204227 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

旅と競馬をこよなく愛するカラオケバトラー

PR

プロフィール


S-Johnny

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

ランキング市場

楽天カード

サイド自由欄

コメント新着

S-Johnny@ Re:お仕事のご依頼(02/12) miyosubさんへ こんばんは。気が付かなく…
miyosub@ お仕事のご依頼 お世話になります。 アドベンチャーズの三…
2019.01.02
XML
カテゴリ:競馬
​今週末の京都競馬場で行われる重賞「スポーツニッポン賞 京都金杯」について、個人的見解を中心にUPしています。

ここは先ず簡単なデータから。京都金杯で最も特徴的と言えるのが、単勝2番人気馬の成績がいまひとつということ。過去10年の京都金杯では、負担重量が54㎏だった馬と56㎏だった馬の優勝がない。その間の55㎏の馬が3勝を挙げているほか、優勝が最も多いのは5勝の57㎏となっている。

また、過去10年の京都金杯では、「前年9月以降のGⅡまたはGⅢで6着以下に敗れていた」という戦績を持つ馬が毎年連対している。

今回人気になりそうなのはパクスアメリカーナ、サラキア、ロードクエスト辺りになるのだろうか。

パクスアメリカーナ

前走「リゲルステークス」は、約7ヶ月ぶりの実戦だった。長期の休養明けに加えて、初めての古馬との対戦ということで極めて厳しい条件だったが、何と2着馬に4馬身もの差をつける完勝。上がり3ハロンでも最速タイムをマークするなど、内容においても全く隙がなかった。今回は重賞ということで相手は強くなるが、前走を使われて、更に状態が上がっていることを思えば、連勝の可能性は十分有りか。

サラキア

前走の「秋華賞」は4着。優勝したアーモンドアイは別格として、2着ミッキーチャームまでは0.3秒差だった事から、レベルの高い3歳世代の1頭と考えて良さそうだ。今回は初めての古馬重賞となるが、通用する下地は十分。

ロードクエスト

前走「マイルチャンピオンシップ」では無念の17着。とは言え、大混戦だったこともあり、勝ち馬からは 0.9秒差と悲観するほどでは無い。今回、大幅にレベルが弱化するとなれば、期待は大きいと捉えた方が良さそうだ。

その他で「マイルCS」で16番人気という低評価から4着と好走したカツジ、「キャピタルS」で優勝したグァンチャーレ「京都新聞杯」2着のアドマイヤアルバ辺りも人気の一角になりそうか。

 

どちらにしても、レースまでにもう少し情報収集した結果を、前日夜にUP予定です。本年も引き続き、宜しくお願いします。


下記クリック頂ければ幸いです(^o⌒*)/​​


中央競馬ランキング








最終更新日  2019.01.02 17:49:49
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.