555306 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SmileHeartの笑顔日記

PR

X

Profile


smileheart

Recent Posts

Archives

2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月

Category

2017年12月19日
XML
カテゴリ:講座/AJ関連

12月9日(土)に

NPO法人アサーティブジャパン主催で

発達障害を持つ人(かもしれない人)にかかわる方々

(プライベートや仕事で) 

のためのコミュニケーション講座の

講師を務めさせて頂きました。 

 

伝えたいことが全て伝わったとは思いませんが、

これまでの自身の経験を含め

プログラムも懸命に考え、 

心をこめて精一杯お伝えしてきたつもりです。

(仲間の皆さんの沢山の協力に心から感謝します) 

 

内容は詳しくは書けませんが(個人講座ではないため)、

一番伝えたかったことは

特性のある方々に対しての心の持ち様です。

(詳しく書けず申し訳ない) 

どんな心構えで接するのか、

どうしたら上手く伝えられるか、など

事例を使いながら実際練習して頂きながらの2時間。

うまく伝えられたか。 

どんなに伝え方のスキルを持っていても、

根底に、 

「あなたの存在は否定していない、

もちろんここにいていい、

いい関係をつくっていきたい、わかりたい」

といった希望や愛がないと伝わらないということ、

2時間でどれだけ伝えられたか。

 

私たちは特性のある方に

ちょっとした嘘をついて(期限を前倒しなど)

何とか仕事や用事をやってもらおうとすることもある、

仕事上ではそれが対策ということももちろんあるし、

その人自身のためだと思っての「嘘」ということもある、 

(人間だから嘘をつくこともある)

ただ、 

毎回毎回が嘘では「できない人だから仕方ない」と

上から目線モードになってしまい、

関係は良好にはならない、それに

毎回嘘をつく自分自身も嫌になってしまうかも、

だから、

「できない人、しょうがない人」

だから嘘をつくという視点ではなく

「今回はしょうがない、期限を守ってもらうため

嘘をつこう、だが、徐々に出来る様になってもらいたい、

そのためには次はどんなかかわりをもとうか」と

次から出来る為の対策をご本人とも話しあい、

周囲の協力を得ながら、

自分も相手も決して責めない心を

是非持ち続けてほしいと思っている、

ということが

言葉足らずで上手く伝えられなかった。。。

これは後悔していること。 

 

一人で何とかしようと思わず、

周囲に協力要請をしてほしい。

関わってる皆さんが心折れないためにも、

そして周囲の皆さんで

心強い支援者になって頂くためにも。 

特性が強く出ているかた方は、

自己肯定感が低い方が多いと言われています。

叱られたり怒られたりする経験が多いから。

存在を認め続けることで、

一緒にやっていこうという気持ちが伝わることで

ご本人の中にも変化が起こり、

関係性も変化する事、

その結果仕事もスムーズにいく事もあります。

そんなことも

もっともっと話したかったなぁ。

小さい頃から息子と関わって下さってる皆さんが

どれだけ応援して下さってるか(現在もだ)

そんなことももっと話せたらよかった。

 

このプログラムがもっともっと進化し、

発達障害(かもしれない)にかかわる多くの方々に、

希望や愛を沢山お届けできることを

心から願っています。 

 

違いを認め合いながら

存在を認め合いながら話せる世の中に

なりますように。 

 







Last updated  2017年12月19日 14時21分58秒
コメント(0) | コメントを書く
[講座/AJ関連] カテゴリの最新記事


Freepage List

Calendar


© Rakuten Group, Inc.