1146871 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

南カリフォルニアの青空の下で

PR

プロフィール


スカイテリア

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

お気に入りブログ

わんこの笑顔ってほ… New! かのんオーレさん

大きなフライを巻き… New! matsu-kuniさん

デイビスモンサン航… New! Wildnobさん

フライショップに行く New! ponpontondaさん

さすがに戦前のモノ… New! ちゃのうさん

コメント新着

ふうママ1130@ Re:2018年1月31日 スーパーブルームーン皆既月食(02/02) 明けましておめでとうございます。 今年も…
ふうママ1130@ Re:2018年1月31日 スーパーブルームーン皆既月食(02/02) 今年1年 ありがとうございました。 来年…
ふうママ1130@ Re:2018年1月31日 スーパーブルームーン皆既月食(02/02) お久しぶりです。こんにちは。 日本ではカ…
アルローラ@ Re:2018年1月31日 スーパーブルームーン皆既月食(02/02) おぉぉ~~~~い!!! 大丈夫? 今 どこ…

全9件 (9件中 1-9件目)

1

ユタ州の旅

2016.03.17
XML
カテゴリ:ユタ州の旅

またやっちまった( ̄d  

まぁまぁそう怒らず・・・

ほな最終回いきまっせ~ 最後に大切な報告があるので、ちゃんと読んでや~

最終回は前回の続きで「White Pocket」です。前回よりもっと波模様がパワーアップしまっせ~一枚目の写真も既に!!ホレ
White Pocket (19)
White Pocket (19) posted by (C)スカイテリア


もうさー何にも言うこと無いよね!見てもらえれば分かる!!


White Pocket (20)
White Pocket (20) posted by (C)スカイテリア

White Pocket (21)
White Pocket (21) posted by (C)スカイテリア

White Pocket (22)
White Pocket (22) posted by (C)スカイテリア

White Pocket (23)
White Pocket (23) posted by (C)スカイテリア

White Pocket (24)
White Pocket (24) posted by (C)スカイテリア

White Pocket (25)
White Pocket (25) posted by (C)スカイテリア

White Pocket (26)
White Pocket (26) posted by (C)スカイテリア

実はここで地元の人たちに出会った

この日お天気が悪かったからなのか?1月1日だったからなのか?だーれも居なくてさ!長い事スカイ達の貸しきり状態だったのね!そこへ人の声・・・ガッカリ

と思ったら、凄いフレンドリーな方達でしばらくお話を・・・その方はスカイ達が行きたかったThe Waveにも行った事があるんだけど、

彼曰く「このWhite Pocketの方がThe Waveより広大でいろんな波がみれるよ、The Waveは小さな範囲だけだから!」って☆

って聞くと頑張ってここまで来た甲斐があるというもの☆

その上こんな事も「ここもThe Wave同様に入場制限しようという話が出てるんだよね。制限される前に来られてヨカッタですね!」だって

そらーそんなこと聞くとテンション上がるぅ~☆ とにかくこの二人くじ運無いからね;;

実は帰ってきてネットでも申し込んだけど、みーごーとーに外れたしね!また申し込まないとね!!


波模様の他にもこんな傘お化けみたいな岩山もあった。
White Pocket (27)
White Pocket (27) posted by (C)スカイテリア


角度を変えて見ると、これ、あそこに穴が開いてて正に傘お化けでしょ? 
White Pocket (28)
White Pocket (28) posted by (C)スカイテリア

White Pocket (29)
White Pocket (29) posted by (C)スカイテリア


そして機関車も発見!
White Pocket (30)
White Pocket (30) posted by (C)スカイテリア


正に機関車じゃない??可愛いよね~
White Pocket (31)
White Pocket (31) posted by (C)スカイテリア


そしてタツノオトシゴも!っていうかおなかの中に居る胎児にも見えるけど・・・
White Pocket (32)
White Pocket (32) posted by (C)スカイテリア

White Pocket (33)
White Pocket (33) posted by (C)スカイテリア


いやー面白い所だった!
White Pocket (34)
White Pocket (34) posted by (C)スカイテリア

折角頑張ってここまで入って来たんだからもうちょっと近場の散策をしたかったんだけど、ほれ、ここに来るまでに道に迷って、時間とガソリンを無駄に使っちゃったからさーーー

もう午後4時過ぎてるし、なんたってガソリンがちょっと心元ないので諦めて素直にモーターホームに戻ったのでした。

そして翌1月2日の朝、ユタ州を後にし、自宅に向かったのでした。 

聞くところによるとこ、翌日から猛烈な寒波に見舞われ大嵐になったとか・・・いやー良い時に帰って来ましたよ。

自宅に帰りついたのは1月3日なんだけど、帰った途端にスカイ家周辺も雪嵐に!!いやー重ね重ねいいときに帰って来ました。

【旅行記 おわり】 お付き合いありがとうございました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 

☆報告☆
私ことスカイテリア・・・4年ぶりに・・・日本の地を踏むことにしました。 日本着3月24日、たったの16日間だけの訪問となります。町で見かけたら声かけてね☆

そこで皆様にお伺いしたい事があります。古いんですがYAMAHAのフォークギターがあります。保存状態はいいほうだと思います。それをどなたか希望される方に差し上げたいと思います。ただし、送料はお支払いいただきます。

欲しい人はまずコメント欄に「ギターくれ~」とカキコしてください。詳細はその後で!!!

ほなね~ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.03.18 01:40:31
コメント(16) | コメントを書く
2016.02.26
カテゴリ:ユタ州の旅

またちょっと間があいてしまいましたね!すんまへんm(__)m


Paw Holeを見てからまたまたダートな道を奥へ奥へと進みます。

地図と文字が盛り沢山のガイドブックを両手に、この番号の道(ダートの道には番号が付いてます)をしばらく行って、右に曲がって左に行くと次の目的地があるはずだ!

第一の目印通過グッド 第二の目印通過ちょき そろそろ右に行く道がある・・・はず・・・なんだけど・・・あれ?・・・ないねー?・・・まだ行くの?・・・ちょっと行き過ぎじゃない?・・・でも地図によると右に行かれる道が・・・やっぱないよね!

とかなとかブツクサ言いながら・・・GPSを見てみるが、道なき道を走ってることしか分からず・・・

ハイキング用のGPSも導入するが、アハハ・・・ユタの地図ダウンロードしてねーしパンチ

結局迷いに迷いまくる前に来た道を戻るはめに!

そう!前回も書きましたよね!道が分からなくなったら、来た道を戻るべし!って!!

見落としたのかな?と思って戻る時に目を皿のようにして道を探したが、やっぱり見つからず。もしかしたら車なんてめったに通らないから、雪に埋もれてたのかな?

