3887558 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

    スチュワーデスの世界☆

全7件 (7件中 1-7件目)

1

飛行機は体に悪い

2005/11/29
XML
カテゴリ:飛行機は体に悪い
某航空会社の面接では、袖をめくって面接官に腕の内側を見せなければいけないらしい。

それは何故だろう?

サービスをする際にお食事のトレーをお渡しするときなど、腕はお客様の目の前に来てしまったりするからかもしれない。

キレイに越したことはないけど、ちょっと一言~

ウチの会社ではそういうチェックはなかったけれど、採用時にキレイだったとしても、
仕事中に数多くの同僚の腕には治らない傷ができた。

どんな傷かと言うと、火傷。

この記事によると、一昔前の機種でサービスをしてた客室乗務員が火傷を負うことが多かったと書いてあるけど、
会社によっては最新の機種でもオーブンでの温め作業を行っているため、今もなお火傷を負う客室乗務員は少なくはない。

具体的に説明すると長いラックにたくさんのメインディッシュを並べ、温まった状態でカートに入れて通路でカートからサービスをする。
オーブン自体は家庭のオーブンほど熱くならないけど、ラックはメタルなのでかなりの熱がこもる。
いっぱいの状態でのラックはかなり重いので、持っている状態でバランスを崩したり飛行機が揺れたりすると肌に当たり、
じゅわじゅわ~と火傷しているのが分かるけどたくさんのお食事をラックごと落とせないのでバランスを正すまで我慢。

その時点でもう遅い。
腕の内側にはピンク色になった肌が。
サービス中だんだん腫れてきて、見る見るうちに水ぶくれになっていく。
滞在先で膿んできて、帰りのフライトではとてもお見苦しい状態で働く。

私の右腕には火傷の小さな痕が残っている。
人が見ても分からない程度。
運が良かった。
でも同僚の中にはびっくりするような一生治らない火傷の痕がある人もいる。

会社によってオーブンの事情と制服の事情が違うけど、
このような火傷しやすいオーブンならば制服は長袖OKにしないと、かわいそう。

どこだったかな、女性はギャレー(調理室)担当にならない航空会社...?
でもある意味それって女性は通路でニコニコだけしてればいいって言われているような気もしなくもないし...

客室乗務員の仕事は重労働。


いつもありがとうございます♪ blog ranking 

旅に出よう!
携帯からも: http://plaza.rakuten.co.jp/skyflyer keitai






Last updated  2005/11/29 12:33:30 AM
2005/09/13
カテゴリ:飛行機は体に悪い
昨日久々に美容院に行って来た。

相変わらずアポなしで突然その気になって雰囲気良さそうなところに駆け込んだ。

今度結婚式に出席するし痛んだ髪ををなんとかしなきゃ、と思ってた。

でも最近気になるのは髪の痛みだけじゃない。

抜け毛が結構悩みだったりする。

歳をとると自然なホルモンバランスの崩れなどによる髪質の変化はあるのは分かる。

でも私はまだそんな年齢だと思っていない(苦笑)。

美容師さんと相談してみた。

今までも雑誌やネットで調べたり、高級なシャンプーなどを購入したり、ちょくちょくと自分なりに改善策がないか探してはみたけど、あまり深く考えていなかった。

でも昨日の美容師さんとお話をして、そちらでお取り扱いしている製品の説明書を読んでたら(コスメなど美容関係の商品の説明書を熟読するのが趣味だったりする)今までとんでもないケアをしてきたことが分かった。

これぐらいは徹底した方が良さそうな基本的なケアというのは:

○シャンプーは良ーくすすぐ

 → 顔を洗うとき、これは基本中の基本で洗顔料を顔に残すなんて恐ろしいことだと思うけど、髪となると結構適当にすすいでた

○リンス・トリートメントは絶対頭皮につけてはいけない

 → 髪の下半分にだけつけるべき。けど私は髪が痛んでいるとトリートメントで補おうと、髪全体につけてた。
頭皮につくと、すすいでもすすいでもなかなかとれない。
毛穴につまり、頭皮が脂っぽくなり、健康的な髪の毛は生えない上、抜け毛・薄毛の原因になる。

