555036 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SmileHeartの笑顔日記

PR

X

全60件 (60件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 >

2010年08月05日
XML
テーマ:お勧めの本(5530)
カテゴリ:

「発達障害に気づかない大人たち」(星野仁彦/祥伝社 新書)

発達障害に気づかない大人たち

「もしかしたら」と不安に思われてる方が非常に多いと感じる今日この頃・・・

ご参考になればと思い紹介しておきますね。

大人の軽度発達障害についてわかり易く解説してあります。

自己診断チェックリストもついています。

ただ、「発達障害は治る」と堂々と書かれているところは気になります。

(脳の機能障害と理解…勿論ソーシャルスキル訓練等で行動や態度が改善される事は多々ある)

本人と周囲の理解が不可欠であり、

その上で、どのような取り組み・関わり方をすれば皆が快適に暮らせるか、

そういったことも書かれていますし、

心療内科医の筆者ご本人もADHDの当事者であるということから、

どのようなサポートが有効かというご本人の実例も書かれています。

また、高校生や大学生の当時者、その保護者の方にも参考になるかと。

最近の大学側の取り組み方や、就労に関する問題点や取り組み姿勢も書かれていますので。

私の自宅近くにある大学病院には大人の「アスペ外来」がありますが、

初診希望者が大変多く、予約をとるまでに何カ月もかかるそうです。

不安な心を抱えて一人で悩んでいる方がいらっしゃいましたら、

二次障害が起こってしまう前に、少しだけ勇気を出して、

お近くの心療内科やカウンセラーに話を聴いてもらって下さいね。







Last updated  2010年08月05日 21時49分12秒
コメント(0) | コメントを書く


2010年07月22日
カテゴリ:

みんなと約束した通り、今日は一歩も外出せず、

家の中でゆっくりのんびりまったり過ごしましたスマイル

一歩も外出せず1日中家の中なんて、考えてみればいったい何カ月ぶりでしょう。

読みたい本は山積みなのですが、何故か『超訳 ニーチェの言葉』

ニーチェの言葉

ちょいミーハーですかね??^_^;

こんなのニーチェじゃない!などとニーチェ通には多々批判もされているようですが、

「超訳」なわけだしウィンク私のようなニーチェに詳しくない者でも理解し易く、

「なるほど」と唸ってしまう言葉の数々・・・

ぎゅ~っと凝縮された言葉を自分なりにじっくりゆっくり解釈&咀嚼しながら

自分自身を振り返るよい機会となりましたハート(手書き)

さ~っと読むのではなく、1日1つの言葉をかみしめる、くらいが良いかもしれませんきらきら

“真の教育者は解放する”・・・これは息子関連で考えさせられた内容でした。

『真の教育者とはあなたの能力をフルに発揮させてくれる人ではないか、

つまり「解放者」であるはず。ならば、あなたがいきいきと自由に、活発に、

能力を存分に発揮できるようにさせてくれる人こそが本当の教育者であり、

そこがあなたの学校だということだ』

現在ストレス性湿疹に悩んでいる息子…あなたの本当の学校は今の場所なのか?

試練の時なのかそれとも…またまた考えてしまいましたしょんぼりでも、

今はとりあえず息子の「自己治癒力」を信じて見守ると決めています…

もう少し息子の成長力を信じてみることにしましょうきらきら

「葛藤」の毎日ではありますが、「葛藤を引受ける覚悟」で

笑顔で焦らず少しずつ前進していけたらいい、と改めて思えた1日でした四つ葉







Last updated  2010年07月22日 20時12分02秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年06月09日
カテゴリ:

昨日の最悪の体調は

徐々にではありますが快復に向かっておりますのでご安心下さいね(^_-)-☆

自分の心と体を充分理解した上で

「病院に行こう」と決意し速やかに足を運ぶ、

という行動も『アサーティブネス』であることを、この本で再認識しましたウィンクハート(手書き)

(婦人科系が心配だったので本日婦人科に行って、安心してきました四つ葉

「自己主張トレーニング」

自己主張(アサーティブネス)トレーニング」(ロバート・E・アルベルティ/マイケル・L・エモンズ著)

1994年に初発行、原著から第九版の改訂新版・・・

アサーティブトレーニングのバイブルとして非常に高い評価を受けている1冊です。

(本来ならアサーティブネスを学び始めに読む本^_^;今頃読み終えた…これも又意味あること!