まぁとにかくガイドブックが一番推奨している一番わかりやすい道まで出てそこから行く事に。推奨してるだけに、番号の下に目的地の名前がちゃんと書いてるオーケー これなら迷う心配ないね!
White Pocket (35)
White Pocket (35) posted by (C)スカイテリア


そしてかなり遠回りしたけどやっと着いた!この日はちょっとお天気が悪い!何も降っては居ないけど、くもが多い!だから寒いのなんのって!
White Pocket (1)
White Pocket (1) posted by (C)スカイテリア

歩き始める前に先ずは車の中でカップラーメンで腹ごしらえ!

そしていよいよWhite Pocketに足を踏み入れた!おぉぉぉーーー
White Pocket (2)
White Pocket (2) posted by (C)スカイテリア


これまた面白い地形が広がる場所だこと。真ん中に見えるのは「Brain(脳)」と名づけられ、右側に見えるのは「ブロッコリー」と名づけられてる。確かにそう見えるよね!
White Pocket (3)
White Pocket (3) posted by (C)スカイテリア


なんでこう白い所と、オレンジの所と分かれてるのかな?
White Pocket (4)
White Pocket (4) posted by (C)スカイテリア


ブロッコリーのアップ
White Pocket (5)
White Pocket (5) posted by (C)スカイテリア


このトカゲの尻尾みたいなのはどうやってで来たのかね?
White Pocket (6)
White Pocket (6) posted by (C)スカイテリア


雲が・・・多い
White Pocket (7)
White Pocket (7) posted by (C)スカイテリア


いよいよ波模様が現れましたよ~
White Pocket (8)
White Pocket (8) posted by (C)スカイテリア


こっちも
White Pocket (9)
White Pocket (9) posted by (C)スカイテリア


こちらはミルフィーユ岩?
White Pocket (10)
White Pocket (10) posted by (C)スカイテリア

White Pocket (11)
White Pocket (11) posted by (C)スカイテリア


いたるところに波!縞!
White Pocket (12)
White Pocket (12) posted by (C)スカイテリア


色んな形状の縞々が!!
White Pocket (13)
White Pocket (13) posted by (C)スカイテリア

White Pocket (14)
White Pocket (14) posted by (C)スカイテリア


ここでスカイが発見した木の化石。中央のちょっと緑の苔が生えてるところ。
White Pocket (15)
White Pocket (15) posted by (C)スカイテリア


こっちから見ると分かりやすいかな?ほら倒れた木でしょ?もうかっちんかっちんの石になってた。
White Pocket (17)
White Pocket (17) posted by (C)スカイテリア


本当にいたるところが波波、縞々
White Pocket (18)
White Pocket (18) posted by (C)スカイテリア

道に迷ったけど来られてヨカッタよ!!これは面白い。本当に面白い。もうちょっとお天気が良ければ最高なんだけどな~~~ちょっと残念 

あともう一回だけつづくよ! 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.02.27 08:22:38
コメント(12) | コメントを書く
2016.02.18
カテゴリ:ユタ州の旅

夕べちょっと嬉しい事があった!

ウエストミニスターのドッグショーを見ていたときの事!!

犬種別のテリアグループでなんとSkye Terrieがグループで一位になったのじゃ!

まぁ総合優勝は逃したけど、それでも嬉しい!スカイテリアがほんの少しでも注目された一瞬でした。

久しぶりに”動く”スカイテリアを見て・・・夫婦で号泣!一位になるだけに綺麗なスカイテリアだった~

Tomoちゃんが居なくなってからかれこれ5年??ヒョエ~もうそんなに経つんだね

Anyway Tomoちゃん以外生きたスカイテリアを生で見たことは一回も無いんだよね~

やっぱりスカイテリアまた欲しいなぁ~ あ!でも今家のコミュニティーにマウンテンライオン(ピューマ)が潜んでいて、犬猫がかなり殺されてるんだよね!夕べは60kgほどあるジャーマンシェパードが殺された。 

 

+++++++++++++++++++++++++

さてとユタ州の旅の続きを書くかね!そんな訳で、抽選はことごとく外れ、今日は1月1日ここでの最終日!
 

The Waveを見れなかったので、少しでも近づきたい。The Waveらしき物を見たい。と言うことでこの日はSand Hillsと呼ばれる未舗装地帯に足を踏み入れた。
Paw Hole (12)
Paw Hole (12) posted by (C)スカイテリア

ちなみにユタ州とアリゾナ州は未舗装の道が沢山ある。しかも車高の高い四輪駆動車でないととてもじゃないけど入っていかれ無い道が多い。四駆だからと言って無理して車高のあまり高くない車で入って行くと・・・ハイセンターになって前にも後ろにも進めなくなるのでご注意を!

上の写真だとちょっと分かりにくいかもしれないけど、わだちがかなり深いよね!それとこの辺りの砂は濡れるととんでもなく滑りやすくなるので、雨上がりに無理して入って行くとこれまた前にも後ろにも進めなくなるのでご注意を。

その上地図に乗っていない小さな道が山ほどあるので、いとも簡単に道に迷うから分からなくなったら来た道を戻るべし!!

携帯の電波?そんなもん届きますかいな!!はまり込んだら最後、数何十キロを歩いて助けを呼びにいかなければならなくなるから、本当に気をつけて!

人家?そんなもん無いと同じ!

ガソリンスタンド???一番近くて・・・ん~~~~何キロ離れてるのかな?まぁ軽く20~30kmは離れてるかな?ってGoogle Mapで調べてみたら・・・とんでもない!60km離れてたよびっくり

最初に立ち寄った場所はSouth Coyote Butteの入り口付近にあるPaw Hole。ほらここから先は許可証がないと入れないというサイン。
Paw Hole (11)
Paw Hole (11) posted by (C)スカイテリア


前回のDevil's Gardenの細長い奇岩はHoodo(フードゥー)だったけど、ここのはでっぷりとしているのでButte(ビュート)とよばれる。
Paw Hole (1)
Paw Hole (1) posted by (C)スカイテリア


これまた不思議な形をしているよねー
Paw Hole (2)
Paw Hole (2) posted by (C)スカイテリア


なんでこんな縞々というか波波になるのかな?そして天辺の帽子が何故?
Paw Hole (3)
Paw Hole (3) posted by (C)スカイテリア


これが?自然の力で?出来た?どうみてもアーティストが作ったみたい!なんで砂があっち向いたりこっち向いたりしてるのかな?
Paw Hole (13)
Paw Hole (13) posted by (C)スカイテリア


寒かったけど雪があるとなおさら絵になるんだよね!っていうか夏は暑くて大変だと思う。
Paw Hole (4)
Paw Hole (4) posted by (C)スカイテリア


植物なんて育ちそうに無いけど、陰のほうに生えてた。今は冬、枯れてるけどね。
Paw Hole (5)
Paw Hole (5) posted by (C)スカイテリア


この大きなButteを越えるとSouth Coyote Butteに入ってしまうことになるので、許可証の無い可愛そうはスカイ達は入り口付近で我慢!っていうか、この時朝の9時ごろだったと思うんだけど、駐車場には一台も車が止まってなかったよ!ってことは、抽選に当たったのに、来なかったってことかい?それだったらさー譲ってよ!!!
Paw Hole (6)
Paw Hole (6) posted by (C)スカイテリア


