530404 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

There is no free lunch

PR

Profile


snoozer8888

Category

Favorite Blog

長瀬産業 (8012)---… New! 征野三朗さん

前日比▼2,664,820円… New! かぶ1000さん

Siki イーギャランティーさん

運用成績・ポートフ… lodestar2006さん

『でら☆マネー』 お… でら(でらマネー)さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

コメントに書き込みはありません。

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

読書、映画

2009.03.09
XML
カテゴリ:読書、映画
借金の底なし沼で知ったお金の味/金森 重樹 (著)

本書の著者である金森氏は25歳のとき、商品先物業者に嵌められて、多額の借金を背負わされてしまう。当初数千万円だった借金は、高金利と遅延損害金によって1億2千万円まで膨らむ。
投機的行為による借金だから自己破産しても借金は帳消しにならない。
出口の見えない壮絶な借金地獄から、著者はどのようにして生還したのか。その過程を綴ったのが本書「お金の味」である。

借金返済に苦しむ中、貸主から契約書を公正証書にすることと、貸主の知り合いが経営する不動産会社への就職を求められる。要するに逃げないよう檻に入れて鎖でつないでおくということだ。
この就職先の会社で、金森氏は株式公開の仕事に就き、会計や経営に関する知識を得る。(ここで語られる不動産業界に関する考察も興味深い)
さらには登録申請のための報告書の作成業務を行う過程でマーケティングにも興味を持つ。

サラリーマン生活を3年で切り上げた著者は、会社員時代に取った行政書士の資格とマーケティングの知識を駆使して、平均年収300万円と言われる行政書士業界で年商1億円超えを達成する。
そこで得た資金を種銭にして、収益用のマンションを取得し、年間家賃収入が数千万円になるまで資産を拡大する。
この辺の話については、かいつまんだ話のみで多くは語られていない。それは金森氏の他の著作を読めということなのだろう。

借金の商事消滅時効が迫った平成16年3月のある朝、1億2700万円の返済を求める内容証明郵便が届く。
さらに貸主は裁判所に貸金請求事件を提起し全額返済を迫るが、金森氏は元本部分の5400万円を即金で支払うことを提案し、和解に持ちこむことに成功する。借金地獄から生還を果たした瞬間である。

それほどボリュームはなく、すぐに読み終えてしまえる本だが、「人生、乗り越えられない壁はありませんが、乗り越えたくない壁は無数にあるものです」、「借金が人生の師」などと語る著者の言葉は、すべてが重い。






Last updated  2009.03.10 01:03:01
2008.12.02
カテゴリ:読書、映画
高レバレッジを通じた密結合な金融システムが続く限り、ファンダメンタルに関係なく投げ売りされるような暴落相場が必然的に発生する。

「市場リスク 暴落は必然か」P247
============================================================================
流動性がその所産であるデリバティブやレバレッジと結びついて、複雑性と密結合の相互作用が起こると、破滅の方程式が完成する。あらゆる不測の事態に備えることができず(システムの複雑性がもたらす影響)、かつ、プロセスを組み立てなおす時間がなくて、問題が瞬時に伝播していく(密結合がもたらす影響)となれば、問題が発生すると、それが危機に発展していくことは避けられない。物事に問題はつきものであり、プロセスのどこかが変調をきたすと、事態は加速度的に悪化していき、負の連鎖を断ち切れなくなる。
============================================================================

投資家としては、それを嘆くのではなく利用できるようなりたいが(誰かが泣きながら売ったものを買うと、おいしい取引になる/安間伸)、そうは言ってもいつ訪れるのか分からないものに常に準備しておくのはなかなか難しい。2006年前半のように、買えるものが無いというような状態になれば、欲張らずにさっさとゲームを降りるのが良いのかもしれない。しかし、ゲームを降りた後、10年間バブル相場が続いたらどうするのか。その間、指をくわえて見ているだけなのか。そう考えるとやはり難しい。






Last updated  2008.12.02 08:16:45
2008.05.25
カテゴリ:読書、映画
バリュー投資の強化書~良いビジネスを安く買い、高く売るための分析手法/角山 智 (著)


