394189 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

(旧)信州伊那谷~笑顔あふれる家づくり

全6件 (6件中 1-6件目)

1

耐震補強工事

2008.02.02
XML
カテゴリ:耐震補強工事

今日の信州伊那谷は朝から雲に覆われて1日中曇り空でした。
晴れてくれれば気温も上がるのでしょうが、この天気ではそれも無理そうです。

普段は晴れた空の下、青と白のコントラストが美しい中央アルプスの写真ばかりアップしていますが、今日は雪荒れで曇った中央アルプスの山並みをアップしてみました。

確かに綺麗な青空の山並みが美しいのは確かなのですが、当然晴れた日もあれば曇った日や雪の日があるんです、場所が変われば見え方が変わり、天気が変われば表情が変わる・・・
こうした天気の日があるからこそ、晴れた日がより嬉しくなるってものでしょう。

普段見慣れている角度と違うので良く判りませんが『宝剣岳』?の稜線が浮かび上がって見えます。気のせいじゃないと思いますが・・・(汗)

それにしても寒い一日でした・・・
IMG_1543.JPG
こんな日は事務所でストーブにあたりながら図面でも描いて・・・
と上手く行かないのが仕事ってものです。

この寒空の中、隣村まで耐震診断の現地調査に行ってきました
ずいぶん前の日記に書いたことがありますが、長野県では耐震補強工事をする際、一定の条件を満たせば市町村から60万円を限度に工事費の半額を補助してくれる制度があり、補助金を受ける際の第一条件が長野県指定の耐震診断士が診断をすることになっているんです。ちなみに昨年工事をさせて戴いたKi邸も補助金を申請させていただきました

現地調査は6件、順番に現地調査をさせて戴きましたが、状態は様々・間取も様々なのですが、全てのお宅に共通する事は基礎・・・!

当時の基礎は殆どが布基礎、尚且つ鉄筋が入っているのは稀・・・
20080202104558.jpg
と来れば、悲しいかな・・・こうした場所にはお決まりの亀裂です!

仕方ないといえば仕方ないのですが・・・これでは地震が来た時には建物の重量をしっかり受け止める事が出来ませんね。

建物は内装やデザインばかりではありません、たまには見方を変えて構造に目を向けてみてはいかがでしょうか・・・
◆是非基礎の亀裂のチェックを・・・
人気ブログランキングへ
参加しています
笑顔あふれる家づくりのために応援よろしくお願いします
banner2[1].gif にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ 長野県ウェブランキング.gif 
美しい信州の情報はこちらから

非公開のご意見・ご質問のある方は右矢印こちらから左矢印お気軽にどうぞ







Last updated  2008.02.02 19:39:30


2007.04.28
テーマ:住宅コラム(1441)
カテゴリ:耐震補強工事

耐震補強工事が終了しました・・・

4月上旬から着工させて頂いたこのお宅の補強工事も、何とかゴールデンウィーク前に完成させることが出来ました。

今回の工事では、家全体のバランスを取る為に、南側に耐力壁を設けました。

その為に窓が少々小さくなってしまいました。

日本の住宅では、採光や間取の関係で、南側に大きな窓をとる場合が多く見られます。そして水廻りは北側に集中し、割りと壁が多く、窓も小さくなります。

今回工事をさせて頂いたこのYo邸も、やはり北側の壁の量に対して南側の壁の長さが足らず、バランスの良くないお宅でした。
20070427172555.jpg
今回の工事では、
1、住宅の『剛芯』『重心』の偏心距離を近付ける。
2、水平抵抗力を上げる
3、基礎の亀裂の補強
4、老朽度の評価アップ

Yo邸は少しずつ手を入れてあり、痛みやすい水廻りなどは以前にもリフォームをされていて、今回住宅内部はあまり手を入れることなく、家の外部から、各項目の数値を上げていくことにしました。

とは言っても、ほとんどが関係してくる工事なんです、

耐力壁を作るには、外壁を解体したほうが効率的⇔外壁に痛みがあって補修したい⇔外壁からの雨漏り解消!!といったような具合です。

今回の工事は、以前の記事で紹介した、長野県の『住まいの安全「とうかい」防止対策』事業を利用しました。

一定の条件さえクリアすれば、60万円を上限に工事金額の半分まで補助金が交付されます。

もしもの事を考えておく事も大切です、皆さんのお宅は大丈夫ですか?


このブログの記事にご意見、要望、
興味のある方は、お気軽にコメントを残してください。
非公開のご意見ご質問の方はどうぞこちらから。
匿名、ハンドルネーム大いに結構!です、
直接返信をご希望の方はメールアドレスをお忘れなく
多くの方に笑顔のあふれる家づくりをしてもらう参考になればと思い
ブログランキングに参加しています。
クリックすると参考になる情報が一杯です
下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印
banner2[1].gif
応援クリックありがとうございます

 







Last updated  2007.04.28 10:07:40
2007.04.10
テーマ:住宅コラム(1441)
カテゴリ:耐震補強工事
昨日から工事に入らせて戴いています飯島町のお宅の写真です。

悩み事でも有るんでしょうか?真ん中で一人うずくまっています…

いえいえ、この職人さんは、基礎の補強工事のために、家の回りにあるコンクリートの土間を壊しているところなんです。
壁の補強も大切ですが基礎はもっと大切です。大きな亀裂が入っているところの補強も今回一緒に補強工事を行います