まぁここまでで我慢我慢!!別に柵とか、チェックポイントとかがあるわけじゃないから、忍び込もうと思えば・・・いや!ダメダメ!!
Paw Hole (7)
Paw Hole (7) posted by (C)スカイテリア


まぁSouthはNorthに比べると人気が無いけどね。でも見てみたかったよ!人気のSouthへは二駆の車でも行かれるけど、このSouthは最初にも見せた通りの道なので四駆必須!!だから誰も来てないのかな?こんなに綺麗な景色が見れるのに・・・勿体無い!!
Paw Hole (8)
Paw Hole (8) posted by (C)スカイテリア


右側のなんか帽子を被った不気味な生き物に見えない?カエル?猿?
Paw Hole (9)
Paw Hole (9) posted by (C)スカイテリア


ここでも十分波だけど、この後はもっと波波の見れるところへ行きます!!
Paw Hole (10)
Paw Hole (10) posted by (C)スカイテリア

 

【旅行記 つづく】

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.02.18 10:16:01
コメント(14) | コメントを書く
2016.01.29
カテゴリ:ユタ州の旅

今日は12月31日(木)大晦日

さー今日も抽選会場に乗り込むぞ!オォーーー

またまた駐車場は満車!昨日より人数が多い?

今日は係りのTom君に昨日の番号「37」と言って昨日の申込書に新しい番号を振り当ててもらう事に成功!今日の番号は「19」

気のせいかTom君が書き込んだ「19」という数字が光り輝いて見えた☆ 水晶様お力を!!

結局この日も物凄い人数が小さな部屋でうごめく事となり、最終的には数字だけのボールが足りなくなり最後に来た人たちは「B2」などという番号が割り当てられてました。

抽選が始まる前Tom君から説明が、「今日の抽選は1月1日、2日、3日の三日分行います。最初に1日分を、続けて2日分を、そして3日分を・・・」どーりで人数が多いと思った。

でもスカイ達は2日には家に向かわなければならないので、3日分の抽選は断念せざる終えないんだよね!でも大丈夫絶対に当たるから☆ 

いよいよ抽選開始!今日も今日とてパンダ国民が大半を占めてるぞ!負けるもんか!

さぁ1月1日分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たらず号泣

 

じゃぁいよいよだよ2日分

 

 

 

 

ここで次回に続く!とか言ったら怒るよね!? 

 

 

 

 

やっぱりつづくにしようかな! 

 

 

 

 

でもきっと結果聞いても怒るよね!

 

 

 

 

 

だってーーーー 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たらず号泣 結局5回挑戦し・・・全滅!なんだもん!くじ運ないからなーこの二人号泣

むっちゃ頭来たのは・・・締め切り直前に入って来たパンダ国民のグループ、そう「B2」とか分けの変わらない番号の人たちが・・・当たったびっくり まぢか号泣 

まぁこれからは地道にネットで申し込みますわ!このブログでいつかきっと絶対にスカイの撮影した「The Wave」をお見せします。お約束します。それまでブロ友で居てねウィンク

ちなみにスカイ達が狙っていた「The Wave」とはこんな↓ 地層、景色なんです。見たい!この目で見たい!


 

大きな肩をガックリと落とした二人が向かった先は、宿泊場所Kanabから2時間ちょっともかかる遠い場所。「Grand Staircase-Escalante」内にある「Devil's Garden」ガイドブックによると長いトレイルを歩かなくても奇岩郡が集中している場所があるらしい!

と言うわ訳で向かったけど、やっぱ遠かった(>_<) でも楽しかった。本当に不思議な景色!ほらーこんなのがいたるところにニョキニョキ生えてるの!!
Devil's Garden (1)
Devil's Garden (1) posted by (C)スカイテリア

ハニーちゃんと比べてみてよ~大きいでしょ~~~これらも全部Sandstone(砂岩)
Devil's Garden (2)
Devil's Garden (2) posted by (C)スカイテリア

少しだけ波型がある。
Devil's Garden (4)
Devil's Garden (4) posted by (C)スカイテリア

Devil's Garden (5)
Devil's Garden (5) posted by (C)スカイテリア

Devil's Garden (6)
Devil's Garden (6) posted by (C)スカイテリア

そしてアーチ!その名も「Metate Arch」
Devil's Garden (7)
Devil's Garden (7) posted by (C)スカイテリア

なんか可愛いよね!
Devil's Garden (8)
Devil's Garden (8) posted by (C)スカイテリア

きっと10年、20年先には二つ別々の岩になってるのかも!
Devil's Garden (9)
Devil's Garden (9) posted by (C)スカイテリア

Devil's Garden (10)
Devil's Garden (10) posted by (C)スカイテリア

別のアーチ発見。こちらは「Mano Arch」
Devil's Garden (11)
Devil's Garden (11) posted by (C)スカイテリア

Devil's Garden (12)
Devil's Garden (12) posted by (C)スカイテリア

これは太くてがっちりしてそうだけど、今にも崩れ落ちそうだよね。
Devil's Garden (13)
Devil's Garden (13) posted by (C)スカイテリア

ちなみにこのような奇岩のタワーを「Hoodoo(フードゥー)」と呼びます。
Devil's Garden (14)
Devil's Garden (14) posted by (C)スカイテリア

自然に出来たものと言うより、人間がポンと置いたようにも見えるけど、大きさが半端なく大きいからそんな事出来るはずも無く!
Devil's Garden (15)
Devil's Garden (15) posted by (C)スカイテリア

なんかチェスのコマみたい!
Devil's Garden (16)
Devil's Garden (16) posted by (C)スカイテリア

あんな所に人が登ってるよ!若いね~でもこうして見ると大きさが分かるでしょ?
Devil's Garden (17)
Devil's Garden (17) posted by (C)スカイテリア

あそこにはハニーちゃんがいるよ!
Devil's Garden (18)
Devil's Garden (18) posted by (C)スカイテリア

色の違いは年代の違い。年代ごとに砂岩の硬さも違うので、風化のスピードが違う。上が固くて下が柔らかいと頭でっかちになるし、、、面白いわ!
Devil's Garden (19)
Devil's Garden (19) posted by (C)スカイテリア

フードゥーが出来るまで。砂が溜まって重さで硬くなって砂岩になり、小さな裂け目から雨、雪、凍結、風などの自然の力が加わり、こんな形になる。まぁ気の遠くなるような年月なんだけど・・・何度も言うけど自然の造形物は本当に面白い!
Devil's Garden (20)
Devil's Garden (20) posted by (C)スカイテリア

Devil's Garden (21)
Devil's Garden (21) posted by (C)スカイテリア

ちょっと高台に登って見た。見事にこの地域にフードゥーが集中している!
Devil's Garden (22)
Devil's Garden (22) posted by (C)スカイテリア

「Grand Staircase-Escalante」のシンボルともいえる「大階段」があれ!あれも面白い地形だよね~
Grand Steircase-Escalante
Grand Steircase-Escalante posted by (C)スカイテリア

ホントこの辺り一帯はこうした面白い地形の国立公園、国定公園、土地管理局が管理する土地がひしめき合っている。

代表的な国立公園名をちょっと挙げると「Zion National Park」「Bryce National Park」「Grand Canyon National Park」「Capital Reef National Park」「Canyonlands National Park」などなどここは楽しいわ!一ヶ月でも一年でも楽しめそうだわ!