さっき読み終えた。

定量分析、定性分析について記述した1章~4章も秀逸ながら、この本の真骨頂は5章以降にあるのではないかと感じた。

信用膨張、収縮のメカニズム、砂上の楼閣理論などは、たとえコテコテのバリュー投資家であっても知っておいて損はないはずだ。

頭の片隅にでも置いておけば、2006年のような下げ相場初期に早々にフルポジにしてしまって身動きがとれなくなるようなこともないと思う。


DCF法に関する記述が無かったことが意外に感じた。

正確な計測は難しく、実際の投資判断には使い辛いものの、株価とは別に価値というものは確かに存在すると論理的に理解できるという点で、DCF法の基本的な考え方は勉強しておいた方が良いと思う。(M&Aの実務家が読むような難しい本は必要なく、入門書で良い)


全般的な感想としては、英訳して海外に紹介しても恥ずかしくない良書だと感じた。(その場合、決算短信やBSの事例のところの扱いは難しいですが)






Last updated  2008.05.25 20:54:10
2008.04.12
カテゴリ:読書、映画
追われ者―こうしてボクは上場企業社長の座を追い落とされた/松島 庸 (著)

クレイフィッシュ元社長、松島庸氏の手記。

まだ読んでる途中だけど、面白い。

インターネット聡明期の95年に、いち早くホスティング事業を興し、将来有望なベンチャー企業と目されていたクレイフィッシュ社は、某H社と提携、資本関係を持ったことをきっかけに、最初は少しずつ、最後には真っ逆さまに、破滅への坂道を転落していく。

搾取され、蝕まれていく過程で、H社がDQN企業であることに薄々気付きつつも、何かと都合よく自分に言い訳をして、H社を信じようとする松島氏の姿が哀愁を誘う。

松島氏は決して愚かな人間ではない。

例えば、上場時の主幹事証券会社を決めるときのこと。

==========================================================================
様々な証券会社が私にアプローチしてきた。
クレイフィッシュの上場を担当する主幹事証券をやらせてほしい、というのである。
どこも、調子のいいことを言っていた。
「ウチだったら、ものすごい高値で上場させますよ」。
そういった証券会社にはお引き取りいただくことにした。
唯一、数年来の付き合いにもかかわらず、「審査してみないと、ウチが御社の株式を引き受けられるかどうかは分かりませんよ」と慎重な態度をとり続ける野村證券を主幹事にしようと考えた。
調子のいい、安易なことをいう奴は、状況が悪くなったら、手のひらを返したように冷たくなる。
一方、野村の慎重さには、損失補てん事件などの不祥事を経て、「きちんとした商売をやることの大切さ」をかみ締めている、証券界ナンバーワンとしてのプライドのようなものを感じた。

(中略)

野村の厳しい審査を、きちんと通過して上場することに価値があると考えたのである。
==========================================================================

このような判断力が、なぜかH社に対してだけはまったく機能しないのだ。

H社の並外れた営業力に目が眩んでしまったのだろう。(もっとも、後に架空販売だったことが発覚したが)

人間というものは自分の見たいものだけを見る生き物なのだなとつくづく思った。






Last updated  2008.04.12 18:42:48
2008.03.22
カテゴリ:読書、映画
最近見た映画の感想など。

見た映画は「アメリカンギャングスター」。
1960年代後半から70年代前半のアメリカを舞台に、運転手から成り上がった伝説の麻薬王とそれを追う麻薬捜査官。実話をベースに作られたということらしい。


マフィアのボス、フランク・ルーカスを演じるのはデンゼル・ワシントン。

高級スーツを優雅に着こなす姿は、マフィアというよりも、まるでウォール街で働く証券マンのようだ。そして実際この男、なかなかの切れ者である。

ある日、フランクは、ベトナム戦争に従軍している兵士の間にヘロインが蔓延しているというニュースをテレビで見て、そのヘロインをアメリカに空輸できないかというアイデアを思いつく。

そして自ら東南アジアのジャングルに乗り込み、生産者である中国人と交渉し、純度100%のヘロインを直輸入するルートを開拓するのだ。そしてこのヘロインは高品質で低価格であったため、またたく間に市場を席巻する。

●仕入れた大量のヘロインを、米兵を買収して米軍機によって米国に持ち込むという奇抜なアイデア。

●それまで純度20%、30%の粗悪品しかなかった市場に、純度100%のブツを、従来価格の半値で販売するという価格戦略。(卸を中抜きしているため、それでも十分な利益が出る)

●「ブルーマジック」という親しみやすい名前を付けて、清潔感のある透明な青いパッケージで販売するブランド戦略。

●国民党(生産者)、米兵(流通業者)、末端の売人(小売業者)、イタリアンマフィア(提携先の大手企業)、ジャンキー(消費者)と、すべてがWin-Winの関係になるような物流システム。

