000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

(旧)信州伊那谷~笑顔あふれる家づくり

2008.03.20
XML

チョット変わった夕焼け雲の写真・・・
実は一昨日の写真なんですがアップしてみます。
左は越百山、右は千涯嶺?だと思います・・・
そして中央にV字?Y字型の雲
右側には飛行機雲が伸びていました・・・判りますかネ?
近くで見ると巨大な飛行機ですが
こうしてみると、所詮人間の力など自然の前では、とてもちっぽけに見えてきます・・・

今までいろんな事を『環境に優しい暮らしシリーズ』で書いてきました。
しかし信州の片田舎に住む私個人の考えですから、全ての方にとって正解では無いと思いますが、何か1つでも参考になる事があったのなら幸いです。

家を造ると言う事は、暮らしを創るということだと私は思います。
物事を考えるときには、『5W1H』を考えると判りやすいって言われます
ご存知でしょうが・・・
When・・・(いつ)
Where・・・(どこで)
W
ho・・・(だれが)
What・・・(なにを)
Why・・・(なぜ)
How・・・(どのように)

家づくりを考える場合にも当然のように当てはまる事で、『お気に入りの場所で、将来にわたって、家族が笑顔で暮らせるために、etc・・・』ってな具合に考えていけば良い訳です。

そしてもう一つ加えて『5W2H』なんて考え方もあります・・・
最近ではそれが優先される場合もあるかと思いますが、ご存知ですか?
How Much・・・(いくらで)・・・
確かに予算があっての事ですから、大切な部分ではあるのは確かです。
実際に家づくりを考えるとき、これだけの予算で、この位の広さが欲しい・・・
私もよく言われる言葉なんです。

でもここでチョットだけ考えて欲しい事があります。
これまで我々は
いかに快適に、いかに使いやすくと言った事ばかりを追求してきました
ここに、環境に優しくって言うキーワードを加えて欲しいって事です。
そう難しく考える事は有りません・・・

ゴミの分別回収をする事もそうでしょう・・・

省エネの家づくりもそうでしょう・・・

地域の木を使う事もそうでしょう・・・

長寿命の家を造る事もそうでしょう・・・

まだまだたくさんありますが、挙げだしたらキリがなくなってしまいます・・・
全てを網羅する事ができれば最高かもしれませんが、皆さんが家を考えるときに、何処か頭の片隅にでも置いてほしいんです。

分別して出せば資源になるものも、ごちゃ混ぜで出せばゴミになってしまいます。
ゴミを分別しようと思うと、思いのほか場所が必要になるものです。

省エネの家づくりには、自然のチカラを上手く取り入れるプラン創りと、断熱材の使用は欠かせません。

地域の木を使った家づくりは、私たちの身近な山や川や海を守る事につながります。
薪ストーブなどの薪も立派なバイオ燃料ですよね。

大切な家も解体すれば最後は産業廃棄物になってしまいます。
長寿命の家を造ることは、ゴミの減量にもつながります。
一般的にヒノキ等の木材が建築用材になるまでに60年~70年かかります。
今までの日本の住宅の寿命は30年~35年と言われていましたが、木材よりも寿命の短い家を造っていては、森林資源の枯渇は目に見えています・・・

現在多くの国から輸入される木材ですが、日本では当たり前の植林って行為が行われないそうです。

過剰な伐採によって丸裸になったツンドラ地帯では、今まで樹木によって日が当たらなかった地表に太陽光が当たり、地球温暖化と相まって永久凍土が溶けています。

また、熱帯雨林のジャングルは、微妙なバランスの上に成り立っていて、過剰な伐採は強烈な日光が地表に届くと、乾燥が急激に進んで不毛の地になってしまいます。
不毛の地に時折降るスコールは、薄い表土を流してしまうんだそうです。

大量に輸入しないと輸送コストの占める割合も高くなってしまいますから、間伐など行われるはずもありません。
命の森を丸裸にされてしまう動物たち・・・
住む場所を追われ、伝統的な暮らしを捨てる原住民・・・

膨大な輸送コストをかけても、国産材よりも外国産材の方が安く手元に届くには、こうした事情が隠されています。

私たちが国内の樹で家を造るって事は、思っている以上に環境に優しいことなんです。

◆ヤバッ!終わりそうにありません・・・(汗)
人気ブログランキングへ
参加しています
笑顔あふれる家づくりのために応援よろしくお願いします
banner2[1].gif にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ 長野県ウェブランキング.gif
美しい信州の情報はこちらから
非公開のご意見・ご質問のある方は右矢印こちらから左矢印どうぞ

今日はお彼岸のお中日です・・・去年はこんな事を書いていました(笑)
お墓参りには行かれましたか?






Last updated  2008.03.20 15:38:39
[環境に優しい暮らし] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.