何度もお話ししていますが、「アサーティブネスについて忘れてほしくないこと」を

この本の中でもわかりやすく表現されていたので、

そのまま引用させてもらい今日はおしまいにしますねウィンク

明日もみなさんが笑顔で在りますように四つ葉

きらきら。~*きらきら*~。きらきら。~*きらきら*~。きらきら。~*きらきら*~。きらきら

アサーティブネスとは、人を操ったり脅かしたり、我儘を通したりするための道具ではないこと。

アサーティブネスは、自分の権利のために立ち上がり、対等な関係を築き、

怒りを表現し、他者とふれあい、好意を表し、より素直になる為の手立てであるということ。

そして何よりもアサーティブネスは、自分らしい自分に成り、自分に好感を抱き、

他者の権利に注意を払い、尊重していることを示す手立てのひとつであることを

深く心に刻んでおいて下さい。(「自己主張トレーニング」より)

きらきら。~*きらきら*~。きらきら。~*きらきら*~。きらきら。~*きらきら*~。きらきら







Last updated  2010年06月09日 22時01分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年06月01日
テーマ:お勧めの本(5530)
カテゴリ:

泣こう』(パットパルマー著・Disk Potato House訳 径書房)

「泣こう」

悲しいことがあった、とてもとても。

(この本の内容のように大切な人を失ったわけではありません)

ここにも書いてあったじゃない・・・

「悲しむことは悪いことじゃない。

悲しんでる自分を叱らないで。

悲しんでる自分を許してあげて。」

 

涙は心の雨。。。泣いて泣いて、

悲しみや苦しさや悔しさを

静かに洗い流してしまおう。

 

あぁ…感情を言語化してアサーティブに表現することは本当に難しい。

でも

ひとしきり泣いたら…不思議…少しだけ…笑顔になって前向けた四つ葉

私の気持ちを伝えたい人にどう伝えるのか、その後の自分の行動をどうするか??

今夜ダーと一緒に対策考える予定なのでご安心を。(内容をお伝えできまなくてすみません涙ぽろり







Last updated  2010年06月01日 17時33分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月26日
カテゴリ:

噂の「1Q84」(村上春樹 著/新潮社)、

文庫本は暫く出版されないとの噂を信じ先日3冊まとめ買い^^;

はっきり言って“村上ファン”というわけではありませんが(熱狂的なファンが多いそうで)、

これだけ話題になってれば本好きなら読んでみたくなります(ミーハーだなぁ)スマイル

「1Q84」と「リトルピープル」

全体的に比喩を多く用いた文章が特徴的?だったので、

じっくり読まない訳にはいかず(^_^;)、

乱読派の私にとっては珍しく結構な時間をかけて読み切った本でしたノート

読後感は・・・「不思議ちゃん」な感じ!?いいとも悪いとも何ともがな・・・。

単純に面白かったかそうではなかったか?と問われると前者かな。

これから読まれる方は、

ど~っぷりこのワールドに浸る(ハマる)という覚悟で読むといいかもしれない、

と私は思いますきらきら私はちょっこしそこが足りなかった気がします^^;

で、

今日の体重:ダイエット16日目-3.0キロ(昨日より変化なし…ホッ)

今日から息子の中間試験開始ノートえんぴつガンバレ~!!

今夜はリコピンたっぷり「トマト鍋」食事スマイル〆のチーズリゾットが美味ですよ~ハート(手書き)

くれぐれも食べすぎないよう注意して、3人笑顔でお鍋を囲みたいと思います四つ葉どきどきハート







Last updated  2010年05月26日 19時04分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月14日
テーマ:お勧めの本(5530)
カテゴリ:

怒ろう」(パットパルマー著)

「怒ろう」

いつも怒って悩んでるあなた、

手にとって読んでみてはいかがでしょう?