その行動力と発想力は、やり手の起業家そのものである。


一方の刑事役を演じるのはラッセル・クロウ。

ぼさぼさの髪に無精髭、体形に合っていないよれよれの服をだらしなく着ている姿は、まるで行き場を失って公園に佇む失業者のようだ。

しかしこの男、見た目はだらしなくても、職務に対しては潔癖なまでに忠実である。

脅されようと賺されようと、決して賄賂を受け取らない。捜査の過程で、マーキングされていない、足のつかない百万ドルの紙幣を見つけても、決してネコババしない。

この時代のアメリカにおいて、賄賂やネコババを拒絶する刑事は、足の速い珍種の象と同じくらい異常なことなのだ。

タフで仕事一筋、犯人を検挙するためには手段を選らばないといった男臭い人物描写は、「ダーティハリー」や「フレンチコネクション」といった映画の流れを汲む、正統派刑事アクションのそれである。


以上2人の人物の物語が、映画の序盤より、緊張感を保ちつつ、交互に描かれる。

頭の切れる戦略家であり、人心掌握の術にも長け、私生活では良き息子、良き夫でもあるデンゼル・ワシントン。

一方、職場では頑固であるがゆえに皆から疎まれ、私生活では離婚調停中にも関わらず複数の女と関係を持つなど、ダメ人間の典型のようなラッセル・クロウ。

やっている仕事の内容を除くと、どう見たってまともなのはマフィアのボスであるデンゼル・ワシントンの方だ。ここらへんの対比がこの映画の巧妙なところである。



やがて物語が進み、2人が出会うときが来る。

不敵な笑みを浮かべるラッセル・クロウ。すべてを察したかのような表情を浮かべるデンゼル・ワシントン。

物語はここで終わらない。むしろここからが捻りが効いて面白いところかもしれない。最後の後日談のところで、序盤の何気ないエピソードが伏線になっていたりする。

ネタバレになってしまうので、これ以上は書かない。

ちなみに都内での公開は昨日で終わりです。






Last updated  2008.03.22 10:18:51
2008.03.16
カテゴリ:読書、映画
「まぐれ」読了。

なかなか考えさせられる本だった。大げさに言うと、人生観が変わったとでもいうような。

自分の反省を述べると、これまで投資に関してはそこそこうまくいったため、やや楽観的になり過ぎていたのかもしれないということだ。

例えば2003年。うまい具合にいろんなことが良い方向に向かい、株価は上がり、金融危機は去り、景気も回復した。
しかしあのときは、例えばみずほ銀行なんて、繰延税金資産2兆5090億円に対して、資本の部は4兆7314億円しかなかった。
純粋な可能性だけの話をすると、どちらに転んでも不思議ではなかったのだ。(世界は使われなかった可能性で溢れている)

あのときや、今のような時期にリスクを取った投資家は、報われる可能性は高いと思う。
しかし望む方向と大きく逆に行ってしまう可能性も考えておいて、そうなったときでも対応できる余地は残しておきたい。完璧にそのときの相場に適応し過ぎてしまうと、黒い白鳥が一度到来しただけで、吹き飛んでしまうからだ。

もちろん、資産を築くためには、皆が悲観しているときに楽観的になるような、コントラリアン的思考も必要だろう。

完璧に相場に適応するのではなく、かといって過度に悲観し、相場から逃げることもしない。

投資に関しては、適応者と非適応者のあいだを目指していきたい。






Last updated  2008.03.16 20:00:33
2008.03.13
カテゴリ:読書、映画
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか/ナシーム・ニコラス・タレブ (著)

いまこの本を読んでるが、なかなか教訓的な本だ。(邦題も良い)

著者によると、現実は薬室が何千個もある拳銃を使ったロシアンルーレットである。運命の銃弾に当たってしまうことは稀であるから、人は銃弾が一個入っているのを忘れ、感覚が麻痺して安全だという錯覚に陥いる。リスクが無いと思い込み、たちの悪いロシアンルーレットに手を染めてしまう。しかしちゃんと、銃弾はそこに存在しているのだ。

著者はこれを、黒い白鳥問題と呼んでいる。
これまで安全だったからといって、今後もそうであり続けると断言することはできない。(白い白鳥を何羽見ようと、すべての白鳥は白いと推論することはできない。一方、黒い白鳥を一羽でも見かければ、その推論を棄却するのに十分である)
実際、金融市場では過去に何度も、まさかと思うような事態(標準偏差10個分というような事態)が起きている。

