦『あいつらの未来は、まだ始まったばかりだ……』
人気blogランキング 



小説はこちらから。
『剣と心』第八十四話「祝福と感謝」







Last updated  October 19, 2017 01:54:31 PM
コメント(0) | コメントを書く


October 17, 2017
カテゴリ:小説

るろうに剣心連載小説『剣と心』第八十三話「決着」(第三部)をFreepage List(フリーページ)にアップしました。



『剣と心』は、剣心の子供剣路と、弥彦の子供心弥が、飛天御剣流と逆刃刀の継承をめぐり対決する物語です。

初めから読んでくださるかたは本編or目次or設定から。


~第一部の簡単なあらすじ~

剣路十歳。父の剣心が大嫌い。心弥四歳。母、燕似の泣き虫。
仲良く育った二人だったが、やがて弥彦の跡継ぎを競う好敵手となっていく。

ある日、弥彦の跡継ぎをかけて勝負をした二人。剣路の飛天御剣流に、心弥は神谷活心流で対抗。だが、その時の事件で運命の輪は狂い。

剣路は心を閉ざし、心弥もまた傷つき。
苦しみながら、それでも剣を振るい過ごした三年間。


※第二部予告はこちらから。

~第二部の簡単なあらすじ~

剣路十三歳。道場破りをして過ごした三年間。剣の腕は格段に上がったが、歪んでしまった彼に声をかけるものはなかった。

心弥七歳。剣路に追いつかず苦悩しながらも、弥彦の跡を継ぐため猛稽古の毎日。

剣路の弟で心弥の親友である和の身に起きた悲劇。それぞれの思いを胸に、剣路と心弥は比古の元へ。共に弟子入りした二人は、いつしか心を開いていく。だが、突然東京に帰されることに。帰郷した二人は、様々な人と触れ合う。二人は京都へ戻り、修業を開始する。

~第三部の簡単なあらすじ~

剣路十六歳。心弥十歳。比古の元で修業し格段に腕を上げた二人。ついに奥義の撃ち合いが始まり……


☆予告編☆(第八十三話)



剣路と心弥は、渾身の力と魂を込め、同時に抜刀する。


幸せになるために剣を振るうと決めたあの日、二人の世界は色づき、光に満ちあふれた。

二人の胸に、様々な想いが交錯する。




心弥『いろんなこと思い出したんだよ……』
人気blogランキング 



小説はこちらから。
『剣と心』第八十三話「決着」







Last updated  October 17, 2017 01:07:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 18, 2017
カテゴリ:小説

るろうに剣心連載小説『剣と心』第八十話「夢の時代」(第三部)をFreepage List(フリーページ)にアップしました。



『剣と心』は、剣心の子供剣路と、弥彦の子供心弥が、飛天御剣流と逆刃刀の継承をめぐり対決する物語です。

初めから読んでくださるかたは本編or目次or設定から。


~第一部の簡単なあらすじ~

剣路十歳。父の剣心が大嫌い。心弥四歳。母、燕似の泣き虫。
仲良く育った二人だったが、やがて弥彦の跡継ぎを競う好敵手となっていく。

ある日、弥彦の跡継ぎをかけて勝負をした二人。剣路の飛天御剣流に、心弥は神谷活心流で対抗。だが、その時の事件で運命の輪は狂い。

剣路は心を閉ざし、心弥もまた傷つき。
苦しみながら、それでも剣を振るい過ごした三年間。


※第二部予告はこちらから。

~第二部の簡単なあらすじ~

剣路十三歳。道場破りをして過ごした三年間。剣の腕は格段に上がったが、歪んでしまった彼に声をかけるものはなかった。

心弥七歳。剣路に追いつかず苦悩しながらも、弥彦の跡を継ぐため猛稽古の毎日。

剣路の弟で心弥の親友である和の身に起きた悲劇。それぞれの思いを胸に、剣路と心弥は比古の元へ。共に弟子入りした二人は、いつしか心を開いていく。だが、突然東京に帰されることに。帰郷した二人は、様々な人と触れ合う。二人は京都へ戻り、修業を開始する。

