000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一人楽しく映画の日々

PR

X

全298件 (298件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

人生

2021.02.22
XML
カテゴリ:人生
昨夜発見した動画がすごい。
色弱補正メガネを初めて付けた色弱者の反応の感動を集めた動画。
色盲と言う目の障害があることは知ってた。
しかし日ごろは身近にそんな人がいないとあんまり考えないですよね。
でも世界だったか日本の男性の8%の人が色弱のハンデを持ってると言うことです。
色の判別がつかない、人によって色々でしょうが見えるものがすべてセピア色の強弱程度の判別しかできない・・・・
そんな、子供から60代の色弱者が初めて色弱補正メガネをつけた時は泣き出すほどの感動で周囲にいる人たちも泣き出してしまうと言う、めったに味わうことのない感動です。
ほんの何年か前の映像ですから、それまでこのメガネは一般化されてなかったのか?と言う驚き。
そのメガネの存在そのものが知られてなかったのか、価格が異常に高いから普及されてなかったのか・・・・

そうだったのか・・・たくさんの色と言うものを知らなかった彼らの驚きは私にとっても驚きでした。
そこでまた検索しましたね。
今日調べた限りでは、色弱補正メガネを発明したのは約28年ほど前中国の教授だっただそうです。
中国政府の悪徳さしか書けなかった今日この頃、これは良い知識でした。
補正メガネと言っても色弱そのものが治ると言うわけじゃない。
値段も少し調べてみたが色弱の段階にもよるんでしょうか、安くはないみたいですね。

生まれて初めて色がたくさんあると知った感動は、この世の厳しい灰色の人生があの世に行ったときに知る・・・・見たこともないきらびやかな色・美しい大きな愛などを知るそうですが・・・・それと同じほどの価値があるんでしょうね。

自分が色弱だと認識してる人は解決する手立てもあります。
それに気が付かない人もいるでしょうね。
それはいろんな自分の障害を知る、もっと広い世界を知る、と言うことが前進への第一歩とも言えることですよね。
SEEING COLOR FOR THE FIRST TIME! | COLORBLIND GLASSES
Watch: Brothers share emotional moment






Last updated  2021.02.22 22:08:08
コメント(0) | コメントを書く


2021.01.14
カテゴリ:人生
最近得た知識・・・・自分が持ってしまったネガティブな感情を消す方法。
小さな紙の人型を作り、自分の生年月日を書く、今のネガティブな気持ちを短い言葉にして書く、たとえばエゴ、怒り、妬みとか。
それを火を付けて燃やしてしまう。

自分が苦しめられてる人間その人を変えたい、なんて思ったってそんなことできるわけがない。
そんな時にも相手の生年月日とその人の変えてほしい部分、当人が苦しんでるであろうと思われる短所を書いて燃やす。
生年月日がわからなかったら名前だけでもいいんじゃないかなあ、要するに自分が強く嫌悪した相手のネガティブなことを消してしまう、といういわばおまじないだから。
人間の魂はすべて繋がってる、いわゆるワンネスというやつです。
だから他人を変えたいと思うなら、繋がってる自分がその嫌な部分を燃やしてやる、という気持ちで。
それが愛を送るということなんでしょうか。

私は小さな紙の人型を何枚か作っておき、自分にネガティブな感情が沸き起こってきたら即それを書き込んでライターで火を付けて流しで燃やす。
不思議なことに降ってわいたようなフラッシュバックした悪感情がひと時無くなったような感じがするんですよね。
これは2.3人のサイキックが提案したことを私がミックスして編みだしたことなんですけど。
こだわりを薄める、フラッシュバックを薄めるということに結構効き目がある感じがするので、飽きるまでやってみます。






Last updated  2021.01.14 22:36:20
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.11
カテゴリ:人生
〝人間のメンタル状態を指す言葉として、「反芻思考」があります。
「反芻思考」は、過去にあったネガティブな出来事を何度も思い返してしまい、落ち込んだ状態が続くことを指します。ネガティブな過去を「反芻」するということですね。
「反芻思考」は、リフレクションとブルーディングという2つの思考に分けられます。リフレクションは、「なぜあのような失敗をしたのか」と分析すること、「ブルーディング」は、「もっと状況がこうであればよかったのに」と不満を膨らませることです。
リフレクションは次に反省を活かすことにつながる可能性がありますが、ブルーディングは行きすぎるとうつ状態を招く恐れがあります。”
これはネットからコピペしました。

このブルーディング方向の反すうがやばい。
自身が発達障害としてネット配信してるかなり頭脳程度の高いイケメンY君が言うには、平均的人間の頭脳と比べて発達障害人は凸凹であるということ。
一つの秀でた高い能力に比してその片方がかなり低い・・・
彼自身、すごい知識と頭脳明晰なのに生きづらい・・・
それが発達障害スペクトラムなどと言われてるわけですね。
その生きづらさと言うのは、ある一つの場面や言葉がフラッシュバックして過去の出来事をまるで今起こってるように鮮明に反すうして苦しむ、そしてうつ状態になってしまう、と。
そんなことは誰でもあると思うのですが、それが普通じゃない、過度に鮮明に反すうしてしまうわけで。
いわゆる二次障害になってしまうわけです。
その身体的頭脳的原因、対処法など天才的に詳細に話してる。