○頭皮のマッサージをしてあげる

 → お風呂に入ってるときなど、血行が良くなっているときに行うとより効果的。
血液の流れを活発にして、頭皮にも栄養が行き渡るように。

○頭皮を乾燥させてはいけない

 → いちばん感動したのが、私の職業を知らない美容師さんは私の頭皮を見て乾燥する環境にいるのではないかと分かったこと。
機内の乾燥に負けないように顔には高い化粧水や乳液などを念入りにぬるのに、頭皮に化粧水?!なんて考えたこともなかった。
でもこの美容師さんはこれはとても大事と言う。
なるほど~

歳をとると顔だけじゃなくて、首からデコルテにかけての皮膚まで同じように保湿しなければいけないという知識は身についたけど、頭皮も保湿、という発想は私にとっては新しかった。

だからこれからは髪のトリートメント以上に頭皮のトリートメントに力を入れたいと思う。
昨日は頭皮のエステをして毛穴に溜まった汚れを除去。

この仕事を始めるまで何の問題もなかった私の髪の毛。

最近同僚を見てても、髪が薄くなっている様子の女性、少なくはない。

不規則な生活+乾燥した頭皮による客室乗務員の脱毛症、全然聞かないし私を含めてそういう話をしたい人あまりいないと思うけど、結構深刻かもしれない。


参照:スチュワーデスを続けるリスク(1)
    スチュワーデスを続けるリスク(2)
    スチュワーデスを続けるリスク(3)
    スチュワーデスを続けるリスク(4)


いつもありがとうございます!bomb人気ブログランキング

旅に出よう!

携帯からも: http://plaza.rakuten.co.jp/skyflyer keitai






Last updated  2005/09/13 11:37:16 PM
2005/08/15
カテゴリ:飛行機は体に悪い
以前どくだみ草さんから「スッチーは防腐剤たっぷりの機内食をいつも食べてるから死んでも体は腐らないらしい」とのようなコメントを頂いたことがある(笑)。

確かに、この仕事をしていると単純計算で1年のうち150日ぐらい、機内食を食べている。
長いフライトでも安心して食べれるよう、機内食には多くの防腐剤が入ってると思われる。

乗客として時々食べる分には問題ないとしても、そこが職場だとどうかな?

普段の生活では玄米と味噌汁を中心に食べているつもりだけど、仕事のときはゆっくり食べる暇もないので、立ったまま、10分以内で機内食をたいらげる。

毎日何気なく食べているものが体の健康だけでなく、精神にも深い関わりを持っているかもしれないことに気づき始めた。

この前買った本「陰陽五行説で体を癒す五穀のレシピ95」を読んでたらものすごい驚いた。

簡単なセルフチェックリストを使って陰陽五行説においての自分の体質を調べて、体質別にどのような食生活が望ましいか、書かれている。
面白半分にやってみたらあまりにも私の性格まで的確に診断しててすげ~と感動して旦那にもやらせたらこれまたぴったり。

私事ですが、結果はこうでした:

○体質:脾体質。

○性格:「完璧主義者」「好奇心、チャレンジ精神ともに旺盛ですが障害があるとあっさりやめてしまうことも」「おだやかで遠慮深い一面もありますが、プライドは高い」

○不調時に出やすい症状:「蒸し暑さや湿気に弱い...脾の働きが低下すると、消化器官全般が弱く...肌ががさがさになったり口が荒れたり...ストレスを感じると暴飲暴食に走る傾向がある...」

○養生法:過食厳禁。あわとひえをお米に混ぜて摂る。青菜やなつめを積極的に摂る。

などなど。

以前何年も肌荒れに悩まされ、9ヶ所ぐらいの皮膚科・病院・婦人科・漢方の先生に診て頂いたけど、ほとんどの先生に言われてきたのが、「消化器系が弱い」。
この本でまた証明された。
やっぱり、自分の体質を良く理解して、必要としているものを与えてあげないといけない。

