396054 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

(旧)信州伊那谷~笑顔あふれる家づくり

2008.03.22
XML
テーマ:住宅コラム(1464)


地球温暖化を抑制するには、様々な取り組みが必要になります。

でも最初から一人の人間が全ての事に取り組むなんて不可能な事です。
一人一人が出来る事から少しづつ取り組む事が大切ではないでしょうか?
皆さんご存知のように植物は二酸化炭素を吸収して育ちます、温暖化ガスを吸収してくれる木を育てるのも、温暖化抑制に貢献する一つの方法ではないでしょうか・・・

私はブログ記事を書くだけでバーチャルの樹が育ち、サイトと提携しているNGOが実際に世界の国に植樹をしてくれるグリムスに登録しています。
少しづつ大きくなってきましたが、まだまだこれからって感じです・・・

私が勝手に始めた『環境に優しい暮らしシリーズ』はめでたく?20回を持って一区切りとしたいと思いますが、グリムスの方は私がブログの日記を書き続ける限り少しづつ成長してくれることでしょう。

私は建築屋ですから、このシリーズで家づくりの視点から、地球温暖化の防止と快適な空間づくりのようなことを書かせて頂いたつもりです。
前回も書きましたが、家づくりにはこれが正解って言う一つの答えは有りませんし、ここで私が出すものでもありません・・・

家づくりは、住む人が主役であって、私たち建築屋はそのお手伝いをさせて頂くに過ぎませんし、建ててしまえば終わりと言うものでもありません。
住まいは住む人とともに成長していくものです。
手入れをしたり、ライフスタイルの変化によってはリフォームをしたりする事で、大切な家の寿命は格段にアップしていく事でしょう。

職人が作った履き心地の良い靴は、オイルを塗ったり底を張り替えたりする事で、何十年も使う事が出来ますよね?
でも、見た目は同じでも、安い靴はオイルを塗る必要の無い合成皮革に、磨り減ってしまうと補修の効かない合成ゴム・・・

職人が造った履き心地の良い靴は、一つ一つのパーツがしっかりと厳選され、手入れをする事で体に良く馴染みますし、万が一痛んでしまってもパーツを交換する事で、また靴としての機能を発揮してくれます。

靴と住宅を単純に比較してはいけないかも知れませんが、まるで住宅の縮図を見ているような話だと思いませんか?

それぞれのパーツを厳選し相性を良く考えて造られた建物は、愛情深くお手入れをする事で、その人の暮らしに馴染んで、住む人と一緒に成長してくれる事でしょう。

◆書きたい事はまだまだたくさんあるのに・・・(汗)
人気ブログランキングへ
参加しています
笑顔あふれる家づくりのために応援よろしくお願いします
banner2[1].gif にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ 長野県ウェブランキング.gif
美しい信州の情報はこちらから
非公開のご意見・ご質問のある方は右矢印こちらから左矢印どうぞ

大量消費・大量生産の時代は終わりました
本当に良い物を手入れをしながら長く使う事が、地球環境にも優しいんじゃないでしょうか?

このシリーズの一区切りとして、最後に一つだけ・・・
様々な考え方があると思いますが、
地球の資源は有限です・・・
私たちの暮らしは多くを化石燃料などに依存しているのは事実です。
以前ブログを通じて知り合ってコメントなどを交換させていただいている『あぶりしゃけさん』がこんな記事を書いていらっしゃいました。

私自身、最初はオール電化って結構お得で、環境にも優しいんじゃないかって思っていました。
でもほんの少し調べて見ただけで、いろんな問題がヒットしてくるんです・・・
核廃棄物の問題・・・
発電所から排出される廃熱の問題・・・
火力発電所から出されるCO2の問題・・・
巨大ダムを使った発電所が与える水質問題・・・

今思い浮かべただけでもこんなにたくさんの問題が出てきます・・・
環境に優しいって言われる太陽光発電も、製造時に膨大なエネルギーが必要になるために、思いのほか環境に負荷が掛かっていると以前聞いたことがあります・・・

じゃあオール電化は環境に優しくないの?って考えてしまうのも少し短絡過ぎるかも知れません・・・
私はこう思います・・・
オール電化住宅には素晴らしい可能性が秘められているって。

例えばバイオマスから、効率よく電気を取り出す燃料電池や、
私の町で計画されているようなミニ水力発電所や風力発電などなど、
環境に大きな影響を与える事のない発電所が出来て、
オール電化住宅に供給される事が出来れば
きっと環境にも優しく、快適な暮らしが実現する事でしょう。

こんな事を書いておきながらリンクするのも失礼かも知れませんが、私が良くお邪魔する『いい会社ってどんなだろう』を書いていらっしゃるsennjyou3033さんをこんなところで発見してしまいました・・・

新聞記事のリンクですからご本人からお叱りを受ける事はないと思いますが、
太陽光発電などの新しいエネルギー装置を設置するって言うことは、使う人の意識を変えていくんですよね・・・

今日はこんなに発電しているって嬉しくなったり大笑い
こんなに発電したのに今月はこんなに使っちゃった~~号泣
なんて具合に省エネへの意識が高まるって言います。
現実の費用対効果を考えると、
ペイするのには随分と時間が掛かってしまいますが、
私も予算が有ったら考えて見たい装置の一つです。

◆実は書きたい事がまだ有るんですが・・・(汗)
長いシリーズにお付き合いいただきありがとうございました。
これにて『環境に優しいシリーズ暮らしシリーズ』はひとまず完結?です。







Last updated  2008.03.22 20:26:13
[環境に優しい暮らし] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.