000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スローライフ・ブログ

PR

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

Aプロジェクト~真空管アンプ編

2009年08月01日
XML
出張のついでにアキバへ寄った。最近は給料も減っちゃったので・・・お小遣いも減っちゃって・・・新しいアンプを作る余裕もなく・・・計画はあるんだけどぽっ
まあ、ともかく手ごろな真空管(タマ)があったので買ってみました。
090801TRONAL-A.JPG
型式は出力管が2A3で、プリ管が6SN7TU-872LE-II用です。左側が現在常用の組合わせエレハモのゴールドでそろえています。コレに対して今回買ったのがTORONALというメーカーの右側です。出力管もプリ管もオソロです。値段的には、エレハモのゴールドの半分も行きません4割ぐらいです(だから買う気になったのですがぽっ)。もう一つ興味があったのは現在も生産されている真空管は、ほとんど中国製かロシア製(エレハモはロシア製)であとあるとしたら・・・JJのチェコ製ぐらいです。ところがこのTORONALはベルギー製というではないですか・・・とても興味があって買ってしまいました。ウィンク
090801TRONAL-B.JPG
ロゴの入っている面が一様ではなくバラバラみたいで・・・結果オーライ!TU-872に取り付けたらイイ感じにロゴが正面にきましたびっくり
最初の写真で分かるように2A3の方はエレハモとおそらく同じ構造です。そのせいであまり音の特徴も変化がないかもしれないと思ったのですが・・・6SN7の方はまったく違う構造でした。
090801TRONAL-C.JPG
トップは透明のままでサイドにゲッターが吹き付けてあります。それからプレートの形状がエレハモの比べると単純ですっきりした感じです。

とりあえず。JAZZ
クラシック
をエージングしながら聴いていますが・・・とても素直でダイナミックレンジも広くHi-Fiといえばそうなのだけれど・・・なんとなくこじんまりした感じです。チャンバーもの・・・弦楽四重奏とか聞くのが良いかも?ですクール






最終更新日  2009年08月01日 21時36分29秒
コメント(14) | コメントを書く


2009年06月29日
2A3という超有名な三極管(真空管=タマ)で現行の真空管(生産中)の中でずっと欲しかった・・・
Golden Dragon  の 2A3 Premium
090629Golden Dragon 2A3.JPG
ベースが黒で金色のシールが張ってある方です。白いタイトベースのは現在使用中のエレハモのです。けしてエレハモ(ロシア製)のゴールドが良くなかったわけではないのですが・・・
同じ製造元と思われる中国製の300Bプレートが黒いやつなんですねクールGolden Dragon は会社自体は英国ですかが、現在の製造元は同じ中国のメーカで・・・しかもコイツもプレートが黒。このブラック・プレートの300Bが値段の割に物凄く良かったから2A3でも期待してしまったのですぽっしかも単に同じ中国メーカー製の2A3ならもっと安く(1ペア=¥12000ぐらい)であるのですが・・・選抜球の Golden Dragon は普通、同じく1ペア=¥18000ぐらいなのです。普段なら安いほう買うのですが、この大好きな Golden Dragon のロゴガラス面にプリントされているのがゴールドなのです。Golden Dragon は他にも沢山真空管を出していますが・・・このタマだけがガラス面のロゴが金色なのです!びっくりというう分けで欲しかったのですが・・・昨日見つけてしまったのですアキバでびっくり、なんと1ペア=¥15000でした!コレはもう買うっきゃないでしょうウィンク
というわけで今これで聴いています。聴いているのは週一クラシックの今週の曲~やっとバロックを抜け出して・・・古典派・・・ベートーヴェンです。しかもシンフォニー
 第7番の方です。指揮はカルロス・クライバー、ウィン・フィルです。
名演で簡単に手に入るCDですが、金の龍で聴くと思いは一入なのでしたぽっ






最終更新日  2009年06月29日 21時13分25秒
コメント(8) | コメントを書く
2009年06月25日
090625電子回路シミュレータ.JPG
この本についている。電子回路シミュレータ TINA 7 で遊ぼうと思って購入してから早2週間・・・全然ページを開いていません。忙しいかったからね、ココントコ。しょんぼり
何をして遊ぶのかと言うところは・・・やってから書きますクール

