000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SmileHeartの笑顔日記

PR

X

全95件 (95件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

講座/AJ関連

2013年06月04日
XML
カテゴリ:講座/AJ関連

隣県の人権研修会主催の講座

「お互いを大切にするコミュニケーション」

講師1回目へ。

 

人権研修会というくらいだから

いつもより堅苦しくなるのかと

緊張度合が増していましたが、

蓋を開けてみれば

小中学生のママたちが7~8割を占めていて、

(70代の男性、60代の女性、先生等もご参加)

とても明るく楽しい雰囲気の講座となりました。

 

アサーティブとは

人を人として尊重しながらの

人権思想が土台となっているコミュニケーション。

自分の気持ちや意見考えは

大したことない、つまらないものだからと

表現するのを諦めてしまうのではなく、

自分の大切な自己表現の権利として

扱っていいんですということ、

そしてその権利はもちろん、

向き合う相手にもあるということを忘れない、

相手の気持ちや考えを踏みにじらないということ、

お互いを尊重し合いながらの

コミュニケーションの考え方を

第一回目でお伝えしてきました。

 

法律や制度の上では

「人は誰もが自由平等で尊重される存在」

と謳われ、頭の中では皆さん充分理解していますが、

現実を見渡せば差別や格差はそこここにあるわけで。

頭でわかるだけでなく、

実際に心も中も変わり、そして、

今自分が実際にできることを

少しずつ行動に移していくことが大切だと思うのです。

すべての人がみな平等という世界になるには

それはそれは気の遠くなるようなことだと

わかってはいても。

 

一人でも多くの方がアサーティブを知って

本当の意味での自他尊重の態度、

コミュニケーションを自分の周りから

少しずつでも発信していくことが、

その小さな積み重ねが、

やがては差別のない社会、

人としての尊厳を大切にする社会の

基盤を作ることになると信じて

アサーティブの種まきをしています。

 

来週も

素敵な皆さんとお会いできること

楽しみにしています。

新たな出会いに感謝します。

 

それにしても・・・

また言われちゃった。。。

今回の宣伝用ポスターを見てくれた参加者の方、

「プロフィール写真、変えた方がいい」

って(苦笑)

あちこちで言われているので

ちょっと考えてみます(笑)







Last updated  2013年06月05日 07時55分04秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年05月30日
カテゴリ:講座/AJ関連

まずは

私の何十年かぶりの

本格的喘息は

点滴とアロマのおかげで

劇的に回復しておりますので

ご安心下さい。ご報告まで。

 

昨日は

「職場に生かすコミュニケーション」

3回連続講座の講師、最終回でした。

メインは「ほめること、ほめられること」

「自己信頼」。

 

この内容については

何度もこのブログで書いていますので

内容は割愛しますが、

いつどこで何度取り組んでも、

最後にはみなさんが、

「自分を本当に理解してあげられるのは

自分だけなんだよな、

自分はだめだと思っていたけど

結構頑張って生きてきてるじゃないか、

本当に本当に色んなことがあったけど

それを自分なりに乗り越えてきてる・・・

ここまで生きてるってこと自体がすごいこと、

ほんとよくやってるよ自分・・・」

・・・のような、

自分を認めて

これからも自分を大切な親友として

励ましたり慰めたり労ったりしながら

前を向いて生きていこうと

思って下さいます。

(そんなワークをしています)

まずは自分を大切に扱えることで、

周囲の方も大切にした

コミュニケーションが生まれてきます。

 

アサーティブの最終目標は

自己信頼を築くこと。

そのためにも

人権思想を土台とした

自他尊重の、

誰も責めることのない

コミュニケーションのスキルも

ひとつのツールとして

使おうと思った時に使えるように

なって下さるといいな。

 

今回の主催担当者は

せっかくお知り合いになった

参加者の方々のために、

また来月フォローアップとして、

わいわいと話す場を設けられるそうです。

すでにお申し込みが何人もあると。素敵。

 

年齢も性別も立場も違う方々が集まって、

なんかここに来ると

ほっとできるよなぁという場が、

アサーティブが共通言語の場が

各地に広まるといいなぁと

改めて思いました。

 

その種まきのためにも

これからも私なりに

(もちろん凹むことも多々ありますが)

ぼっちぼちとがんばっていきましょう。

 

またまた新たな出会いに

心から感謝した講座となりました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2013年05月30日 17時35分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月16日
カテゴリ:講座/AJ関連

5/16(木)

昨日帰宅したのは夜の11時30分。

そして今朝は7時前に家を出まして・・・

ダーさんはじめサラリーマンさんたちの

日々のご苦労が少し理解できた気がします。

 

