274991 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

"80's bike " vol.2

PR

Profile


MORI@べらぼぅ~

Calendar

Category

Freepage List

Comments

MORI@チョゲ蔵@ Re:鈴鹿8耐とバックミュージック(07/22) hide さん はじめまして。 HTさんの御協力…
hide@ Re:鈴鹿8耐とバックミュージック(07/22) NHKで放送した1990鈴鹿8耐のバックミュ…
MORI@チョゲ蔵@ Re[1]:鈴鹿8耐とバックミュージック(07/22) 通りすがりさん イェー 観てるよ。 お役に…
通りすがり@ Re:鈴鹿8耐とバックミュージック(07/22) Crying in the rain 20年以上前、NHKの8耐…
MORI@べらぼぅ~@ Re[3]:中須賀のライディング(07/04) ・・あ、チョゲもべらぼ~も同一人物です…

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

バイクレース好きの… ビート男さん
おもちゃのくるま ネコしゃんさん

全38件 (38件中 31-38件目)

< 1 2 3 4

2010大河 龍馬伝

Jun 27, 2010
XML
カテゴリ:2010大河 龍馬伝
辻やんお薦めの野比の“焼きカレー”、近いな。。






Last updated  Jul 3, 2010 06:29:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 23, 2010
カテゴリ:2010大河 龍馬伝


おりょうの心の動きが良いね。
少しづつ龍馬にココロが動いてゆく。

製作者はコレがヤリたかったんだ。
まんまと術中にハメれれてしまいました。



”う・み・・”のエピソードが特に良かった。
龍馬の魅力も伝わるし、おりょうの本来もっている暖かさ、素直さも伝わってきます。




勝センセイも良かったネ。
こんなヒトと一緒に大きな仕事を達成出来たら、下で働いているモノは本当に幸せネ。。




武市さんの毒入りもち・・
独房の中で毒入りもち出された瞬間、視聴者の中には違和感を感じたヒトもいたんじゃないかな。。
毒入りもちを何処から入手したのか・・
独房にこっそりもちこまれる毒入りもちのカットを一瞬でも入れてくれた方が良かったなと。。。



武市から間接的に毒入りもちを差し出される以蔵・・
”龍馬伝”ではとってもピュアに描かれている以蔵・・

彼はその瞬間、どう感じるのだろうか・・。






Last updated  Jun 23, 2010 01:04:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 16, 2010
カテゴリ:2010大河 龍馬伝




おりょうが丁寧に描かかれていて良かったと思いました。
新撰組の近藤を睨むおりょう、少しづつ龍馬に心の扉を開いてゆくおりょう・・
なにげない彼女の仕草が過去の彼女を物語っていていいなぁ・・と。

龍馬はおりょうのどんな姿に魅かれて、生涯の伴侶とするのでしょうか・・


冨さんの武市への無言のプレゼント、非常に良かったと思います。
あそこまでヤラれちゃうとネ・・素晴らしいの一言しか出てきませんネ。。


池田屋の乱闘シーンもしっかり撮っていて、あえて・・この回の序盤にサラリと流したのもイイ意味で視聴者を裏切っていて、◎でした。










Last updated  Jun 16, 2010 02:50:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 13, 2010
カテゴリ:2010大河 龍馬伝
”龍馬伝”見逃してしまった。
いや・・正確には開始15分後から観てしまった。。


調べたら放映当日の22時からBS2で放映があるそーな。
クソ、我慢して見なきゃよかった。

今日の”龍馬伝”かなりイイ・・と申し上げておきましょ。

んでは~22時、観るぞ~~~。

龍馬伝の再放送と視聴率






Last updated  Jun 13, 2010 09:30:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 10, 2010
カテゴリ:2010大河 龍馬伝

池田屋事件、切りあいのシーンこそはなかったが、
最小の血なまぐさいシーンで最大のインパクトでしたネ。。
全身全霊で闘ったであろう・・局長の表情と鼻歌唄う沖田の対象的な表情が妙にリアルでした。


