417681 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

らくてんオヤジの世相手帳

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

文房具フェチ

2014.03.24
XML
カテゴリ:文房具フェチ
久し振りに手帳の話です。
手帳マニアの私は、現役時代はもっぱらシステム手帳のお世話になりました。

手帳を最も必要とするのは、大企業なら中間管理職、中小企業なら、これはもう全社員でしょうね。

私の場合、経理という職業柄、外出することが少なく、一方社内では会議だらけでしたので、30ミリリングの厚いA5版システム手帳に、よく参照する資料、例えば決裁基準や業績推移表、組織図、重要会議の議事録など一杯綴じ込んで、持ち歩いていました。
これは役に立ちました。

スケジュール管理は、小型で薄い背綴じの、一週間見開きの手帳で行っていました。基本的な能率手帳タイプではなく、一日ごとに数行書きこめるタイプです。
これをいつも、ちょっと格好が悪いですが、カッターシャツの胸ポケットやズボンのポケットに入れていました。
表紙が人工皮革のような軟らかめの素材でしたので、会議中、体温で手帳が温まっても湿気らなかったです。
大きめのポストイットを数枚、メモ用に裏表紙の裏側などに張っていました。
この手帳の付録についていた西暦と和年号と年齢の早見表はとても便利で、よく使いました。
この手帳も便利が良かったです。

この二つの手帳の使い心地は抜群でしたね。
私の目標とする”即断即決”が確信を持ってできていましたから。

2011年に59歳で第一線を退いてからは、手帳の必要性もぐんと少なくなりました。

数カ月して、知り合いの税理士の先生のお世話で、個人事業主として経理代行業をささやかに始めましたが、もはやシステム手帳は必要なくなりました。

さびしいです。

現在は、【送料無料】1371能率手帳エクセル4黒(924円。現在売り切れ中)を愛用しています。
背綴じでやや縦長の、見開き一週間のバーチカルタイプです。
やや大きめのポストイットをメモ用に数枚、裏表紙のビニールに挟んで使っています。

当初は、近近にやることを書いたポストイットを、参照しやすい表紙裏や裏表紙の見返しに貼っていました。

脳梗塞発症後はしばらく右手が使えず、左手で書き込んだりしていましたが、やはり手帳とはどうしても疎遠になりがちでしたね。
前回記事のTMS治療のお陰で、一年ほどで右手がなんとか使えるようになり、昨年春頃からまた手帳を使い始めました。

自転車や電車にも自由に乗れるようになったので、最近の手帳の用途はだいぶん元に戻り、もっぱらスケジュール管理です。
客先訪問日はともかくとして、通院日やリハビリ入院予定日など情けない用事が並んでいます。
最近は、毎日やっているリハビリ体操のメニューを書いたポストイットなども貼っています。

趣味関係では、私は古本屋で東西の古典を岩波文庫を中心に少しずつ買い集めていますが、特に複数巻ある書籍の内、一部分だけそろったものについて、欠けているリストを作って手帳に挟んでいます。
古本屋を覗いた時、欠落巻が見つかるとすぐに購入するためです。どれも100~500円のものです。

手帳が使えるようになって、手帳マニアとしてはうれしい限りです。






Last updated  2014.03.24 20:06:14
コメント(0) | コメントを書く


2012.01.07
カテゴリ:文房具フェチ
半年ほど前、ついにモレスキンの手帳を買ってしまいました。2000円近くもするバカ高い黒のメモ用手帳です。ルールドというやつ。
買った直後は「オレ、こんなにブランドに弱かったかな?」と慙愧の念にとらわれましたが、同時に、正直なところ、どうにもうれしくて。
まあ、もうすぐ定年だから、”自分へのご褒美”にしよう、なんて自分に言い訳しました。

ところが、使いだしてまだ一ヶ月ほどの頃、サイクリングの途中に、街中でなんと落してしまったのです。私の落胆がお分かりでしょうか。

未練から、一応、最寄りの交番に聞きに行きました。こんな手帳の落とし物、届いていませんか、と。

そうしたら、なんと届いていたのです!通りがかりの主婦の方が届けてくださったそうなのです。

やっぱり、”大事なもの”に見えたんでしょうね。

その時の私のうれしさといったら!

半年使ってみての感想ですが、やっぱり使いやすいですね。紙の端がまくれたりしないし。開きやすいし。もともと私はノートでも手帳でもハードカバーの表紙が好きでしたし。裏表紙についているポケットも、名刺が入るのでとても便利です。

病みつきになりそうです。

なお、ダイソーがパクリ品を105円で出してますので、こちらも買いました。ダイスキンと呼ばれているらしいです。紙質や作りは良さそうです。
こちらには、モレスキンにはない、とても小さなサイズがありまして、私はこちらを「可愛がっ」ています。使い心地は後日ご報告いたします。(以上)


ゴッホ・マティスが愛した手帳モレスキン ポケットサイズ・ルールドノートブック 6ミリ横罫・96枚






Last updated  2012.01.07 23:18:16
コメント(1) | コメントを書く
2009.07.08
カテゴリ:文房具フェチ
前回ご紹介しましたパイロットのボールペン「アクロボール」をようやく入手しました。
お店は府中市内の「サークルKサンクス」です。

