000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

中小企業診断士が通信制高校教師へ@埼玉

PR

X

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

バックナンバー

2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05

プロフィール


でんすけ@スマイル

カテゴリ

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

お気に入りブログ

オットセイの診断士… オットセイ診断士さん
勉強って楽しいね 枝葉モネさん
横浜から世界をめざ… kuu2000さん
楽天 お買い得商品… きすけ223さん
松尾大生の独り言 まっつ0408さん
2009.02.21
XML
テーマ:ニュース(94397)
カテゴリ:ねこ
マニラ発成田行きノースウエスト2便(ボーイング747-400型機、乗員乗客422人)が千葉県銚子沖で乱気流に巻き込まれたそうです。

同便は午後0時19分に成田に到着しましたが、44人がけがをしています。乗客の大半はフィリピン人だったそうです。

ノースウエスト航空によると、乱気流に巻き込まれたのは成田到着の約20分前。着陸態勢に入り、上空を旋回中のときで、シートベルトの着用サインがつき、機内アナウンスでもベルト着用を呼びかけていたとしています。

同社広報部は「原因については調査中だが、ベルトを着用していてもけがをする場合がある」とコメントしています。しかし、怪我した人の多くが天井にぶつかっていることを考えると、ベルトを着用していたとは思えません。

通常ベルトサインをつける高度3000mより高い4000mでの事故だったこと、トイレに入っていた人もいたことをかんがえると、着用サインが事故の直前だった可能性も考えられています。

「ガタガタゆれているときは、大きな揺れにならず、静かなときに突然くる乱気流が怖い」と航空会社のディスパッチャー(訳すと運行管理者でしょうか)の方に聞いたことがあります。いわゆるCAT(Clear Air Turbulence)ですかね。

今回も、このねこ(CAT)にやられたのかもしれません。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ






最終更新日  2009.02.21 15:42:08
コメント(0) | コメントを書く
[ねこ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.