719834 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一人楽しく映画の日々

PR

X

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

美容院

2021.01.12
XML
カテゴリ:美容院
ずっと指名してた美容師が引っ越していなくなってから、またもや美容院難民になってました。
ネット検索すると、この町は美容院がすごく多い。
だから私はとりあえず料金の一番安いのから選ぶ。
そこのHPを見て相性が良さそうな感じのを選ぶ、そして行ってみる。

お気に入りの美容師がいなくなってから二つの美容院に2度ずつ行ってみました。
ばっちり相性のいい人がいるか見極め中ですね。
そんな中、今日がその一つで、初めて顔を合わせた男性美容師、明るく挨拶してくれたから、わあ、明るくて良い感じ、と思ったんですよ。
ずっと話してたけどなかなか正直で如才ない感じも好感が持てる。
今の社会情勢なんかも広く浅く話したけど良い話し相手になったし、美容師の裏情報なんかも話してくれて楽しかった、カットの技術的な説明も納得した。
しかし、まだ指名するほどの親近感は感じないから次回そこの美容院を選んでその彼に当たるかどうかわかりませんけど、また行こうという気にはなりましたね。
やはりそれぞれの個性がいかに私とマッチするか、これが決め手ですね。






Last updated  2021.01.12 21:56:05
コメント(0) | コメントを書く


2018.11.11
カテゴリ:美容院
気に入ってた美容院が値上げした、と聞いてムカッと来たので安いところを探して一度行ってみた。
そしたら、担当になった美容師は良い感じだったけどカットの気に入り具合がイマイチ、店の雰囲気も殺伐としてる。
おまけに同じ時間に来てたカットする4.5歳の男の子の父親、子供に張り付いて美容師にベラベラしゃべってる、うるさい...
普通の父親だったら、最初にどんな髪型にするか美容師に話して、そのあとは黙って見てるかなんかだろう。
なのに最初から最後まで軽薄なおしゃべりが続いたから、この男バカだ、職場でもバカにされるだろなあと思いましたよ。

そんなことに嫌気がさして、今日はまた前の美容院を予約してた、HPを見たら10%割引とあったから。
3か月目にして前の美容師に再開でしたね。
前回の彼のカットが短すぎて、2か月経って予約したら値上げの告知だったから安いところを探して行ったけど、先ほどのあり様。

いつもの彼に再開してそんな事情を話したら、今までの客はずっと10%引き、前とあんまり変わらない料金だ、と言った。
なんだ、そうだったのから。
〝自分の客を一人失うとこだった・・・”と電話で私に応対した他の美容師に怒った言い方をしてくれた。
私が来ないことに、どうしてだろう、と思ってた、とも。
やはり彼はカットも上手いし何より話しが合う。
この出会いは貴重ですよ。






Last updated  2018.11.11 19:59:32
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.02
カテゴリ:美容院
そろそろ美容院に行こうと思って、行きたい日が空いてるかどうかネットで調べた。
そしたら料金が上がってるのを知った。
エッ?一度に700円も?と納得が行かなかったので電話した。
そしたら〝いろいろありまして、今月から値上げに・・・”と。

そもそも、その美容院を選んだのは料金が安かったからだ。
その中で腕がよく相性の良い人を選んだわけで。
これじゃあまた振り出しに戻ってしまう。
この街は美容院がすごく多いからまた選び直そうと思いましたよ。
昨夜検索したら、良さそうなのありましたね。
料金とカット技術はあんまり関係ない、と思う。
しかし、ずっと前行った安いところは私が行っても店の者がしばらく応対しなかった、という事があって私は帰ってきましたね。
そんなこと基本的な礼儀じゃないですか。

美容院が多いこの地は、基本的なそういったことも含めて競争が激しいと思いますよ。
選ぶのは客ですからね。
私は特に美容院選びは厳しい、妥協したくない。
だからまたしばらく、めんどくさい作業だけど決めるのに時間がかかりそうです。






Last updated  2018.10.02 21:42:50
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.12
カテゴリ:美容院
昨日、美容院で指名した彼は3度目。
最初はたまたま当たっただけですけど、その他の美容師4.5人を経て、結局彼はセンスも良い、話も楽しい、ということで決めたんですけどね。
その彼、見た目はチャラチャラしてるが、どうも〝能ある鷹は爪を隠す”と見た。
話のはしばしにそういうことを感じたんですよ。

