433400 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

××バイク上のドクロ××

PR

Freepage List

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

2011/08/15
XML
カテゴリ:×ツーリング記×
こんばんは。

昨日,12時を回ってから「24」の2時間ドラマを観てしまって寝不足気味のDocroです。

「24」が巷で流行っていた時は観なかったくせに,今頃になって携帯の着信音をCTUと同じにしたいなと思っている男です。

どうでしょうで言えば,寝釣りをしていた頃の話ですから,相当な時代遅れと言えますね。

しかし,おもしろいね~。


さて。


旅も後半戦に突入します。

どうでしょうであれば,旅は「おもしろい」というよりも「過酷」という意味合いが強くなります。


この日,朝一で携帯からアップした日記に,画像を貼り付けるのを忘れていたらしい。

あー,この男は最後まで無茶をしようと思っていたんだ。

そう思われたかもしれませんが,このとき,網走の空はこうだったんです。

一走一宴Day5_01.jpg

爽やかな青空が広がっていたのです。6時半頃だったでしょうか。


この後,まったりしてから出かける準備をしている間に雲がはびこってきた。

この日,急きょホテル泊に切り替えたのだが,お世話になったのがコチラ。


ホテル 美園

素泊まりで3.5kと格安♪しかし,網走駅の目の前という好立地だ。

一走一宴Day5_02.jpg

こんな感じで奥にある駐車場までの通路にバイクを停めさせてもらえる。屋根下で奥まっているため,結構安心。


ただ,問題はエアコンがなかったということ…。

夜中は布団もかけず,浴衣の帯だけで腹を覆った状態で寝ても寒くなかった。むしろ暑かった。どうなってんだ?ここは網走だぞ!

 7時44分

一走一宴Day5_03.jpg

29度の表示にちょっと呆れる…。


こちらは,当初,利用予定だった呼人浦キャンプ場。

一走一宴Day5_04.jpg

もっと温泉に隣接していると思ったけど,結構遠かった気がする。サイトにバイクを乗り入れられるというのはいいね。雨が降ったせいか,利用者はさほど多いようには感じなかった。

その温泉に,お2人はご宿泊だ。

一走一宴Day5_05.jpg

どうでしょう最新作に影響を受けてか

一走一宴Day5_06.jpg

ホテルの外観を収めておくお2人。腹鼓をかぶせる予定のようだ。

文久3年,嘉永6年である。

前置きが長いな,今日は。

それでは早速出発しよう。道東~宗谷の天気はさほど悪くはないものの,到着地の旭川とその周辺地域は激しい雨の予報であるため,この日は最北端をあきらめ,我が家に直行して動物園でも巡ることにする。

一走一宴Day5_10.jpg
この日の走行ルート。

残念な決定だったが,これが吉と出るか凶と出るか。


一走一宴Day5_07.jpg

卯原内のホクレンである。網走を出て間もなかったから,まだグリーンエリアかと思ったが,ここはブルーエリアであることが判明。この先,サロマ湖周辺は人気のコースなのでフラッグ完売の恐れがあるため,ちょっと時間のロスだがフラッグを確保しておくことにした。

一走一宴Day5_08.jpg

しげしげと見つめるなおネィさん。

この後,サロマ湖の湖畔近くまで来られるスポットの1つキムアネップに立ち寄る。

一走一宴Day5_11.jpg

温泉が近くにあれば最高のキャンプ地だ。

この後,今ツーでは登場機会が少ないソフトクリームを食べることにし,変わり種はホタテだけど,基本的にソフトクリームがおいしいと思うサロマ湖の道の駅へ。

一走一宴Day5_12.jpg

ハッカの品に興味津々のなおネィさん。僕の先輩もハッカ製品を愛用している方がいるが,その人も美しい方である。ハッカをプレゼントするとモテるかもしれないと,ちょっと思った。

サロマ湖からは一気に内陸へ。遠軽をかすめて丸瀬布の高規格道路に入る作戦だ。

天気が怪しいので丸瀬布の道の駅で,高速に入る前に合羽を着るか考えましょうということにしたのだが,ここに来てまたしてもプチ渋滞の列に並ぶ羽目に。

イヤ~!号泣

とりあえず渋滞を抜けたいので,お2人には高速に乗ってからすぐある白滝の道の駅で合羽を着るかの判断をしましょうということを伝えて先を急いだ。

信号を抜けて丸瀬布の道の駅を通過したが,信号までの渋滞だったようで道の駅はさほど混雑していなかった。

一走一宴Day5_18.jpg
控えめなピースサインが可愛らしいなおネィさん

一走一宴Day5_19.jpg
ジェントルな走りに徹するぶらっくさん

しかし,丸瀬布渋滞での判断が大きな仇となり,白滝の道の駅より前でスコールに当たってしまった。

合羽を着てからほどなくして雨は上がったが,白滝の道の駅で装備を再確認して,再出発すると,その後も断続的に雨に当たる。


しかし,それほどの時間でもなく雨が上がってくれ,一旦,上川で降りて給油。

一走一宴Day5_20.jpg

ひょっとしたら黒があるかと思ったが

一走一宴Day5_23.jpg

もちろん完売。主要ルートに面したスタンドでは完売御礼だ。


再び高規格道路に戻って自宅を目指す。

途中,愛別から比布にかけて

一走一宴Day5_21.jpg

「うお~,あの中に入るんか!?!?びっくり

ほどなくしてバケツをひっくり返したかのような雨に当たるが,ぎりぎりトンネルに逃れることができた大笑い

このトンネルは,結構長いからひょっとしたらひょっとするかも♪

荒波荒波荒波荒波

ひょっとしなかった。

どしゃ降りに突入。


ただ,これも強烈な通り雨だったようで,トンネルで避難できた分が功を奏して,体が濡れるようなことにはならなかった。

無事,我が家に到着!

…あら。お決まりの位置で写真を撮るのを忘れたしょんぼり

我が家の客人アルバムに収蔵しようと思っていたのに!

まぁ,いいか。また来るし♪

この日の走行は午前のみ♪

この後は旭川ラーメンと動物園そして突如訪れたお土産物色の巻♪


この日のなおネィさんの日記

倍倶上之髑髏






Last updated  2011/08/25 10:55:08 PM
コメント(4) | コメントを書く
[×ツーリング記×] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.