396245 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

(旧)信州伊那谷~笑顔あふれる家づくり

2008.03.04
XML
テーマ:住宅コラム(1466)

日陰に残る残雪と、黄砂の影響?なのか昨日から中央アルプスが霞んで見えます・・・
どうやら昨日は黄砂の影響もあったんでしょうが、昨日の午後中部電力の『オール電化セミナー』っていうのがあり、駒ヶ根市の菅の台まで行ってみると、雪が舞っていましたから山は雪が降っていたようです。
今日の写真は、これからリフォームをさせていただく飯島町のH邸の庭から見える景色です、春の代名詞の『黄砂』と雪の中央アルプス・・・冬と春が同居する信州伊那谷です。

さて先日の日記では、『開放的なプラン』って言いたかったのですが、うっかり明確なキーワードとして書きませんでした・・・

リビング階段や吹き抜けといった開放的なプランは、家族の気配が感じられたり、狭小敷地などでも、吹き抜けの高い位置からの採光が可能になったりと、優れた面を持っているので憧れる方も多いと思います。
その反面、どうしても冷暖房の効きが悪かったり、お料理の匂いなどが家中に拡がりやすいといった面も持っています。

匂いに付いては、キッチンの標準寸法に基づいて換気フードを設置し、お料理をする際には確実に運転をすることで防ぐ事が出来ます。
逆を言えば、きちんと換気をしなければ、どんなプランでも匂いの広がりは防ぎようが無いって言う事です・・・

では温度に付いてはどうなんでしょうか・・・
このシリーズの一番最初にも書きましたが、今までは寒かったり暑かったりすれば、当然冷暖房の助けを借りて強制的に快適な温度にしちゃう・・・?
でもそれじゃ環境に優しくないですよね・・・当然お財布にも優しくない(汗)
それでは、どうしたら快適で環境に優しい暮らしが送れるんでしょう?

先日も書きましたが、開放的なプランを今までの性能のままの家に計画したのでは、どうしても熱量が不足したり、何処からとも無く逃げてしまい『憧れちゃう~~』『でも寒そう・・・』って事になっちゃうんです・・・この方が上手い事を言っています


ここまで書けばもう判っちゃいますね・・・
『素敵~~』『それに快適~~』って具合に住む人が気持ちが良くて、楽しくなるような階段や吹き抜けを実現するには、空気の流れと熱の伝わり方を考える事が重要です。
住宅に求められる要素の中で、見た目のカッコ良さも当然重要な事柄ですが、そこに機能性が備われば文句はありませんよね?
要するにリビング階段や吹き抜けは、限られた熱を効率良く伝えるためのツールである必要があるって事です。

意味を持った形状は美しいものです・・・
今回のキーワードは『機能美』でいいのかなぁ・・・
またしても続きます・・・(汗)
◆隙間風はいただけませんネ・・・
人気ブログランキングへ
参加しています
笑顔あふれる家づくりのために応援よろしくお願いします
banner2[1].gif にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ 長野県ウェブランキング.gif
美しい信州の情報はこちらから
非公開のご意見・ご質問のある方は右矢印こちらから左矢印お気軽にどうぞ

以前登録して植えた?グリムスのって言うサイトの私の苗木が随分大きくなりました、期間限定?で興味のある方はこちらから・・・
このブログの記事にリンクして成長しているそうなんですが、どういう訳か楽天にはいろんなブログパーツが貼れないんです・・・(泣)






Last updated  2008.03.04 19:38:15
[環境に優しい暮らし] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.