今回は公務員の女性管理職対象の

コミュニケーション講座ということで

AJの代表とともに1日研修の講師として出向きました。

午前中は代表の理論のレクチャ、

午後から全員を半分にグループ分けし、

実践編(ロールプレイ)と自己信頼について、

4時間、1つのグループを私が担当しました。

 

中間管理職は上司からも部下からも

話を注意深く聞く必要性があり、

どちらの意見も取り入れながら、

人間関係にも注意を払いながら、

業務を円滑に進めていかなくてはならないという

本当に大変なお立場。

ストレスも半端じゃないだろう。また、

法律や制度は整えられ長い年月は経つけれど

まだまだ性別にとらわれている方も少なくない中で 

懸命に家庭と職場の両立を図ろうと

努力されている彼女たちを目の当たりにして、

少しでもアサーティブの考え方、スキルが

職場の中で役に立ちますようにと

私なりに伝えてきました。

人間関係を壊さず上手に伝えたり注意したりする方法を

いつでも使えるよう持っておくことが大切。

 

本当に皆さん頑張ってらっしゃるんです。

それはもう頭の下がる思いでした。

充分頑張ってる皆さんが皆さん自身をうんと認め、

自信と誇りを持って

これからの業務に取り組んでいただけますように。

 

色んな意味でとても勉強になった1日でした。

代表のレクチャも久しぶりに拝見し

やっぱりすごい!こうなりたい!と

感激もした1日。

このような場を与えて下さり

本当にありがとうございました。

これからも私も頑張ります!

 







Last updated  2013年05月22日 09時23分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月15日
カテゴリ:講座/AJ関連

5/15(水)

「職場で活かせるコミュニケーション」ということで

隣県の男女共同参画主催の講師を務めました。

連続3回目の1回目。

今回は夜の部。

 

こちらへは昨年度も伺ったことがあり、また

担当者の女性がとても素敵な方で、

今回お会いすることをとても楽しみにしていました。

再開した時には「やっと会えました~」と感動。

 

今回は働く人対象、そして夜の部ということもあり、

1/3が男性で占め、年齢も20代~60代と幅広く、そして

聴覚障害をお持ちの方も参加して下さり

(手話通訳の方も2名同行されました)

個性あふれる皆様と一緒に開催となりました。

 

アサーティブの基本的考え方は

自分の権利も相手の権利も大切にしながら

(感じる権利、考える権利、行動する権利)

誠実に率直に対等に話し合いを続けていくこと。

たとえ立場や価値観が違った相手だとしても

違いを認め合いながら

上から目線でもなく自分を卑下するのでもなく、です。

 

第一回目はそんな理論を学ぶことが中心の講座。

多様性の中で皆さんの眼差しが真剣で、且つ

目をきらきらと輝かせながらきながら「なるほど」「そうだよね」

とおっしゃる姿が印象的でした。

手話通訳さんがいらっしゃる講座は初めてでしたが、

聴覚に障害のある方はとてもコミュニケーション上手で、

そして受講生の方もとても協力的で、

わきあいあいと楽しく学べた講座になりました。

 

職場での様々なコミュニケーションの悩みを抱えながらも、

それでも何とか職場を風通しの良い場にしたい、

職場の皆と良い関係を築きたいという受講生の皆さんに

来週は相手に伝えたい内容を整理する方法と

実際どう伝えるのがアサーティブなのか、

スキルのポイントを頭と体に落とし込んで頂き、

実際に職場で使えるようになって

お帰りいただきたいと思います。

 

次回もまた元気な姿でお会いできますように。

楽しみにしています。

 







Last updated  2013年05月22日 06時43分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月02日
カテゴリ:講座/AJ関連

ご無沙汰しております。

何だかんだ何だかんだあり

今日に至ってしまいました。

 

先日の日記にも書きましたが

ヨーロッパのアサーティブの第一人者である

アン・ディクソン氏の講演会&ワークショップへ

前半GW3日間、連続でスタッフとして参加。

来日されて約1カ月に及ぶ講座の最終WS、

任務を遂行しながらも

アンさんの生のアサーティブを

聞き逃すまいと必死でした(笑)

 

3日間の学びは

いえ、今回の研修全てを通じての学びは、

やはりやはり「対等性」。

日本が、いえ世界がこんなご時世だからこそ

今こそ必要なものだということ。

その国々に根付いている文化や価値観は

すぐには変わることはないと理解した上で、です。

アンさん自身が誰に何を言われても

対等性は価値あるものと確信して、

そのマインドはぶれることなく

真のアサーティブを30年以上も

世界各国で伝え続けていて、

その理論の深さやスキルもさることながら

いかに自分に軸をおいたマインドを

自分の心のなかでしっかり持つことが大事か、

(相手が誰であっても

自分が本当に望んでいることは何なのか)

