000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

スキー検定合格への道

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Comments

どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
ドライブ好き@ 風呂入るのメンドクサイ! http://feti.findeath.net/w5p95f3/ 今日…
リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/jjelcyb/ 今…
しおん@ ヤホヤホぉ★ こっちゎ今2人なんだけどぉ アッチの話…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…

Calendar

2007.01.31
XML
カテゴリ:スキー技術論

k2hiko先生から数々のコメントを頂きましたお陰で、コブ滑りに関するイメージがだいぶまとまってきました。

昨日の絵を少しリファインして、私が重要だと感じたコブ滑りのポイントを3つに分類しました。

 

kobu1.JPG

<ポイント1>

コブへの入り方の段階。コブ溝へスキー板を横ずらしして落ち込んでゆくと衝撃が大きい。コブ溝へはスキートップを溝の入り口から斜めに差し込むように進入すると衝撃が和らげられる。

<ポイント2>

コブとぶつかる段階。コブからの反発をもらい、それを使って上体を横方向に押してもらうイメージ。同時に、コブ頭を突いていない方の手と肩は谷側に突き出し、上体が後傾にならないようにしながら、同時に体のひねりのエネルギーを溜める。

<ポイント3>

コブから出る段階。スキートップがコブの尾根から飛び出す。その瞬間にスキートップを次のターンへ向けて素早く回し込むようにして押さえる。

まだ未完成の感覚ですが、今後練習を重ねてさらに一般性の高い感覚にしてゆきたいと思います。







Last updated  2007.01.31 19:14:06
コメント(5) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.