怒りは決して自分や他人を傷つけるものではない・・・

本来自分を守るためのもの・・・

もちろん持ってていい感情・・・

じわ~っと心に沁み入る1冊です。

今日クライアントさんにお貸ししましたきらきら何か感じることがあったでしょうか・・・

パットパルマーの本、他にも徐々にご紹介していきますね。お楽しみにウィンク

で、

本日の体重:昨日より-100g^^;(昨日のショックから立ち直っておりますのでご安心を)

5日間で1.5キロ減…まずまずでしょうか。土日気を抜かないよう気をつけねば(^^ゞ

そうそう、

明日からいよいよ「アサーティブネストレーナー養成講座」始まります目がハートちょっと緊張してます。

新しい出会いにわくわくどきどきハート(手書き)きっときっと笑顔になれるでしょう四つ葉







Last updated  2010年05月14日 21時34分37秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年04月23日
カテゴリ:

ルームより。

本の紹介が続いてますが^^;

午後のクライアントさんの予定が変更になった為再読しておりました。

「カウンセラーのためのアサーション」

「カウンセラーのためのアサーション」(平木典子・沢崎達夫・土沼雅子 編著)

http://www.kanekoshobo.co.jp/np/isbn/9784760895311

 

個人セッションにおいても、

これまでの来談者中心療法をベースに、

“アサーション”を上手に「心理教育」的なものとして扱い、

クライアントにとってより広い心理的援助ができる

「アサーションセラピー」を専門とするセラピストとして

これから活動していきたいと強く感じた次第です。

(H先生!やはりうつ病にも効果的セラピー(認知行動療法的)と確認)

 

さぁ、この学びを活かして・・・

本日最後のセッションに臨みます四つ葉







Last updated  2010年04月23日 17時48分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年04月22日
カテゴリ:

Image5881 (2).jpg

自分を好きになる本」・・・自己信頼の大切さを教えてくれますきらきら

おとなになる本」・・・自己決定の大切さを教えてくれますきらきら

夢をかなえる本」・・“夢をかなえる旅”に出ませんか・・・

全てパット・パルマー著(前、アメリカ アサーティブトレーニングセンター所長。)・

訳 eqPress・

画 広瀬弦

(日記で紹介した本は全てルームに置いてあります。ご希望があればお貸しいたします。)

 

あなたはあなたでいいんだよ・・・きらきら

私が最も伝えたいことがわかりやすくギュッと凝縮されて書かれていて感激ダブルハート

子どもたちだけでなく大人のみなさんも・・・

お気に入りの空間と時間の中で

じっくりゆっくり読んでほしいと願わずにいられません。

きっときっと

自然と笑顔がこぼれてくるでしょう・・・四つ葉







Last updated  2010年04月22日 19時29分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年04月14日
カテゴリ:

対話する家族」(河合隼雄 著 / 潮出版社)

「対話する家族」

河合先生が新聞や雑誌に書かれたものをまとめられた本ノート

家族についてのことばかり書かれてるわけではありません(^^ゞ

 

カウンセラーとしての自分を見つめなおしたい時…

参考になるのはやはり河合先生ピンクハート

本当にすごいお方と改めて尊敬きらきら(一度その存在にお目にかかりたかったなぁ)

私にとってはどの本読んでも確実に基本に(初心に)戻れる気がしますきらきら

 

来週は暫くぶりの教育分析(カウンセリング)スマイル

学院の先生とたくさん話して…さらに笑顔になる予定です四つ葉







Last updated  2010年04月14日 20時28分38秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年04月02日
カテゴリ:

おはようございます!

栄養ドリンクが効いたかな?

いつも通り元気いっぱいの朝となってますスマイルグッド

 

月下の恋人

月下の恋人」(浅田次郎/光文社文庫)

相変わらずふわふわっと・・・浅田次郎さん、な感じの作品ウィンクハート(手書き)

現実と非現実を行ったり来たりする感覚・・・

少々現実逃避気味だった今の私には、とても心地よい作品でしたきらきら

無意識のうちに今の自分に合った作品を選んでいることに驚き、また、

そうすることで自分自身を癒していることにも気付きましたハート(手書き)

やはり“本”は私の癒しグッズの一つですウィンク

 

さ、そろそろ今日も1日ぼちぼち頑張りましょうか^^;

仕事の後、又新宿で打ち合わせですウィンク

今日は風の強いはっきりしないお天気ですが…みなさんも1日笑顔でお過ごしください四つ葉







Last updated  2010年04月02日 09時33分03秒
コメント(0) | コメントを書く

全60件 (60件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.