3955657 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

    スチュワーデスの世界☆

2005/02/23
XML
カテゴリ:ホテルの話
この前はお化けのホテルの話をしたけど今日はもっと深刻な話。

昔は客室乗務員は一部屋に二人で泊まらなきゃいけなかったみたいだけど(考えられない!どうやって振り分けるんだろう?)今はもちろん一人一部屋。一人だけのスペ-スと自由に使える海外での滞在時間が大好きなんだけど、この仕事をしてなかったら一人でホテルに泊まることはほとんどないだろう。

月の半分近くをホテルで過ごしていると少なからずトラブルを目撃したり、巻き込まれることがある。

多分いちばん良くあるのはお隣さんの騒音問題。これは睡眠時間がとても貴重な私たちだからこそ神経質になるのかもしれない。こっちの都合で早い時間に寝て隣がうるさいと言うのはいけないけど、私の感覚では夜10時~朝8時は静かにしてほしい時間帯。昔は隣がうるさいと壁にノックしたり電話をかけて静かにするようお願いしてたけど、これは危険なこと。前泊まっていたあるアメリカのホテルはテレビ番組の収録スタジオの近くにあってある有名な番組(実は旦那は女だったとか、奥さんのお母さんとの間に子供ができちゃったとかって告白する)の出演者も泊まってた。とてもレベルが低く、white trash 的な人ばかり。エレベ-タ-て一緒になると横でつかみ合いの夫婦喧嘩をしてたり。出演者らしき人たちが隣の部屋でパ-ティ-をしてて大声とテレビで耐えられなくなり、壁を叩いたら逆切れされ、物(ゴミ箱?)をそっちから壁に投げながら怒鳴り始めた。コネクティングル-ム(涙)でドアノブをがちゃがちゃしだして本当に怖かった。あれから文句はフロントに言うことにしてる。(あまり効果がないけど)

某ホテルに戻ってきたある日。私の部屋に向かうと廊下でどうやら言い合いをしてる男女。私の部屋の目の前だった。近づくと声を落としたけど見てみぬ振りをして部屋に入った私は会話が全部聞こえた(聞いてた)。

男は女に「金をよこせ」と何度も言い、おびえてる様子の女は「今は無理。明日まで待って。」男「今日って言っただろ」女「今渡せられない。部屋にある」男「じゃ持ってこい」女「それは出来ない」

こんな調子でしばらく続き、ようやく部屋に行って(目の前の部屋)金を取りに行った。廊下から部屋に入った途端、女は「痛い!やめて!」と叫びだした。私はフロントに電話をしてすぐにセキュリティ-を呼ぶように頼んだ。やっと警備の人が来て部屋にノックして「大丈夫か?」とドアを開けた人に聞くと女が泣きながら「大丈夫」と答えた。警備員は戻り、その後静かになった。何があったんだろう。とても心配。

ヨ-ロッパに滞在してた同僚にあった話(本人から聞いた)。出発の前の晩、上の部屋がものすごくうるさかったらしい。それもテレビとか声ではなく、重い物を落としたような音がずっと続いてた。眠れなくてフロントに説明したけど音は続いた。夜中の2時に突然彼女の部屋のドアにボンボンボンと叩く音。ドイツ警察だった。上の騒音についてレポ-トを書いてほしいということ。朝にはアメリカに向かうのでその場で書いた。その後静かになり、翌朝空港のオフィスに行ったら呼び出され、「夕べあなたの上の部屋で起きた殺人事件について警察が質問をしたい」と言われた。あの音は人が殺されてる音だったらしい!鳥肌がたつ。
もっともっと話があるけどとりあえずここまで。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今日は強風のため、最後の最後に着陸を断念。これは結構危険な操縦らしく、久しぶりにちょっと怖かった。

☆待ちに待ったバナーが出来上がりました!かわいい素材盛りだくさんのCandiedさんにお願いしたものです。Candiedさん、本当にありがとうございます!






Last updated  2005/10/03 02:45:38 AM
[ホテルの話] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.