396371 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

(旧)信州伊那谷~笑顔あふれる家づくり

2008.03.05
XML
テーマ:住宅コラム(1468)


伊那谷に春を告げる使者、福寿草の花が我が家の庭でもようやく咲き始めました。
奥に見える白い山はこの冬降った雪・・・未だに解けずに残っています
北国の春って感じですね

昨日のキーワードは『機能美』という事でした・・・
物には形がありますが、その物の形には本来持っている意味があると私は思います。
たとえば洋服の形・・・体を包む部分と、腕を通す袖、寒さや風を防ぐための襟・・・と言ったように、それぞれが持っている形は、どんな高級なオーダーメイドの洋服でも作業服でも変わりませんよね、そりゃあ高級な服は素材やデザインと言った面で作業服とは比べ物にならない差があるのは当然ですが、本来体を包む布である以上、基本的な部分は変わるはずが無いんです・・・

それは家でも同じ事です、雨を防ぎ直射日光を遮る屋根、風や寒さをを防ぐ壁、明かりや風を取り込む窓と言ったように、本来持っている役割があるのは皆さんご存知の事と思います。
って事は、本来家の各部分が持っている性能を上手く組み合わせれば、快適で環境に優しい空間が出来るって事になりますよね。
家の部品それぞれがあまり意味無くバラバラに配置されていたのでは、本来発揮するはずの効果が薄れてしまうどころか、それぞれの本来持っている効果すら無くしています、それぞれの機能が組み合わさって相乗効果を生み出してこそ、快適で環境に優しい暮らしが実現できるんだと思います。

環境に優しい暮らし【2】でも書来ましたが冬の間は『お日様の恩恵』を上手に取り込む窓の配置・・・
そして、その熱を逃がさない窓・壁・天井・床の構造と言ったように後からでは手を入れづらい家の構造体が重要になってきます。
また、環境に配慮するので有れば冬期の暖房は最小限の暖房器具で補う必要があるのですが、ここに先日から書いている『ヒートショック』を防ぐ温度差の少ない室内空間と言う要素を加えると、何処からとも無く進入してくる隙間風がどれだけ邪魔な存在であるのか、想像に難しくありません・・・

隙間風を感じると言う事は、何処からとも無く熱が出入りしているって事で、余計な風は対流となって温度差を生み、さらには見えない場所に結露を発生させる恐れまで持っています・・・

◆換気扇を回すと足元が寒くないですか・・・? 
人気ブログランキングへ
参加しています
笑顔あふれる家づくりのために応援よろしくお願いします
banner2[1].gif にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ 長野県ウェブランキング.gif
美しい信州の情報はこちらから
非公開のご意見・ご質問のある方は右矢印こちらから左矢印お気軽にどうぞ

もしかして長期化して、同じ事を繰り返していますかネ・・・
そろそろまとめる事も考えなくっちゃいけませんね(汗)







Last updated  2008.03.05 18:41:45
[環境に優しい暮らし] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.