だから抽選に当たらなくたって平気だい!!!←強がりともいう?

ちなみに「The Wave」が存在するのは「Vermilion Cliffs National Monument(バーミリオンクリフ国定公園)」の中!

皆の期待を裏切ったけど・・・旅行記はまだ【つづく】 大笑い

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.02.01 04:11:21
コメント(16) | コメントを書く
2016.01.24
カテゴリ:ユタ州の旅

ランチを食べ終えてから来た道を戻ります。

なんか大きな岩が地面にグッサリ刺さってますが・・・っという事はですよ・・・どっからか降ってきたってことですよね!?どっかって今正にスカイ達が歩いてるトレイルの”上”から降ってきたってことですよね!?それとも”下”からニョッキリと生えてきた?んな訳ないですよね!?やっぱ上から????っと見上げてみたら~
Buckskin Gulch (1)
Buckskin Gulch (1) posted by (C)スカイテリア

あっこから降って来たんじゃない?まだ降ってきそうな可能性大の岩が見えてるんですが(@o@) ここでクシャミ一発したら落ちてくるとか?さっさと立ち去ったほうが良さそうですね!
Buckskin Gulch (2)
Buckskin Gulch (2) posted by (C)スカイテリア

人間が・・・あんなに小さいよ!どんだけでかいんだ(@o@)
Buckskin Gulch (3)
Buckskin Gulch (3) posted by (C)スカイテリア

この模様はどうやって出来たのかな?まったくもって摩訶不思議!でもこの色といい、縞模様具合といい、マグロの切り身に見えない?え!?みえへんってか(^^; アハハ
Buckskin Gulch (4)
Buckskin Gulch (4) posted by (C)スカイテリア

多分風雨の悪戯だと思うんだけど、こうやってすこーしづつ、すこーしづつ削られて行ってアーチになったりブリッジになったりするんだよね!キット
Buckskin Gulch (5)
Buckskin Gulch (5) posted by (C)スカイテリア

帰り道は言葉少なめで行きまっせ!
Buckskin Gulch (6)
Buckskin Gulch (6) posted by (C)スカイテリア

ハニーちゃんが居るんだけど見える?
Buckskin Gulch (7)
Buckskin Gulch (7) posted by (C)スカイテリア

このガレキ・・・落ちてきたらどうしよう(><)
Buckskin Gulch (8)
Buckskin Gulch (8) posted by (C)スカイテリア

今スカイ達はスロットキャニヨンの中に居るけど、この岸壁の上は大地!なので上のトレイルを歩いてロープを伝ってこのキャニヨン内に降りてくる事も出来る。上が大地だという事は草木が生えているということで、このガレキは雨で流されてここに流れ込んだ物が引っかかっている。だから次にまた大水が発生したら、このガレキ下まで落ちてくるかもしれない!
Buckskin Gulch (9)
Buckskin Gulch (9) posted by (C)スカイテリア

前回の記事にkuniさんからのコメントで「127時間っていう映画で初めてスリットキャニオンっていうのを知ったけど、あれを撮影した場所とは違うのかな?
あれもユタだったような・・・いや、全然違ったのかもしれない。^^;」とあったので早速調べてみたら、確かにユタ州で撮影されていました。でもここではなく「Canyonlands National Park」に程近い「Bluejohn Canyon」というスロットキャニヨンで撮影されたそうです。ちなみにCanyonlansはここから2時間程で行かれる場所です。この辺りはスロットキャニヨンの宝庫!沢山ある!まだ人が入り込んで無い所もあるはず。

この「127 Hours」という映画は実話を元に作られた映画、2003年Aron Ralstonというキャニオニアが単独でこのようなスロットキャニヨンを歩いていた時に、自分の腕を岩に挟まれてしまい、127時間をどのようにして生き延びたか。という話・・・映画を見たい人の為に、むちゃくちゃ割愛しましたが彼のことはニュースになったので覚えています。

凄いことが出来る人がいるんだな!って思ったので、そっかー彼はスロットキャニヨンを歩いてたんだ~それは覚えてなかった!ロッククライミングしてて事故にあったんだと思った!

Buckskin Gulch (10)
Buckskin Gulch (10) posted by (C)スカイテリア

彼のことがあってからなのか?その前からなのか?定かではありませんが、このようなキャニヨンを冒険する事をCanyoning(キャニオニング)言うようになりました。

今回軟弱な不慣れなスカイ達は岩登りや、澤歩き、滝下り、水泳などをしなくても良いキャニヨンを歩きましたが、キャニオニングはあえてその様な危険を伴う所を冒険するのです。Aronが選んだBlujohn Canyonとはこんな所でした。
Buckskin Gulch (11)
Buckskin Gulch (11) posted by (C)スカイテリア

これ不思議だと思いません?なんで綺麗に一箇所で流れが、向きが変わってるんだろうね?もしかしたら元々は全体が上の部分みたいな横模様だったのが、水が頻繁に流れる事によって削られて下の模様になったのかな?
Buckskin Gulch (12)
Buckskin Gulch (12) posted by (C)スカイテリア

Buckskin Gulch (13)
Buckskin Gulch (13) posted by (C)スカイテリア

なんでここはこんなにクネクネ模様なのかな?なんかマグマがかたまったみたいな形にも見えるよね!でもどう見てもSandstone(砂岩)
Buckskin Gulch (14)
Buckskin Gulch (14) posted by (C)スカイテリア

Buckskin Gulch (15)
Buckskin Gulch (15) posted by (C)スカイテリア

この近くに有名な「Antelope Canyon(アンテロープキャニヨン)」という所が在るんだけど、そこもこんな感じのスロットキャニヨンなの。そこはナバホインディアンの領地内にあるので、勝手に入ることが出来ず、必ずツアーに参加しないといけない!スカイはまだ行ったことが無いから調べたんだけど、ツアー売り切れだった;;
Buckskin Gulch (16)
Buckskin Gulch (16) posted by (C)スカイテリア

左下の暗いトンネルみたいな所から出てきた!
Buckskin Gulch (18)
Buckskin Gulch (18) posted by (C)スカイテリア

この辺りにはインディアンのペトログリフがいたるところにある。大きな岩や大きな岸壁を気をつけて見ているとこうやって何気にあるんだよね~ 恐竜の足跡の化石もあるはずなんだけどそれは見つけられなかった;;残念
Buckskin Gulch (19)
Buckskin Gulch (19) posted by (C)スカイテリア

