280368 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

積んどく? 読んどく?

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Category

Favorite Blog

うたたね通信社 ~… 山村まひろさん
Hard-boiled or soft… クロフネ9627さん
片手に吊革・片手に… もりのゆきさん
yanyanの日記 ya226さん
あたまのなか 三日ぼうず3さん

Comments

shiba_moto@ Re:???(05/08) 通りすがりさん >氷室さんは永眠なされ…
通りすがり@ ??? 氷室さんは永眠なされてます。
shiba_moto@ Re[1]:野村美月 『“文学少女”と死にたがりの道化』(06/14) Neko月さん、こんにちは。コメントありが…
Neko月@ Re:野村美月 『“文学少女”と死にたがりの道化』(06/14) 深い。 面白い。 はまる。 読む。 サ…
shiba_moto@ Re[1]:土橋真二郎 『ツァラトゥストラへの階段3』(09/12) しばたさんへ コメントありがとうござい…

Freepage List

2008.09.11
XML
カテゴリ:感想
 勤務していた旅行代理店でリストラ役に回された秋月孝介。リストラ勧告した先輩社員の一家心中や、それに起因した娘の自殺と離婚も経験した彼は、自らも退職した後にひとつの行動を起こした。誘拐。彼は時の総理佐山の孫娘百合を誘拐したのだ・・・

 これは読ませますね。冒頭から強く引き込まれます。
 読み手としては、秋月が抱えている事情は承知しているので、事件そのものの顛末が気になるのと同時に、どうして秋月は誘拐事件を起こしたのか、どうして佐山百合だったのか、どうつながるのかというところを追いかけてしまいます。
 事件は犯人の秋月、総理の佐山、そして捜査にあたる警察と主に3者の動きで進みます。それぞれの理由から緊迫感が伝わってきておもしろいですね。
 もっとも、結末で明らかになるその真相はいささか腑に落ちないものでした。事件がなかなか手の込んだものだったのと比較すると、その動機が若干弱いように感じてしまいます。もっとも、読者には計り知れないような心情が存在するのかもしれませんが、少し残念です。
 さらに言えば、これだけ凝った犯罪を起こしておきながら、実は秋月は捕まりたかったのではないか、あるいは自分へたどり着く手がかりを見つけてほしかったのではないかと想像してしまいました。

 五十嵐さんは幅の広い作風で知られていますが、こういった緊迫感を前面に打ち出したような作品が一番好きですね。『TVJ』もよかったですし、『交渉人』も早く読みたいと思います。
2008年9月3日読了






Last updated  2008.09.11 17:59:31
コメント(0) | コメントを書く
[感想] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.