000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SmileHeartの笑顔日記

PR

X

Profile


smileheart

Recent Posts

Archives

2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月

Category

2013年03月29日
XML
カテゴリ:

毎日

何かしらの本を手にしている私ですが、

周期的に河合隼雄先生の言葉を

聴きたくなる(読みたくなる)時がやってきます。

 

今がまさにその時期のようで。

今回は対談集。

どっぷり浸っています(笑)

本当に不思議なのですが、

読んでいるその時の自分にぴったりとくるような

河合先生の言葉が飛び込んできます。

 

20130329_084612.jpg

 

「心の深みへ」の中では、

(柳田邦男さんとの対談集)

20世紀は計量、計測することができるものについては

急激に豊かになったけれど、

それで本当の幸福と言えるのか?

それに気を取られすぎて

計測できないものの価値(人の心=内面的なもの)を

忘れがちになってしまったのが

現代の大きな問題・・・

目に見えないもの、測れないものの価値を

よく考えながら「進歩」を考えていかないと

人の幸福はなかななか得られないんじゃないか、と。

日本人の生き方が壊された、

子どもが怒るのは当たり前、

枠組みにはまるはずがない・・・

勉強なんてできなくても好きなことをやってた子は

好きな人生を楽しんでる、

そういうことが本当の幸福だと

誰もが考えてくれるといい・・・

世の中は豊かになり

子どもに物を買ってあげたり小遣いをあげたり

という機会は増えているが

一番大事な心の交流が減っているのでは。。。

『子どもはお金で買えないものをくれるのを待っている』

・・・

もう、ただただ共感頷くだけ。

いや、しっかり心に留めておく。

 

また、

人が死ぬ時に迫る話や脳死の問題、

「魂」の話も興味深く、

(柳田さんの次男は25歳で自死を選び

11日間脳死状態が続いた)

というのも、

今私はNHKの朝の連ドラを見ていますが

主人公の夫が今まさに脳死状態で、

この対談を思い出しながら見ている。。。

科学主義的には説明がつかないところで、

大切な人との間だけで行われる

魂のレベルで対話が行われているんじゃないか、

などとテレビに釘付けだったりします。

そんなこんな様々な所で起こる

「偶然性」についても

詳しく対談されています。

 

私自身、実は日常生活の中で

「シンクロすることが多い」(シンクロニシティ=共時性)

と感じているんです。

偶然なんだけど同じようなことが同時に起こって、

それは何か意味があることじゃないかって感じること。

 

これは実は意識レベルの問題で、

本来なら誰もが無数に起こっているものだけど、

シンクロしていると感じるかどうかの違いだけじゃないかと。

河合先生曰く

「普通は単純に、いくつかの出来事の相互関係を

AからBという因果関係で結んでしまうけど、

それを縦に結ばずにあるがままに見ていると、

Cも、Dも、Eも、Fも、全部一緒に起こってるなぁ

というふうに見えますわね。そういうことは、もう、

皆にすごく起こってるんじゃないでしょうか。

だから、シンクロニシティがよく起こる人がいる、

という言い方されますが、むしろ私は、

そういうことがよく見える人、と言った方が

いいんじゃないかと思いますね」

と。なるほどなぁ。

視野を広く持てていて

わりかし感受性も強いってことにも繋がるのかな。

 

まだまだ興味深く共感する内容が

この本の中にはびっしり。

ご興味のある方は是非。お奨めです。

 

どの本をとってみても

河合先生のカウンセリングに対する真摯な姿勢が

随所に感じることができます。

心から尊敬します。

 

莫大な知識量をお持ちで、且つ

ユーモラスで謙虚な尊敬する河合先生は

残念なことにもうお会いすることは

不可能な存在ですが、

私にとっては

様々な場面で悩み迷った時の

指針とさせて頂きたい

大きな存在だということは

間違いありません。

 

これからも宜しくお願いします。

 







Last updated  2013年03月29日 10時17分46秒
コメント(0) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事


Freepage List

Calendar


© Rakuten Group, Inc.