雑誌「Yogini(vol.3)」にも興味深い記事が。
怒りには2種類あって、頭に血が上る「キレル」タイプとお腹に血がたまってふつふつと煮えて爆発するタイプ。
この2種類の怒りの原因とそれに対する生理的反応が全くちがうのだそう。

頭にくる  → 自己防衛的本能
お腹に来る → 社会通念上の道義に外れたことに対して感ずる憤り

私の性格でいちばん直さないといけないところは、「お腹に来る」タイプの怒り。
こういう怒りは、ただでさえ弱い消化器系に血が集まって悪影響を及ぼすらしい。


食 → 体 → 精神


想像以上に影響しあってる。

ということで死んだらしっかり腐る体づくりに励みたいと思う。


いつもありがとうございます!bomb人気ブログランキング


旅に出よう!


日記は携帯にも発信中: http://plaza.rakuten.co.jp/skyflyer keitai






Last updated  2005/08/15 07:05:03 AM
2005/08/12
カテゴリ:飛行機は体に悪い
このブログでも時々おもしろおかしく書いてる機内持ち込み荷物のはなし。

本当のことを言うと、おかしくない話なのです。

航空会社によって規定は若干ちがうものの、基本的に機内持込み手荷物は一人1個と言うのが一般的なルールとなっている。
重さは10キロぐらいまで(中には7キロまでという会社も)。
大きさは総寸法(縦+横+高さ)が115cm以下。

空港でチェックインする際にまず地上係員が目を光らせてモニターしなければいけない。

けどこの原則というのにはループホールがいくつかあるため、守られていないことが現状:
○チェックインカウンターで徹底的にチェックするシステムがないように思われる(ヨーロッパでは比較的目を光らせてるよう)
○見送りの人などに手荷物を預けてたり、チェックインの際に手元にないことだってある
○お預け荷物がない人は無人の機械を利用してチェックイン手続きを済ませることもできるので誰の目にも触れずにゲートまで行けちゃう
○空港のセキュリティーでも見てほしいけど、そういう仕事じゃない。セキュリティーは航空会社の管轄ではない上、危険物の持込みを防ぐと言うもっと重要なチェックをしている
○搭乗を待つ間、免税店などで買い物をして荷物が更に増える
○ゲートでは座席の変更や定刻出発に向けて時間に追われ、それどころじゃない

結局、持込み荷物をモニターするのは誰の仕事でもない気がする。

客室乗務員は飛行機の搭乗口に立って恐ろしく重くて大きなあり得ない荷物を見て、チェックインするように説得してみるのだが、そこまで持って来れた人は今更手放すつもりはない。

なので現状としては原則に反した荷物が毎日、大量に持ち込まれている。

搭乗中の機内アナウンスで「重いお荷物はお座席の下におしまいください」と言うけど、だいたい重いのはすごく大きかったりもするから、座席の下には収まらない。

しかも、大きいのを持ち込む人ってなぜか、体力のない人が多い。

客室乗務員である私たちにしまってもらえると思っている人。

なぜ、私たちにできると思うのだろうか。

仕事上、お手伝いするというのが当たり前だけど、私たちだって体力的に、普通の人間。

あなたが持ち上げられない荷物、なんで私が持ち上げられると思うんですか?

会社としては、無理をせずにお手伝いする、みたいなあいまいなスタンスをとっているけど、結局腰を痛めても労災として認められない。

だから多くの同僚は断固して手伝わない。
ご自分でしまえない荷物はチェックインしてください、と言う人もいる。
確かに。
全く同感である。
けどそう言うとものすごいクレームの対象になる。
何~~~~!?と逆切れされたりする。

しかし現実問題としては、定刻出発のためには早く収納して頂かないといけない。
搭乗口でチェックインさせるには説得するにも時間がかかるし、「イヤだ」と言われたらおしまい。