Buckskin Gulch (20)
Buckskin Gulch (20) posted by (C)スカイテリア

Buckskin Gulch (21)
Buckskin Gulch (21) posted by (C)スカイテリア

さてとあの難問の障害物現場に到着!今度はスカイが先に上って・・・上ってっというか・・・ハニーちゃんが下からスカイのお尻を押し上げてくれた。スカイはエレベーターに乗ってる気分だったよ!でぇ上で荷物を受け取って、ハニーちゃんは自力で上がってきました!やっぱさーこういう時背が高いと得だよね!ウン
Buckskin Gulch (22)
Buckskin Gulch (22) posted by (C)スカイテリア

この辺りの地形がどのように出来たかの説明書き!まぁ遡る事2億年前のジュラ紀、ここはあたり一面は砂漠だった。勿論恐竜も住んでた。所々にオアシスもあり、動物達の憩いの場となっていた。

風で新たな砂が運ばれてきて、古い砂のうえに蓄積。そこに水分が加わる事で下の古い砂は硬くセメント状のSandstone(砂岩)となっていった。
Buckskin Gulch (23)
Buckskin Gulch (23) posted by (C)スカイテリア

1500万年前に地殻変動が起き、地中に眠っていた古い地層が隆起。今の様な縞模様が地上に現れました。とさ!まぁ気の遠くなるような歴史だよね!
Buckskin Gulch (24)
Buckskin Gulch (24) posted by (C)スカイテリア

スロットキャニヨンを歩き終え、まだ日没まで時間があったので、Paria Riverを見に行ってみた。ここの砂って粒がもんのすごく細かいの!だから濡れるとべっとべとになってまるで粘土みたいにべっとりへばりつくって感じ!その点は海の砂と全然違う。見てよジープ!これねー簡単に取れないの!ジープの下にべっとりへばりついてるんだよ(><)
Paria River (1)
Paria River (1) posted by (C)スカイテリア

この川沿いにもトレイルがあって、4日から6日かけて歩く事が出来る。このトレイルはこの川沿いをずーっと歩く事になるので、水位が高い時は水の中を歩く事になる。
Paria River (2)
Paria River (2) posted by (C)スカイテリア

勿論キャンプOKだけど、変なところで寝ていて夜中に鉄砲水発生!気づいたら下流に流されてた!なんていう事が無いように安全な場所でテントの設営しましょう。

水の中には豊富なミネラルが溶け込んでいるので、こうして泡が出来るんです。別にだれかが洗剤をいれた訳ではありませんので!
Paria River (3)
Paria River (3) posted by (C)スカイテリア

こうして見ると分かるけど、この辺りは本当に砂地なんだよね~普通川岸と言ったら、小さな石や砂利がゴロゴロしてるけど、ここはまるで砂浜みたい!この水辺の波の模様も化石として残るんだよね~
Paria River (4)
Paria River (4) posted by (C)スカイテリア

ほら寒そうでしょ~氷張ってるよ!!
Paria River (5)
Paria River (5) posted by (C)スカイテリア

Paria River (6)
Paria River (6) posted by (C)スカイテリア

と言うわけでスロットキャニヨン冒険が終わりました~あ~楽しかった!またスロットキャニヨン歩きたい!これちょっと病み付きになりそう!!もしかしたらキャニオニング始めるかも知れませんぜぃ!!

さー明日は抽選に当たるのか!!!

お楽しみに~~~♪

【旅行記 つづく】

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.01.26 03:01:28
コメント(14) | コメントを書く
2016.01.23
カテゴリ:ユタ州の旅

今日は12月30日(水)

今日も早起きして抽選会場へ!早起きと言っても抽選会場は泊まっている所の真横なんだけどね(笑)

駐車場は昨日同様満車!望み薄か!?と思って部屋に入ったら昨日より人数少ない♪ ぃやった~当選確率高し!!と言っても100人ちょっとは居る。

今日も今日とて申請書に記入して・・・名前、住所、同行人数と名前、犬を連れて行く場合にはペットの数、車種、ナンバープレート番号、緊急連絡先の名前と電話番号 を記入。

後で知ったんだけど、前日の申込書を再利用できるんだって!Tom君に前日の申請書に振り分けられた番号を言って申請書を出してもらいそれに新たに番号を振り分けてもらえばいい!!

今日の番号は37!

今日もパンダ国の人が一杯!名前を呼び上げるTom君もなれたもの!!ちゃんと発音してるよ@@

始まったぞガランガラン・・・さんじゅう・・・・・・・・・・・・・・・・・・ろく  かすった;;おしい;;

あ~あ今日も外れた(><) また明日!! 今日はSouthは申し込まずに即行動開始! 


今日のハイキングのスタート地点!「Wire Pass」ここから抽選に外れたスカイ達は「Buckskin Gulch」を目指す、隣に駐車人たちは許可証をバックパックに付けているので、抽選に当たったんだね(これまたパンだのお国の方だった)いいなー彼らの目指す所はSouth Coyote Buttes内にある「The Wave」
1-トレイルヘッド
1-トレイルヘッド posted by (C)スカイテリア

ここからのトレイルは水の道をずっと歩いて行くので、鉄砲水注意のサイン!今日は大丈夫だけど、夏はいきなり雷雨とかになると鉄砲水が発生する!逃げ場の無い所もあるので夏場は天気予報をちゃんとチェックする必要がある。
2-注意書き
2-注意書き posted by (C)スカイテリア

最初の1kmほどはこんな川底を歩いて行く。途中で抽選当たり組と外れ組みが分かれる。いいなーあっち!
3-歩き始め
3-歩き始め posted by (C)スカイテリア

面白い形の岩があるよ!牛のう@ちって見たことある?形が似てるからCow Pieってよばれる(爆)
4-Cow pie
4-Cow pie posted by (C)スカイテリア

今日歩く場所はこんな所!スロットキャニヨン!場所によっては人一人がやっと通れるぐらいの幅しか無い所もある。
5-スロットキャニヨン
5-スロットキャニヨン posted by (C)スカイテリア

ルンルンもつかの間、早速障害物登場!ハニーちゃんこれ見て・・・他に道があるんじゃない?とか引き返そうか?とか弱気!でもスカイの言った一言で意を決し前進した。スカイの言った一言とは「私の友達のなのはなちゃん覚えてる?彼女もここに来てこれを超えてったんだよ!」でした。そして彼は「彼女ができるならスカイお前にも出来そうだな!」と言うわけで先ずはハニーちゃんが降り、スカイが荷物を上から渡し、それからスカイが降りて行った。
6-障害物
6-障害物 posted by (C)スカイテリア

ハニーちゃんの身長約2mあるんだけどそれよりも高いよ!3mぐらいあるよね!?でも大きな岩の下に溜まってる木や小さな岩が足がかりとなりどうにかクリアーできた♪ ちょっと怖かったけどね(涙)
8-3m
8-3m posted by (C)スカイテリア

さぁ進みましょ!ってか帰りはあの障害物を・・・の?ぼ?る?んだよね!?
9-日差し
9-日差し posted by (C)スカイテリア

えっもうスロット終わりですか?え~詰まんない!
10-終わり?
10-終わり? posted by (C)スカイテリア

と思ったらまだまだ続きました。ここBuckskin Gulchは世界中のスロットキャニヨンの中で最長なんだって!