”龍馬伝”の西郷さん役は小西博之さんに演じて欲しいとずっと思っていました。
今回、小西博之さんが薩摩弁で出演されていたので、
俺様的には”おおぅっ、西郷さんがでたっっ!”・・って感じでした。
・・まぁ、違うんですが・・。


龍馬はとってもイイ奴で・・でも、スケベでだらしなくて・・女に振り回される龍馬ももっとみたいなぁ。。
弥太郎も意外にイイ奴で・・ヒトの喜ぶコトに目覚めたのかな??
まぁ、そんなスピリッツ&人間的魅力がないと商売も成功せんよネ。。


長次郎さん、サムライになりきれないサムライ・・
今後の葛藤への伏線のようなエピソードでしたネ。。


おりょうさんの表情がカタいように感じるのは気のせい??
あぁ~ど~しても色眼鏡で見てしまう~~(すまんのぉ・・)。
ど~にも・・龍馬とおりょうが心ひらくシーンが頭に浮かばない。。

おりょうが龍馬に対してもっと心を開いてゆくにはどんなエピソードが用意されているのでしょうか・・。
次回からふたりの間にお登勢さんもはいってきますので、期待しながら見守りたいと思います。
(制作者の術中に見事にハマってしまった気がする今日、この頃・・。)



武市さんと以蔵はミテラレネ・・。

今回の亀弥太といい、
今後、もっと増えるんだろうネ・・ツライネ・・。






Last updated  Jun 10, 2010 02:03:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 1, 2010
カテゴリ:2010大河 龍馬伝


武市さんや土佐勤王党については、こうなる事は最初からわかっていたが、やはり見ていられない。。


武市さんみたいに真っすぐなヒトよりも弥太郎のようなちと曲がったヒト(??)の方がモノの見方が多角的に見れるから、鋭いんだろうな・・と改めて感じました。



福山@龍馬はラストシーンが良かったな。。
福山さんはプライベートでもきっと男友達、大事にしてんだろうな~~と。。改めて感じました。
あのシーンはつぃ感情移入し、画面に引き込まれました。


あとは以蔵が捕まるシーンが印象的でした。
無数の赤い傘の中、逃げ回る以蔵・・
追いつめられた以蔵の感情と正反対の美しい映像・・
あのシーンは5年経っても10年経っても記憶に残るのではないでしょうか。。







えと・・こっから先はあくまで個人的意見です。
あくまで個人が感じた事は事実なので・・。



実は自分の中では”おりょう”水川あさみさんなんですネ。。



こんな事書くとヘンタイに思われるかもしれませんが、自分の頭の中では”おりょう”に扮する水川あさみさんが龍馬のまわりを動き回っていたんです。
妹をとり返す為に命がけで喧嘩しにいったり、猫っぽいのかな・・おもしろき女であり、龍馬の亡き後、乙女ネェと意見が合わずに伏し目がちに土佐を出ていったり・・。



今回、真木よう子さんの”おりょう”があまりにも自分の描いていた”おりょう”像と違っていたので、違和感を感じてしまいました。

ま、でも 真木よう子さんの”おりょう”が活躍するのはこれからですから、制作陣の皆様がどのように”おりょう”を生かしてゆくのかを純粋に楽しみたいと思います。








タイゾーさんの近藤さん、思っていたよりもすんごくイイんだけど、もちょっと肉ついてカンロクあった方が威圧感あってイイかな。。
タイゾーさん頑張って役作り、太って筋肉モリモリつけて下され~~という希望で締めたいと思います。


(真木よう子さんのファンの方、ゴメンね。。)







Last updated  Jun 1, 2010 07:07:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 23, 2010
カテゴリ:2010大河 龍馬伝