真空管アンプの「しくみ」と「基本」
真空管アンプに興味のある(理系の知識のある程度ある)方にはお薦めです。






最終更新日  2009年06月25日 08時25分30秒
コメント(12) | コメントを書く
2009年06月22日
クール真空管のことを球(タマ)という・・・トランジスタやIC、LSIは石(イシ)という。
今回のは当然タマ、それも2つなのでタマタマだ。ウィンク
090622エレハモゴールド.JPG
新規購入は右側ので、メインのタマが2A3のTU-872LEII300BのTU-873LEIIの両方に使われているプリ管(電圧増幅管)の6SN7だ。写真右側のエレクトロ・ハーモニクスのが標準装備のやつ、今回のはそれのゴールドタイプピンが金メッキされているところが違うエレクトロハーモニクスのゴールドだ!ということでキ○タ○だな大笑いとか思いつつ。
090622ゴールドピンとは.JPG
側面のプリントが金色でベースが黒でなく茶色のベークになっている。でも中身のフィラメント等の構造は見た限り同じだ。たぶん普通の黒のタマの中から選ばれたタマの中のタマがゴールドになっているのだろうぽっ
肝心の音音符だが・・・今はまだエージング中なのでなんともいえないですが・・・黒タマよりも音の立ち上がりがよくなったように感じ・・・個体の特性かも知れないので、まだわかりませんクール
掛けている音楽は今週のクラシック~オペラです。
モーツァルト:歌劇≪フィガロの結婚≫ハイライツ
本当はベーム指揮の全曲版が指定されていたのですが・・・オペラはまた別にDVDで集めようと思っているので・・・ここはハイライツ版です・・・実はジャケットの絵が可愛くて・・・ジャケ買いウィンクです。






最終更新日  2009年06月22日 23時42分47秒
コメント(12) | コメントを書く
2009年05月27日
090521-6 Partitas.JPG
今週はこれ上矢印を聴いているのだが・・・真空管は
081119届いた真空管.JPG
2つもっている6L6CG、エレハモとJJを試した。プリ管はJJのECC88S
090526ECC83S.JPG
ベストチョイスのスピーカは
080716完成です.JPG
かな?いまのところ・・・






最終更新日  2009年05月27日 08時07分11秒
コメント(31) | コメントを書く
2009年03月24日
ビーム管&5極管用機材のTU-879S
左矢印KT88仕様が最近出ているのですね。びっくり
の電圧増幅管(プリ管)をいろいろ試しています(比較的お値段が手ごろなので)。ぺろり
090324-12AX7cci-gg.JPG
Golden Dragon の 12AX7/ECC83が手に入ったのですが、よくみるとぽっTU-879Sキットに添付のCCIのものと同じ構造です、音も変りませんでした。きっともとは両方とも同じ(中国)の工場製なのでしょう(SHGUANG~曙光製かな?)
CCIもGolden Dragon もセレクションしているだけで現在稼動の工場というのは限られているので・・・まるでシングル・モルト・ウィスキーのボトラーズと蒸留所の関係みたいです!びっくり
「数寄者(すきもの)」の世界は何処も同じという事でしょうか大笑い






最終更新日  2009年03月24日 11時01分07秒
コメント(10) | コメントを書く
2009年03月12日
クール今日は東京に出張で帰りにヤッパリ大笑いアキバに寄った。
090312今日の買い物あれこれ.JPG
ヨ○バ○カメラの中にあるTR(CD屋)をなんとなく覗いていた。一昨日のブログに書いたように。クラシック系の楽器ソロ演奏の音源を探していたが・・・そういえばオルガン(パイプ・オルガン)もあるのだなあと・・・コーナーを見つけたのでみているととりあえず790円で売っているCD発見びっくり!買ってきたのが上上矢印のだ。
クールそれから昨日のブログに書いたように、プリの真空管、変えてみたいのでこれもアキバで物色した。ほんとは300B2A3に使う6SN7を買おうと思ったのだが・・・ヤッパリチョッとお値段が張るしょんぼり(それぞれ2本づつ必要だから)・・・そこで割とメーカーのバラエティがあるTU-879S6L6GCKT88EL34に使う)用の12AX7/ECC83を物色した。もともとこのプリ管はメーカーによって音色が変わるので有名だからウィンク・・・楽しそうだ。それに本当はこの中の左端じにある Mullard というブランドの球(品質の高さで有名)がひさしぶりに入荷しているという情報で・・・これだけ買うつもりだったが・・・他も安かったので・・・右から12XA7LPS-Sovtek,ECC83S-JJゴールド,12AX7EH(エレハモ)ゴールド,最後に12AX7-Mullardと4本も買ってしまったウィンク
クールCDも真空管も安かったので、買ったのはまあ良いとして・・・
まずパイプオルガンのCD、買ってきて気が付いた「ロマンテッシュ?オーゲルムゼイク?」って・・・全部ドイツ語じゃねーか怒ってる?!ライナーも読めないよ~ォしょんぼり???再生すると中身はご機嫌大笑いでよかったのですが・・・どうしよう?ぽっ
真空管は・・・とりあえず全部オリジナルのエレハモ6L6GCをパワー管にして聴いてみたけど・・・よくよく見ると、JJ以外はみんなロシア製じゃん!
違いがでるのかなぽっ?と思ったけど、初見はかなりヤッパリ差があるってことが分かったびっくり。ただエージング不足なのでこれから4本エージングかい?と思うと気が滅入ってきたしょんぼり・・・さらに5型番7種類あるパワー管との組合せでの聞き比べ・・・ってそんなのやってられまっシェ~ン号泣!!!
安物買いの???にはならなかったが・・・買ったもの、余暇だけで使い(楽しみ?)切れるのかい(疑問)?