それにしても、断熱材が入ってませんね~

昔の家はあまり断熱材を入れてありませんでしたが…

まったく入って無い建物を見るのは久しぶりです。
どうりでお施主さんが寒い~って言っていた訳が判りました






Last updated  2007.04.11 08:24:20
2007.04.09
テーマ:住宅コラム(1441)
カテゴリ:耐震補強工事

今日からまた1件工事に入らせて戴きます。

今回の仕事は、耐震補強の仕事

以前、飯島町で行われた耐震診断で私が担当させて戴き、診断に伺ったお宅です。

公共の耐震診断ですから「営業禁止令」が出ているので、今まで耐震補強の営業に廻った事は無いのですが、今回お施主さんの方から連絡を戴き工事をさせていただく事になりました。

今回は、耐力壁の増設と、外壁の補修、割れてしまった基礎の補強などです。

日本の住宅は、どうしても南側に大きな窓を取った家が多く、バランスが悪い家が見受けられます。

地震の際に1番問題になるのが、住宅の剛芯と重心の位置です、これが大きくずれていると地震で建物が揺れた時に大きな被害が発生します。

補強だけを考えるのでは無く、外壁のリフォームなどと一緒に考える事で家も長持ちし、評定が1.0未満の場合市町村から補助金も支払われます。

詳しい工事内容はまた日記に載たいと思います。



ブログランキングに参加しています。
下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印
banner2[1].gif
応援クリックありがとうございます







Last updated  2007.04.09 05:01:09
2007.03.28
テーマ:住宅コラム(1441)
カテゴリ:耐震補強工事

ここのところ慌ただしく、ブログもなかなか思うように更新できずにいます。

能登半島沖地震に被災された皆さんには心よりお見舞い申し上げます。

先週の日記でもお知らせしましたが、年度末を控え長野県の事業で宮田村の耐震診断の提出期限が、26日の月曜日でして・・・

今回は簡易診断と言う事で、現地での診断も短時間で済み、事務所に帰っての作業も、
精密診断に比べれば簡単なのですが・・・

何せ、住宅の所有者となかなか連絡が取れなかったり、相手方の都合がぎりぎりの26日の朝だったり・・・

結局、月曜日の朝最終の耐震診断の現地調査を行い、事務所に帰ってからパソコンで処理を行い、何とか期日までに提出する事が出来ました・・・うっしっし

今回の地震でも、何件かのお宅が不幸にも倒壊してしまいました

不幸にも倒壊してしまったのには、共通点があります。



1、昭和56年以前に建てられた建築物(たぶん・・・)

2、耐力壁(筋交いの入った壁)の配置に偏りのある建築物

3、土台、柱に腐食などが見られる建築物


私は実際に現地で調査した訳ではありませんが、大きく原因を分類すると上記の要素が少なくともどれか一つは含まれていると思います。

実際には、地盤の影響なども含まれます。

皆さんのお宅は上の3つに当てはまりませんか?

長野県の市町村では、無料の耐震診断を受けたお宅の中から、

一定の条件を満たせば、60万円の補助が降りる事業を行っています。(昭和56年3月以前に建てられたお宅に限ってですが・・・)

場合によっては、申し込みを終了してしまった市町村も有るかもしれませんが、東海地震の強化地域に指定されている市町村では、受け付けてくれる事と思います。

「天災は忘れた頃にやって来る」
「備えあれば憂いなし」
昔から言い古された言葉ですが、まさしく今回の能登半島沖地震が教えてくれた教訓ではないでしょうか。


ブログランキングに参加しています。
しかたないな~~って思っていただいた方
へ~そうなんだ~~って方
ふん!そんな事しってるよ~って方
下矢印下矢印下矢印下矢印
banner2[1].gif
クリックして応援ありがとうございます

 







Last updated  2007.03.28 06:48:55
2007.03.21
テーマ:住宅コラム(1441)
カテゴリ:耐震補強工事

私は、長野県の木造住宅耐震診断士をやらせていただいています。

年度末も近付き、私の住んでいる飯島町の隣村の中川村と、宮田村に数件づつ診断に伺っています。

私が行っている耐震診断は、各市町村からの依頼によって行われているのですが、

住宅所有者からの費用負担は無く、基本的に私達の報酬は市町村から支払われるようになっています。

診断に行って見ると、増築や改築などで、もともとの建物のバランスを崩してしまったお宅が多く見られます、
一番心配なのは、元々平屋だった建物に2階を載せた建物です、

元々平屋の建物に1階の補強もせずに2階を増築したのは、
例えれば、足腰の弱っている人が、もう一人を肩車しているような物で、
ちょっと足元がふらつけば、すぐにでも倒れてしまいます。

本来なら我々人間を守ってくれる住宅が、地震の際に人間の命を奪うなんてあってはならない事です。

診断は無料です!実際に補強をする際には、
60万円を限度に、工事費の半分の補助金が支払われます。

補強だけを考えると高い金額かも知れませんが、外壁や内部のリフォームと一緒に考えれば、そう高い金額ではないのではないのでしょうか?

大きな地震はいつやってくるか判りません・・・
心配な方は各市町村に相談してみてください、きっと対応してくれると思います。

左側の「メッセージを送る」でメッセージを送っていただければ、非公開で私の所に届くようになっています、

匿名でもハンドルネームでも結構です。私で良ければ相談に乗らせていただきます、
個人的に返事を希望の方はメールアドレスをお忘れなく!


そんな事知ってるよ~~って方も
ふ~ん参考になったな~~って方も
応援のクリックありがとうございます
下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印
banner2[1].gif







Last updated  2007.03.22 05:54:02

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.