あんな高いところに木が挟まってるってことは・・・多いときは水があの高さまで流れるってこと!?
11-あんな所に
11-あんな所に posted by (C)スカイテリア

誰が作ったのか小さなケルン。でもここでは岸壁のぼりをしない限り、道に迷う事も無いと思うけどね!
12-道しるべ
12-道しるべ posted by (C)スカイテリア

ズンズン
13-ばんざーい
13-ばんざーい posted by (C)スカイテリア

ズンズン
14-まだまだ
14-まだまだ posted by (C)スカイテリア

三叉路。こっちからスカイ達は来た。っていうか今まではWire Canyonという所だったんだよ!この先がいよいよBuckskin Gulchだった。
15-広場
15-広場 posted by (C)スカイテリア

こっちに行くとBuckskin Gulch Trail Headの駐車場に出る。そこからスタートしてもいいんだけど、Wire Canyonからスタートしたほうが距離が短いので早くにBuckskin Gulchに到着できるのだ!
16-もう一本のトレイル
16-もう一本のトレイル posted by (C)スカイテリア

さぁここからが本番ですよ!光が差し込みと岩肌がオレンジや黄色に光って綺麗☆ なんか燃えてるみたい!
17-峡谷
17-峡谷 posted by (C)スカイテリア

この不思議な穴はWater Pocketと呼ばれ、水が小さな穴に入り込み、グルグルと渦を巻いた事によって出来上がった水の穴。面白いよね~~~
18-ウォータースポット
18-ウォータースポット posted by (C)スカイテリア

こちらも同じWater Pocket。上のとはちょっと形が違って面白い!
19-水の造型
19-水の造型 posted by (C)スカイテリア

前回も書いたんだけど、この両側の壁は石ではなくSandstoneで出来ている。表面はかなり粗いので下手に触ると簡単に擦りむいたりする。

ゴシゴシ擦ると、砂がパラパラと落ちてくる。場所によってオレンジ、赤、黒、グレーいろんな色がある。

自然の造形物を楽しんで~
20-まだまだ
20-まだまだ posted by (C)スカイテリア

21-何故に?
21-何故に? posted by (C)スカイテリア

22-縞模様
22-縞模様 posted by (C)スカイテリア

ちょっとした広場に出他のでこの辺りでランチにすることにした。
23-岩でかっ
23-岩でかっ posted by (C)スカイテリア

といっても周りは高い高い岩壁なので日が入り込んでる場所が無く・・・寒い寒い岩の陰でお昼を食べるはめになったのでした。
24-日向が欲しい
24-日向が欲しい posted by (C)スカイテリア

寒いのはわかっててからハイキング用の湯沸かし器JetBoilを持って行って食事の時はインスタント味噌汁を、食後はインスタントコーヒーで体を温めたのでした。

【旅行記 つづく】 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.01.24 05:15:09
コメント(14) | コメントを書く
2016.01.19
カテゴリ:ユタ州の旅

フーバーダムを見た後は一路最終目的地のユタを目指ました。

今回宿泊場所として選んだのはユタ州の南の小さな町Kanab(カナブ)。到着したのは既に午後2時を過ぎていたので、町周辺の散策へ・・・

どうやらこの辺りもホワイトクリスマスだったようで寒いのなんのって!除雪されていない道はご覧のとおり↓
1-雪道
1-雪道 posted by (C)スカイテリア

まぁスカイ夫婦のことだからまたわざわざそんな道を選んで進む訳ですが、途中でせせらぎを何度も渡って、仕舞いにはせせらぎの上を走る嵌めに、そして道がどんどん狭くなり、雪も深くなって来たので撤収!!
2-雪道
2-雪道 posted by (C)スカイテリア

この時のユタの日没は5時前!ちょっと早すぎねぇ!?それもそのはず、ここはカリフォルニアと一時間の時差があるんです。カリフォルニアが午後5時の時ここは午後4時なのです。

まぁ日が沈むと寒いのなんのって・・・氷点下の世界でした! 

このKanabという町を選んだ理由は・・・これ↓
3-抽選会場
3-抽選会場 posted by (C)スカイテリア

え!?なんだか分からんとな?ここは抽選会場!え!?宝くじのかって?まぁ似たような当選倍率なんですけどねー

ここでは世にも美しく不思議な地形をハイキングする為の許可証を巡っての抽選が行われる。その地域に入れるのは一日「20名」たったの20名なんです。でも10名は3ヶ月前に行われたネットでの抽選で既に選ばれているので、現地で選ばれるのは10名!そうたったの10名なんです。

一グループごとに申込用紙を記入して申し込む。ちなみに一グループは最大人数6人まで。申し込みは午前8:30から8:59:59まで。

申込用紙を出すと番号が与えられ、午前9時きっかりから「申込者名と番号」が読み上げられ申込者が会場にいるか確認されます。全員がいると分かった時点で抽選開始!スカイ達の初日の番号は「63」4-抽選開始
4-抽選開始 posted by (C)スカイテリア

この日申込者数は約180名(約80グループ)。 ガランガランXX番XX名・・・・・・・・と呼び上げられ・・・

もっちろくじ運の良いない二人はめでたく”不”当選!!その後の南にも申し込んだけどめでたく”不”当選!!

会場の80%はパンダのお国の方達だった@@ 日本人もチラホラ、白人はポツポツ

抽選してくれたおじさん確かTomさんだったと思うけど、彼曰く、「今日は200人越えてないから昨日より当たる確立が高いよ!」だって@@ ひぇーーー前日は10枚の許可書を巡って200人が争ったんだ(><)すんごい人気!! 

午前8:30~9:00はNorth Coyote Buteの申し込み、抽選は9:00きっかりから
午前9:30~10:00はSouth Coyote Buteの申し込み、抽選は10:00きっかりから

抽選会場はGrand Staircase-Escalante National Monument Visitor Center, 745 E. Highway 89, Kanab, Utah.

ちなみにここで行われている抽選は翌日のもの。ここで当選すると、その場で許可証が発行され、実際に歩けるのは翌日! 