年初からの暴落で日本株が十分お買い得な水準になっているのは間違いないと思うけど、だからといって、ここからさらに暴落してTOPIXが500円になったりするような事態が起こりえないとは、誰にも断言できない。

どれだけ自信があっても集中投資信用2階建てなんてのはご法度ですね。






Last updated  2008.03.14 02:55:58
2007.12.28
カテゴリ:読書、映画
「ヘッジファンドの真実」/ 若林 秀樹 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862482163?ie=UTF8&tag=slyandthefamilystone-22

ヘッジファンドというと、最先端の金融工学の理論と巨額の運用資金を武器に金融市場を跋扈する魑魅魍魎の世界を思い浮かべてしまうが、実際のところ、多くは下町のマンションの一室を借りて数人程度のごく小さな組織で切り盛りするような、まさに金融ベンチャーなのだということが分かった。

著者自身もヘッジファンドを運用しており、四季報通読でピンと来る銘柄を探すなどの泥臭い面や、空売り批判に対して「異常に割高な株価こそむしろ悪だ」という回答をしているところには共感を持った。

ヘッジファンドは「私募」ということで、一般に積極的に宣伝することができないらしい。数年前にタワーの清原氏が長者番付に出て有名になり、なんでこんな目立つことをするんだろうかと思ったものだが、あれは直接的な宣伝にならないような、遠回しの宣伝だったのかもしれない。

日本のヘッジファンドの世界で小型株ロング・大型株ショートが流行したらしく、2006年には多くのファンドが厳しい状況に追い込まれたらしい。タワーだけじゃなかったのね。皆が同じ戦略をとると、そこが天井ということか。

まあいろいろあるにしろ、世の中の流れを考えると、日本においてもヘッジファンドは、乱立と淘汰を繰り返しつつも、産業全体で見ると長期では着実にその存在感を増していくのだろうと思う。
もっとも、「ゴールドラッシュで儲けたのはツルハシ屋」理論に当てはめると、そうした流れで一番利益を手にするのは箱貸しのインキュベータなのかもしれないという気もするけど。

さらに長期の10年、20年といった先のことを考えると、ヘッジファンド産業の成長による市場参加者の洗練によって、新興を含めた日本の株式市場が今よりも効率化され、リサーチ力が弱い個人の投資家では、容易に儲けることが難しくなっていくのかもしれない。






Last updated  2007.12.28 19:28:37
2007.09.17
カテゴリ:読書、映画
「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」/ 西村 博之 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4594053882?ie=UTF8&tag=slyandthefamilystone-22

2ちゃんねるの管理人が説くアンチ・ウェブ進化論とでもいうべき内容。

梅田望夫さんの本が理想論的すぎるきらいがあるのに対し、本書は逆にぶっちゃけすぎといった感じがする。2冊をセットで読むとちょうど良い按配になるかもしれない。

結局、この人はへそ曲がりな人なんだなと思った。権威とかそういうものが嫌いなんだろう。裁判出ないし。やってるかどうか知らないが、株式投資やったら相当うまいと思う。山崎元さん曰く、合理的なへそ曲がりが勝つのが株式投資らしいので。






Last updated  2007.09.17 10:20:03
2007.09.12
カテゴリ:読書、映画
「反転―闇社会の守護神と呼ばれて」/田中 森一 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344013433?ie=UTF8&tag=slyandthefamilystone-22

評判どおり面白い本だったが、読んでいて気分が悪くなった。ある意味、グロ系の本である。

特に検事時代の、被疑者を追い込んでいくところの記述などは、胸の中に何か重たいものを押し込まれたような嫌な気分になった。

できれば一生、かかわりたくない人種だ。

石橋産業事件に関して、著者はこう言う。

======================================================================
その現場は私の事務所であり、私は協定書を作成した張本人には違いない。
それを持って検察は手形を騙しとった詐欺の実行行為とした。
私はそのために逮捕・起訴される羽目になる。
しかし、それはこじつけ以外の何ものでもないように思える。
何がなんだか分からなかった。私はパニックに陥った。
======================================================================

そのようなこじつけによる捜査・尋問は、著者自身が検事時代にやっていたことではなかったのか。






Last updated  2007.09.12 23:46:28

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.