552800 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SmileHeartの笑顔日記

PR

X

Profile


smileheart

Recent Posts

Archives

2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月

Category

2015年12月14日
XML
カテゴリ:

今年も

講師のお仕事は残すところ2件。

所属しているNPO法人から

いい感じのペースで講師依頼があり

本当に感謝しています。

自他尊重のアサーティブを様々な場所で

伝えていけるということは非常に嬉しい。

(今年は自治体の職員さんや支援職の方、

人権研修会や小学校の先生、そして

発達障害にかかわる皆さんなどが多かった)

とある小学校の研修担当の先生とは

様々な考え方で意気投合し、

通級での保護者会に呼んで頂いたり

お連れ合いの職場(別の小学校)にも

今月末に呼んでいただくことになっていて。

ご縁をうんと大切にしていきたいと思った

1年でもありました。

 

カウンセリングにおいても、

結果的にはアサーティブを共有し、

他者と諦めずに話し合っていくことで、

職場や家庭での人間関係が

少しずつ改善されている方が

増えていると感じています。

2週間に一度や月に一度のペースで

アサーティブの考え方や伝え方を

何度も復習しながら、

実際の問題を持ち込んで、

練習して帰られる方も少なくありません。

クライアントさんの、

葛藤しながらも、

懸命に自分の誠実な気持ちに向き合い、

そしてそれをどう伝えようかと考え、そして

実際に行動に移されている勇気に感動します。

うまくいかない時ももちろんある、

でも、

これまでと少しでも違う態度や言動ができた、

「行動に移せた」ことに

自己信頼感は間違いなく育まれていくのです。

失敗した自分もあり、

またトライしてみようという自分にOKを出す、

その繰り返しが自分を強くしていくのですね。

 

私も日常の中で

アサーティブに助けられること多々。

先日は初めて訪れた整形外科で、

ドクターの「忙しいからもういいでしょ」

というオーラに屈することなく

「お忙しいとは思いますが、

心配なことがあと2つあるので、

どうか詳しく教えて下さい。

ひとつ目は、、、」と

ドキドキしながらも率直に対等な姿勢で

聞きたいことを聞けた自分に拍手。

数年前はおどおどして聞けなかったんだなぁ。

などなど。。。

色んな場面で

続けてきてよかったアサーティブ、

と思えている師走であります。

 

そんな私から、

現在お勧めの書籍をご紹介。

「心が軽くなる!気持ちのいい伝え方」

(森田汐生 著/主婦の友社)

20151214_185436.jpg

私が尊敬&大好きな

アサーティブジャパン代表の新刊です。

(「気持ちが伝わる話し方」の改訂版です)

具体的な職場事例もたくさん出てきます。

お互いを大切にしながら

人間関係を築いていくヒントが

たくさんつまっています。

ご興味がある方は是非。

「アサーティブ」の本質がよくわかります。







Last updated  2015年12月14日 20時04分01秒
コメント(0) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事


Freepage List

Calendar


© Rakuten Group, Inc.