000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

中小企業診断士が通信制高校教師へ@埼玉

PR

X

全357件 (357件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 36 >

医療

2021.05.08
XML
テーマ:ニュース(93447)
カテゴリ:医療
大阪産婦人科医会は、大阪府内で新型コロナウイルスに感染した妊婦が昨年3月から今年4月までに168人確認されたと発表しました。
人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO(エクモ))を使った重症患者は5人いたそうです。感染拡大で入院先の調整に時間がかかるようになっているとしています。
調査期間は昨年3月2日~今年4月25日で、大坂府内で妊婦の搬送調整を担う「産婦人科診療相互援助システム」に入る34医療機関と、新型コロナ治療を担うなどする4医療機関の38医療機関で調べたものです。新型コロナで治療を受けた妊婦の9割以上を扱っているとみられています。






最終更新日  2021.05.08 04:30:04
コメント(0) | コメントを書く


2021.04.10
テーマ:ニュース(93447)
カテゴリ:医療
京都大病院は、新型コロナウイルスによる肺炎が重症化し、約3カ月治療を続けていた患者に、家族から提供された肺を移植した、と発表しました。
新型コロナ感染後の患者への生体肺移植は世界で初めてだそうです。
京大病院によると、肺移植を受けたのは関西在住の女性患者で、昨年末に新型コロナに感染し、呼吸状態が悪化して、関西の別の病院に入院中でした。体外式膜型人工肺(ECMO)が必要な状態になり、ウイルス検査が陰性になった後も、後遺症で肺が二つとも縮んで硬くなり、元に戻る見込みがなくなっていたそうえす。
患者は肺以外の臓器に障害はなく、意識ははっきりしていました。家族から臓器提供の申し出があり、今月5日に京大病院に転院し、7日、夫と息子の肺の一部を患者に移植しました。
現在、集中治療室に入っていて、2カ月で退院でき、3カ月で社会復帰できる見込みだそうです。夫と息子の経過も良好としています。






最終更新日  2021.04.10 04:30:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.07
テーマ:ニュース(93447)
カテゴリ:医療
新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種に向け、東京都八王子市で5日、予約受け付けが始まりました。1回目のワクチンは対象者の約1%分しかなく予約が殺到し、開始からわずか約1時間半で定員に達し、締め切られました。同じく接種が始まる世田谷区は、まずは高齢者施設の入所者を対象にするそうです。
12日に高齢者へのワクチン接種を始める八王子市では、5日午前9時から始まった予約の受け付けでは、直後から電話が殺到し、混乱したそうです。
市内には接種対象の高齢者が約16万人おり、接種に必要なクーポン券はすでに発送しましたが、今週、市に届くワクチンは約1%の1950人分しかなく、予約が必要でした。
市は予約枠を電話とインターネットに分配しました。電話予約を希望する高齢者が多いと予測し、都外にコールセンターを設置して35台の電話で対応しましたが、受け付け開始直後からつながりにくくなり、1時間半で予約は終了しました。ネットも、わずか20分で予約枠が埋まったそうです。






最終更新日  2021.04.09 07:17:28
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.04
テーマ:ニュース(93447)
カテゴリ:医療
名古屋大学大学院の研究グループによると、尿に含まれる「マイクロRNA」という物質を測定すると、99%の正確度で脳腫瘍が診断できることが分かったそうです。
新たに開発した装置では、わずか1mLの尿で、脳腫瘍そのものから分泌されるマイクロRNAが判定可能になるそうです。
脳腫瘍は進行してから見つかるケースが多く、早期に発見し治療を始めることが課題となっていました。
今回の研究成果により、脳腫瘍の患者の生存率上昇につながることが期待されます。






最終更新日  2021.04.09 07:15:42
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.31
テーマ:ニュース(93447)
カテゴリ:医療
消費者庁は市販されている新型コロナウイルスの検査キットについて自己判断で使わないよう注意を呼び掛けました。
井上消費者担当大臣:「検査精度も保証されておりません。自己判断で感染の有無を調べる目的で使用しないよう注意が必要」とコメントしています。
量販店などで販売されている新型コロナの検査キットは国が認めた診断用の医薬品ではなく、研究用などとして流通しているものです。
消費者庁はこうした検査キットについて、精度が保証されていないとして自己判断で使わないよう注意を呼び掛けました。
また、消費者庁は研究用の抗原検査キットを「唯一認可され、輸入が許されている商品」などと宣伝していた2つの事業者に対し、行政指導を行っています。