書き始めは、少しかすれましたが、かいているうちに、さらさら、くっきりとなり、ペン先にインクカスがたまるということもなく、なかなか素晴らしい書き味です。
すきっとしたインクの色あいは、一瞬ゲルインキかと思うほどです。
確かに三菱自慢の「ジェットストリーム」より品質は上かも。
信じられない出来栄えです。

日刊ゲンダイ子の「ラバーグリップには2種類の向きの異なる溝が彫り込んであり、吸い付くような感覚」という評価は、少々褒め過ぎかもしれません。
むしろ、持った時、べたつかない、乾いた感触で、これがなかなか良いです。

書ける線は、0.7ミリ芯にしてはやや細めですが、細すぎず太すぎずで絶妙の太さです。

「インク粘度を従来の5分の1に低減。潤滑剤も配合して、スムーズな書き味にこだわりました。弊社のボールペン研究歴50年の蓄積が、この一本に詰まっています」(パイロット営業企画部)
このメーカー側の説明は、この製品の魅力を的確に言い当てているように思います。

これは自信を持ってお勧めできる商品です。

★送料が安いメール便対応商品★ 【メール便対応】 パイロット アクロボール 150 ボールペン 在庫限り特価 PILOT






Last updated  2009.07.08 12:44:56
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.05
カテゴリ:文房具フェチ
日刊ゲンダイがボールペンのベストファイブを載せていました。
文房具マニアの私としては、これは無視できません。
しかも、第一は、私が見たことのない「アクロボール」(パイロット)と言う商品でした。
今人気の「ジェットストリーム」より優れているというんですから驚きです。
昨日、私の住む府中市の、近所の文具店やコンビニを探し回ったんですが、「アクロボール」は見当たりませんでした。
残念ながら私自身の感想は後日にさせていただきます。
以下に、記事を転載させていただきます。

なお、末尾の店舗サイトは、安いサイトより、説明の詳しいサイトを選びました。
150円のボールペンをネットで買う方は、社用で買う総務担当など、一部の方に限られると思いましたので。

-------------------------------------------------------------------------------
2009年6月23日 【コンビニベストバイ】「最強のボールペン探し」

今回の任務は、コンビニ最強の黒ボールペンを探せ!
各コンビニごとに都内の複数店舗を歩き回り、6月第3週に販売していた油性ボールペンを全品購入。
もちろん自腹で、その数は実に19種類にも及んだ。
(今週の自腹、計19本4190円=トータル1万8803円)

ボールペンの品揃えランキングは、
(1)サークルKサンクス(2)am/pm(3)セブン―イレブン(4)ミニストップ(5)ローソン(6)ファミリーマート――
の順となった。

最高値のペンは、トンボ「エアプラス」と、PILOT「ドクターグリップGスペック」で630円。
最安値95円の品は、複数あった。
値段がそのままペンの値打ちに結び付くとは限らない。

そこで、
(1)しっかりグリップを握れるか(2)書き味の滑らかさ(3)書き疲れ無さ――
を基準にすべてのペンを徹底調査。
勝手に「厳選ベスト5」を発表する(別表---下記)。

1位の「アクロボール」は、書き出しから驚いた。
ラバーグリップには2種類の向きの異なる溝が彫り込んであり、吸い付くような感覚。文句なしの満点評価だ。

「インク粘度を従来の5分の1に低減。潤滑剤も配合して、スムーズな書き味にこだわりました。弊社のボールペン研究歴50年の蓄積が、この一本に詰まっています」(パイロット営業企画部)

オフィスのIT化がどんなに進んでも、独身男がペンを握らない日はない。この逸品を押さえておいて、損はないゾ!


◇順位・商品名/  値段/ボール径/握/滑/疲

(1)PILOT「アクロボール」150細字/
158円/0.7ミリ/10/10/10/
滑らかで濃い筆跡。カーブ状のグリップがいくら書いても疲れさせない
(a/p、サンクス)

(2)uni「ジェットストリーム」SXN―150/
142円/0.7ミリ/7/9/8/
書き味は(1)と遜色ないが、グリップがいまいち
(セブン、サンクス、ローソン、ミニS)

(3)PILOT「スーパーグリップ超極太」/
95円/1.6ミリ/7/8/7/
極太ボールがスムーズに回転し、なかなかの書き味。唯一、非ノック式
(セブン)

(4)ぺんてる「できたてichiban」/105円/
0.7ミリ/7/5/7/
握りごこちは悪くないが、文字のかすれが気になった
(サンクス)

(5)uni「VERY楽ノック」SN―100―10/
105円/1.0ミリ/6/7/5/
書き味は滑らかだが、男の手にはペンが短すぎ
(ファミマ)


メール便対応します!【アクロボール150 0.7mm】ノック式油性ボールペン[PILOT]






Last updated  2009.07.05 18:46:22
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.