長々と書いたけど、↑簡単にまとめると:重い荷物は結局私たちがしまうハメになる。
そして、腰を痛める。
そして働けなくなる。

昨日のフライトに同僚が乗客として乗っていた。
彼女には長いこと会っていなかった。
ヘルニアになって、腰の痛みがひどくて1年以上仕事ができなかった。
手術をして、これからリハビリを受ける。

航空会社としてこういうことにならないように、徹底した何らかの処置をとる必要がある。

しかしその日がくるまで、乗客のみなさんにお願いしたい。

どうしても規定に反した荷物を持ち込むのであれば、自己責任でしまってください。
いじわるだとか面倒くさいからではなく、私たちの健康と仕事がかかっているから。
お願いします。


参照:スチュワーデスを続けるリスク(1)
    スチュワーデスを続けるリスク(2)
    スチュワーデスを続けるリスク(3) 


いつもありがとうございます!bomb人気ブログランキング


旅に出よう!


日記は携帯にも発信中: http://plaza.rakuten.co.jp/skyflyer keitai  






Last updated  2005/08/12 12:16:55 AM
2005/02/26
カテゴリ:飛行機は体に悪い
誰もが経験あると思うけど、飛行機に乗ると足がパンパンになって降りるとき靴が履けなくなったり!むくみってすごい。

座席に座って食事をして、映画を観て、寝る。時々トイレに立つ。
乾燥した機内なのでいつも以上にたくさんの水分を摂っていなければトイレにも行かない人もいると思う。
あと窓際の席で隣の人が爆睡してたりすると起こすのが悪いと思ってしまい、席を立たなかったりする。

こうなれば何時間も同じ姿勢(しかも血が足へ、足へと流れていく姿勢)でいることになる。
体を動かしてないし水分も足りないと余計血流が低下して、足がむくむ。

この状態が続くと「深部静脈血栓症」「Deep Vein Thrombosis (blood clot)」=「エコノミークラス症候群」を引き起こす恐れがある。

では働いてる客室乗務員はどうなのか。ずっと動き回っているし、運動になってるようにも思える。
しかし立ちっぱなしというのも結局同じ結果になりうるのである。

私の場合、何年も長いフライトが好きでそればかり飛び、靴も機内履きは持ち歩かず、ヒールが高めの靴をずっと履いてた。
バカだった。
一昨年ぐらいから足がおかしくなってきた。
フライトが終わると恐ろしく足が疲れ、家の近くまでくると裸足で歩いて帰りたいと思うぐらい痛かった。
気付いた頃には外反母趾はもちろん、片足の血管も浮いてきてた。

去年病院へ行き、足の検査をしてもらった。
血栓はないが、valve が数箇所破れてて、通常血は足から心臓へとパンプで戻されるのが、足に溜まった状態になってるとのこと。その圧力で血管が浮いてきてる。
私は今の状態だと短パン・水着を着るのは恥ずかしい。特殊な注射をすれば何年かは改善されるらしい。そのうちしたいと思う。

そのお医者さんのすすめで買ったのが1足1万円のストッキング。
これは本当に感動物。ある意味命の恩人かもしれない。
医療用のもので、どんなに長いフライトで一度も座らなくても*全く*疲れない。
軽~い。しかも足が細~い。1万円の価値十分ある。
足の何箇所に強い圧力がかかるように作られてて、上へ上へと血を上げる感じ。
ちょっと問題なのは履くのが大変で、10分ぐらいかかるのと、昨日話したネイルが刺さって今まで2足に穴を開けてしまったこと(泣)。

外反母趾に関しては今は出発まで・到着後は大好きなピンヒールを履くけど機内では限りなくフラットに近い靴を。

こういうこと、最初から実践していれば良かった~。

立ち仕事の方、要注意です。

*******************************************************

なんだか最近多いけどまた知り合いが亡くなったことがさっき分かった。
親しくはなかったけど昔の知り合い。
しかもたまたま数年前、機内でばったり会ったことがあった。
私が座るジャンプシートの目の前の非常口の席に座っていて久しぶりにお話をした。
テレビにも出てた関係でニュースを通じて知った。
なぜタバコも吸わない若い人が肺ガンになるのか、私には理解できない。
本当に残念。






