071669 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

-グリーンのスポーツ観戦記-          

PR

Calendar

Profile


グリーン77

Rakuten Ranking

Recent Posts

Archives

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

Category

Favorite Blog

お取り寄せいいもの… か ず さ かさん
初心者のためのサッ… サッカーカウンセラー ふぁんた7さん
JG スポーツ日記 JG8さん
Simple and Slow Simple&Slowさん

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2006年06月11日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

サッカー・ワールドカップ(W杯)は第2日の10日午後3時(日本時間午後10時)、フランクフルトで1次リーグB組のイングランド―パラグアイ戦が行われ、イングランドが1―0で勝ち、勝ち点3を獲得した。
 イングランドは前半3分、ベッカムのFKからパラグアイDFガマラのオウンゴールを誘って先制した。世界屈指の中盤を誇るイングランドは、ジェラードとランパードが豊富な運動量で攻守に絡み、左のJ・コールはドリブル突破で、右のベッカムは右足の正確なキックで好機を演出。前線で長身のクラウチのポストプレーを生かし、オーウェンが最終ラインの裏を狙う形がある程度機能した。また、ランパードは再三にわたって得意のミドルシュートで相手ゴールを脅かした。
 思わぬ形で先制を許したパラグアイは、前半8分にGKビジャルが負傷交代する不運に見舞われ、終始劣勢が続く中、持ち前の粘り強い守備で追加点は許さなかった。しかし、アエドバルデスが何度かシュートに持ち込む奮闘をみせたものの、エースのサンタクルスは動きが重く、同点ゴールを挙げることはできなかった。



W杯もいつの間にか?開幕し優勝候補が登場しています炎
イングランドも優勝候補の一角
FWルーニー、オーウェンの両エースがケガもあり爆発的な攻撃力はありませんがチームバランスはいいようです。
ベッカムのFKから相手DFのオウンゴールで辛勝でしたが試合の主導権は終始イングランドが握っていました。
しかしベッカムは顔がいいばかりでなくFKの精度も素晴らしいものがあります。さすが貴公子。イングランドが勝ち進んでいけるかどうかはベッカムのFKにかかっているといっても過言ではないでしょう。前回のW杯では人気が先行してしまった感があるが今大会は実力でベッカム旋風を巻き起こしてくれるんではないでしょうか。
決勝トーナメントで日本対イングランド戦見てみたいです。

明日はいよいよ日本が登場します。
ベスト8入りの為には是が非でも勝利が欲しい試合。

期待と不安が入り混じっていますサッカー


    ガンバレ  日本 旗






Last updated  2006年06月11日 19時00分17秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.