000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スニーカーマニアのブログ ネットマガジン スニマニ

ROLEX ロレックス

ROLEX
ロレックス

ロレックス

ロレックス デイトナ最安値を探す

ロレックス エクスプローラーI最安値を探す

ロレックス エクスプローラーII最安値を探す

ロレックス サブマリーナ最安値を探す

ロレックスGMTマスターII最安値を探す

ロレックス エアキング最安値を探す

ロレックス ヨットマスター最安値を探す

ロレックス

数々の世界標準を築いた「キング・オブ・ウォッチ」。
世界の至るところで通用するネームバリュー。
どの時計ブランドも及ばない存在感がロレックスにはある。
1905年、ハンス・ウィルスドルフがロンドンに創業し、ロレックスというブランド名になったのが1908年。
当時、後発メーカーだったロレックスが現在の地位まで昇り詰めた要因が「タフな実用時計」というコンセプト。
以来、完全防水を誇るオイスターケース、高性能の自動巻機構のパーペチュアルシステム、デイトジャスト機構など、 世界標準となる腕時計の基本性能の開発が、実用腕時計の最高峰ブランドのポジションを築き上げた。
数あるロレックスの中でも、特に人気を博するのが1953年に登場し、スポーツウォッチのカテゴリーを確立した 「エクスプローラー」シリーズと、1961年に誕生したクロノグラフの「デイトナ」。
現在もモデルチェンジを繰り返しながら数々の名機を世に送り出し、市場に登場するたびにファンを湧かせている。
様々なチャレンジを礎に、世界にその存在を認めさせたロレックス。
「キング」の称号は、その最高峰の性能と絶大なる人気が物語っている。


ロレックスデイトナ 116520
ロレックスデイトナ 116520
1,158,000 円
ロレックスデイトナ 116520
ロレックスデイトナ 116520
1,058,000 円
ロレックスデイトナ 116519
ロレックスデイトナ 116519
1,390,000 円
ロレックスデイトナ 116519
ロレックスデイトナ 116519
1,720,000 円
ロレックスエクスプローラー I114270
ロレックスエクスプローラー I114270
359,000 円 木村拓哉愛用
ロレックスエクスプローラー II16570
ロレックスエクスプローラー II16570
369,000 円
ロレックスエクスプローラー II16570
ロレックスエクスプローラー II16570
355,000 円
ロレックスサブマリーナ 14060M
ロレックスサブマリーナ 14060M
295,000 円
ロレックスサブマリーナ デイト16610LV
ロレックスサブマリーナ デイト16610LV
628,000 円
ロレックスサブマリーナ デイト16610
ロレックスサブマリーナ デイト16610
395,000 円
ロレックスGMTマスター II 16710
ロレックスGMTマスター II 16710
359,000 円
ロレックスGMTマスター II 16710
ロレックスGMTマスター II 16710
359,000 円
ロレックスGMTマスター II 16710
ロレックスGMTマスター II 16710
359,000 円
ロレックスエアキング 14000M
ロレックスエアキング 14000M
267,750 円
ロレックスエアキング 14000M
ロレックスエアキング 14000M
267,750 円
ロレックスエアキング 14000M
ロレックスエアキング 14000M
267,750 円
ロレックスエアキング 14000M
ロレックスエアキング 14000M
267,750 円
ロレックスエアキング 14010M
ロレックスエアキング 14010M
268,800 円
ロレックスエアキング 14010M
ロレックスエアキング 14010M
268,800 円
ロレックスエアキング 14010M
ロレックスエアキング 14010M
268,800 円
ロレックスヨットマスター ロレジウムMen’s 16622
ロレックスヨットマスター ロレジウムMen’s 16622
648,000 円
ロレックスヨットマスター ロレジウムBoy’s 168622
ロレックスヨットマスター ロレジウムBoy’s 168622
538,000 円
ロレックスヨットマスター ロレジウムLady’s 169622
ロレックスヨットマスター ロレジウムLady’s 169622
488,000 円
ロレックスターノグラフ116264
ロレックスターノグラフ116264
640,500 円


