000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SNS日記

PR

X

全183件 (183件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

SNS

2010年12月20日
XML
カテゴリ:SNS
12月のレッスン会のメモ

今更ながらのグリップ
 ●右手のグリップ-親指と人差し指で作るいわゆる「V字」-きちんと締める
 ※女子プロで80を叩くようなプロでもここが緩んでいるプロはいない
 ●右手だけで振ってみる-ぶらぶらさせて左脚始動でトップポジションへ
 ※切り返しの時に右腕が縮む傾向がある(力が入っている)(始動が手である)
 ※そのままの位置に置いておく気持ちで右脚から動く

カツンと音がする練習器具
 ●同じように右手だけで(親指と人差し指だけでグリップ)振ってみる
 ●左足の前くらいで音が鳴るといいかも

この冬はこの練習器具で体の使い方を覚えてしまおう!







最終更新日  2010年12月20日 09時27分32秒
コメント(0) | コメントを書く


2010年07月21日
カテゴリ:SNS
ハーフで42というのは、まあいけるよね、という感じです。(自分の場合)
ところが41がなかなか来ないんですよね。なぜでしょう。今日は行けそう?っていうラウンドがあるんですが、上がってみたら・・・・42だったり、43だったり、なんですよ。

自分で壁を作ってしまっているのかな? とも思いますが、どうでしょう。
でも、もう少し行くと40の壁(30台)というのは必ずあるはずですから、41くらいで壁なんて言ってられないですね。

アプローチとパッとに磨きを掛けて、精度を上げて行かなくちゃ、なんですよね。







最終更新日  2010年07月21日 18時17分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年07月11日
カテゴリ:SNS
ここ2ヶ月ほど、ゴルフを自粛していて昨日久しぶりのホームコースでのラウンド。ショット的には、まずまずと思っていたんですが・・・。

やはりアドレスが少しずれていたみたい。
セットアップ時に右側に少し傾きすぎている
左肩が上がったアドレスの意識が強すぎるためか。
肩のラインが飛球線に対して右側を向いている。
そういえば、そっちの方へ飛ぶ球が多いな。意識の持ち方が少し間違っていた。

球を左足かかとラインに合わせ、45度に前傾する。
左手でグリップし、ソールする。右手を左手の下に合わせてグリップするのだが、右肩が下がるイメージではなく、背骨を中心として回転するようなイメージで、少し肩が開く感じ。
頸椎の位置は、スタンスセンター(頭は背骨が傾いているので、それよりも少し右になる)
を意識すること。

ビハインド・ザ・ボールは左足かかとラインに球を置いている以上、そうなっているはずだ。なので、それほど強く意識することはない。意識しすぎると右に傾いたアドレスになってしまう。
自分としては、肩のラインが、これじゃあ水平になっちゃってるんじゃないの?くらいの意識でもいい感じか。

頭を残すことと、右に傾くことは別だ。

右手の縮みは、良くなっているとのこと。右に傾いているので、縮んだように見えるので注意が必要。







最終更新日  2010年07月11日 21時23分43秒
コメント(3) | コメントを書く
2010年06月19日
カテゴリ:SNS
知恵袋にシャフトのこと聞いたんだけど、ネット瀬取りみたいのとか、何というか独りよがりみたいな回答ばかりで全然参考にならなかった。ポイント稼ぎみたいのもあるんだろうな。

ドライバーのシャフトで迷っています。
先週のようなスイングができればいいんだけど、今週はちょと体調も良くないせいか、バランスが良くなくてうまくシャフトをしならすことができませんでした。明日また練習しますが。

少し物足りないくらいのシャフトの方がいい結果になるかもしれない、と思っています。
スイングとクラブは一心同体のものですね。






最終更新日  2010年06月19日 18時00分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年06月05日
カテゴリ:SNS
トップポジションで右手が縮む。ずっと指摘されてきたことだ。

だいぶよくなってきたが、まだ縮んでいると言われた。スイングアークが小さくなりエネルギーがうまく伝わらない=飛距離が出ない、ってことになるのだ。

たしかに、意識的に右手がうまく伸びて(肘の角度が90度より大きい)打った時には飛距離が違う。その通りだ。

意識をしないでスイングするとすぐに縮んでします。我流スイングのウィルスだ。時々顔を出す。

なぜ縮んでしまうのだろうか。正しい方向へバックスイングしていくと、右股関節はもとより右脚全体にすごいプレッシャーがかかる。それが、右手を縮めてしまうと、すっと抜けてさらに回すことができるのだ。

トップポジションの位置は、体が覚えていてそこまだ回さないとうまく打てなくなっている。そこまで回すために、体(右脚ですが)がきついのでゆるめてしまうんだろうな。

これは本当に意識的にやらないと、と思い。クラブを持たず、シャドーで毎日鏡を見ながらやっている。この成果がいつ出るのか。

つづく







最終更新日  2010年06月05日 10時09分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月27日
カテゴリ:SNS
いつも目ウロコのレッスン会ですが、今回はかなり・・・・大きなヒントになっているんじゃないかと思います。

右腕直角は、今まで余り意識していなかった所です。これがずれてくると色々と不都合が生じてくるようで、ここをきっちりすることによって、何よりアプローチミスが減ると思っています。

距離や球筋のジャッジのミスは、これはこれで仕方ない。でもショットのミスは、・・・・これは自分自身では絶対に許せない。

アプローチとパットの距離感は完全に右脳の仕事なので、イメージの世界です。しかし、ミスショットは練習不足か、スイングの勘違いによって正しく動けていないわけですから、きちんと練習して再現できるようにしておかなければならないんです。

アプ&パットがうまくなればスコアは後から着いてくる・・・・ってか?






