000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SmileHeartの笑顔日記

PR

X

全95件 (95件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

講座/AJ関連

2018年03月20日
XML
カテゴリ:講座/AJ関連
2年前から通っていた
都内の就労移行支援事業所での
アサーティブトレーニング講師、
私は先週水曜日が最終日でした。

4月から、
新たな講師に襷を繋ぎます。

2年間ずっと楽しくかかわってきた利用者さん、
途中で就職されてお別れした利用者さん、
色んな方の顔が浮かんできます。

お別れを伝えるのは正直辛かった。
「どこに行けば会えますか?」と
言ってくれる利用者さんもいました。
最後はみなさんと両手で握手して
笑顔でお別れしました。
(選挙活動みたいですね~と言われました・笑)

いち講師として、
週に一度の90分の関わりでしたが、
皆さんの一生懸命に取り組もうとする姿勢や
何度も繰り返す練習で上達していく姿に感動し、
教えている側ではありましたが、
本当に勉強になりました。
癒されました。

事業所サイドの要望も取り入れながらの授業でしたが、
私個人としてはやはり
少しでも自己信頼をUPしてほしいという気持ちで
毎回取り組んでいました。

これからの生活の中で、仕事の中で、
アサーティブに伝えるポイントを思い出し活用し、
生活の中で取り入れて下さるといいな。
周囲と良い関係性を築いていけますように。

そして、
色んな場所で
皆さんの長所を生かせますように。

会えなくなってもさくらさんは、
皆さんのこと、
ずっと応援しています。

みんなちがってみんないい。

皆さんお元気で。
2年間本当にありがとうございました。






Last updated  2018年03月20日 12時48分17秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年12月19日
カテゴリ:講座/AJ関連

先週の秋田への出張は

無事終了、というか、

とても楽しく終えることができ

本当に嬉しく思っています。 

(約500名の皆さんを前に緊張しました) 

 

講演させて頂いた中学校の

校長先生をはじめ先生方は

とてもフレンドリーで温かく、

良い学校なんだろうなぁと感じました。

生徒たちも本当に純粋でかわいい!

質疑応答では3人手を挙げてくれて

ほんと嬉しかった。

質問の内容も、考えさせられるもの、

笑えるもの、じ~んとくるものもと様々。

みんな真剣に聞いてくれたんだなぁ。しみじみ。

心を込めて返答させていただきました。 

生徒の皆さん、そしてPTAの方々、

これからの生活の中で

自分も相手も大切にしたコミュニケーションが

お役にたちますように。 

 

帰りには、先生方から秋田土産を頂きました。

その中のひとつの「ちーずがっこ」

IMG_20171219_142442.jpg 

なんだこれ!めっちゃ美味しいぞ!!!

いぶりがっこの燻しとしょっぱさとチーズが

絶妙なバランス!いや~うんまい。 

ビールにも日本酒にもワインにも

お茶請けにも合います! 

ありがとうございます!せんせい♬

早速、楽天でお取り寄せしちゃいました、20袋も(笑) 

23日の望年会in羽村(うち)で友人たちに振る舞います~♪ 

 

それにしても、秋田で巡り合った方々は

本当にあったかく優しかったなぁ。

(学校でもタクシーの運転手さんもホテルでも駅でも)

今年最後の、いえ、もしかしたら、

講師生活最後の出張になるかもしれませんが。。。

全国様々な場所に出張に行かせて頂きましたが、

ほんと、どこも全てが良い想い出ですが、 

今回、様々な意味で忘れられない場となりました。

幸せです。

 

講師として派遣して下さった

NPOの方々にも感謝したいと思います。 

 







Last updated  2019年03月25日 08時48分39秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:講座/AJ関連

12月9日(土)に

NPO法人アサーティブジャパン主催で

発達障害を持つ人(かもしれない人)にかかわる方々

(プライベートや仕事で) 

のためのコミュニケーション講座の

講師を務めさせて頂きました。 

 