私は最初、前回のカット、あんまり普通なのでつまらない、ちょっと変えて欲しい、なんてことを言った。
ショートカットでも、カットの仕方で随分印象が違うだろう、と思ってるから。
あんまり細かいことは言わなかったが、彼はどんどんカットしてく。
その間ずっと楽しいおしゃべりが続いてて私は自分の髪の毛が一体どれくらい切られてるのか全然気にしなかった。
まあ、彼を信じてお任せ、としてたところもあります。
シャンプーも終わって、ハッと気がついて鏡を見たら、なんか随分短くなったような・・・・
でも自分の部屋に帰って改めて鏡を見て見なくてはわからない・・・
どうなんだろう、ちょっと短すぎなような気もするけど、変に見えるんじゃないか・・・・
これは誰か一人でも褒めてくれる人がいないと自分では判断がつかないなあ、と思ってた。
そんな思いで職場に行ったら、私のカットはけっこう斬新で似合うらしく、何人もの職員に褒められてしまいましたよ。
ホッとして、ありがとう!と答えました。

そして今日ヘル○トロンとジムに行きましたが、そこでも絶賛されました。
嬉しいじゃありませんか。
やはり彼への私の目に狂いはなかった、次回はこの話を彼にしてあげようと思いましたね。






Last updated  2018.07.12 17:52:34
コメント(3) | コメントを書く
2018.06.17
カテゴリ:美容院
今の美容院と同系列の美容院を試すこと5人。
最初の30前後と思われる若い男の子M君が、技術も相性もなかなか良いとは思ってたが、それに確信を持てたから今回は指名した。

私はよくヘル○トロンで、どこの美容院に行ってる? と聞かれるから何人かに教えましたよ。
そしたら、ヘル友のあの何十万かするウィッグを注文したという彼女も行ったみたい、それも私が今回指名した彼に偶然あたったみたいで。
彼女〝あの男の子すごくいいよ、チップあげちゃった・・・”なんて言ってた。
大らかな彼女と、ひと晩寝たら嫌なことはみんな忘れちゃうという楽天的な彼は気があったんでしょうね。
M君も、ああいうおばさまは好きですねえと言ってた。

彼女Sさんは〝彼氏欲しい・・”と冗談とも本気ともつかぬことをよく言ってたから、私がM君に、
最近の和歌山の大金持ちドンファン殺人?事件のことを例に取って
〝もしSさんが月100万あげるからツバメになって、と言ったらどうする?”と聞いたら
即〝なりますねえ”と。
〝じゃあ、50万だったら?”と言ったら
〝それでもなりますねえ”と。
私は大笑いしましたよ。
あけっぴろげで細かいことなんか気にしないような、ジョークも通じるS君、まんざら冗談とも言えない言い方でしたからね、これが女性の場合だったらちょっと・・・と思いますが。
男だし相手がどんなだろうとどうでも良い、お金もらえるんだったら、という言い方が最高に面白かったです。
そんなことにはならないでしょうけどね、だってSさん・・・・・・言いませんけど。

ウィッグの話を二人で話したみたいで、Sさんはやはり後悔してるみたいだった。
Mくんは詐欺にあったんだろうね、消費生活センターに言い付ければいいのにと言ってたが、私もSさんにはそんなことに大金出したら後悔するよと忠告してた、でも聞かなかった。
お金がたんまりあるんでしょうね、いつもその場で即決、学習しないみたい。
まあ、いいんじゃないですか、お金ある人は好きに使えば。






Last updated  2018.06.17 19:33:24
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.07
カテゴリ:美容院
近所の美容室に3度目に行こうと思ったけど、2.3日前にはもう満杯。
やはり1週間前には予約しなくちゃいけないんですね。
でも、前と違って次回の予約をする、というわけにも行かない、いや、してもいいかな・・・
でもそんな積極的な気持ちもないままカットしたい時期になる。
なにしろ何年も指名してた彼女がいなくなってからは美容室難民。