人気はNorth ネットで調べて見たけどそれはそれはえもいわれぬ美しさ。もう地球の物とは思えない美しさ。なのです。 

初日はガッカリ!また明日頑張ろう!と言うわけで他の場所のハイキングを開始したんだけど、ガイドブックが悪いのか?スカイ達の理解力が悪いのか?歩けど歩けど目的の物が見つからず・・・
5-放牧場?
5-放牧場? posted by (C)スカイテリア


でもまぁこの辺りの地形は何処を見ても面白いんだけどねー
6-ストーンヘンジ?
6-ストーンヘンジ? posted by (C)スカイテリア


何故にこの部分だけこんなブロックみたいになってるのかね?元々は大きな一つの岩だった模様!
7-何故にこうなる?
7-何故にこうなる? posted by (C)スカイテリア


午前中はちょっと時間を無駄にしてしまった。午後は、手近な所を・・・Toadstool=毒キノコと呼ばれる岩のタワー
8-毒キノコ 
8-毒キノコ posted by (C)スカイテリア

面白いよね~何故にこんな形になるの?岩の色が違うのはそれぞれの年代の違い。
9-Toadstools
9-Toadstools posted by (C)スカイテリア


あっちこっちにニョキニョキ
10-子毒キノコ
10-子毒キノコ posted by (C)スカイテリア

11-不思議
11-不思議 posted by (C)スカイテリア


こちらはまだ小さな子供達!ってこれらが上の写真の大きさになるまでに・・・うん千年ってかかるんだろうけどね@@
12-成長中
12-成長中 posted by (C)スカイテリア


この縞模様も面白いよね~この模様は同じ地域であっても少し離れるとこれまた違う模様が現れるんだよね~
13-逆光で
13-逆光で posted by (C)スカイテリア


また後で詳しく書くけど、その昔ここは広大な砂砂漠だったの。だからこれらの赤い岩は凝縮した砂の塊なの!石じゃない!赤い土に見えるけど土ではなく細かい細かい砂!
14-広大
14-広大 posted by (C)スカイテリア


見渡す限り何にも無い!
15-何も無い!
15-何も無い! posted by (C)スカイテリア


夕陽に照らされるとますます赤みを増す!
16-赤い!
16-赤い! posted by (C)スカイテリア

明日こそ!抽選に当たるんだ!

【旅行記 つづく】 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.01.21 09:44:57
コメント(20) | コメントを書く
2016.01.11
カテゴリ:ユタ州の旅

ツアー終了後は外へ・・・これが寒いんだ!

実は前の日も見学を試みたんだけど、もんの凄い渋滞で・・・諦めた。なのでこの日は渋滞になる前の朝一のツアーに参加したので、寒い寒い!風も強かったしね!

これがアーチの部分です。上は歩けるようになってます。って以前(2005年)にここを通過した時はこのダムの上の道を通った記憶がある!確かここは国道93号線だったはず!今は歩道と駐車場への道になっていてい、その先への通り抜けは出来ません。あれ???記憶違いかな???でもダムに差し掛かる前に検問もあったのを覚えてるよんだけどな~
Hoover Dam (12)
Hoover Dam (12) posted by (C)スカイテリア

今はフーバーダムへの標識を無視して93号線を進むと・・・あの橋を渡ることになります!あれ???
Hoover Dam (13)
Hoover Dam (13) posted by (C)スカイテリア

帰ってから調べたら、あの立派な橋は2010年に完成したばかりだとか!しーかーもーあの日本を代表する企業「大林組」の施工だとか!ちょっと「エッヘン」となった一瞬でした。ちなみに、以前は赤のルートを、そして今は緑のルートを通る事になってます。もっともっと調べてみたら、橋の工事に着手したのは2005年だとか@@ってことはスカイ達がここを通った時にはもしかしたらもう着手していたのかな??
Google Maps - Google Chrome 1102016 31546 PM.jpg

以前通ったときはモーターホームの後ろにジープを引っ張って、この赤のクネクネとした道を通りました。左から右に通過したのですが、ダムに差し掛かる前に検問があって、係りの人がモーターホームの中に入り込み、中を点検したのを覚えています。

その時、Tomoも、Aiboも、そして母が来ていたので母とその友達・・・大人4人と犬2匹がモーターホームの中に居ました。

止まって見学をしたくても、そんな超ロングな車を停めるのは至難の業ということで、このアーチの上を通過する時にうえから眺めたのでした。

確かにねーこの93号線は交通量が多い。なんたってラスベガスからグランドキャニヨンへの道となっているので、大型の観光バスが通る通る!

こちらはダム湖とは反対側の発電室!さっきこの中に居たんだね(手前のほうね)!っていうかあんなはるか下に車がある??そして手前からは水が出てるのかな?これはタービンを通って来た水??聞くところによると、この両岸の中には無数のトンネルが通っているんだそうだ。なので車でもこうしてあんな下まで降りて行かれるんだって。
Hoover Dam (14)
Hoover Dam (14) posted by (C)スカイテリア

アメリカっぽいよね~アメリカの象徴のイーグルと国旗の模様が歩道に施されてました。ちょっと踏む気にならない!これって「踏み絵か?」
Hoover Dam (16)
Hoover Dam (16) posted by (C)スカイテリア

よく分からない銅像!って思いながら写真とってるし)^^;
Hoover Dam (17)
Hoover Dam (17) posted by (C)スカイテリア

右に見えるタワーはネバダ州側にある吸水タワーの一つ。左側に見えるのはSpillwayのコントロール室。
Hoover Dam (18)
Hoover Dam (18) posted by (C)スカイテリア

ネバダ側の吸水タワー!湖岸を見ると白っぽい岩と茶色っぽい岩が分かれれてるのが分かると思う。以前はあそこまで水位があった証拠。ここ数年の水不足でどれだけ水位が下がったかが分かると思う。
Hoover Dam (19)
Hoover Dam (19) posted by (C)スカイテリア

こちらはアリゾナ州側にある吸水タワー。今冬の間はどちらも同じ時間だけど、夏になると、ネバダは夏時間になる。ところがアリゾナは夏時間を採用していないので今の時間のまま。ということで、数歩の違いで一時間の時差が生じる事になる!なーのーでータワーには時計が設置されている!
Hoover Dam (20)
Hoover Dam (20) posted by (C)スカイテリア

アーチの真上から下を覗くと・・・
Hoover Dam (21)
Hoover Dam (21) posted by (C)スカイテリア

あの立派な橋には歩道も設置されていて、そこからダム全体を眺める事もできます。ちなみに橋の名前は「Mike O'Callagham - Pat Tillman Memorial Bridge」むっちゃ長いので一般的には「コロラドリバーブリッジ」とよばれています。橋からの景色!これがまた寒い!風が強い!
Hoover Dam (22)
Hoover Dam (22) posted by (C)スカイテリア

橋の上から・・・電線邪魔(爆)
Hoover Dam (23)
Hoover Dam (23) posted by (C)スカイテリア

スカイ達はパワープラントツアーのみに参加しましたが、他にはツアー会社のツアーにはヘリコプターで上空から見れたり、ボートに乗って水上から見れたりするツアーもあるみたいですよ。

以下Webよりお借りしました。Spillwayから放水中!これ見てみたいよね~

夜景。って夜でも一般の人は入れるのかな?いや・・・きっと無理だよね! 

航空写真!