伝えたいことが全て伝わったとは思いませんが、

これまでの自身の経験を含め

プログラムも懸命に考え、 

心をこめて精一杯お伝えしてきたつもりです。

(仲間の皆さんの沢山の協力に心から感謝します) 

 

内容は詳しくは書けませんが(個人講座ではないため)、

一番伝えたかったことは

特性のある方々に対しての心の持ち様です。

(詳しく書けず申し訳ない) 

どんな心構えで接するのか、

どうしたら上手く伝えられるか、など

事例を使いながら実際練習して頂きながらの2時間。

うまく伝えられたか。 

どんなに伝え方のスキルを持っていても、

根底に、 

「あなたの存在は否定していない、

もちろんここにいていい、

いい関係をつくっていきたい、わかりたい」

といった希望や愛がないと伝わらないということ、

2時間でどれだけ伝えられたか。

 

私たちは特性のある方に

ちょっとした嘘をついて(期限を前倒しなど)

何とか仕事や用事をやってもらおうとすることもある、

仕事上ではそれが対策ということももちろんあるし、

その人自身のためだと思っての「嘘」ということもある、 

(人間だから嘘をつくこともある)

ただ、 

毎回毎回が嘘では「できない人だから仕方ない」と

上から目線モードになってしまい、

関係は良好にはならない、それに

毎回嘘をつく自分自身も嫌になってしまうかも、

だから、

「できない人、しょうがない人」

だから嘘をつくという視点ではなく

「今回はしょうがない、期限を守ってもらうため

嘘をつこう、だが、徐々に出来る様になってもらいたい、

そのためには次はどんなかかわりをもとうか」と

次から出来る為の対策をご本人とも話しあい、

周囲の協力を得ながら、

自分も相手も決して責めない心を

是非持ち続けてほしいと思っている、

ということが

言葉足らずで上手く伝えられなかった。。。

これは後悔していること。 

 

一人で何とかしようと思わず、

周囲に協力要請をしてほしい。

関わってる皆さんが心折れないためにも、

そして周囲の皆さんで

心強い支援者になって頂くためにも。 

特性が強く出ているかた方は、

自己肯定感が低い方が多いと言われています。

叱られたり怒られたりする経験が多いから。

存在を認め続けることで、

一緒にやっていこうという気持ちが伝わることで

ご本人の中にも変化が起こり、

関係性も変化する事、

その結果仕事もスムーズにいく事もあります。

そんなことも

もっともっと話したかったなぁ。

小さい頃から息子と関わって下さってる皆さんが

どれだけ応援して下さってるか(現在もだ)

そんなことももっと話せたらよかった。

 

このプログラムがもっともっと進化し、

発達障害(かもしれない)にかかわる多くの方々に、

希望や愛を沢山お届けできることを

心から願っています。 

 

違いを認め合いながら

存在を認め合いながら話せる世の中に

なりますように。 

 







Last updated  2017年12月19日 14時21分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月21日
カテゴリ:講座/AJ関連

1/21(土)

カサンドラ症候群とは

アスペルガー症候群のパートナー

(あるいは他の家族間や他者とでも)

コミュニケーションが上手く築けないために、

自信喪失、うつ状態になったり

あるいは片頭痛や体重減少など

精神的にも精神的にも様々な症状が現れ

非常に苦しい状態のことです。

(いわゆる二次障害) 

どちらかが一方的に悪いという

問題ではありません。

(※アスペルガー症候群

 

友人であるアスペルガーアラウンド

代表のSoraさんは

ご自身の体験を活かしながら

カサンドラの方々のための茶話会を開催したり

様々なプログラムを考え実践されています。

そんな精力的なSoraさんからご依頼をいただき、 

カサンドラ脱出プログラム全5回の中の

第4回目「自分を知り、戦術を学ぶ」の午後の部で

(午前の部は女性弁護士による講義) 

「アサーショントレーニング」を実施いたしました。

 

3時間という限られた中で、

参加者の女性の皆さんに、

少しでも気持ちが楽になってもらえますように、

そして 

諦めずにパートナーに伝えていく

新しい方法のポイントを

1つでもお持ち帰り頂けますように、という思いで 

自分なりに今のベストを尽くしてきたつもりです。

IMG_20170123_184307.jpg 

 