その近所の美容室が満杯だから、駅の反対側を調べてみた。
そしたら同系列の同じ料金のが有りましたね。
ネット予約はできないみたいだから電話をして、今日行ってきました。
やはりネットで状況を見られるというのは商売的に強みだと思いますよ。


そこは私が7.8年前に住んでたすぐ近く。
駅から5.6分ほどのところだけど、そこまで行ったことはあんまりなかった。
周囲の建物は変わってたが、なんか懐かしい・・・
そこに住んでたのがまるで大昔だったみたいな気持ちになりましたね。
最もこの街の駅周辺は毎年毎年建物がどんどん変わりますけどね。

その美容室、全て女性みたいでしたが、店長と思われるちょっと神経質そうな男性が一人いた。
私には女性が付きましたが感じ良かったです。
ちょっと切りすぎだなあ、と思いましたけど、別にそれほど気にならないから。
でも今までの初めての3人の中では、最初の楽天的な若い男の子が一番良かったかな。
出来栄えも一番私の気に入ったし。
でも指名すると500円高くつく。
まだそこまでの思い入れはないから、指名なしでもっといろんな人を試してみよう。






Last updated  2018.03.07 23:09:34
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.16
カテゴリ:美容院
髪の毛が朝まとまらなくなった、そろそろ切らなくちゃなあと思うが、いつもの彼女がいなくなって美容院あちこち考えたけど定まっていなかった。
市内に何十軒もある美容院のカット代は1000円から5000円くらい迄と恐ろしく差がある。
カットに5000円もかける気はないから、前をよく通る、1年前くらいにできた美容院は料金としては手頃だがどうだろう・・・と逡巡してた。
ネットを覗いたりしてみたが決心がつかない。
しかし、昨日ヘル○トロンの帰り思い切って入ってみた。

客はあんまりいなくて広々としてるが、まるで引っ越してまだ片付けが済んでないような、モップは見える所に立てかけてある、たぶん使用済みのタオルが入ってるであろう大きな袋も2個ほど端の方に置いてある・・・
店長のリーダーシップがあんまり取れてないんだろうなあ。

ドアを開けて応対してくれたのは、朝起きたままのように髪がちょっと乱れた若い男性。
誰でもいいから試しにやってもらおうと思ってたから任せましたけど。
彼、ちょっと軽い感じで腕はどうなんだろうと不安いっぱいでしたけど、覚悟決めてました。
しかし、食べ物の雑誌があったから、それを見てたら彼が話しかけてきた。
気取らず、楽天家と思われるような笑い方をするのは気に入りましたね。
ギョーザはあの店は評判の割にまずい、とか面白かったです。
お昼は自分でおにぎり作って持ってきた、サイズを自分で決められるから、コンビニのは小さいからね、と。

肝腎なカットの方は、帰宅して鏡を見てみたら、これが可愛く出来てるじゃありませんか。
シャンプーの時なんか、男の手で雑にやるし、今までの繊細な彼女とは違ってウワワ・・という感じでしたけど、けっこう良いかもと思いましたね。
でも指名する程惹かれたわけでもないし、指名料がもったいないから、しばらくは同じ美容院で指名せずに当たった人にやってもらって様子を見よう。






Last updated  2018.01.16 10:36:14
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.25
カテゴリ:美容院
先週いつもの美容院に行ったが、彼女今年いっぱいで今の店を変わる、と前回教えてくれた。
オーナーが話しのわからない人で、今まで何人も辞めてる、と。
彼女は指名が多いので、何日か前に予約しても常に満席になってるから、私は最近はカットした日の帰りに次回の予約をしてた。

彼女はあの店での指名はNo.1と思うから、いなくなったらオーナーにとってはすごい痛手だろう。
私が言ってるジムのスタッフも〝彼女が大好きなの・・”という長年のファンだったことが判明したし。
2.3先の駅の店に変わるということだから、彼女のファンの客はそちらに流れるかもしれない。
オーナーは給料アップの条件なんかも言ってきたみたいだが、彼女は自分だけが得したいとは思わない、みんなが良くなることを思う・・・と言ってた。
さすが私が見込んだ人だけのことはある。
彼女にその新しい店の名刺をもらったがカット料金は高い。
私はこの街でまた新しいお気に入りの美容師を見つけるしかありません。