すごくイイ話でしたネ。


福山さんはプライベートでも友達想いなのかな?
・・じゃないとああゆう演技って出来ないんじゃないのかな・・。



勝先生もますますイイ味出していて、可愛いがっている門下生への想いがよく伝わってきました。



弥太郎も材木が売れて良かったネ。
商売の基本は”ヒトが喜ぶコト”だよね・・。
コレもわかり易く描かれてあったのも好印象でした。

武市にかけた一言も良かったなぁ。。
”自由に生きや!”・・でしたっけ?(←いい加減な性格ですまんのぉ~)



武市さんもイイ演技されてました。
エエ格好しぃのヒトって、ハタから見てると腹立つぐらい不器用なんだよね。。
なんかその辺の不器用さが上手に描かれてあり、観てると”あぁ~なんでこんな生き方しか出来ないんだ~~!”・・と実生活同様に感じてしまいました。



最後の以蔵のシーン・・
この以蔵を追う白い人達・・誰?
タイゾーさんのお顔が確認出来たので、”あぁ・・この方々が新撰組なのか・・”と・・。



ますます、ツラい展開になっていきそうな・・”龍馬伝”なのでありました。。






Last updated  May 23, 2010 11:23:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 18, 2010
カテゴリ:2010大河 龍馬伝


自分の中では
第16話「勝麟太郎」が100点。
17話「怪物 容堂」、18話「海軍を作ろう」 、19話「攘夷決行」の3話が80点。

今回の第20話「収二郎無念」は90点くらいの高得点でした。。
江戸東京博物館 特別展 ”龍馬伝”で平井収二郎、獄中での爪書きの辞世を見ていたので、より気持ちが入ったようです。






今回、観ていて気になったのは・・
吉田東洋暗殺の黒幕、武市が平井収二郎の獄中に簡単に入る事が出来るのだろうか?
・・というコトです。

武市が獄中の平井収二郎に面会を希望しても容堂公や後藤にはばまれていたのではないかな・・と思ったからです。





気絶している平井収二郎の獄中前に後藤現る。


”お前さんの切腹が決まったよ。。”
愕然とする収二郎・・茫然としながらも己の切腹に納得がいかぬ気持ちがふつふつと湧いてくる。


そんな収二郎の複雑な表情を後藤は上から見下ろしている。
後藤は叔父、東洋を殺された土佐勤王党に恨みがあるのだろう・・不敵な笑みを浮かべている。。


去り際、後藤
”武士の情けじゃ。”
・・と一通の手紙を置いてゆく。


そこには武市から収二郎にあてられた想いがつづれていた。
収二郎、声を殺しながら涙を流す。


収二郎、切腹を決意する。
武市先生に迷惑をかけぬよう・・土佐勤王党の一員として立派に逝こう。





武市&収二郎の最後のシーンは制作者の描きたかった部分で感動のシーンであるが、どうにも湿っぽく感じてしまいました。
自分はちと、人ととらえ方が違うのかな??
感動された方、すまんのぉ~~。
ひとつの意見として流して下され。。




あとは春嶽を前にして、龍馬が語るシーン。
1000両とういのが今の価値でどのくらいの価値があるのかわかりませんが、簡単に出せる金額ではないはず。。


勝塾に1000両提供する事によって、将来的に福井藩にどんな恩恵があるのか・・
もっと龍馬の商人DNAを生かした目線、今までにない、画期的な未来予想図をより具体的に春嶽の前にぶちまけて欲しかった。

そうした方がもっと説得力あるし、春嶽にも視聴者にも・・もっと”おもしろき男”に映ったのではないか・・と思う。



今の龍馬では弱い。
もっとバイタリティー溢れる魅力でいろんな人をどんどん自分の未来にやりたい事にエンロール・・巻き込んでいって欲しい。




宮迫@収二郎、拷問シーンはリアルで観てる方も力入りました。。
龍馬と勝先生のやりとりはほのぼのイイ感じですネ。
弥太郎は・・・今回は・・出なくてもよかったかナ??←(笑)






Last updated  May 18, 2010 02:31:14 PM
コメント(0) | コメントを書く

全38件 (38件中 31-38件目)

< 1 2 3 4


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.