~第三部の簡単なあらすじ~

剣路十六歳。心弥十歳。比古の元で修業し格段に腕を上げた二人。ついに奥義の撃ち合いが始まり……


☆予告編☆(第八十話)



「心弥」
 懐かしい声に、心弥は振り向く。


剣路と心弥は、衝撃を受ける。


この時代は、まだまだ発達途上だけれど、きっと一番いい時代だよ




剣路『あいつは……』
人気blogランキング 



小説はこちらから。
『剣と心』第八十話「夢の時代







Last updated  August 18, 2017 02:19:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 16, 2017
カテゴリ:小説

るろうに剣心連載小説『剣と心』第八十話「対決」(第三部)をFreepage List(フリーページ)にアップしました。



『剣と心』は、剣心の子供剣路と、弥彦の子供心弥が、飛天御剣流と逆刃刀の継承をめぐり対決する物語です。

初めから読んでくださるかたは本編or目次or設定から。


~第一部の簡単なあらすじ~

剣路十歳。父の剣心が大嫌い。心弥四歳。母、燕似の泣き虫。
仲良く育った二人だったが、やがて弥彦の跡継ぎを競う好敵手となっていく。

ある日、弥彦の跡継ぎをかけて勝負をした二人。剣路の飛天御剣流に、心弥は神谷活心流で対抗。だが、その時の事件で運命の輪は狂い。

剣路は心を閉ざし、心弥もまた傷つき。
苦しみながら、それでも剣を振るい過ごした三年間。


※第二部予告はこちらから。

~第二部の簡単なあらすじ~

剣路十三歳。道場破りをして過ごした三年間。剣の腕は格段に上がったが、歪んでしまった彼に声をかけるものはなかった。

心弥七歳。剣路に追いつかず苦悩しながらも、弥彦の跡を継ぐため猛稽古の毎日。

剣路の弟で心弥の親友である和の身に起きた悲劇。それぞれの思いを胸に、剣路と心弥は比古の元へ。共に弟子入りした二人は、いつしか心を開いていく。だが、突然東京に帰されることに。帰郷した二人は、様々な人と触れ合う。二人は京都へ戻り、修業を開始する。

~第三部の簡単なあらすじ~

剣路十六歳。心弥十歳。比古の元で修業し格段に腕を上げた二人。奥義の撃ち合いをなんとか阻もうとした剣路と心弥だが失敗に終わり……


☆予告編☆(第八十話)



「では行くぞ」
 比古の言葉に、二人は集中力をとぎすます。


「……それが間違いだと分かっていてもか?」


「もうおれたち、どうしようもないのかな……」




心弥『まさか、こんなことになっちゃうなんて……』
人気blogランキング 



小説はこちらから。
『剣と心』第八十話「対決








Last updated  August 16, 2017 04:23:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 4, 2017
カテゴリ:小説

るろうに剣心連載小説『剣と心』第八十話「星空の下で」(第三部)をFreepage List(フリーページ)にアップしました。


『剣と心』は、剣心の子供剣路と、弥彦の子供心弥が、飛天御剣流と逆刃刀の継承をめぐり対決する物語です。

初めから読んでくださるかたは本編or目次or設定から。


~第一部の簡単なあらすじ~

剣路十歳。父の剣心が大嫌い。心弥四歳。母、燕似の泣き虫。
仲良く育った二人だったが、やがて弥彦の跡継ぎを競う好敵手となっていく。

ある日、弥彦の跡継ぎをかけて勝負をした二人。剣路の飛天御剣流に、心弥は神谷活心流で対抗。だが、その時の事件で運命の輪は狂い。

剣路は心を閉ざし、心弥もまた傷つき。
苦しみながら、それでも剣を振るい過ごした三年間。


※第二部予告はこちらから。

~第二部の簡単なあらすじ~

剣路十三歳。道場破りをして過ごした三年間。剣の腕は格段に上がったが、歪んでしまった彼に声をかけるものはなかった。

心弥七歳。剣路に追いつかず苦悩しながらも、弥彦の跡を継ぐため猛稽古の毎日。

剣路の弟で心弥の親友である和の身に起きた悲劇。それぞれの思いを胸に、剣路と心弥は比古の元へ。共に弟子入りした二人は、いつしか心を開いていく。だが、突然東京に帰されることに。帰郷した二人は、様々な人と触れ合う。二人は京都へ戻り、修業を開始する。