彼女と出会って4年以上になるみたいだが、時の経つのは早い。
毎回彼女とのおしゃべりが楽しかった、新しいファッション情報を聞いたり私が彼女に編みぐるみをあげたり・・・・気持ちが通じ合うんですね。
彼女は私の好きな韓国シャンプーがコンビニで安く売ってた、と言ってプレゼントしてくれたり、海外旅行でビーズの財布をお土産に買ってきてくれたりした。
何ヶ月か前は彼女が好きだと言ってたアンパンマンの編みぐるみをあげたが、すごく喜んでくれた。

もうあと来月の一回で彼女とはお別れになる。
私は〝今まで楽しかったよ~・・・”と言って、最後の日にはドキンちゃんの編みぐるみを持ってくると約束しました。
ほんと、悲しいです、残念です。






Last updated  2017.11.25 20:27:19
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.05
カテゴリ:美容院
今日、同じ沿線に住んでる妹から電子レンジが送られてきた。
娘夫婦と一緒に住むことになった家をリフォームするからレンジもいらなくなったようで。
私はレンジのない生活をずっとやってきたし、一人では別に不便とも思わなかったがやはり便利でありがたいです。
この部屋にある家電はみんなもらいものですね。
冷蔵庫、テレビ、パソコン、炊飯器。
すっかり壊れるまで使い切りますよ。

午後には美容院。
いつもの彼女と、今日は4次元関係の話になった。
彼女は感受性が強く、その方面のちょっとした体験もしてるみたいだが、いかんせん知識が皆無。
そこで私の出番、なんてことはないですけど、私はそちら関係には自慢じゃありませんけど何十年もの間に培った信仰と知識と体験があります。
そのことを簡単に話して、興味があるんだったら私の本貸してあげると言ったら、彼女、ぜひ読みたい、と。
いつもにも増して話が盛り上がってしまった。

何人かに貸して帰ってこない、私の大事な本が何冊あるか・・・価格も内容も決して安くない本だ。
そんな本は、忘れた頃に何度も何度も読みますからね。
その大事な本が、自分でも誰に貸したか忘れてしまったような長い年月、その誰かの家でホコリをかぶってるんだったら許せませんよ。
大事に読んで、その誰かの血となり肉となってくれてるんだったら喜んで差し上げます。
しかしそんなことはないでしょうね、そんな奇特な人は借りた本は返すでしょうから。






Last updated  2017.02.05 20:15:07
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.23
カテゴリ:美容院
今日が病欠最後の日、ほぼ10日ほどですね。
病欠といってもそれほど辛い体調じゃなかったし、感染したらまずい、ということで休んだわけだから私にとっては良い休養になりました。

今日は美容院に行った。
朝電話して指名予約をしたが、いつもの彼女は毎回予約満員。
そんな時は直接本人を呼び出してくれれば都合をつけられるから、と言われてた。
だからそうして予約取り付けましたね。
彼女は“男性客お断り”と店のHPのスタッフ紹介に書いてある。
彼氏はいるし女性的魅力満杯だから他の男性がちょっかいを出してくるのが煩わしいんだろう・・・聞いてないけど。
好ましいじゃないですか、こんなはっきりとした態度。
私は彼女にあげようと、ミニチュアのニット帽とスニーカーを持って行った。
予想以上に喜んでくれて嬉しかったです。
彼女、こんなのが大好き!と言った。アンパンマンも大好きだと前言ってた。
見た目とのギャップが面白い。

男に言い寄られたら、だれかれ構わずその気になる女性いますよね・・・ちょっとおかしい。
よほど自分というものがないか、それまで言い寄られた経験が皆無だったからただ嬉しくて男の善し悪しの見分けが付かない・・・
すごく若かったらそういうこともあるでしょうね。
いや、年取ってもそんなことがある、と聞いたことがあるから、色欲と言うんでしょうか、しっかりしなさいと言いたくなる弱い人いっぱいいます。
相手がどんなやつでも、自分に関心を持ってくれた、うれしい、そういうことでしょうね。
もっと賢くなりなさい、と言いたいけど、まあ、好きにやってください。






Last updated  2016.02.23 21:26:44
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.