16238052_1817472955173466_724786516_n.jpg 

実際に皆さんにお会いして感じたことは、

私が予想していた以上に、

深く傷ついていらっしゃる方や、

本当に疲れ切っている方が少なくなかった。

もう少し時間に余裕があれば、

いえ、なくても、プログラムを工夫し、 

もっと一人一人のお悩みに対応しながら

進行できたのではと後悔もあります。

(ご参加頂いた皆さんの感想は

アスペルガーアラウンドのHPに記載ありますので

よろしければご覧ください(→感想のページ)

 

なので、ご興味がある方には、今後、

私のルームで少人数でお話を伺いながら、

ご自身の実事例でロールプレイをしてもらう講座を

開催する方向で考えています。 

 

諦めずに、希望を持って、

自分もパートナーも責めずに、 

少しでも良い関係を築いていけるよう 

今日の講座の中で

ひとつでもヒントが見つかっていればいいな。

もしかしたら

トレーニングはまだ早く

「心の深い部分」を話し癒し

まずは自尊感情を高めていくことが 

最優先の方もいらっしゃると思う。 

これからは

講師であり、そして

もちろんカウンセラーとしても

かかわっていけたらいいなと思っています。 

またどこかでお会いできますように。 

 

(カサンドラ症候群かも?と感じられた方は

アスペルガーアラウンドへお問合せしてみてください。

まずはご自分の状況を聞いてもらう茶話会などあります) 

 







Last updated  2017年01月25日 06時43分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月16日
カテゴリ:講座/AJ関連

先週末、5回連続講師の初日の仕事へ。

朝早くに家を出て電車に乗っていました。

1本目の乗り換えはスムーズに終了、

安心して乗車していると、

次の次に乗り換える電車が人身事故のために

停まっていると車内アナウンスが。

(はい、結構遠くまで行きました)

え?!大変、講座に遅れたらまずい!と、

他の経路を検索しようと携帯を取り出したら、

なんと夫からラインで

電車運休してるから心配していること、

そして、

別ルートでの見事な乗換え案内までも

明確に提示してくれていました。

おお~~素晴らしい、ありがたい。

助かった、ほんとありがとねと返信。

 

素晴らしいヘルプに感激した、

というリアル話を講座の最初に話しました。 

より良い家族関係を築くための講座の初回に

こんな事例を夫よありがとう(笑)。

こんな対応を夫がしてくれるのも、

日々些細な事から大きな問題まで、

よく会話や対話をして

関係性が築けているからだと思うわけで。

今回も、前日の夜も当日の朝も、

〇駅で△の講座を×時~×事まで担当するんだけど、

あなたならどの経路で移動する?とか、

割と早く帰れそうだから

今夜はちゃんとした夕飯作るね(笑)、

何がいいかな~?とか、

日々聞いたり話したりしているわけです。

出張が多くて以前は無口だった夫も

家族間だけでなく、友人やご近所の方々とも

いい感じでよく話すようになりました(笑)

夫を観察していると

コミュニケーションっていつからでも

変えられるんだなと実感しています。 

(上から目線なわけではありません・笑) 

 

一番近くにいる人たちとは、

そんな日常の何気ない会話がとても大切。

自ら会話や対話を惜しまないってこと。

「どうせ言ってもわからない」とか

「嫌な顔されるくらいなら話さない方がいい」とか

決めつけや妄想・想像で

自ら話すことを諦めないこと、大切です。

言わないことのストレスはどんどん積み重なって

「顔も見たくない」「いやだ、嫌い」と

負の感情で満載になってきちゃう。 

 

長年一緒にいるんだから

言わなくてもわかるでしょ、

どうしてわかんないのかなぁ!と

か~っと腹が立つこともあります。

私も先日洗濯物の件で、ありました(苦笑)。  

だけど、ちょっと待てよ、

きちんとどうしてほしいと

具体的に伝えていなかった

私の責任もあるんですよね。 

 