ROLEX

ロレックスには不思議なエピソードがいっぱいあるのです。 創業地、名前の由来、自社ムーブメントへのこだわり、オイスターケースなどいろいろです。 では、ロレックスについて少しずつお話しましょう。 ドイツ生まれのハンス・ウィルスドルフによってイギリスのロンドンにてその歴史はスタートしたのです。 彼はとても優秀なスイスの時計のセールスマンでした。その彼が1905年にロレックスの前身である 「ウィルス&デイビス社」をロンドンに創設したのです ??呂泙晴?羯?廚?汗垢了?紊任靴燭??爐呂笋?橡?譴訃?浸?廚肪輒椶轡燹璽屮瓮鵐箸龍ゝ襯瓠璽?次淵┘棔璽轡紊箸いΑ砲鮹気靴討い泙靴拭 そして遂に行き着いたのが女性用エボーシュを開発していたジャン・エグラー社でした。 すぐさま両社はエボーシュ契約を結び1907年にスイスのラ・ショー・ド・フォンに事務所を構えました。

翌1908年に「ROLEX」という社名を創作し、今では知らない人がいないくらい有名な時計ブランドとなりました。 この「ROLEX」とは実は造語で、世界中の人が同じような発音ができるようにと作られた言葉でもあるのです。

ジャン・エグラー社のムーブメントの優秀性は、1910年に腕時計では初のクロノメーター認定を受けたことで証明され、 以後ロレックスのムーブメントは優秀だという評判が日々高まっていったのです。 また早くから高精度の腕時計という信頼は大変厚いものでした。

そしてロレックスに於ける大発明を1926年に完成させたのです。 それは金属魂を削り出した頑丈なケースにスクリュー式の裏蓋とリューズとを組み合わせた 「オイスターケース」なのです。 このオイスターケースによって初めて完全な防水性が実現できたのでした。 1927年には、メルセデス・グライツによってオイスターケースのロレックスをはめたまま ドーバー海峡横断の遠泳を成功させ、 一躍ロレックスの防水性の高さを世界にアピールすることになったのでした。

また、ムーブメントではパーペチュアルの名で知られる大変効率の良い360度回転するローターを開発し、自動巻き時計にも力を注いだのです。 その結果今の自動巻き時計はロレックスに始まったと言われています。

1945年には、0時を境に瞬時に日付が変わる「デイトジャスト」の機構を開発し、以後様々な技術開発をしているのです。 ロレックスは、古き時代のシンプルな一面と最新技術による高度な精度を人の手を介して融合する画期的な時計メーカーでもあるのです。 そのムーブメントの精度はいつも感心するものがあります。 それは、ビブログラフといわれる機械に載せ、精度を測るのですが、 他社の時計は、許容範囲いっぱいでOKを出すのですがロレックスは、大抵許容範囲の中でも極僅かなぶれしか見せず、 かなり安定した精度を得ていると言えるのです。 また、自社ムーブメントにこだわるロレックスも2000年を境に全ムーブメントが自社開発のものとなりました。 最後に変わったのが皆さんもご存知のデイトナでした。 このエピソードは、デイトナのコーナーで楽しんでください。

数々の歴史に残る偉業を成し遂げた時計故に、ダイヤルやリューズに頂く王冠のトレードマークはそれだけ誇らしげなのでしょう。 また、時計を知る上でも最も基本となるのがロレックスでもあります。 この時計が理解できた時にあなたの新しい時計史の一ページが作り出されることでしょう。


ロレックス

ロレックス デイトナ最安値を探す

ロレックス エクスプローラーI最安値を探す

ロレックス エクスプローラーII最安値を探す

ロレックス サブマリーナ最安値を探す

ロレックスGMTマスターII最安値を探す

ロレックス エアキング最安値を探す

ロレックス ヨットマスター最安値を探す

スニーカーからオシャレ ネットマガジン スニマニ
★ 新着STUSSY情報 ★
スニーカーマニアとステューシーマニアのブログ スニマニ
STUSSYのスニーカー
STUSSY スニーカー
スタイル
スニーカー


the hit man


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.