頭で理解することから心で信じることへ

移行することがなぜ必要なのか、

様々なデモストレーション(ロールプレイ)を通じて

深く理解できました。

 

2日間のWSの中で印象深かったことのひとつに、

私たちは他者から受けた攻撃を

黙って受けてしまった時、

その人自身に返すのではなく、

違う人や場所に(自分より弱い立場の人や安全な場)

今度は自分が攻撃してしまう、

(例えば職場で攻撃されて何も言えず

家に帰って子どもや家族にあたる)

そしてそれは繰り返されるということ、

これは個人間でも国家間でも繰り返される・・・

つまり、

攻撃は攻撃を生む種となってしまうということ。

 

アンさん自身、

もちろんアサーティブになれない時もあるが、

攻撃だけは絶対にしないと心していると。

そうなんだ・・・心に響いたなぁ。

不安や不満を募らせ攻撃しないためにも、

「今本当に言葉にしないことで自分は納得するのか、

ちくちくとしこりは残らないのか」と

自分に正直に問いかけることが大切だ。

しこりが残れば必ず大きくなって

安心できる人や場にぶつけてしまうから。

「攻撃は種となって次の攻撃を生みだす」

というシステムに飲み込まれないよう、

自ら種をまかないよう、

その場で今から意識し続けようと決意しました。

(安易に「今日は言わない」と決めないこと、

不安を抱きながらも

自分の気持ちを誠実に言語化すること、

攻撃しないということ)

そうすることで対立が減り、

対等な姿勢で向き合っていけるんじゃないか。

 

難しいことですが、

友人と一緒に「今日からやろう!」と決意し、

それをアンさんに伝えたところ

「excellent!」と言って下さいました!

友人とは1ヶ月ごとに報告会をする予定です。

 

やはり立場や価値観が違う人と

対等に向き合うためには、

特に相手が力がある人に対して

自分の気持ちを低く見積もらず

自分自身に「誠実」(正直)になることが大事。

スタートはやっぱり自分がどうしたいか。

 

アンさんのレクチャ、ファシリテート、

アンさんの存在全てが

これからも自分に誠実に、

そして攻撃することなく

話し続けていこうと、そして

これからもアサーティブを

一人でも多くの方に伝えていこうと

思わせて下さいました。

 

最後のお別れの時、

力強い握手と優しい眼差しで

見つめて下さったアンさん、

また来日されることを楽しみにしています。

お疲れ様でした、そして

心から、ありございました。

 







Last updated  2013年05月02日 17時56分55秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年04月18日
カテゴリ:講座/AJ関連

4/18(木)

アン・ディクソン氏のWSのスタッフとして参加。

自分が歳を重ねていく

その変化の中に身を置いている今、

自分を信頼し、

誇りを持って生きていくヒントを

たくさんもらった一日でした。

 

歳を重ねることについて、

(老いていくことについて)

じっくりとは考えたことなかったかもしれないな。

もしかしたら

向き合いたくない課題だったのかも。

私も少しずつ

身体的変化や心の変化は感じているのに

見て見ぬふりをしていたのかも。

 

社会の中では一般的に

女性が歳をとるということは

"価値が下がっていく"と思われがち、

(女性は若い方がいいよね~という価値観)

何だか女性は歳を重ねることが悪いこと、

とでもいうように。

逆に男性は年齢を重ねるごとに

社会的成熟度が増し

価値は上がると思われているよなぁ。

この考え方は、ほんと、

個人のだれかが悪いわけではなく

社会の文化がそう思わせているってこと、

そこに気付くだけでも、

もし年齢や外見に関して

批判的な言葉を投げかけられたとしても

「なにこの人失礼な!」という怒りではなく

「お、またあの文化がやってきたぞ」と

冷静に受け止められ

イライラ感もぐっと減るような気がします。

文化的な価値観は変えられないかもしれないけれど

自分自身で自分に対する態度は

変えることはできる!