それから

相手が変わってくれたらどんなにいいだろう、

そしたら自分だって。。。と

思っている方もいらっしゃるかもしれません。

ただ「相手と過去は変えられない」です。

だけど、 

「その言葉は言わないでこう言ってくれない?」とか

「後片付けを手伝ってほしいんだ」とか

自分の正直な要求を

(もちろん相手にとって可能な要求を)

口に出して、相手の心に届くように、

お願いしたり頼んだりすることは

何度でもできます。 

もちろん相手を責めずに落ち着いて。 

 

そんな上手な伝え方の具体的な方法を

今週末の2回目にお伝えしてきます。

家族間の問題は実は一番難しいです、

積み重ねてきた年月が長いので。

長年の問題解決は講座の中では

もちろん無理があります、なので、

どう伝えていくか「伝え方」を学んでいただきます。

大きく積み重なっている感情を細分化して

小さいサイズで一つづつ

相手に伝わるように

相手ができることを考えながら

丁寧に伝えていく。

そんなポイントを一つでも二つでも

掴んで下さりお持ち帰りいただけるといいな。

もちろん根底には、

家族といい関係を築いていきたいという

『希望』があるから伝えていく。

 

より良い家族関係を築くための

ヒントにしていただけますよう

次回も心を込めてお伝えしていきます。 







Last updated  2017年01月16日 19時22分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月24日
カテゴリ:講座/AJ関連

怒涛の10月も最終週に入りました。

あとひと踏ん張りだ、がんばろ~。

 

先週の金曜日に、

立川の生活訓練所すぺぃろさんでの

アサーティブトレーニング9回連続講座が終了しました。

なんて、なんてあっという間なのでしょう(驚) 

8月から毎週通っていた場所、

いつもお会いしていた方々に

会えなくなると思うと少々寂しいです。

 

毎回参加者の皆さんは

熱心に参加して下さいました。

何といっても盛り上がったのは、やはり、

自分の身近な事例で頼んだり断ったりの

ロールプレイ体験!

緊張されながら、変な汗かきながらも(笑)

真剣に練習され、回を重ねられるごとに、

本当に見事に上達される姿に感動しました。

体系立てた伝え方が理解しやすく

すぐに活用できそうで嬉しい、

実は本当に○○に伝えました、

多分伝わったと思います!と

おっしゃってた方もいました。

素晴らしい行動力です。

うんと自分を褒めてほしい。 

スタッフの方にご協力いただいた

デモストレーションも功を奏したのだと思います。

ありがとうございました。

 

頼む・断るのロールプレイにも感動しましたが、

最終回の「アサーティブに褒める」練習も

仲間の皆さんの本質を良く見抜いていらっしゃり、

率直に、しかも深い言葉で的を得た内容で、

お仲間たちを誠実に褒めていらっしゃった。。。

心から感動いたしました。 

褒め言葉を受け取る時の自分の癖が

わかったと言われていた方もいました、

癖は意識付けと実践で変えられます。

色んな方法で、少しずつ少しずつ

自己信頼を取り戻して下さることを

心から願っています。 

 

最終回終了後は

「続編をお願いします!」

「まだまだ先生のご指導が必要です!」等々

お声掛け下さった参加者の方々、

本当にありがとうございました。

参加者を含めスタッフや担当者様の

ご意向に添えたかどうかわかりませんが

これからの皆さんの生活の中で

アサーティブが少しでもお役に立ち、

この自分で少しずつでもやっていこうと

思って下さったなら幸いです。 

 

ほんと、もっともっと

継続してロールプレイで練習する場が

あったらいいなぁ。  

そしたら、もっともっと

自信をつけて下さることができる。

担当者さま、ご検討ください(笑)。

2ヶ月半、私も学ばせていただくこともあり

本当に楽しかったです。

また会える日まで、お元気で♪ 







Last updated  2016年10月24日 20時24分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月30日
カテゴリ:講座/AJ関連

数ヶ月前から

アサーティブな批判の対処や

怒りの感情をどうアサーティブに取り扱うか

というテーマの講師をさせて頂いています。

 