もっと詳しい情報が欲しい方は 【アメリカを象徴するダム「フーバーダム」】をご覧ください。

スカイ達が帰途に向かったのは12時前、その時フーバーダムへ向かう道は大渋滞に!グーグルマップで調べてみたら、スカイ達の宿泊場所からダムの駐車場までは渋滞無しで17分。確かに朝はそれぐらいで到着した。大渋滞中はというと・・・45分だって@@うげぇぇぇぇぇぇ

このダムってこんなに人気あったの?ってずっと不思議に思ってたら、前回の記事にkuniさんからコメントが・・・「フーバーダムって、カリフォルニアダウンって映画で崩壊する、あの大きなダムだよね。実物見てみたいなぁ、と思ってたんだ。 」って それで納得!みんなその映画を見てこのダムの見学に来てたんだね!

【旅行記 つづく】 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村







最終更新日  2016.01.12 06:31:31
コメント(14) | コメントを書く
2016.01.09
カテゴリ:ユタ州の旅

2015年12月24日から2016年1月3日までネバダ州⇒アリゾナ州⇒ユタ州と旅をして来ました。

旅の手始めは、ネバダ州ラスベガス郊外のBoulder Cityに宿泊。今まで素通りしかしていなかった世界一の規模を誇る「Hoover Dam(フーバーダム)」の見学に行ってきました。
Hoover Dam (1)
Hoover Dam (1) posted by (C)スカイテリア

フーバーダム見学ツアーには幾つか種類があります。ビジターセンターのみ、パワープラント見学、ダム見学。

スカイ達は一番一般的はパワープラントツアーに参加しました。大人$15、シニア$10な~り。

詳しくはHoover DamのWebサイトを見て!

このダムはネバダ州、アリゾナ州そしてカリフォルニア州に至るまで電気を供給している。もし・・・もし・・・テロリストにアタックされて発電が出来なくなったら、そらーあなた大変!

と言うわけで警備は物凄く厳重!施設に入る前には検問所があってそこで車のチェックをされる。

そしてビジターセンターに入るときにはX線チェックがある(飛行機に乗るときみたいに!)。

早速ここで問題が・・・第一回目!X線チェックポイント直前でハニーちゃんが「やっべぇーポケットにナイフ入ってる!」っつーわけで、車に引き返し、ナイフを置きに行く羽目に(><)

第二回目!二人とも無事チェックポイント通過!っとおもったら・・・係りの人が車の鍵を手に「これあなたの?」ってハニーちゃんに・・・「そうだけど!?何か?」「ここに付いてるナイフ、捨てるか、車に置いてきてください!」って!

まぢか!?あんた幾つナイフを持ってるんだよ!普段から???

その車の鍵に付いてたナイフってスイスアーミーのキーホルダーナイフなんだけどね!刃渡りほんの3cmほどの・・・ 彼曰く、飛行機には乗れたのにな~って・・・でもナイフはナイフ!捨てるのは忍びないらしく彼一人でもう一回車に引き返しちっせーナイフを置いて来る羽目に(><)

第三回目!無事に通過!!(これって三度目の正直っつーやつですか?)

最初に古ぼけた映画を見て・・・エレベーターに乗って一番下へ・・・このどでかいパイプの中には水がたんまりと流れています。
Hoover Dam (2)
Hoover Dam (2) posted by (C)スカイテリア

これがフーバーダムの全体図!上半分がネバダ州に下半分はアリゾナ州に属している。右側がダム湖のミード湖。4棟の吸水タワー。2棟から吸い込まれた水はタービンへ、他の2棟は湖の水の高さが高くなり過ぎた時、下流へ水を流す為のSpillway用の吸水タワー。タービンは全部で17ユニット(ネバダ側に8ユニット、アリゾナ側に9ユニット)
Hoover Dam (3)
Hoover Dam (3) posted by (C)スカイテリア


Hoover Dam (4)
Hoover Dam (4) posted by (C)スカイテリア

この鉄の分厚い頑丈(?)な扉は・・・上の水圧鉄管に問題が起きてしまったときに、水の浸入を防ぐ為に閉るんだそうだけど・・・こんなんで何万トンという水圧に耐えられるのかね?ちょっと不安
Hoover Dam (5)
Hoover Dam (5) posted by (C)スカイテリア

そして下の写真右側に錘みたいなのが見えると思うんだけど、上の扉に繋がっていて、この錘が扉をがっちりと閉めておく役割をするとか?これまた不安
Hoover Dam (6)
Hoover Dam (6) posted by (C)スカイテリア

側道発見!ちょっと行って見たい衝動に駆られながらも、こんな所で一人ぼっちにされたらたまらん!しっかりと皆に付いて行きましたよ!
Hoover Dam (7)
Hoover Dam (7) posted by (C)スカイテリア

そして、一階上のタービン室へ。こちらはネバダ側なので8ユニット。バルコニーからの見学なんだけど、柵があるだけで、別にガラスで仕切られている訳でもないので物を落とさないように気をつけないといけない!
Hoover Dam (8)
Hoover Dam (8) posted by (C)スカイテリア

この茶色の物体もなにか重要な役割をしていたんだけど、忘れた(><)この写真に自転車が写ってるんだけど、それと比べるとこの施設がどれだけ大きいか分かると思う。
Hoover Dam (9)
Hoover Dam (9) posted by (C)スカイテリア

エレベーターからタービン室までの廊下・・・所々に水溜りが@@ 大丈夫なんか?
Hoover Dam (10)
Hoover Dam (10) posted by (C)スカイテリア

フーバーダムはアーチダム。施工開始は1931年。そんな時代、現代のようは便利な重機は無く、、、手作業が多かった。このアーチは下の写真のように段階ごとに木枠を作りそこにコンクリートを流し込み、手作業でならして行くという地道な行程で作られた。24時間365日!!最後のコンクリートが流し込まれたのが1935年。コンクリートが固まる時に熱を発生するので、それを冷やす為に、パイプが埋め込まれその中に水を流し込む事で、冷やしたそうだ。
Hoover Dam (11)
Hoover Dam (11) posted by (C)スカイテリア

アーチの高さ221.3m
アーチの長さ379.2m
アーチの上の部分の幅(厚さ)13.7m
アーチの下の部分の幅(厚さ) 201.2m

この大きさの物をたったの4年で仕上げてしまうとは@@ しかも当初の予定より2年も早く、しかも予算内で!現在のゼネコンでは到底考えられん!! 

ちなみにこのダムは氾濫の激しかったコロラド川の水量をコントロールする目的で作られた。電気は勿論、水もカリフォルにからメキシコに至るまで供給されている。

ダム湖として出来たLake Mead(ミード湖)はアメリカで最大の人造湖となり、全世界からリクリエーションに訪れる人が後をたた無い。ちなみに湖岸線の長は885kmもあるんだって@@ 琵琶湖の長さを調べてみたら241kmだった。

【旅行記フーバーダム編 つづく】 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.01.11 08:01:01
コメント(14) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.