最終更新日  2010年05月27日 19時43分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月23日
カテゴリ:SNS
いつも思うんだけど、今日も収穫が多いレッスン会でした。

(1)球の位置(アプローチ)
   球の位置にクラブフェイスを合わせてしまうので、右腕直角が崩れてしまう。
   そのため、手が自由に動けるようになって、おまけに脚まで使うのでうまく
   当たらない。
   球の位置が左寄りになってしまいがちなので、手前をダフるか、トップしてしまう。

(2)アドレス-右腕直角(左腕は胸の上)
   これが崩れてアドレスしているので、いろいろ不都合が起きる。
   手が自由に動きやすくなるため、ダフリ,トップ何でも起きる。
   右腕直角-これを忘れずに!

(3)自分の欠点-トップで右腕が縮まり、体に寄ってくるためスイングアークが小さくなる
   右腕はまっすぐのつもりで伸ばす。
   左腕は水平くらいでもいい感じ。

(4)ドライバーとスプーンを打ってもらいました。
   横方向のしなりがないそうなんです。うまく打てないクラブだとおっしゃっていまし    た。
   自分がすごく下手に思えていたので、すっきりしました。






最終更新日  2010年05月23日 23時29分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月02日
カテゴリ:SNS
29日から9日まで11連休のうち、ラウンドは4回。その間は練習日としようと思っています。
2戦が終わった段階で途中報告(誰に?)

スコア的にはバツ!話にならない。でも、今回は(負け惜しみでなくて)スコアを目的としていないのでストレスにはならない。ゴルフを楽しんでいる。

スイング的には兆しが見えてきた。昨日のラウンド(御前水)もアウト、インともに7番(16番)まではOKでした。40台前半くらいのペースです。のこり2ホールでおどちらも大叩きして、OBだとか池ぽちゃだとか、ダフリ、チャックリ・・・・で今までのゴルフは何だったのか?というくらいのスコア。

中部銀次郎さんの「平均の法則」に照らすと、最近の平均スコアになるように調整されてしまったということなのだろうと思う。

あとは、FWを自信を持って打ててないのと、やはり作っていただいたドライバーだよね。やっぱりここへ来てしまうんですね。ナガモノのカーボンシャフトは難しいです。ユーティリティのスチールシャフトは自信を持って打てているのにね。

その辺が練習日の課題ですか。






最終更新日  2010年05月02日 08時27分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年04月04日
カテゴリ:SNS
今日は早く行ったんですけど、とにかく混んでいて、ひっさしぶりに2階でやりました。
ここの練習場(コラソン)は個別ジェットヒーターなんですけど、2階も端の方だと、後ろにどんと大きいのがあって2打席共有?のような感じでした。まあ、それはそれでいいんですけど、暑くなってきても勝手に消せないという煩わしさはあります。

それにしても、どうしてゴルフ練習場の左右の打席はセンターに打つように内側を向いているのでしょうね。スクエアなスタンスが取りにくいですね。他の人は気にならないんでしょうか。

今、練習場で何を気にするかというと、球の高さと方向ですね。距離なんか、気温も低いし、この時期なんぼ飛んでも当てにはなりません。コースでうまくスクエアに構えられないことがあるので、練習場でキッチリ感覚を掴みたいのに、なぜ構えにくく打席をセットしているんでしょうかね・・・・・。

だから、端っこの打席を嫌って待っている人が増えるんですよ!もう少し頭を使ってほしいですね。

前半は、この立ちにくさが災いしてなかなかきちんと当たらなかったのですが、後半打席の向きを無視して自分の打ちたい方向へスタンスすることができるようになって、当たり始めました。
50球くらいは損したな。

アイアンのシャフトが少しハードなんですが、もう少し気温が高くなれば、いい感じになってくると思います。それにしても、X-14PROから替えたときにはすごく軽く感じたんだけどなぁ。






最終更新日  2010年04月04日 23時12分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年03月27日
カテゴリ:SNS
今日の札幌は午後から特に寒くなり、ほとんど吹雪状態。どうなってんの?

とにもかくにも、練習場へ。天候から言うと、インドアなんだけど、時期的にやはり外でやりたくて、いつもの練習場へ。それほど混んでませんでした。さすがにこの天気ではねぇ。。。

クラブの調整+3月のレッスン会効果で、ずいぶんと球筋がよくなり、ナイスショットの確率が上がりました。これは結構戦えるかもしれない。

注意すべき点は、

(1)第六胸椎が前後の重心線(くるぶし)上にあること
        →屈みすぎない。重心がつま先側にいかないように。

(2)テイクバックのスタートが左膝だが、内側にひねり下げるようなイメージで始動すること。
        →(左)腕が一番遠い経路を通ってトップに入ること

これでドライバーが来れば、鬼に金棒だ。






最終更新日  2010年04月04日 23時16分31秒
コメント(0) | コメントを書く

全183件 (183件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >


© Rakuten Group, Inc.