~第三部の簡単なあらすじ~

剣路十六歳。心弥十歳。比古の元で修業し格段に腕を上げた二人。奥義の撃ち合いを前に、弥彦が京都を訪れる。剣路と心弥は葵屋へ行き……。 


☆予告編☆(第八十話)


酒を呑もうとする比古を、剣路と心弥はじっと見つめる。

「あいつら、なんであんなことを……」
 二人を遠くで見ながら、弥彦は隣りに立つ比古に語りかけた。

比古は、さかづきに口を付けた。
「おかげで、俺の酒も上手くねぇ」



比古『あいつら自分の師匠に……とんでもねぇな』
人気blogランキング 



小説はこちらから。
『剣と心』第八十話「星空の下で







Last updated  August 4, 2017 03:36:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 19, 2017
カテゴリ:小説

るろうに剣心連載小説『剣と心』第七十九話「葵屋にて」(第三部)をFreepage List(フリーページ)にアップしました。


『剣と心』は、剣心の子供剣路と、弥彦の子供心弥が、飛天御剣流と逆刃刀の継承をめぐり対決する物語です。

初めから読んでくださるかたは本編or目次or設定から。


~第一部の簡単なあらすじ~

剣路十歳。父の剣心が大嫌い。心弥四歳。母、燕似の泣き虫。
仲良く育った二人だったが、やがて弥彦の跡継ぎを競う好敵手となっていく。

ある日、弥彦の跡継ぎをかけて勝負をした二人。剣路の飛天御剣流に、心弥は神谷活心流で対抗。だが、その時の事件で運命の輪は狂い。

剣路は心を閉ざし、心弥もまた傷つき。
苦しみながら、それでも剣を振るい過ごした三年間。


※第二部予告はこちらから。

~第二部の簡単なあらすじ~

剣路十三歳。道場破りをして過ごした三年間。剣の腕は格段に上がったが、歪んでしまった彼に声をかけるものはなかった。

心弥七歳。剣路に追いつかず苦悩しながらも、弥彦の跡を継ぐため猛稽古の毎日。

剣路の弟で心弥の親友である和の身に起きた悲劇。それぞれの思いを胸に、剣路と心弥は比古の元へ。共に弟子入りした二人は、いつしか心を開いていく。だが、突然東京に帰されることに。帰郷した二人は、様々な人と触れ合う。二人は京都へ戻り、修業を開始する。

~第三部の簡単なあらすじ~

剣路十六歳。心弥十歳。比古の元で修業し格段に腕を上げた二人。奥義の撃ち合いを前に、弥彦が京都を訪れる。 


☆予告編☆(第七十九話)


「あの手でいってみるか」

「えーそうかなぁ! まぁね、えへへー」
 玄関先で、操は上機嫌だ。

「まだ、辛い?」
「そうだな。お前は?」



剣路『俺の計画は完璧だぜ』
人気blogランキング 



小説はこちらから。
『剣と心』第七十九話「葵屋にて







Last updated  July 19, 2017 03:28:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 2, 2016
カテゴリ:拍手レス・更新
大変ご無沙汰しております。管理人りゆなです(^^)
みなさまいかがお過ごしでしょうか。


サイト内容変更しました。

・キリ番廃止
・拍手休止
・メッセージ機能廃止(楽天ブログ機能廃止のため)

廃止ばかりのご連絡で申し訳ありません
(;^_^A
また小説の更新などしたいと思いますのでよろしくお願いします
m(._.)m(^-^*)/






Last updated  August 2, 2016 05:11:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 25, 2015
カテゴリ:おしらせ

こんにちは。大変ご無沙汰してます……。

今更すぎるのですが、万が一来てくださった方に申し訳なく思い、更新停滞中の表記をさせていただきました。数年前に生活環境が大きく変わり、しばらく多忙になっていたことが原因です。小説など途中でありながら申し訳ありません。

