422753 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

らくてんオヤジの世相手帳

PR

Headline News

Category

Comments

背番号のないエース0829@ Re:近年の楽天ブログは改悪の一途(12/06) ご無沙汰しております。私のこと覚えてお…
Kwaqukjp@ alXGBcVHphob This is afterward one way of lenders at…
Uqqxkjvv@ XfWzqVqDcvKkzh As with any added type of amount due th…
Tsbpbtou@ YnoRtKDJZJJvKVG Quick payday loans are assemble on mult…

Profile


スマイリー・ネット

2014.03.18
XML
カテゴリ:リハビリ
我が楽天ブログの元気一杯の皆様には想像がつかないと思いますが、私は2012年の6月10日に脳梗塞を患い、右半身に麻痺を負って、二つの病院で四か月もの間、入院生活を送るはめになりました。
退院時には車椅子が必要なくなっていたのは幸いでした。

右利きの私に右半身の麻痺はこたえました。
どの医者にも「軽くて良かったですね」と言われたのは少々心外でした。
身体障害者手帳をいただきましたが、7段階に分かれている中で4級でした。ちょうど真ん中です。

まあ、重症とは言えないのでしょうね。現状は不幸中の幸いなのだと思います。

退院してからこれまでの一年半はリハビリに明け暮れました。
幸いそれが功を奏し、最近になってようやくブログを書く余裕がでてきたところです。

必要に迫られて医療と向き合うことになりました。これには往生してます。
なぜなら、私は血を見たら気分が悪くなる性質だからです。
これは子供のころから還暦を過ぎた現在に至るまで、さほど変わってないです。

私の場合、過去を振り返ってみますと、中学時代と高校時代の二度に渡って、理科の実験で蛙の解剖中、気分が悪くなって保健室に担ぎ込まれたことがあります。
二度とも、倒れたのはクラスで私ただ一人でした。
同じクラスの女生徒どもは、二度とも、蒼い顔をした私を尻目に嬉々としてやってましたぞ。

中学の理科や高校の生物には「人体」と言う項目がありますが、授業が「人体」になると、私は、貧血を起こしそうになり、耳をふさいでいました。
しかし、試験では零点は免れました。
あてずっぽうで答えても、一つや二つは当るものだと、この時、知りました。

その私がこの一年半、医療関係の本と向かい合ってきたのですから、我ながら感心と言えば感心です。

これから当ブログでも、ちょくちょくリハビリ・ネタを書かせていただきます。
不本意ですが、私の現在の最も切実なテーマですので、同じ境遇の方や私のような方が身内にいらっしゃる方に少しでもお役にたてるよう、実用本位で書かせていただきます。
なお、アフィリエイトも引き続きやらせていただきますので、用心ねがいます(笑)。

※私が病院で買ったのがこれです。理学療法士の先生の話では、ドイツ製には一日の長があるそうですが、私は良く分かりません。ただ、何万円もするものもありますが、これで十分。とても丈夫で、重さが手ごろです。






Last updated  2014.03.27 21:16:52
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.