今でこそ名前が付けられて徐々に世間に認識されてはいますが、障害?とまでいかなくても自分で認識せずに苦しむと言う人は少なくないと思います。
そのような関連性を知ることによって、人生の苦しさがかなり軽減するんじゃないかと思います。
次元上昇を加速させる食べ物と食べ方






Last updated  2021.01.13 15:19:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.22
カテゴリ:人生
ずかずかと他人のプライバシーに踏み込んできた、まさかこんな人とは思わなかった、良い感じの人とさえ思ってた・・・・私はショックを覚えて苦笑でごまかした。
職場での出来事です。

短時間のパートでも人間関係の辛さはあります、絶望を感じることがあります。
それでなくても私は何か月も前から午後になると現実感が希薄になって気持ちが揺らいでた。
そんな中であのマルチ商法を仕掛けられたりと他にも多々あります。
他人と接してる以上、壊れないための強靭な気持ちを持たないと壊れてしまいます。
本当に多種多様の人がいますから、鈍感な人が勝ち、みたいな3次元です。

思ったよりも鈍な人が周囲に多いと感じるのは私がより敏感になってきたためか?とも思います。
しかし私は壊れるわけにはいきません。
それこそ自分軸を強く持ってより強靭にならなくちゃいけないと思ってます。
強靭になってるのかどうか自分で判断するのが難しいですが、それなりに高次元の方々にサポートを頂いていくしかないです。
絶望は2.3日耐えると消えますから、それで少しは成長できるかもしれないと希望を持つことで先に進めます。






Last updated  2020.12.22 22:18:35
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.25
カテゴリ:人生
ヘル〇トロンの仲良しのSさんとは私が時間をずらして行く様になってからはあんまり顔を合わせなくなった。
だから10日に一回くらいSさんの終わる時間に合わせて私はお茶に誘う。
Sさんは私より一回りも年上だけど、他の方々みたいに病気自慢やら目先の下らないことばかり話す人じゃないし、なんか気が合うから心置きなく話せる。
彼女も一人暮らしだけど家族がすぐそばにいるからいつもあってるみたいですけど、そういう物理的なことではなく、夜一人泣くときがある・・・と。
〝私も・・・”と言うと、そうなの?とびっくりされた。

私はしょっちゅう泣きますよ。
一人で寂しいとか月並みなことじゃない、私は寂しくはないですよ。
どうしてでしょうね、自分でもわからないんですけど、本を読んでて、静かに大泣きすることがある。
それはある種の甘美さも伴った・・・・言葉が見つかりませんから書きませんけど。

まあそばに煩わしい存在やらこなさなければならない問題がある時には考えないようなことに向き合うから、なんでしょうね。






Last updated  2020.01.25 15:01:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.30
カテゴリ:人生
あの不動産屋への怒りも何とか折り合いをつけ、新しい部屋に移って数日たちました。
電気のアンペア不足による瞬間停電やらリフォーム業者との折衝など最後までなんやかんやトラブってますが、最後は大家との戦いになりますね。
きれいに掃除したのに、そんなことに関係なくクリーニング代20000円請求とリフォームやが言ってきた。
クリーニング代って何?と聞いたらワックスするとか・・・と。
(ふざけるな!)私がワックスしますよ、と拒否した。
リフォームやは不動産屋にそのように言っときます、と。
何かと名前を付けてお金をふんだくろうとするその根性が許せない。
ネットで賃貸物件を色々見てたが、敷金はおろか礼金無しと言うのが目立つ。
庶民も少しずつ賢くなったんでしょう。

今時敷金払うバカな人いるんでしょうか?
私は10年前、敷金を支払ってた。
だからそれを今月の部屋代に充ててくれと言って今月分の部屋代の支払いを拒否してた。

IHの電熱器に鍋を落としてヒビを入れてしまったのと、偽フローリングの表面を椅子でこすってしまったの、突っ張り棒で壁紙はがしてしまったぶぶんを火災保険屋に支払ってもらおうと思ってた。
しかし壁紙の破損は6年が時効だということで免れた。
もうそれ以上お金を出すことは断固として拒否をするつもりです。
そもそも払うお金がありません。
でも、今の部屋の不動産屋への怒りがわいた時、今までの怠慢な大家がまだしもましに見えたのは不思議です。

と言うことで、新しいきれいな部屋での新しい人生が始まった。
私の何年か決まった周期で必ず訪れる大きな転換期。
今までよりは他の近親者がかかわってない分乗り越えやすいというべきかもしれないが、辛いですよ。






Last updated  2019.12.01 11:01:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.15
カテゴリ:人生
昨日、老人ホームで介護の仕事をしてたと言う人の話を聞いた。
すっかり認知を発症しておむつを替えてもらってるような状態なのに威張りくさってるのは、昔校長だったとか会社の上の役職についてたとか、社会的に一目置かれてたような男だそうで。
これは前も聞いたことがありますね。
世界的に有名な援護団体の理事だったと言う人もそのようだった、と。

