106326 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

スキー検定合格への道

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


スマシカオ

Comments

どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
ドライブ好き@ 風呂入るのメンドクサイ! http://feti.findeath.net/w5p95f3/ 今日…
リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/jjelcyb/ 今…
しおん@ ヤホヤホぉ★ こっちゎ今2人なんだけどぉ アッチの話…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…

Calendar

2007.03.21
XML
カテゴリ:指導員検定・研修

ふ~、ただいま鹿児島の出張から帰ってきました。3ヶ月ぶりにスキーに行かない週末を過ごしました。週末にスキー以外のことをやるのって久しぶりだったんで、ちょっと新鮮な気分でした。

出張先の鹿児島は南国とは思えない寒さで、今週前半にはなんと桜島の頂上には雪が降りました。もしかしたらスキーが出来るかもと思い、調べましたら残念。桜島は5合目から上はスキーどころか登山も禁止だそうです。残念だったなぁ...て、本気で滑ろうとする訳ないっす(笑)。今日21日になってようやく南国らしい暖かさになりました。

さて、出張から帰ってきまして、東京では桜の開花宣言が出ておりますが、私は今週末の研修会へ向けて再びスキーモードのテンションを上げなくてはいけません。というのも、今度の研修会は2つの内容を持つからです。

一つは、スキー指導者は毎年研修会に出席しなければならないということが定められています。新しい準指導員の場合は、研修会への参加を持ってめでたく正式に準指導員として公認されます。つまり私は合格したとはいえ、まだ「仮合格」の段階なのです... ただ、この研修会自体は出席すればOKで、特にこれ以上の試験などはありませんので楽です。

もう一つ、大切なのは同時に開催されるスキー公認検定員試験の方です。準指導員が受検できるのはC級というやつで、バッジテストの級別テスト(1級~5級)とジュニアテストが検定できる資格を取ります。これにも理論試験があり、またまた勉強しなければなりません。

あとちょっとだけ、お受験モードが続きます。







Last updated  2007.03.22 00:28:12
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.