最終更新日  2021.03.31 04:30:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.05
テーマ:ニュース(93447)
カテゴリ:医療
医薬品メーカーJCRファーマは4日、新型コロナウイルスのワクチンの原液を手掛ける工場を神戸市西区の工業団地「神戸サイエンスパーク」に新設すると発表しました。コロナワクチン向けの新工場は国内で初めてです。
神戸市から土地を購入し、平屋建ての製造棟と3階建ての事務棟を建設するそうです。7月に着工、2022年10月に完成する予定です。2023年から製造を始めるとしています。
この会社は、英製薬大手アストラゼネカが日本政府に供給する1億2千万回分のうち、9千万回分の製造を担う予定だそうです。






最終更新日  2021.03.30 18:42:14
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.07
テーマ:ニュース(93447)
カテゴリ:医療
ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)社は、開発したワクチン候補が、1回の接種でCOVID-19に対し強力な予防効果を発揮したというデータを公表しました。接種者の発症を予防する割合である有効率は全体で66%で、重症疾患の予防効果は85%にのぼるとしています。
ただし、留意すべき点が2つあるそうです。このワクチン候補の有効率は米国内で72%であり、ファイザー・ビオンテック社およびモデルナ社の2回接種ワクチンの有効率95%には及びません。
また、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチン候補は、南アフリカの治験では有効率がわずか57%と、免疫を付与する効果が低かったそうです。
南アフリカで発見されている一連の変異株は、世界のパンデミックによる死者数の増加を加速させる恐れがあります。ファイザー・ビオンテックとモデルナも、自社のワクチンについて同様の懸念を報告しており、コロナウイルスの新たな変異株が自社のワクチンを出し抜いた場合に備えて、異なる投与方法や処方戦略の研究を進めているそうです。






最終更新日  2021.02.08 07:11:49
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.04
テーマ:ニュース(93447)
カテゴリ:医療
米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省が12日に専門部会を開き、承認の可否を判断することを軸に調整しているそうです。
専門部会は承認を了承し、厚労省が審査を簡略化できる特例承認を実施する見通しだそうです。承認されれば、医療従事者への先行接種を今月中旬から始めたい考えだそうです。
ファイザーは昨年12月、厚労省に薬事承認を申請し、年内に約7200万人分を日本に供給することで契約を締結していて、1月末には日本で実施した160人分の臨床試験(治験)データを追加提出しました。
厚労省は海外の治験データと合わせ、ワクチンの有効性や安全性を審査しています。12日に専門家を交えた部会を非公開で開き、承認の可否を判断することになります。
ワクチン接種は無料で、対象年齢は16歳以上になる見通しです。政府は医療従事者の後、高齢者への接種を4月から進める考えです。その後、基礎疾患のある人らに接種され、一般国民へと続きます。






最終更新日  2021.02.08 07:10:02
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.03
テーマ:ニュース(93447)
カテゴリ:医療
新型コロナウイルスのワクチンについて、英製薬大手のアストラゼネカが最大9千万回分を日本国内で生産する方針だと発表しました。今春にも出荷の準備が整う見込みだとしています。
ワクチンの供給に限りがあり各国で争奪戦となるなか、多くを国内生産することで安定供給を目指す方針だそうです。
アストラゼネカは日本政府と1億2千万回分の供給で契約しています。関係者によると、このうち3千万回分は3月までに輸入される予定で、残りの9千万回分は日本国内での生産を目指すとしています。
ワクチンの原液はJCRファーマ(兵庫)がつくり、容器への充填などの製品化は第一三共やKMバイオロジクスなどが担うとしています。
ワクチンはアストラゼネカと英オックスフォード大が共同開発しました。英国では昨年12月に承認され、今年1月には接種も始まっています。臨床試験(治験)では、発症を防ぐ効果は平均70%と報告されています。日本でも、昨年8月末から256人を対象に治験を実施し、アストラゼネカは近く、厚生労働省に製造販売の承認を申請する方針だそうです。
日本政府は、米ファイザーや米モデルナともワクチンの供給契約を結んでいます。ファイザーのワクチンは零下70度、モデルナは零下20度での保存が必要ですが、アストラゼネカのワクチンは通常の冷蔵庫と同程度の2~8度で保存でき、接種を大規模に広めやすいとされています。






最終更新日  2021.02.03 04:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.25
テーマ:ニュース(93447)
カテゴリ:医療
九州7県と沖縄、山口県は、重篤な症状に陥った新型コロナウイルス患者を治療する人工心肺装置「ECMO(エクモ)」について、医療機関が県境を超えて広域で利用できるよう行政が支援する協定を結んだそうです。
医療機関同士で行ってきた利用調整を行政が担い、専門チームの派遣や重症患者移送・受け入れを可能にします。協定締結は昨年12月1日付で、複数の自治体がエクモの利用に特化した協定を結ぶのは全国初とみられています。






最終更新日  2021.02.02 18:01:53
コメント(0) | コメントを書く

全357件 (357件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 36 >


© Rakuten Group, Inc.