自分は一体どんな人間なのか、内観と言うことをしたことがないと言うことなんでしょうね。
退職し、もともと人間的魅力のない人間が認知症を発症し・・・家族は一体この状態をどう乗り越えればいいんでしょう。
愛もなく感謝もない関係にほとほと疲れ果て、経済的に苦しいけど介護施設に入ってもらう・・・
これは共倒れしないために、迷惑を受ける側が壊れないために、少しでもより良い道を選ぶためにとるべき道だと思うんですよ。
これがお互い愛があったらそこまで苦しまずに行けたんじゃないかと思います。
男のエゴ、社会的価値にしか価値を認めない、この醜く幼稚な価値観のために周囲は不幸になるだけですよ。

自分が幸せになるよう努力したら周囲も幸せになる。
エゴだけの人間は周囲の人も不幸になる。
このことを知らない人は多いですよね。
私たちは常にこういうことを意識していかなくちゃいけないと思うんです。






Last updated  2019.11.15 10:03:56
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.21
カテゴリ:人生
人は三つの姿勢をよくするべきだそうです。
Ⅰ心の姿勢
2顔の姿勢
3体の姿勢
まず土台になるのは心の姿勢でしょうね。
心の姿勢は顔の表情となってあらわれる。
心がまっすぐだと人に元気を与えようと顔に微笑みが浮かぶ。

前を向いて生きようと思考すると体が上へのびる感じでまっすぐになる。
心がまっすぐな考えをすると体もしゃきっとする。
そんな大雑把なことを意識するだけでも細かい陰な考えも凌駕される、と思うんです。






Last updated  2019.10.21 07:23:38
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.23
カテゴリ:人生
認知症っていったいどうしてなるんだろうってよく考えます。
今発症してる人には申し訳ないけど、誰でもが最もなりたくない病ですよね。
脳を調べてみるとスカスカになってる、と言うことですよ。

今日ユーチューブを見てたら、その疑問に答えるような動画が2.3。
結果として死を怖がってる人が認知症になる、と言うことです。
なるほど、今までそんなこと聞いたことがなかったから結構安心しました。
死が怖いと言うことは死後のことを何も知らないということですよね。
私は死ぬ時の状況にもよりますけど、瞬間は怖いかもしれないけど、死んじゃった後が楽しみですから。
他人が、死ぬのが怖いと言ってるのをあんまり聞いたことがないし、皆さん死と言うものをどう思ってるんだろうとは思ってた。

なんとなく、霊だのなんだのの話は聞いてるからあの世と言うものはあるんだろうくらいにはぼんやりと思ってるんでしょう。
私は大多数の人よりはかなり知識がある方ですから、そんな恐怖はありませんけど。
そのぼんやりに向き合わないとボケると言うことでしょうね。
死ぬことを考えると怖いからボケて自分をごまかす・・・・
死に向き合うと言うことは今を生きることにもつながる。
よくボケてウン〇を壁に塗りたくる人がいる、なんて聞きますけど、自分をごまかして我慢して生きてきた人はよくそうなるみたいです。
たまった汚いものを自我がなくなって排出するということみたいです。

要するに、決して死なない私たちの本質魂は今どんな生き方をしてるかが死ぬ間際、死後も継続すると言うことで、正しい知識ときれいな心を持ちましょうね。






Last updated  2019.09.23 20:58:07
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.21
カテゴリ:人生
ユーチューブにはバイナリのトレードをアップしてる人たちが結構いる。
かわいい女性たちの中には毎回5万円3本連打なんて人もいる。
それがことごとく勝利なんですよね。
私はただただすごいなあと思って見てる。
そんな中で視聴者もそんなに多くなく毎回1000円トレードしてる男性がいる。
この人は大体30秒か60秒取引が多いんですが、結構負ける時が多い。
そんな時は〝まあ、こんな時もありますね”と淡々と言います。
私はおかしくて声をあげて笑ってしまうんです。

今日、卵を買ってきてケースから冷蔵庫に移そうと思って一個落としてしまった。
悔しかったけど(まあ、こういう時もあるさ)と気持ちを落ちつかせましたよ。
いい言葉ですよね・・・〝こういうこともありますよ”って。
人生何かあるたびにこういうこともありますよ、と考えるとくよくよしなくなるんじゃないですか。

親がああだったから自分はこうなった・・・
よく聞くセリフですね。
しかし、自分の周囲の人たちの中に立派に思える人何人います?
ほとんどいない、と言ってもいいんじゃないでしょうか。
そんなその他大勢の人間の中の一人である自分の親が大した人間であるわけないでしょう。
それに人間は親子と言えども魂は別物と言います。
人は生まれてくるとき、自ら一番成長できる相性の悪い人間関係を選んでくるそうです。
だから自分の不運は親のせい、周囲のせいと他人のせいにしてる人はよく考えることですね。
その無責任な甘さがあなたの人生を落としてるんですよ。
その愚痴りが不運を呼んでるんですよ。






Last updated  2019.07.21 17:20:29
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全298件 (298件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.