2014.03.27

近頃、アタマを使わない人が大きな顔をしていますね。-維新・中田議員の「NHK低俗」批判に著名人が反論!-

私は若いころからあまりテレビを見ない人間ですので、NHKの一部のバラエティ番組が低俗かどうかという議論に加わる能力はありませんが、ただ、この記事を見る限り、反論側の「著名人」なる方々の言い分が酷いですね。

●「テレビ演出家出身の映画監督・大根仁氏」なる人物の発言は論外。議論に加わりたいのなら、きちんと論陣を張るべき。それができないなら発言すべきではありません。

●「ロンドンブーツ1号2号の田村淳」なる方の発言は「大根」氏よりはましですが、これは自動車会社が「いっしょうけんめい良い車をつくっているんだから、高くても品質が悪くても買え!」と言っているようなもの。本気で言っているのなら社会人のイロハから勉強し直すべき。たぶんこの発言は業界関係者への阿り発言でしょう。世渡り上手な方のようですが、いかんせん発言内容が幼い。

●「いとうせいこう」氏の名前だけは見たことがありますし、なんとか正論でかわそうとしている点、前の二人よりましですが、この発言もなんだかトンチンカンですね。中田氏は、番組に批評精神が表れていれば、偏向とはいっても、低俗とは言わなかったでしょう。それに、日英の文化の違いを深く理解したうえでの発言でしょうか。大昔、なんでも「フランスでは---」と言いたがる「おフランス」マダムがいた時代があったそうですが、今度は「イギリスでは---」ですか。

総じて、テレビ業界の方は論理的な物言いが苦手なようですね。維新の会の中田氏も、私は顔が嫌いですが(ある程度の年齢の人物は、私は顔の印象で判断しています)、これらの反論を見ると中田氏の方を信用したくなります。(以上)

----------------------------------------------------------------------------------------
25日に開かれた衆院総務委員会で、日本維新の会の中田宏議員がNHKで放送されている一部のバラエティ番組について「低俗」などと批判し、NHKが放送する番組としてふさわしいのかと疑問を呈した報道を受け、複数のTV関係著名人が同日から26日にかけて反論や怒りのツイートをしている。

テレビ演出家出身の映画監督・大根仁氏は一言、「うるせえバカ」と投稿。
ロンドンブーツ1号2号の田村淳も、3件のツイートで、
「難しい状況で番組作りをしてる人達に低俗だって言えるのは、テレビを知らない証拠だ!」
「テレビを知らない人がテレビの演出にとやかく言い出すと面白い番組なんか作れない」などと反論している。

そして、いとうせいこう氏は、「BBCがモンティパイソンを守った。ゆえに世界はイギリスを尊敬しているし、イギリス人自身の誇りでもある。批評精神。権威への嘲り。笑いの力。そんなことも知らない者がバラエティに文句を言い、積み上げてきた文化力をそごうとしている」と、NHKと同じく公共放送であるイギリスのBBCと伝説的コメディグループ「モンティ・パイソン」との関係を例に挙げて、中田議員の言動を暗に批判した。

提供:アメーバニュース 2014年03月27日 13時41分
http://yukan-news.ameba.jp/20140327-129/

関連スレッド
【テレビ】維新・中田宏議員「『ケータイ大喜利』、『七人のコント侍』などを、NHKがわざわざ放送する意味があるのか」★2
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1395813591/





TWITTER

Last updated  2014.03.28 19:00:05
コメント(0) | コメントを書く