Last updated  2005/05/11 01:38:08 PM
2005/01/23
カテゴリ:飛行機は体に悪い
放射線を浴びる原子力施設で働きたいと思う人はどれくらいいるのだろう?
立派な仕事だし、誰かがやらなきゃいけない。
でも自らそんな危険を伴う仕事をしたくない気もする。

客室乗務員は実は原子力施設で働く人の*数倍*の放射線を浴びるというデータがある。
特に長時間、北極を通るルートは特に危険。
ニューヨークーロンドンの片道だけでもレントゲン1回分の放射能を浴びることになる。
年に1、2回ぐらいのレントゲンは安全と聞いたことがあるけれど私たちは年間何回分なんだろう。

放射能の人体への影響ははっきりと断定しにくいかもしれないけど、私が個人的に知ってる同僚だけでもがんで亡くなった人は二人もいる。
しかも30代という若さで。
放射能は関係あるかどうか分からないけれど、妊娠してて機内で流産した人もいる。

あるデータによるとパイロットの皮膚がん・前立がんになるリスクが普通の人の10倍と言われている。
しかし、これは放射能による影響だと証明できていない。

世界中で乗務員やパイロットの組合対会社でこのリスクをなんとかしてほしいと話し合いを進めているが、まだまだこれからの戦いのよう。

*勿論、これは飛行機で仕事をしている人に限らず、フリークエントフライヤーにも言えることなのでお客さんもご注意*






Last updated  2005/08/03 07:11:59 AM
2005/01/20
カテゴリ:飛行機は体に悪い
しばらくこの仕事をしていると体に良くないかもしれないということに気付く。
分かっているんだけど、好きだから辞められない。

健康への被害は多すぎてどこから説明すればいいのか分からないぐらい。
少しずつ紹介していきたいと思う。

今日は仕事があったけれど休むことにした。風邪をひいたみたい。
「その程度のことで休むなんて.....」と思われるかもしれない。
しかし、客室乗務員やパイロットは風邪となるとかなり神経質になる。
のどの風邪か鼻の風邪か。大違い。自分の体を良く分かっていないといけない。

昨日からくしゃみが出るな、と思ってたら朝起きたら鼻から呼吸できないぐらい完全に詰まってた。
この状態で飛行機に乗ると非常に危険なので会社に電話をして休むことを伝えた。

鼻以外は特に問題もなく、日常生活に何の支障もないのだが、この世界の人は「航空性中耳炎」にかかることが多い。
高層ビルのエレベーターに乗ると分かるけど、上がると耳の鼓膜が膨張して、下がると鼓膜が中に押し込まれる。
普通の人は耳が自然に「ポッ」と鳴り正常な状態に戻るのだが、鼻がつまっているといつまで経っても治らないことがある。
飛行機に乗る前に鼓膜に穴を開けてもらう手もあるらしいけど、日常的に乗っている人は毎回そんなことできない。

長い間膨らんだ状態が続くと、鼓膜に炎症を起こしたり出血することもある。
友達が飛行機が最終着陸態勢に入った時、中耳腔に浸出液が出てきて到着したら救急車で運ばれたことがある。

私は今まで病院に行くほどのことはないけどフライトの2日後に渋谷(すみません、いつもいます)を歩いてる時にやっと耳が正常に戻ったことがある。
クセになるみたいで今は毎回、風邪をひいてなくても着陸態勢になると良く聞こえない。
痛くないだけ幸いである。

そして先週の仕事のとき。他の乗務員がひどい風邪をひいてしまい、声も出なくなり、着陸前には耳があまりにも痛くて両手で頭をかかえていた。
その風邪がうつったのかもしれない。

ということで、鼻がつまってるだけだけど、休ませて頂きます!






Last updated  2005/08/03 07:05:14 AM
このブログでよく読まれている記事

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.