1334323 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

中小企業診断士が通信制高校教師へ@埼玉

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

バックナンバー

プロフィール


でんすけ@スマイル

カテゴリ

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

お気に入りブログ

オットセイの診断士… オットセイ診断士さん
勉強って楽しいね 枝葉モネさん
横浜から世界をめざ… kuu2000さん
楽天 お買い得商品… きすけ223さん
松尾大生の独り言 まっつ0408さん
2008.12.11
XML
テーマ:ニュース(76426)
カテゴリ:science
地球の生命に欠かせないアミノ酸などの有機物が、隕石が海に衝突する際の化学反応で簡単に合成できることを、物質・材料研究機構と東北大学のグループが実験で確かめました。

現在分かっている原始地球の大気組成に基づいて、生命物質の合成に成功したのは世界で初めてだそうです。

アミノ酸などの起源については、米国の化学者ミラーが1952年に、アンモニアやメタン、水蒸気を詰めたフラスコ内で放電、アミノ酸などを合成した有名な実験があります。

しかし、原始の大気は、当時考えられていたようなアンモニアやメタンが主成分ではなく、二酸化炭素と窒素、水蒸気だったとする説が有力となっています。この組成では、ミラー実験のような化学反応は起きないことから、生命物質の由来は再び謎となっていました。

グループは、窒素ガスで満たした金属筒に水と炭素、鉄などを封入。超高速でプラスチック製弾丸を衝突させて筒の内部を瞬間的に約6万気圧に上げ、隕石の海洋衝突を再現しました。その結果、アミノ酸の一種のグリシンや、脂肪酸、アミンといった、生物の体を構成する基本分子が生成したそうです。

原始大気の状態で、放電などで生命物質が合成できなければ、それ以上の衝撃となると、隕石の衝突、となったようです。

昔、原始地球をおとずれた宇宙人が捨てたごみが、源との説を聞いた記憶がありますが、隕石の方がロマンがありそうですね。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ






最終更新日  2008.12.11 05:26:36
コメント(0) | コメントを書く
[science] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.