064184 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

新・ひーろー大好き日記

PR

プロフィール


スリッパ8343

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

初音ライダー剣(ブレ… New! RGM-122Rさん

☆【新世紀エヴァンゲ… New! ピカチュウ♪025さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.11.16
XML
カテゴリ:日記
「俺だって元警察官だ。俺に悪いと思うなら、動けるお前が俺の分まで市民を守れ


 どうも、スリッパです。
 先ほどtwitterはじめ、様々な情報媒体で、とある仮面ライダーの親友を演じてくださった役者さんのご逝去が伝えられました。

↓ナタリーの記事
https://natalie.mu/eiga/news/355508

 彼こそは平成ライダーシリーズ第16作『仮面ライダードライブ』で、主人公=泊進之介の親友である、早瀬明を演じれらました滝口幸広さん。

 作中、レギュラーと呼べるほどの話数の出演はありませんでした。しかし間違いなく重要なキャラクターであることに違いはありません。
 第1話の時点で、主人公の最高のバディだったのに、とあるきっかけで警察官を辞めなければならなくなった。主人公はそれを気に病んで踏み出せない時間が合ったり。そんな彼を助けたいと思っていたり。

仮面ライダードライブ 第1話「俺の時間はなぜ止まったのか」【動画配信】

 勝手な話ですが、実はこの「早瀬」という名前。初代『仮面ライダー』の主人公=本郷猛の親友と同じ名前でもあって。初代で私が一番好きなのも、その早瀬が登場する第3話。

仮面ライダー 第3話「怪人さそり男」【動画配信】

 これを読んだ人が「ネタバレだ!」と指摘する可能性も恐れずに書きますが、まさしく「子ども番組」とは思えないほど心を抉る物語です。高校生、大学生、社会人になった今でも、この話を観ると「これが正義の味方の辛さか……くそ」と涙がこみ上げてくるくらい。それゆえの哀愁がある、とも。
 たぶん仮面ライダーが「たとえどんな怪人が相手でも、人類の自由と平和を守るため悪と戦い続ける」と誓うことになった要因の一つでもあるのではないか、とも。
​ だから身勝手なことに、「この早瀬っていうキャラも……進之介の心を抉るピースになるんだろうか」と、最後の最後まで思っていた自分がいて。

 けれど、そんなことはなかった。むしろ初代が「早瀬、どうしてだ!?」と哀しみの涙を流す物語だったカウンターとして。この滝口さんが演じられた早瀬は「最後まで最高の親友を信じて、自分にできることを精一杯にやる男」として描かれたのかな、と。


 たぶん個人個人の好き嫌いがありますから、「仮面ライダードライブはぴんと来なかった」という人もいるかもしれない。
 けれど、少なくとも私は『ドライブ』が好きな側だし。その理由の一つに、主人公の”かつての相棒”である元警察官の男がいてくれたことがある。それだけは嘘偽りないこと。

 私にできることは、ほとんどありませんが。せめて役者としての彼がこの世に遺したものがあったと、こういった場所で書くことだけ。手向けにもならない行為ですが、勇気をもらった一人として。


 改めて、この場を借りて。
 滝口幸広さん。
 ご冥福をお祈りいたします。


 ではでは、今日はこの辺りで。



 感動をありがとう。






最終更新日  2019.11.16 18:22:22
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.