000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

smartphonesのブログ

PR

プロフィール


smartphones

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.11.11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類



間違い1:二重マスクの着用


分析:二重構造のマスクを装着すると、安全性が向上しないだけでなく、マスクの気密性も損なわれます。 マスクは1枚ずつ装着すると効果的で、両方を一緒に装着すると摩擦で動かせるように設計されています。


生徒自身の顔の大きさに合ったマスクを選び、Disposable medical face shield品質管理されたものであれば、1枚のマスクを着用すれば十分です。


間違い2:あごまで引っ張る


長時間マスクをしていると、空気を吸うためにマスクを下ろす人が多いですよね。 これは、マスクの使い方としては、最悪の使い方ではないでしょうか!?


分析: サージカルマスクは、飛沫に付着したウイルスのほとんどが気道に侵入するのを防ぐことができます。 しかし、マスクをあごに移動させると、細菌が直接口の中に入ってきてしまいます。


間違い3:マスクの外側を手で触る


分析:マスクは有害なウイルスや細菌を防ぐバリアーであり、一番外側の層が一番汚れているはずです。


間違い4:使用済みのマスクをポケットやバッグに入れて持ち歩く


状況によっては、一時的にマスクを外すこともあります。 一時的にマスクを外した場合、どこに置けばいいのでしょうか? 鞄やポケットに入れる人もいます。


分析:ポケットやバッグの中には雑菌がいっぱいで、そこにマスクを直接入れてしまうと、病気の原因菌に汚染されやすく、マスクを着用することで病気になることがあります。


間違い5:マスクやアルコールを繰り返し使用する


ゴミを出すときにマスクをしていれば、たいていの場合は再び使うことができます。 しかし、マスクを外してアルコールを吹きかけて消毒する方が安全だと考える人もいます。


分析:アルコール処理されたマスクでは、素材の外側の層が変性し、唾液をブロックする能力が低下するため、マスクのフィルタリング機能が大幅に低下するか、あるいは失われてしまいます。


間違い6:マスクのノーズクリップがしっかりとはまっていない


分析:マスクが漏れているかどうかは、実はマスクをしていないのと同じなのです。 マスクを装着するときは、鼻を押し、あごを強く押すという2段階の作業を行いますが、強ければ強いほどよいでしょう。


マスクを装着する際には、息を吸うとマスクが少し崩れ、息を吐くとマスクが膨らむという気密性を確認するとよいでしょう。 鼻の下や頬から漏れている場合は、マスクの調整が必要です。


注目の記事:


一類防護類醫療器械醫用隔離防護面罩保護我們的安全!


医療用サージカルマスクの3つの消毒方法とは!


マスクの着用は、生活習慣として実践すべきものです!







最終更新日  2021.11.11 19:08:07
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.