1196905 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

南カリフォルニアの青空の下で

PR

プロフィール


スカイテリア

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

お気に入りブログ

換気扇の掃除 New! ponpontondaさん

実は正確な位置を知… New! ちゃのうさん

やりそうでやらなか… New! かのんオーレさん

KARATEプレミアリー… Wildnobさん

シンキングライン matsu-kuniさん

コメント新着

ふうママ1130@ Re:2018年1月31日 スーパーブルームーン皆既月食(02/02) 明けましておめでとうございます。 今年も…
ふうママ1130@ Re:2018年1月31日 スーパーブルームーン皆既月食(02/02) 今年1年 ありがとうございました。 来年…
ふうママ1130@ Re:2018年1月31日 スーパーブルームーン皆既月食(02/02) お久しぶりです。こんにちは。 日本ではカ…
アルローラ@ Re:2018年1月31日 スーパーブルームーン皆既月食(02/02) おぉぉ~~~~い!!! 大丈夫? 今 どこ…
2011.12.16
XML
カテゴリ:アメリカ生活


前回$1硬貨について書いた続きで、

アメリカにはまだまだ一般に流通していないお金が存在します。これらのお金・・・アメリカで生まれ育ったアメリカ人でも存在すら知らなかったり、お目にかからず一生を終わる人もいるとか?

その点日本にはそういうのってないですよね?全て日常目にすることができますよね!?まぁ2千円札は別として・・・

下の写真・・・一番左側のが通常に出回っている1ドル硬貨。真ん中の2枚は金を少し混ぜて期間限定で作られた1ドル硬貨。そして右にある少し大きめなのが50セント硬貨。この50セント硬貨ってまだ作られてるのかどうか知りませんがまったく見かけることはありません。

アメリカの硬貨には人物の顔が絶対に使われていますので、こちら側を 『Heads(頭)』 と呼びます。

1ドルコインと50セントコイン Heads
1ドルコインと50セントコイン Heads posted by (C)スカイテリア

そして裏側は景色だったり、白頭ワシだったりが描かれています。こちら側を 『Tails(尻尾)』 と呼びます。

ですからコイントスをする場合は 『表か裏か』 では無く 『Heads or Tails』 といいます。

1ドルコインと50セントコイン Tails
1ドルコインと50セントコイン Tails posted by (C)スカイテリア

海外旅行に行って一番困ることって・・・小銭が使えないことではないですか?ちなみに小銭は英語で 『Change』 といいます。もし誰かに 『Do you have any change?』 と聞かれたら 『小銭持ってる?』 っていう意味です。

下の写真左側から 1セント、5セント、10セント、25セント、50セント、1ドル硬貨です。ねぇ25セントと1ドル硬貨って見分けにくそうでしょ?その上、大きいから価値があるってものでもないし・・・10セントなんて1セントより小さいし;;

アメリカのコイン Heads
アメリカのコイン Heads posted by (C)スカイテリア

アメリカの硬貨には価値を表す数字は一切書かれていません。以下の様に英語で示されています:

1セント硬貨は = ONE CENT (ワンセント)
5セント硬貨は = FIVE CENTS (ファイブセンツ)
10セント硬貨は = ONE DIME (ワンダイム)
25セント硬貨は = QUATER DOLLAR (クオーターダラー)
50セント硬貨は = HALF DOLLAR (ハーフダラー)
1ドル硬貨は = ONE DOLLER (ワンダラー)

アメリカのコイン Tails
アメリカのコイン Tails posted by (C)スカイテリア

1セント、5セントは良いとしても、ダイムって何よ?クオーターって何よ?じゃないですか?

今は慣れましたが、こちらに来て直ぐの頃レジでお金を払うとき 『25→50→75→100』という計算が直ぐに出来なくて困ったものでした。 ほれ日本人って 『5→10→15→20・・・』 で慣れてるじゃないですか?

硬貨には上のように記載されていても、誰も記載通りになんて呼びません。以下のような愛称で呼ばれます:

1セント = Penny (ペニー)
5セント = Nickel (ニッケル)
10セント = Dime (ダイム)
25セント = Quarter (クォーター)

覚えておくと便利かもしれませんよ!

 

お札にもあまり流通していない物があります。ちなみにお札は緑色のインクが使われているところから 『Green』 という愛称で呼ばれます。
一般的に使われているのは$1、$5、$10、$20。たまぁ~に$100札を見かけることも...何故たまぁ~にしか$100札を見かけないかというと、アメリカのATMって$20札のみなんです。だからお金を引き出すときは20の倍数のみ可能。最低額$20で最高額は$300~$400 。

この下の$50札、多分日本人の方がアメリカ人よりも頻繁に目にしてるかも!? なぜなら渡米する前にUSドルを購入すると良く入ってるから・・・でもアメリカでの一般生活ではめったに目にしません。 

50ドル表
50ドル表 posted by (C)スカイテリア

50ドル裏
50ドル裏 posted by (C)スカイテリア

 

もっとも希少価値が高いのは、下の$2札かも・・・でもスーパーでは嫌われ、自動販売機でも使えず・・・なんで$2札が存在するのかまったくもって不思議です。

ちなみにかわいそうな$2札・・・使い勝手の悪さからなのか? 『不幸の$2紙幣』 という悪名を持っています。

2ドル表
2ドル表 posted by (C)スカイテリア

2ドル裏
2ドル裏 posted by (C)スカイテリア

硬貨のところで小銭を『Cahnge』と呼ぶ事を言いましたが、Cahngeには 『両替する』 という意味もあります。例えば、$100札を出して 『Can you please change to $20 bills?』 というと 『$20札に両替してください』 という意味になります。

上の文の中の 『bill』 多分多くの日本人の方たちは 『請求書』 と習ったのではないでしょうか?でも上の文での意味は 『紙幣』 という意味で使われています。また政治関係の話をしている時に使われるbillは 『法案』 という意味ですので話の前後から使い分けてください。


それにしてもスカイ集めましたね~ 上の写真全部スカイのコレクションです^^
ちなみにクォーター(25セント)の50州プログラムも全部揃ってます ほれ↓

50州クォータープログラム
50州クォータープログラム posted by (C)スカイテリア


別にコイン収集が趣味って言う訳でもないんですけどね~~なんとなく集まっちゃいました。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ







最終更新日  2011.12.17 07:13:26
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.