自分の身体を自分の親友と思って

大切に扱うことが大切ですよね。

 

この社会システムの中で

自分なりに歳を重ねる楽しみを見つけたいな。

周囲が求めることはちょっと脇において

自分は何を求めているのか、

自分は何に価値を置いているのか、

自分の気持ちを確かめ素直に認めていこう。

そしてちょっと勇気を出して

自分の気持ちを言葉にしていこう。

 

それから、死期を迎えた人に

「後悔していることはありますか」と聞いた時、

一番に多い答えが

「自分の気持ちを伝えなかったこと」

なんだそうです。

私も大切な人に大切なことを言わずに後悔しないよう、

幾つになっても

自分の気持ちをないことにしないで

言葉にして話していくことを選択していこうと思いました。

 

おでこのしわやほうれい線は日々増え続けますが、

それも私が生きてきたという証、年輪、

そこには様々な苦労や経験が詰まっていて

そのおかげで今の私があるのですから、

しわもしみも愛おしいなぁと思える今日この頃。

 

66歳のアンさんは本当に良いお手本。

自然の流れを受け入れながら

自分が使える時間を

自分が本当に使いたいことに使えるよう、

そして使える時間の質を高められるよう、

アンさんをモデリングしながら

日々を大切に過ごしていこうと思います。 

 







Last updated  2013年04月22日 09時16分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月15日
カテゴリ:講座/AJ関連

前の日記にも書きましたが、

先週の土日は私が所属する

NPO法人サーティブジャパンの会員研修でした。

ヨーロッパのアサーティブの第一人者である

アン・ディクソン氏をお招きして。

(アサーティブジャパンの代表はイギリスで

アンさんのアサーティブトレーナー研修を受講し

日本に持ち帰りアサーティブジャパンを設立。

アンさんは、私たちの師匠の師匠です)

 

アンさんの講演会やワークショップは

数年前に参加したことがありますが

(実はダーさんと一緒に参加した)

会員研修は初めてで

前日から少々興奮しておりました(笑)

 

歳を重ねられ、ますます魅力的で

パワーを感じられるアンさん。

30年以上も世界各国で

アサーティブを伝え続けていらっしゃる

アンさんのレクチャとロールプレイには

トレーナーとして、一人の人間として、

本当に感動し心酔しました。

詳しくは書けませんが本当に深かった。

 

現代の「社会システム」の中で生きている私たち。

その中で、

私たち個人個人が

誰もが本来持っている

「内なる力」を強めそれを活かし

社会に働きかけていくために、

今とこれからの私にできることは何なのか・・・

今も考え続けています。

 

まずは、

私自身が、

私個人の抱えている問題に対して、

怖いけれども怖さを感じながら、

そんな恐れを感じている

弱い自分と向き合いながら、

問題から目をそらさずに

私自身が日々アサーティブに生きること、

これが一番大切なことだ。

弱い自分、それも自分。

なかなかそれを認められず

見て見ぬふりをしてしまう時もある・・・

自己開示できない時もある・・・

だからこそ出来るようになるために

日々アサーティブを学び

意識し続けてるんだよな。

 

まずは個人の問題に向き合うことが、

社会に一石投じることになる、

それを信じて

アサーティブトレーニングを続けているし、

これからも続けていく覚悟がある。

常に、

受講生の皆さんと一緒に

成長させてもらっている私がいます。

 

アンさん、

様々な深い学びと気づきを

ありがとうございました。

 

明日はアンさんの

1日ワークショップ「エイジングと自己信頼」です。

スタッフとして朝早くからの参加ですが

とてもわくわくしています。

あぁ、また楽しみだなあ。

寝れるかしら(笑)

 

 

 







Last updated  2013年04月15日 22時47分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月23日
カテゴリ:講座/AJ関連

3/23(土)

本日は男性のみ対象の

コミュニケーション講座の講師。

2回連続講座の1回目。

女性対象の講座は数多くあるけれど

職場以外での男性のみ対象の講座は

まだまだ少ないですね。

 

男女共同参画の時代と謳われ

今まで黙りがちだった女性が

誰しも自己表現の権利がある

ということをしっかりと認めながら

生き生きと生活していかれるための

お手伝いをさせていただく機会が

多くあることは嬉しいこと。

実は女性の皆さん、

現在では案外

「言い過ぎてしまう」悩みの方が多かったりします。

 

男性も男性なりの悩みはありますよね。

職場では雇用形態の多様化や企業の合併などで

様々な立場の方や

様々な価値観の方と

コミュニケーションをとらなくてはならないし、

また、プライベートにおいては、

これまでの日本社会が求める男性像に縛られ、

自分の本当の気持ちや意見はちょっと横に置き

男性だからと我慢して

しんどい思いもしてこられたこともあると思います。

 

男性だから、女性だからという考えに捉われすぎず、

まずは一人の人間として

自分はどう感じていてどうしたいのか、

自分の本当の気持ちや意見を大切にし

そして

相手の気持ちや意見も同じように大切にしながら

職場でもプライベートでも

ストレスをためないコミュニケーションがとれるよう

私なりにお手伝いをさせて頂けていたら嬉しいです。

 