最近はやっと落ち着いてきましたので、以前のようにとまではとてもいきませんが、ほんの少しずつ続けていけたらなと思います。

今後の予定を少し記載させていただきます。
NARUTOは、原作終了にともない活動を停止する予定です(感想など気が向いたら語るかもしれませんが……) るろうに剣心は、細々と続けていきたいと思っています。

今日は最後にちょっとだけ感想を残していきます。ネタバレあります……。


NARUTO

とうとう原作が終わりましたね。こないだやっとマンガ読み終えました。 ナルトとヒナタ、サスケとサクラが結婚したのは自分としては願っていたことだったのでうれしいですv あとシカマルも火影の補佐として立派になってうれしいかぎりです! まだ前作の映画からとボルトのマンガを見てなくて……早く見たいです!

〈るろうに剣心〉

実写版二つ見ました! アクションとかすごいですね。それに俳優さんたちがマンガの雰囲気をすごくかもしだしていました。弥彦カッコ可愛いです!(相変わらず弥彦が大好きですv)  

 

 

  







Last updated  September 25, 2015 10:40:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 22, 2014
カテゴリ:小説

るろうに剣心連載小説『剣と心』第七十八話「前夜」(第三部)をFreepage List(フリーページ)にアップしました。


『剣と心』は、剣心の子供剣路と、弥彦の子供心弥が、飛天御剣流と逆刃刀の継承をめぐり対決する物語です。

初めから読んでくださるかたは本編or目次or設定から。


~第一部の簡単なあらすじ~

剣路十歳。父の剣心が大嫌い。心弥四歳。母、燕似の泣き虫。
仲良く育った二人だったが、やがて弥彦の跡継ぎを競う好敵手となっていく。

ある日、弥彦の跡継ぎをかけて勝負をした二人。剣路の飛天御剣流に、心弥は神谷活心流で対抗。だが、その時の事件で運命の輪は狂い。

剣路は心を閉ざし、心弥もまた傷つき。
苦しみながら、それでも剣を振るい過ごした三年間。


※第二部予告はこちらから。

~第二部の簡単なあらすじ~

剣路十三歳。道場破りをして過ごした三年間。剣の腕は格段に上がったが、歪んでしまった彼に声をかけるものはなかった。

心弥七歳。剣路に追いつかず苦悩しながらも、弥彦の跡を継ぐため猛稽古の毎日。

剣路の弟で心弥の親友である和の身に起きた悲劇。それぞれの思いを胸に、剣路と心弥は比古の元へ。共に弟子入りした二人は、いつしか心を開いていく。だが、突然東京に帰されることに。帰郷した二人は、様々な人と触れ合う。二人は京都へ戻り、修業を開始する。

~第三部の簡単なあらすじ~

剣路十六歳。心弥十歳。比古の元で修業し格段に腕を上げた二人。奥義の撃ち合いを前に、弥彦が京都を訪れる。 


☆予告編☆(第七十八話)


弥彦は、腰に差した逆刃刀をそっとなでる。

「条件が二つある。一つは、奥義撃ち合い時、不殺の剣を振るうこと」


「会いたかったです。父上……」



 心弥『父上、おれ、本当は……!』
人気blogランキング



小説はこちらから。
『剣と心』第七十八話「前夜」







Last updated  October 22, 2014 05:23:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 30, 2014
カテゴリ:拍手レス・更新

拍手お返事です。
(敬称は、見出しのお名前は"~さま" お返事は"~さん"で統一させていただきます)


拍手ありがとうございますv


とーこ 様

こちらこそご無沙汰しております! もちろん覚えております! 『剣と心』読んでいただいてありがとうございます(^^) 丁寧なご感想、とてもうれしいです♪ とーこさんもどうかお体大切になさってください。私も応援しています! それでは、どうもありがとうございましたv  



拍手のみの方も、いつもどうもありがとうございます(*≧ー≦*) すごく励みになっております!!!



拍手←拍手ボタン

なにかありましたらどうぞv
現在お礼絵は7枚です(NARUTO3枚・るろうに剣心4枚)







Last updated  July 30, 2014 03:49:02 PM
コメント(0) | コメントを書く

全2989件 (2989件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.