アサーティブを初めて学ぶ時には、

ちょっとした困りごとを

ぽんと頼んだり断ったりを

ポイントを入れながら練習し

自分も相手も責めない伝え方の基礎を

学んでいただきますが、 

応用編では、

かなり困っていることを

じっくりアサーティブに話し合うことに

取り組んでいただきます。 

難しい問題をじっくり話し合う場面では、

相手からの批判の言葉なども飛んできて

怒りの感情もわいてくる可能性もあるので

まずは

アサーティブな対話のテーブルにつけるよう  

批判の言葉の対処や

怒りの感情の取り扱いも学んでいただき、

ちょっとした練習もしていただいた上で

ご自身の課題でロールプレイに挑んで頂くのです。 

 

批判の対処も怒りの感情をどう取り扱うかも

非常に難しいテーマ。

私自身、アサーティブな対応を学ぶまでは

とてもとても苦手なテーマでした。

息子が幼い頃は、

子育てに関する批判も随分受けてきましたから。 

その怖いと感じる批判に逃げずに受け止めて、

何とか協力関係を築いてもらえないだろうかと

アサーティブに話し合ってこれたからこそ、

今の息子や私が在るといっても過言ではない。

(もちろん毎回上手くはできませんでしたが) 

 

当時は怒りの感情も感じないほど

日々、目の前のことに対処することで

いっぱいいっぱいだったように思う。

謝り続けることしかできなかったしなぁ。 

けど本当は、

心の中は怒りでいっぱいだったはず、と

今なら自分の感情を認められる。

そしてそれは「希望の怒り」だ。

どうしてそんなこと言われなくちゃいけないの?

どうして差別的な行動をとるの? 

いろんな違いを認め合っていこうよ、

誰も責めずに対話していこうよ、

誰もが排除されない対等な社会にしていきたいんだ、

そんな希望の怒りが

私の胸の奥底にはずっとあったはず。いや

あった。 

そのパワーがあったからこそ、

アサーティブを伝える講師にまでなった。

(実際講師になるとは想像もしてなかった・笑) 

 

参加者の皆さんには、

これらのことを自己開示しながら

心を込めてお伝えしているつもりです。 

怒りの感情は悪くない。

感じたその後、

攻撃に転じる行動に移すのではなく 

怒りをアサーティブに取り扱い

アサーティブに表現することで

社会を変えていく力にもなる。 

 

心から伝えたいことを

伝えさせてもらえる場を下さってるAJに

とても感謝しています。

参加者の皆さんに届いていますように。

皆さんが怒りの中に希望を見出いし

相手も自分も責めずに

前向きに話し合っていけますように。 

私ももっと皆さんの心に届けられるよう

これからも精進していきます。 







Last updated  2016年08月30日 19時56分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月05日
カテゴリ:講座/AJ関連

昨日から

生活訓練/就労移行支援施設「すぺぃろ」さんでの

アサーティブトレーニング連続講座が始まりました。

(今回はスマイルハート個人で請け負った講座講師です) 

 

1回目はスタッフ含めて9名で。

1時間30分の講座の中で

テキストの中で??と思った箇所は

どんどん質問をして下さる参加者の皆さん。

その取り組み姿勢にめちゃめちゃ感動。

「これまで長く講師をやっていますが、

このページでこんなに質問して下さった講座は

ほんとに初めてで、すごく嬉しいです!」 

と自己開示してしまいました(笑) 

20160805_100830.jpg  

 

予定では7回連続講座の予定でしたが、

1回目を終了した時点で、

随時質問を受け付けながら、

個々にじっくり対応しながら

のんびりゆっくりと取り組む方が

効果的ではないかと担当者と相談。 

結果10回連続講座にしましょうということに。

一人一人の皆さんとじっくり向き合い

進行していけるなんて、ほんと嬉しい。

ありがとうございます。 

 

皆さんが少しでも

自分の意見や気持ちを言語化し

相手を思いやりながら伝えられるよう、

そして少しでもストレスをためずに

日々の生活に活かせるよう、そして、

講座が終了する頃には

「なんか自分、できるかも、この自分でやっていこう」

と思って下さるよう、

毎回心をこめてお伝えしていきます。

 