男性はまだまだ

職場を離れた場所や、

お酒が入っている時以外は

女性のように(井戸端会議もしないだろうし 笑)

いっぱい話して上手にストレス発散する場が

あまりないように思います。

是非この機会に講座を活用し

たくさん話して

日頃のストレス発散の場にしてほしいです。

 

1回目の今回、ある受講生は

「3時間も何をやるんだろうと

講座が始まる前は不安だったけど

え?もう終わり?というほど

時間が速く経過して驚きました。

もっと練習がしたい。」

との感想を頂きました。

 

来週も是非楽しみながら

今後の日常生活に活かせるよう

ロールプレをしながら

自他尊重のコミュニケーションを

お伝えしていきます。

今後もっともっと

男性対象の講座が

増えることを期待したいです。

 

 







Last updated  2013年03月25日 09時28分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月15日
カテゴリ:講座/AJ関連

3/15(金)

(社団)発達心理ライフケア協会主催

「発達が気になる子のママのためのコミュニケーション講座」

講師を務めてまいりました。

少人数制サロン形式で(7名)

アットホームな会となり

とてもいい雰囲気でした。

 

発達障がいや或いはその疑いがある子の親は

毎日のように

家族やママ友や地域の方々や

教育機関や病院関係の方々などに

協力をお願いしたり、

連携をとったりと、

コミュニケーション力が非常に大切になってきます。

子どもを取り巻いている周囲の方々に

自分も相手も責めることなく

上手にコミュニケーションを取れるかどうか、これは

子どもたちが生きやすい毎日をおくれるかどうかの

鍵を握っているといっても過言ではありません。

 

それは私自身の経験からも言えること。

私がアサーティブコミュニケーションの講師を目指し

一人でも多くの方に知って頂きたいと思い、

伝え続けている理由、原点はここにあります。

 

私たちには誰もが生まれながらにして

所有している様々な権利(人権)があるということ、

それは誰もが行使していいんですよということ、

(自らの責任において)

そして誰もがかけがえのない大切な存在であり、

誰もが命の価値は同じで

誰もが大切にしてもらえる権利があるということ、

このような人権思想が土台となっているアサーティブ。

 

自分を責めなくていい、

まずは自分の権利を認め

自分の気持ちを尊重し、

心も体も大切に扱えるようになることで

周囲の方々も大切にしていくことができるということ、

これを今回のママさんたちには

是非とも知ってもらい考えて頂きたいことでした。

 

それから、

伝える前の心構え、権利を胸に、

どう伝えるのか、伝え方(スキル)も重要。

今起こっている事実(現実)が

発達が気になるお子さんにとって

どんなデメリットをもたらしているのか、

それを簡潔に相手に分かりやすく伝え、

それに対して自分はどう感じているのか、

だからどうしてほしいと思っているのか、

こうしてはどうだろうか、という意見を、

相手を責めず、また自分を卑下せず、

凛とした態度で伝えることができるよう

少しずつ、本当に少しずつ

一緒にトレーニングを継続していきましょう。

私なりにお手伝いをさせていただきます。

 

相手の権利を侵害することなく

自分の意見や気持ちを

相手に伝わるように伝えていけるよう、

少しでも私の存在がお役に立てたら嬉しい限りです。

どんな子どもたちも、

生きている喜びを感じながら

日々の生活を送ってほしいと心から願っています。

 

新たな出会いに感謝です。 

またお会いできることを楽しみにしています。







Last updated  2013年03月18日 09時40分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月12日
カテゴリ:講座/AJ関連

3/12(火)

男女共同参画での

女性対象の3回連続講座は

無事終了しました。

 

先週の反省点を活かして

変更したプログラム内容で

今回はタイムスケジュール通りに

進行することができてほっとしています。

参加者の皆さんがとても協力的で

みなさん笑顔で終了できたこと

とても嬉しく思っています。

 

それにしても今回は

妊婦さんの参加者が多かった。

臨月に入っていて

もう生まれてもおかしくないって方も(驚)

お腹の赤ちゃんも

一緒に講座に参加してくれて嬉しいなぁ。

アサーティブなママに育てられ

アサーティブな人に育ってくれることを

願っています。

大変な時にご参加下さりありがとうございました。

どうか元気に生まれてきてね。

 

3回の学びが

受講生の女性の方々の

社会参画の第一歩を踏み出す

お手伝いとなってますように。

応援しています。







Last updated  2013年03月14日 06時34分06秒
コメント(0) | コメントを書く

全95件 (95件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >


© Rakuten Group, Inc.