クールあッ、そうそう上の写真ンで右端の本二冊、
は今日読み終わったやつで・・・
こっちは、今日から読み始めたやつ。本のほうはカクテルネタ中心で行きます。マティーニ伝説の方の書評的なものはそのうちいずれといううことでウィンク






最終更新日  2009年03月12日 21時35分54秒
コメント(20) | コメントを書く
2009年03月11日
エレキットのTU-873LEII(以下3)TU-872LEII(以下2)だが・・・
090311-2対3-1.JPG
(ここで3が300B、2が2A3というパワー真空管のアンプだって事はいいですよね?ウィンク)
ほとんど聴いていても同じにしか聴こえないしょんぼり。勿論同じスピーカのとき。リアルタイムで切り替えてもまったくつなぎめすら分からない?びっくり
クール音には関係ないが、外観上の最も大きな違いはボリュームのつまみのバックライトの色と、このトップ・パネルに鏡面仕上げ板が最上位機種の3にはあるが2にはない点。
両方とも作ったので分かるが・・・エレキットのこのシリーズはできるだけ空中配線を廃してプリント基板化して製作性を向上しているのだが、実は2と3でまったく同じ基板を使っている。つまり基本の回路構成が同じだといううことだ。びっくりさらにお察しの通りドライバー(電圧増幅)管が6SN7EHで、型式だけでなくメーカまで同一だ、ついでに言うなら回路的にも使用部品の抵抗値はまったく一緒だ。コンデンサーに至ってはパワー管周りもまったく一緒だ。ちなみに回路図を並べてみると(詳細は著作権があるので判読でいないように解像度を落としているが)まったく一緒だ下矢印
090311-2対3-2.JPG
ここにマーカーした部分の(主に抵抗値と電源トランスの諸元だけ)が異なる。
よくよく考えるとあたりまえなのかもしれないが。パワー管をフルスイング(全力)で使っているわけではないので(リニアな部分だけ使ってる?)ほとんど変化がないのかなぽっ2A3300Bで(最低でもペアで1万円は違うのに・・・号泣)。とするとドライバー管の違いのほうがはっきりでるかもウィンク?今度はドライバー管を攻めてみますかねウィンク?パワー管換えるよりはお金が掛からないので・・・大笑い
とはいっても、このキット同士の比較でも2A3300Bで差が出ない訳ではなくて・・・フルレンジ必要とするシンフォニー
それと相対にある打ち込み中心の音圧が高い最近のポップス系
差が見えるので面白いのですがネクール






最終更新日  2009年03月11日 22時52分24秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年03月06日
クールとにかく長く引っ張りましたが・・・完成いたしました!
コレ下矢印は昨夜遅くの様子で、パネルなしのまま動作チェックの様子です。
090305電源ONで動作チェック.JPG
「恋も二度目なら♪手書きハート愛のメーェセェジ・・・」(←古いか?)というウわけで、何の問題もなく真空管を挿してすんなり、ほんとすんなり綺麗な音で鳴ってくれましたウィンク
実は300BTU-873LEIIとこの2A3TU-872LEIIではプリント基板が同一で配線も同じびっくりですので私にとっては2度目なのです。
ボリュームを照らすLEDがオレンジです。
このまま今朝までチャーリー・パーカーのCD
でエージングしちゃいました。
クール今晩は外見を仕上げます。
090306カバー装着!.JPG
といってもトップカバーを取り付けるだけですが・・・でもって予定の低位置に収めてみました下矢印
090306定位置確保.JPG
イイ感じでしょう大笑いTU-873LEIITU-872LEIIが並んでいる絵といううのも、なかなかないのではウィンク?パッとみてわかるように青鬼さん赤鬼さんです。自分で作っておいてなんですが・・・この光景にはうっとりしてしまいますぽっ。デーモン閣下の横顔も印象的でしょぺろり
とりあえず・・・聴き比べの前に怒涛の100時間エージングに入りますウィンク






最終更新日  2009年03月06日 23時34分47秒
コメント(14) | コメントを書く
2009年02月22日
作る作るといっていた・・・アンプ・セレクタ
やっと今日作りました。
090222スパゲッティ・シンドローム.JPG 090222内臓物.JPG
リード線の多さがすさまじいです!内部の配線も大変でしたが・・・
完成してからアンプ等のレイアウト変更がまた一苦労!今まで・・・12時過ぎまで掛かってしまいました。
090222完成.JPG
完成したセレクタは黄色い枠で囲った部分です。ア~ア疲れた大笑い
ちなみにマイルスのCD
ロイヤル・サルートの瓶がおいてあるところに、これから製作する。2A3のTU-872LEIIが入る予定ですぺろり






最終更新日  2009年02月23日 00時20分08秒
コメント(31) | コメントを書く

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.