次回も皆さんとお会いできること、

楽しみにしています。 

 







Last updated  2016年08月05日 22時59分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年07月02日
カテゴリ:講座/AJ関連

昨日、またひとつ

新たな場所で

アサーティブ・トレーニングの 

講師を務めさせていただけることが

決定しました。 

8月から8回連続講座です。 

 

その場所は立川市にある

障害福祉サービス・生活訓練「すぺぃろ」さん。 

20160702_135814.jpg 

担当者の方とは

多摩地区のとある支援職の会で 

1年くらい前に知り合い

名刺交換をしていました。 

私の存在を、アサーティブを

覚えて下さっていて

本当に嬉しかったです。 

 

様々な理由があって、

今は心の回復期だったり、 

今はちょっとお仕事お休み中だったりの

様々な利用者さん 。

みなさんの個性を尊重しながら、

利用者さんが、

「なんかできそうかも」

「今の自分でやっていけそうかも」

と、自己肯定感を少しづつUPしていけるような、

そんな、明るく温かな講座を目指して

取り組んでいこうと思います。

アサーティブが少しでもお役に立ちますように。 

皆さんにお会いできること、とても楽しみです。 

 

これからも様々な場所で

アサーティブが広がっていくように

地道に、本当に地道にですが、

活動を継続していきます。

そして 

ご縁に感謝し、

これからも人と人との

繋がりを大切にしていこうと思っています。







Last updated  2016年07月02日 16時16分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年05月12日
カテゴリ:講座/AJ関連

昨日より毎週水曜日、

また新しい場所での

講師の仕事が始まりました。

 

都内の就労移行支援事業所で

障がいを持つ方々への

ワークスキルトレーニングのプログラムの一つとして、

アサーティブトレーニングを実施。

(発達障害の方もいらっしゃいます)

 

毎回所属するNPOの講師陣3名体制で

伺わせていただくことになりました。

講師の1人に指名してもらえ有難いです。

(就労移行支援事業とは、

障害者自立支援法に定められた就労支援事業の一つで

企業などへの一般就労を希望し、知識・能力の向上、

実習、職場探し等を通じて適性にあった職場への

就労が見込まれる18歳~65歳未満の人に対して、

事業所内での作業訓練や、企業等での職場実習、

就職後の職場定着支援などを行う。

参照→http://fukushi-navi.jp/ikoushien.php)

 

先月一度見学に伺った時にも感じましたが、

こちらの事業所に通われている方々、

笑顔が多く明るい、そして

何より様々な取り組みに真剣に向き合ってる、

という印象が強かった。

利用者の皆さん挨拶もしっかりして下さいます。

スタッフの皆さんも明るく優しく時には厳しく、

利用者さんのこれからを本気で考えていらっしゃる

エネルギッシュな素晴らしい方々。

様々な場面で様々なトレーニングの成果が

出ているなと感じます。

(息子も通えたらいいな~と感じるほど)

 

障がいを持つ方々に、

今後就職先で即実践できるように、

ありがちな場面を色々想定し、

自分も相手も大切にしながら

上手なコミュニケーションがとれるよう、

何度も練習しながら定着できるよう、

お手伝いができたら嬉しいです。

(日常生活でも使える場面もたくさんあります)

そして、

20人以上の皆さんと

少しずつ関係性を築きながら、

毎回、自己肯定感を高めていけるような

ファシリテートをしていけるよう

これからも精進していこうと

気が引き締まる思いです。

 

緊張感がありながらも、

また新しい場所で新しい方々と触れ合える、

と思うとわくわくします。

まずはこちらの事業所さんで頑張らせていただき、

将来的には地元地域の事業所さんでも

お役に立てる講師になれたらいいなと思っています。

 

あらためて

みんなちがってみんないいな

と思った1日でした。







Last updated  2016年05月12日 21時03分10秒
コメント(0) | コメントを書く

全95件 (95件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


© Rakuten Group, Inc.